【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルはサッカーチーム目標子作り可愛い15妊目

!extend:checked:vvvvv:1000:512
↑冒頭にコレを2行重ねてスレ立てして下さい!

ラ・ピュセル(CV:佐倉綾音)
竜騎士姿の魔法少女。新人であるスノーホワイトの教育係。
マンガやアニメのようなヒロイックな展開に憧れを抱いており、
無意識にそういった行動をとることがある。スノーホワイトに
特別な思い入れがあるようだが……。
本名、姫河颯太(きしべ そうた)。
2017/03/04昼の披露宴にて無事入籍

小雪と末長く爆発しろ
http://mahoiku.jp/chara/lapucelle.html

原作スレ
【魔法少女育成計画】遠藤浅蜊 70殺目
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1509594731/

アニメ2スレ
魔法少女育成計画 44人目
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1494405766/

前スレ
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは成年の夢を見るか可愛い14親子丼
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/anichara2/1510294607/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

: : : : :| : : : : : : : : : : : : : :_:_:_: |: : : | : : : : : |: : : : |: : : |: : : : :ヽ: : : ∧
: : : : ,! : : : : /: : : : ィ''"´: : :/ト、: |.: : : : :.:|: : : : |: : /|: : : : : : \: : :゙.
: : : :ハ: : : : |: : : : /: : : :/ / : : /|: : : : : :|: : : /| :/ !: : : 、: : : :ヽ: : ヽ
: /; ; ;ヽ.: :.:|: : : /.: .:/  /: :/ |: : : : :/: : :/ 77 ̄ l\ :ヽ: : : : :ヽ、: \
´; ; ; ; ; ;ヽ.:.:|: : /-''"   //   |: : : : : :/ //   !:|: : :|: : : : : :|  ̄ ̄
; ; /.;r‐、;.;.ヽ|.; ;{   -‐≦二‐、  } : : /   '´    |∧: ,' : : : : : |
; /; | /\\;_: ::{  ,r≦=─=ミ  /:./   -─-、 / /:/: : ト、: : ,'
7; ;|  { 〉 ` ̄  ´          ̄    r≦三ミ、 /:/: : :,' ヽ/
レ' ヽ\_\     丶丶               ` イ:∧: :/
   ヽ\ ̄ヽ               '      / '´  V
    Vヽ`ー^ヽ       __          |/
       Vvイ; ;\      \-  ̄  ‐、     ノ
         ⌒ヽ}丶    `   ー─ ′   /
              l  `          _... <
           ,'     `  ‐-‐'"
    _....----.._  /        l
_...-≦^ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;Y           |-─‐-、


過去スレ一覧:
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは変身前が男だけど可愛い
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1475643018/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは変身前が男だけど可愛い2
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1477726112/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは変身前が男だけでメス可愛い3
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1478575513/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは変身前が男だからこそメス可愛い4
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1479386645/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルはそうちゃんのままでも淫乱可愛い5メスイキ
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1480771796/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセル(岸辺颯太)は総受け逆レイプ可愛い6アクメ
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1481782934/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは女体の神秘に戸惑う中学生可愛い7
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1482725097/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは童貞ママでエンジェルボイスで蕩けた雌顔可愛い8妊娠
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1484067262/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルも岸辺颯太君も大天使かわいい9ボテ
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1485252227/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは魔法少年ママでトロ顔カリスマ可愛い10ポルチオ出産
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1486491485
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは舞浜ライブ騎士正装カッコいい11授乳
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1488688216/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルはファンブック表紙胡座可愛い12おんぶ
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1491540324/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは子育て頑張る幼妻可愛い13おまる
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1497535354/
【魔法少女育成計画】ラ・ピュセルは成年の夢を見るか可愛い14親子丼
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/anichara2/1510294607/

文字数云々言われてあんまセンスあるスレタイにできなかったすまん

でぇじょうぶだ
>>1にそうちゃんを孕ませる権利をやる

5名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエ 3df8-Eh0D)2018/06/29(金) 14:15:46.66ID:dEODEzPF0NIKU
キャラスレは保守とかいらないんだっけ?

6名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエ 528e-VCRa)2018/06/29(金) 19:08:38.23ID:VQY+DNty0NIKU
魔法の国って女性同士での子作りとか普通にできそうだし
二人で子供を産み合う未来とか見たかった

ハイヒールブーツショタそうちゃん可愛いいいいいい

スノーさんのほうが
ラピュセルのブーツのニオイを スーハーしてそうw

そうちゃんなんでそんなにハイヒールに慣れてんの?
なんで自信満々の笑顔にモデルのルックスにしてポーズ取れるの?
全然恥ずかしくないの?
心の奥底には女性願望持ってんの??

https://i.imgur.com/fp9pNkd.jpg
答えてよラ・ピュセルーーーーーー

変身前後の比較図いいよねー

ラ・ピュセルの仕草が一々可愛くて仕方がない
スノーさんみたいに意識して営業スマイルでも作ってなければ
そうちゃんは天性の魔法少女と言ってもいい

何としても自分の子供を孕ませて産ませたいって思わせる男の子……いや魔法少女

中身が男の子故の無防備さが見えるのがエロい

所々も仕草が女の子っぽいのが更にエロい
カレンダーのグラビア写真とか設定画なのに無駄にアイドルのポージングとか

馨くんのステラルルーが意図的にあざとくやってるの対してそうちゃんは完全に無意識で行っているのが重要

種付けするね

【一般人の認識】
そうちゃん:短小メスドラゴン
スノーホワイト:デカマラ
ハードゴア・アリス:3P要員
クラムベリー:騎乗位狙い
ウィンタープリズン:いらんことを教えてくれるデブ専
リップル:ガンプラバトルで見た
夢ノ島ジェノサイ子:オフパコ要員でぶ
みそ焼き氏:オフパコ要員オス
メルヴィル:ボディペイント要員
二宮くん:放課後部室プレイ要員
ステラ・ルル:巨根ショタ
プリンセス・インフェルノ:偃月刀パクられるひと
プク様:スノーさんの所業に引いている
たま:犬吠埼珠は中学生、平均より体格は大きいが生来の自信のなさから縮こまって生きてきた
 両親からも弟妹からも存在を黙殺され唯一の味方だったおばあちゃんが亡くなってからますますその傾向が増した
 それは魔法少女「たま」になっても変わらず声の大きい者の後ろに着いて歩く日々だった
 そんなある日、硬い金属製のブーツでたまを無遠慮に踏みつける者が現れた
 本来なら苦痛でしかない経験はなぜかたまの脳裏を離れていかず、いつの間にかあの鎧姿を目で求める自分を発見する
 もはや認めるしかない、自分はふたたびあの硬い金属で無慈悲に鼻を潰されたいのだ
 誰の目にも留まらないように縮こまってきた少女の、それは初めての欲望だった

ボトムズコピペかな?

とりあえずそうちゃんをぐじら4ごうの作品の男の子達みたいな目を合わせたい

 犬のような衣装を纏った少女に舐められる度に、その箇所から背筋へと伝わる感覚が身体から力を奪っていく。
 下が肉体を愛撫する感覚。透明な粘液に塗れた自らの白い肌。唾液に包まれた舌が肌を這い回る湿った音。
一つとしてラ・ピュセルが知らないものだ。経験したことのない快楽へ抗う術を持たず、歯を食いしばった口からは抑えきれない声が漏れていた。
「やっ…やめろ…」
 威圧的な声を出そうとしても、弱々しく囁くようなものが出るだけだった。か細い声はたまには届かず、動きが止まることはない。
 足でたまの頭を押しのけようと試みても、力の抜けた身体では頭を軽く小突く程度にしかならない。むしろお返しとばかりに素足の指が妖しく光沢を放つまで舐め回され抵抗する力すら奪われてしまった。

そうちゃんが おさわりしたのは たま クラムベリー

あと短編で トプリプ

スノーさんボディタッチしたっけ?

スノーさんに
ボディタッチ
された
おっぱい
揉まれた
チクビとクリトリスの三点責めで
イカされた
ラ・ピュセルの處女を
捧げた
後ろの處女も
奪われた

23名無しさん@お腹いっぱい。 (スフッ Sd22-sjk8)2018/06/30(土) 23:43:35.05ID:pxEplhiOd
クラムベリーのほうが

きもちよかった

そうちゃん心のポエム

無言で雌穴に消火栓のホース突っ込まれるラピュ

うわぁ…このメスドラゴン…消化器のホースでイッてる…
何が騎士だ、何が戦う魔法少女だ。そうちゃん、目を逸らさないで前の大鏡ちゃんと自分のはしたない姿を見て…

あ、聞いてないか…イッタ途端から心の声がピンク色の「気持ちいい」にいっぱい満ちてるねね…

まぁ、夜は長いんだから、天国から戻って来たらあと10海外ぐらいいかせてあげる
これで反省してくれるだろうね
男の子に戻れなくなるかもしれないけどさぁ

オスク派の実験場に踏み込んだ先で発見したのは、変わり果てた姿のそうちゃんだった。
そうちゃんは希少な男の魔法少女だ。こういうことになっている可能性がないわけではなかった。
しかし、わたしのそれまでの経験が「そんな都合のいい話はない」と無意識に否定していた。そのせいで発見が遅れた。
資料を見て、吐き気がした。
魔法少女や魔法使いばかりではない、けだもの同然のホムンクルスとの行為まで強制されている。
そうちゃんは種馬にされていた。わたしが戦ったことのあるホムンクルスにも、そうちゃんの要素が紛れ込んでいたのかもしれない。
爪も歯も抜き取られ、長年の拘束で手足の筋肉は萎えていた。日焼けしていた肌は土気色にやせ細り、クスリの作用で勃起し続ける男根だけがグロテスクに脈打っていた。
とても自宅には戻せないと、いったんセーフハウスに連れ帰った。
汚れ果てた身体を洗ってあげようとしたら、そうちゃんは吐いた。
もはやそうちゃんにとって女の子の素肌は嫌悪の対象でしかないらしい。
素肌を隠さなければならなかった。それに、そうちゃんは白くてひらひらしたものが好きだった。
ほとんど手を付けていなかった監査部門の外部職員としての口座を崩した。
フリルのたくさん着いた白いランジェリーを購入した。おなじようにフリルが満載の長手袋をはめて、白いタイツを白いガーターベルトで吊った。上から白いエプロンを着けてなるべく肌色を隠す。
そういう格好でそうちゃんの介護をした。
腕の筋肉が萎縮してしまっているそうちゃんは箸もスプーンも持てない。歯もまだ作っていないからものが噛めない。
だから、わたしが口に含んでほぐしたものをスプーンで運んであげる。
そうちゃんはなにもいわない。自分が岸辺颯太で、わたしが姫河小雪だとわかっているかどうかも定かでない。
手袋をはめた手で手足を曲げ伸ばしさせて、少しずつ動くようにしてあげる。
それから、わたしの身体を押し付ける。
胸はまだダメだった。しかしお尻はそれほど抵抗がないらしい。
だからわたしは床に四つん這いになって、そうちゃんの脛にお尻を擦り当て続けた。
傍目から見れば奇妙で滑稽な行為だと思う。
しかしわたしの心は穏やかだった。
悪党を震え上がらせる魔法少女狩りと、畏怖や嫌悪の目を向けてくる者はここにはいない。
自分に食事を与えてくれるこの女は、どうしてお尻を押し付けてくるんだろうと疑問に満ちた目で見られる。
自分がとても卑賤な存在になったような感覚に、吐息が熱を持つ。
本当は、すぐにでもそうちゃんを岸辺さんの家に戻すべきなのかもしれない。
そのほうがご両親も喜ぶし、本人のメンタルにもいいのかもしれない。
しかしわたしは、そうちゃんをセーフハウスから出さない。
せめて、歩けるようになるまで。
せめて、口がきけるようになるまで。
せめて、わたしに欲情するまで。
毎日条件を更新しながら、わたしは今日もそうちゃんを誘惑する。

>>27
一生手元にそうちゃんを置いてそうな小雪いいよね…
自分に都合がいい理由もでっち上げられるのがブレーキ完全にぶっ壊してる

メスイキ覚えようねそうちゃん

サッカーみようよ
ラピュセル

そうちゃんのアナルにしゃぶり付きたい

そうちゃんのアナルは綺麗なピンク

実は尻尾がぶっといアナルプラグになってる

しっぽが素直

「しっぽは正直だなぁっ!」 ビタンビターンw

そうちゃんの愛液凄くエッチな味で美味しいね

テレビで見たことがある、都心のスクランブル交差点の前だ。
平日の昼間だというのに大量の人間が行き来している。男も女も、子供も老人もいる。
無数の靴に埋め尽くされてほとんど見えない横断歩道を前に、メルヴィルは身じろぎした。
いまのメルヴィルは白いワンピース姿だ。誰の目にもそう見えるに違いない。
真実は違う。魔法でワンピースを見えるようにしているだけで、身に着けているものはなにもない。
頭上に輝く太陽が肌をじりじりと灼く。人の呼吸で茹でられたような空気が素肌を撫でていく。
メルヴィルはいま、一糸まとわぬ姿で都心に立っていた。

「行こうか」

傍らに立っていた魔法少女がメルヴィルの手を取る。
彼女もまた、魔法で見せかけたワンピース姿だ。実際は全裸だ。
この魔法少女ラ・ピュセルとメルヴィルは、ある意味では同志だといえる。
いつの日か森の音楽家クラムベリーに勝とう、そのために一緒に頑張ろう、と誓い合ったのはいつだっただろう。
音の魔法を操るクラムベリーは超人的な聴力を持つ。単に位置を知られるだけではない。心音まで聞いてこちらの心理状態を把握してしまう。
ならば、どんなことがあっても心音を乱さない強靭な精神を手に入れよう。
そういうことになって、メルヴィルとラ・ピュセルは全裸でスクランブル交差点を渡るという苦行を敢行した。
メルヴィルは魔法で色を操る。本来は存在しないものを存在するように見せかけることが出来る。その魔法でワンピースを作った。
行き交う人々がちらちらとこちらを見ているような気がする。視線が肌に突き刺さるようだ。
メルヴィルの魔法は完璧だ。ワンピースは間違いなく存在しているように見えているはずだ。
見目麗しい魔法少女がふたりも並んでいるのだ。人々が見ているのは顔に違いない。
わかっていても手が下に向かう。股間を隠そうとしてしまう。
指先が茂みに触れたところで手首をつかまれた。

「ダメだよ。手がスカートを突き抜けたらおかしいじゃないか」

顔が熱い。きっと真っ赤になっている。視線を下に落としたまま横断歩道の上を歩いた。
小柄な少女がメルヴィルの前を横切っていく。痛いほどに充血した乳首になにかがかすった。
声を出したのはメルヴィルではなかった。ラ・ピュセルが、なぜか申し訳無さそうな顔をしている。

「どうすだ」
「いま、誰かが僕に痴漢したみたい」
「大丈夫でが」
「うん、尻尾が邪魔して」

本来ならラ・ピュセルは大きなツノと尻尾を生やしている。いまはどちらもメルヴィルの魔法で透明にしてある。
触ったほうも、自分はいまなにを触ったのだろうと首をひねっていることだろう。
急に心細くなった。メルヴィルには尻尾など生えていない。
いま尻を撫でられたら、素肌を直に触れられることになる。そんなことはクラムベリーにもされたことがない。
足元がふらついた。ラ・ピュセルにもたれかかる形になる。
ラ・ピュセルは無言だった。メルヴィルの肩を抱き寄せて、背後を守ってくれる。
しっとりと湿ったような質感の肌がメルヴィルに密着する。汗とは別の潤いがメルヴィルに起こる。
自分はきっと、悪い魔法少女だ。
メルヴィルは自己嫌悪とも昂揚ともつかない感情に支配されつつあった。
この衆人環視のただ中で、自分とラ・ピュセルの魔法を解除したらどうなってしまうのだろう。
脳天を焦がすこの日光のせいに出来るだろうか。

メルっち悪い彼氏の変態プレイに付き合ってるだけじゃない?

そうちゃんの潮吹き姿をみたいお

「はぁっ、あうっ、小雪ぃ」
「どうしたのそうちゃん、もじもじしちゃって、そんなに気持ちいい?」
「こんな、こんなゆっくりぃ、やだぁ…」
「え、だって激しくしちゃったら大切なそうちゃんの内側傷つけちゃうもん
 ゆっくりゆっくり、優しくしてあげるね」
「ひぃっ、あぐっ、いじわるぅ…」

「あの、私はここでなにをさせられてるんでしょう」
「え、だってプリズムチェリーは朱里ちゃんの友達でしょう?
 じゃあ友達の友達のハメ撮りに付き合うのは当然の義理でしょ?」
「当然なんですか」
「私たちの町じゃ当然の風習なんだけど、朱里ちゃんから聞いてない?」
「そうなんだ、インフェルノ、こういう風習の場所出身だったんだ」
「ちがっ、騙されないでチェリー…」
「私の魔法ならこういうアングルからの撮影も可能なんだけど」
「さすがはプリズムチェリー、エロスにおいてはピュアエレメンツを凌駕すると言われるだけはあるね」
「あっあっ、やだぁっ、そんな角度で映さないでぇっ!」

「来ちゃった」
「帰って」
「シンカ…リヨンとかいう新興ロボがロボアニメレジェンドたる私にテコ入れ手伝ってくれなんていうから
 仕方なしパチンコの収録のついでに来てあげましたよ」
「昔の番組過ぎて知らないけど、ロボ扱いしたらキレるんでしょ
 これ新幹線変形ロボだから、ロボットだから、気に入らないと思うよ、帰って」
「小田急ロマンスカーが変形するってことでいいんですよね?」
「だからさぁ!朝の健全な番組なの!
 全国ロードショーのスクリーンで手淫キメるようなひとに来られると困るの!」
「監視カメラは10台は用意してもらいたいものです」
「どうせいったん暴走して僕に乗っかる気だろう!
 リップルー葱乃さーん、追い出すの手伝って!」
「手淫をしたことがない者だけが私を非難しなさい」
「どうしたのリップル、なんで黙ってるの、リップルも手淫してるの、まさかリップルは手淫しないよね!」

ヴァロキラプトルの群れの中に

行方不明だったそうちゃんが!

オスA「仕方ねぇだろ!うちの母ちゃんがどうしてもって・・・」
オスB「母ちゃん怒るとすげぇ怖えし・・・」
オスC「昔はアレでもおしとやかな少女だったんすよ・・・俺たちの奥さん」
オスD「で、あいつ結局オスメスどっちなんだ? 卵産むの? それとも俺らで産ませるの?」

ラピュサウルスやんけ

ラ・ピュセルはたまに一心不乱種付けられる魔法少女に演じるのも良いじゃないかな

そうちゃんにザーメンよく味わってごっくんしてもらいたい

>>45
生えたたまに犯されるラ・ピュセル?

そうちゃんのアナルに舌を入れてしゃぶり付きたい

「リップルがね、最近自慰出来てないみたいなの」
「やめようよ、友達の自慰事情完璧に把握するの」
「リップルは性に嫌悪感を抱えてるからコンディションを整えないと自慰出来ない体質なんだけど」
「友達のデリケートな悩みを僕に明かすのどうかと思う!」
「そうちゃん、ちょっと行って手伝ってきてあげてくれる?」
「むりむりむりむり」
「なんで、どうして!こうしている間にもリップルは悶々と持て余した身体で中華料理屋でバイトしてるんだよ!
 ムラムラ来ないの!」
「ムラムラして間違いでも起こったら、小雪は平気なの!」
「大丈夫、リップルはちゃんと認知してくれるよ」
「なんで僕が孕む方向なんだろう」

50名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW 5fa0-PAUf)2018/07/10(火) 21:46:43.70ID:NwtpPr0w0
そうちゃんと暖かな家庭を築きたい

「そうちゃんと暖かな家庭を築きたかったな」
「その件については申し訳ないと思ってるよ」
「魔法が成長した結果背後霊のそうちゃんとお喋り出来るようになったからいいよ」
「僕も小雪と話せて嬉しいよ」
「ねえ、気分だけでもままごとしてみない」
「いいよ、はいアリス、ルーラ、おっぱいの時間だよ」
「躊躇なくお母さん役を取るなんて、そうちゃんは死んでもそうちゃんだなあ!」

「…私はどうしてスノーホワイトの背後霊に組み込まれて男子中学生のおっぱいを吸わされているんだろう」

https://i.imgur.com/F0hhNHX.jpg
こういう風にそうちゃんのおっぱいを吸いたくて仕方がない

そうちゃんに催眠術を掛けて
颯太のまま自分がギャルビッチだと思い込ませてアナル騎乗位させたい

イク直前暗示を解かして状況を戸惑うまま腰止めれずヨガリ狂わせたい

ラ・ピュセルって生理あるの?

ないアルヨ

@娘々 
乙w

あ 玉蹴りつながりかw

そうちゃんの生理日で無理矢理犯したい


男のくせに今はすっかりおんな...いいや。メスだな
無様に経血を垂れしながらアヘ顔を晒す男は何処にいる
ほら排卵しろよ
孕ませてやる、そうちゃんの男の子宮に種植え付けて妊娠させてやるよ


脳内でwlwのヴァイスボイスで再生した
つまりそうちゃんがそうちゃんをファック…
何を言っているのか俺もわかんない

おっさん達にザーメンまみれにされるのがすっかり癖になってしまったそうちゃん
最後はジョッキに溜め込んだのを一気のみしてボテ腹になってほしい

そうちゃん出産予定日いつ?

今でしょ

チンポのエッチな味が大好きなそうちゃん

味だけじゃなく匂いも大好きだぞ
サッカー部の部室で部員たちの汗の匂いとか嗅いでるだけでも興奮して
部活終了後に部室内で部員たちのユニフォームの匂いを嗅ぎながらオナニーしちゃうそうちゃん

部員全員あ洞窟に閉じ込められて
メスフェロモン発してレイプされるそうちゃん

そうちゃんにガマン汁美味しそうに舐めてもらいたい

そうちゃんを催眠調教で色んな性技を脊椎反射レベルで仕込みたい

後で自分の体の反応に戸惑いながら尽くしてくれるメス颯太見て楽しむ

そうちゃんにドスケベ下着着せてソープではたらかせたい

スケベ中学生娼年

あ、夏休みか…

そうちゃん
肉離れになっちゃえ

よく味わってからごっくんしてね

スノーさんー
最先端魔導技術でそうちゃんを復活させたよー

しかも毎日スノーさんの精液を飲まなきゃ生きられない体質にしたよー

もうこれ男の子じゃなくて肉玩具だろwwww

みんな幸せ、やったね

そうちゃんの子宮温かい

そうちゃんのショタおっぱい母乳甘くて美味しい

>>71
スノーさん精液出ないだろ

「かかったね岸辺くん!
 君がスノーホワイトだと思ってフェラしてたのはスノーホワイトじゃない、
 スタイラー美々の商売道具をパクって上手に扱った、このステラ・ルルの変装だぁーっ!」
「しまった騙された!」
「ふふふ、もう僕のイチモツがないと耐えられない身体になっているだろ?
 あんな無愛想な魔法少女狩りはほっといて僕らの家で巨乳の姉さんと暮らそうよ」
「要求に応じるつもりはないけど、いったんルル・クラッシュしてから話し合おう」
「欲しがりだなあ岸辺くんは」

「かかったわねそうくん!
 あなたが美味しそうにむさぼってたのはスノーホワイトじゃない、
 このフィルルゥが糸で編んだ魔法のちんぽよ!」
「しまった騙された!」
「ふふふ、糸でちんぽ編んでる途中、
『私社会人なのに何やってるのかしら』って死にたくなったわ」
「なんかごめんなさい」
「このままじゃダメよそうくん、
 あなた男の子なのになんの疑問もなくフェラ出来るなんておかしいわ
 しばらくお姉さんが同居して矯正してあげる
 家賃と光熱費は取らないでいてくれるとうれしいな」
「なんかすごい図々しいお願い始めてませんか?」

一生懸命フェラしてくれるそうちゃん可愛いい

チンポ大好きなこに育てたい

戸籍上では死んでるし
個性は最高に良い子だし
これ以上拉致精神催眠肉体改造調教に向いてる子が居るのか?

そうちゃんこそが
みんなの下劣な性慾を満たす究極な存在なのだ

魔法少女狩りになった後のスノーさんが戸籍ではもう死んでるそうちゃんが無事に生きてることを知ったらどうするかな…
家に帰してあげるのかそれとも…

すのほわ荘の管理人さんに童貞を散らされるそうちゃん

そうちゃんは体をメスイキと母乳製造しか能がないショタエロボディにされてもなお戦う魔法少女と言い張って変身して悪に立ち向かうだろうな

すき

そうちゃんとイチャラブデートしたい
所構わずチンポ触ってくるそうちゃんを路地裏につれこんでガンガン突きたい

そうちゃんをちんぽ無しじゃ生きられない体にしたと思ったら
実は自分がそうちゃんのアナルと口がないと生きられない体にされた

そうちゃんはサッカー部の精液便所

俺専用の便所にしたい

こういう暑い天気で汗まみれのそうちゃんを抱っこして体熱アタックでそうちゃんの良い匂いを蒸し出したい

装備が聖衣っぽいw

そうちゃん宅にはやっぱり

小雪(スノー)やアリスが来たり
教育係のナナプリも来たり
クラムベリーが押しかけてきたり
ルーラ組が抗議しに来たりすんのかな

毎日毎日

あ あと地獄の道化も

そうちゃんにフェラで起こしてもらいたい

「マジカロイドぉ、今日のガチャはなに?」
「シスターナナにお買い上げいただいたので今日はモウありまセンよ」
「ガチャ引かせたの…僕以外の魔法少女に…」
「なに重い女みたいなこといってるんデスか」
「お金さえ貰えば誰にだってガチャ引かせるんだ!マジカロイドってそういう魔法少女だったんだね!」
「まあそういう魔法少女デスよ」
「やだぁ、僕だけのためにガチャ用意してよ」
「騎士サマじゃお金続かないデショウ」
「じゃあ出すとこだけ、出すとこだけ見せてよ!」

「そうちゃんに出すとこをガン見してもらえるプレイを楽しんでる魔法少女がいる!」
「排除しますか…スノーホワイト…」

「ハイハイ、もう出しマスよ」
「うん、いいよ、出して、僕の目の前で出して見せて」

「魔法少女狩りだ!そうちゃんにイラマチオなんて認めない!」
「仁王立ちフェラしかさせてませんヨ!」
「仁王立ちフェラだってしてないよ!」

そうちゃんかわいいよそうちゃん

そうちゃんのお口はチンポ扱き穴

ジュラシック・ワールドのラプトル4姉妹の
新リーダーに推したい。

ラ・ピュトル

「そうちゃんさ、変形してバイクになったりしない」
「ならないよなにいってるの」
「でもほら、そうちゃんって私の乗り物みたいなとこあるでしょ?」
「なるほど」
「そうだよ」
「でも小雪、魔法少女がバイクはダメだよ
 脚を開く乗り物なんてもってのほかだよ」
「じゃあスクーターでいいよ」
「僕が小雪を肩車するとかじゃダメなの?」
「ダメじゃないけど、そうちゃんに股間を押し付けるプレイが始まっちゃって
 人助けの現場に間に合わないと思うんだよね」
「そっか、プレイ抜きで僕を乗り物にしようとしてたのか
 なんか幸せだな、えへ」
「そう従順だと困るからたまには反発してよ」

いつの間に新スレに

そうちゃん先っちょびしょびしょだね(^^

ほしゅ

「プク様を三賢人と見込んで相談させていただきたいことがあります」
「どうしたのスノーお姉ちゃん、プクになんでも聞いて?」
「そうちゃんをラ・ピュセルのまま前立腺射精させたいんですが」
「プクが無力でごめん」
「そうちゃんをそうちゃんのままそうちゃんするのももちろん愛しい行為なんですよ?
 でも、ラ・ピュセルのきれいなおっぱいの下にみっともないそうちゃん生やしてそうちゃんさせたいって欲求、
 プク様だって、ね? わかるでしょ?」
「力になれなくてごめん」
「男の子としてがばっと強引に行かれるのも全然ありなんですよ。
 でもそうちゃんそういうことしないし。
 じゃあラ・ピュセルをトロトロのメスにするしかないじゃないですか!」
「三賢人っていっても何も出来ない! プクは無力だ!」

そうちゃんでぶっかけ撮影会したい

とりあえずクスコで開いて子宮口を閲覧したい

(TRPGで敵味方に分かれて対戦中)
そうちゃん『なんでボクだけ変身解除されてるんだろ・・・』
ファヴ(GM)「ラ・ピュセルそうちゃんのターンだポン! ダイスの目は・・・クリティカル!」
アリス「スノーホワイト・・・あなたのHPでは・・・ここは、私が庇って・・・」
スノホワ「ううん!そうちゃんは全部私の体で受け止める!! ファヴ!そうちゃんって確か追加攻撃できたよね!?」
ファヴ「そうだポン、でも今のでたぶんスノーホワイトはHPゼロだから・・・」
スノホワ「構わないから、ダイスを振って!」 そうちゃん「う、うん・・・」ころころ・・・
ファヴ「追加攻撃もクリティカルだポン、でも、これって意味あるのかポン?」
スノホワ「そうちゃんの股間の槍が私を貫く!子宮をぶち抜いて追加で射精!私のお腹を貫通して噴き出す!!」ダイスをころころ
スノホワ「”うさぎのあし”を完全消費!奇跡を発動!破けた私のお腹からそうちゃんとの愛の結晶が産声を上げる!!」
ファヴ「おめーは何を言ってるんだ、ポン?」
スノホワ「そうちゃん、この子を私だと思って・・・育てて・・・最期の授乳をしながら私は息絶える!」
そうちゃん「小雪、重いからやめて!」

今日もいっぱいごっくんしようね

ファヴを!!?

ラピュセルはスノーさんのサイハイブーツが好きで
スノーホワイトは逆にラ・ピュセル ヒールブーツが好きらしい

ラ・ピュセル「膝まであるこの暖かさたまらないよ」

スノーホワイト「このブーツのヒールで音を出すのが好きだよ」

ファヴ「ラ・ピュセルのテーマ曲ができたポン。曲名は未来、歌はKalafinaが歌うポン!」
そうちゃん「なんか凄い嫌な未来が待ってる気がするけど気の所為だよね!?」

そうちゃんのちんちんさわさわして大きくさせたい

変身前も変身後も可愛い

プラン9フロムアウタースペース見ようね岸部くん

そうちゃんをイスに縛り続けてアークV漬けにしたい

そうちゃんのズル剥けちんちん頬張りたい

>>111
拷問じゃねえか!

SSでそうちゃんのちんちんの皮をフェラしながら向いてた小雪の描写好き

115名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sd1f-5m8l)2018/08/07(火) 18:41:17.48ID:gh6ddae5d
>>111
終わったらスマホ太郎も見せろよ

そうちゃんはチンポのエッチな味が大好き
すぐしゃぶってこようとする

「プク様、相談に乗って頂いてよろしいでしょうか」
「よろしくないですあっち行って」
「プク様のような貴人にこんな俗っぽいこと話すのも気が引けるんですか」
「プクはあなたと友達になった覚えないです」
「スノーホワイトに告りたいんですけど」
「告ればいいじゃん!」
「でも、今の友達関係をくずすのも怖いかなって」
「大丈夫だよスノーお姉ちゃんはあなたに友情なんか感じてないよ
 性欲の対象でしかないよ!」
「スノーホワイトみたいなうぶな子にこんなこといって引かれないかなっていう不安もあって」
「引かないよ、仮に引いたとしてもあざとい女子アピールで5秒で落ちるよ!」
「いつまでも小雪に射精管理かれてる僕じゃない
 小雪に射精したいんだって」
「うぶな子は友達の射精管理なんかしないんだよ!」
「でも、プク様だってお友達の射精管理はしてるわけですよね?」
「してるわけがない!この子たち頭おかしい!」

「そうちゃーん、太平洋の嵐買ってきたよ! プレイレポよろしくね!」
「ハイ、コユキサマ。ゼッタイクリアシマス。マカセテクダサイ」

今日もそうちゃんの調教は順調なようである

履いてるブーツ頂戴

そうちゃんとラブラブになりたい

させるかあああああ

そうちゃんおっぱい吸うね

クラムベリーに逆レイプされる絵か同人が見たいけど無いかな

ユニフォームで汗を拭くときおっぱい丸見えなそうちゃん

>>123
あった気がする

そうちゃんのせーし直飲みしたい

そうちゃんに手コキして顔を見ながら弄びたい

そうちゃんはクラムベリーとの間にデキた子を死んだ目で抱えてる姿がよく似合う

そうちゃんはチンポ大好きなエッチな男の子

認知するかな?

そうちゃんのおパンツってどうなってんだろ?

女性モノか
しっぽ穴あいてるのか 

ブリーフを後ろ前に履いてるのか
トランクス派か

オープンクロッチで尻尾はアナルプラグやで

そうちゃんは妊娠しやすい体質

そうちゃんのアナルにしゃぶり付きたい

「魔法少女な子さん、アナルスケッチさせてくんない?」
「突然頭のおかしいこと言わないでください、ジェノサイ子さん」
「ああごめん、岸辺くんから魔法少女な子さんに変形する過程のアナルを連続写真で撮らせてくれない?」
「さらに頭おかしくなってるじゃないですか!」
「まるで私が頭おかしいまんが描いてるみたいじゃないか!」
「お尻の穴なんて男も女も変わんないですよ!」
「それがわかんないからうつぶせでお尻を突き上げた格好をスケッチしたいって言ってるんだろ!」
「なんで堂々とそんなこと言えるんですか!」
「ほら、久慈さんも見たいって言ってる」
「久慈さんはそんなこと言いません!」
「……だめが?」
「まったくもう!」
「ああ、勃起してるときとしてないときの2バージョン撮りたいからよろしくね」
「これ、なんのサークルなんですか」

スノーさんに掘られる同人を見つけた。
スノーさんに生えてなくてペニバンなのが残念だったが。

俺はふたなりスノーさんがラピュセルとイチャラブ交尾する本を読んだことある

そうちゃんのちんちんがまんまんに変わるさまをモータードライブで連写したい

クラムベリー×そうちゃん本欲しいわあ

お決まりの たま乱入

「そうちゃん、いやな顔しながらパンツ見せてくれない?」
「しょうがないなあ」
「違う!話聞いてた!?嫌な顔してっていったじゃない!」
「ええ、嫌そうな顔してるだろ」
「顔だけしかめたってダメなんだよ!
 まんざらでもない心の声が聞こえてるんだよ!
 心の底から嫌だけど仕方なしにパンツ見せてる感が欲しいの!」
「そう言われても、心底イヤならそもそもパンツ見せないよ」
「そんな、私はそうちゃん嫌々パンツ見させることが出来ないの……
 なんて無力なの、魔法少女って……」
「絶望しすぎだよ」
「待ってて、刑務所に殴り込んでプキンを狩ってくる!」
「嫌な顔しながらパンツ見させるために何する気なの!?」

そうちゃんを孕ませたい
おちんちん持ってるのにポテ腹の展開がほしい

どこの国のか忘れたけどショタが妊娠する映画があったはず

「魔法少女から現金を巻き上げたいデス」
「でも地獄の道化はガチャ実装してないじゃないか
 ガチャがないと現金巻き上げられないよ
 即刻ガチャを実装してよ」
「ナイモノねだりしたって仕方がありまセン
 魔王の騎士サマのパンツ画像を売りさばきましょう」
「魔法少女だって女の子なんだから、僕のパンツ画像なんか需要あるのかなあ」

「結構売り上げたね、魔法少女って変態ばっかりなのかな」
「でも一番カネ持ってそうな車椅子のクズが一枚も買ってないじゃないデスか
 騎士サマ、営業努力が足りないんじゃないデスか?」
「売りに行くのは地獄の道化なんだから、営業努力するのは道化なんじゃないかなあ」
「悔しくはないんデスか!あなたのケツは無価値だと言われたんデスよ!」
「そう言われると腹が立つような」
「ではリベンジデス、もっとケツを高く上げたポーズを取ってくだサイ!」

145名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW 9e3d-j9zL)2018/08/24(金) 16:28:15.15ID:W5X7dGVB0
尻尾と角好き

グラブルのグレアが太い尻尾生えてて水着だったからそうちゃんもあんな感じになるのかしら

なんで
サッカーの子は
皆しっぽ生やしたがるの?w

お尻がムズムズするから

そうちゃん「ねぇファヴ、たしかにダメージ受けたら服が破けるようにしてって頼んだよ・・・」
ファヴ「なにか問題でもあるのかポン?」
そうちゃん「ボクはね、北斗の拳のケンシロウやドラゴンボールの孫悟空みたいな感じをって言ったんだよ?」
ファヴ「資料にはきちんと目を通したポン! いい加減な仕事はプライドが許さないポン!」
そうちゃん「じゃあさ・・・なんでこんなエロい感じの破れ方なの!? 
破けるときもなんかエロ狙いのアニメのヒロインが攻撃受けたみたいだし!?」
ファヴ「おっぱいとお腹が露出するという共通点はクリアしてるポン! どこが不満なんだポン!?」
そうちゃん「共通点がすでにおかしいよ!?」
ファヴ「下半身露出なら、さすがに却下ポン、ラ・ピュセルが頑張り屋なのはファヴもわかってるポンけど
 そこまでやっちまうと魔法の国に怒られるだけじゃ済まねぇポン! いろんな人や上の人からめちゃくちゃ怒られるポン!」
そうちゃん「ねぇファヴ、ボクのこと一体何だと思ってるの?」

スノーさん「痴女じゃないかな」

メスオチショタやぞ

口や
しっぽから熱線ビーム

そうちゃんはみんなの性処理係

154名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエW 35ba-7UUZ)2018/08/29(水) 14:16:40.27ID:YFp/2der0NIKU
アニメ監督までこの子こんなにも可愛かったっけとか呟いてたしな
魔性の女ですようそうちゃん

155名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエ eaa2-4M2L)2018/08/29(水) 19:56:16.17ID:rtQzuZvu0NIKU
マジえもん
そう太の 宇宙快タクシー!

タクシー運ちゃんは トプスピ

…非情の殺し屋はメアリ

156名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエW 35ba-7UUZ)2018/08/29(水) 21:59:23.28ID:YFp/2der0NIKU
そうちゃんを
舌が出てしまうように
犬の姿勢で
アヒンアヒンさせたい

そうちゃんの女体の肌が恋しい

メアリ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ミルクまみれ
アリス「・・・なにが、あったんですか?」
マジカロイド「セーラームーンの映画見た先輩が”胸をつかんで変身解除は可能なのか実験する”とか言い出しまして・・・」
そうちゃん「と・・・とまらない〜」全裸で座り込んだまま母乳を出している
メアリ「じゃ、あたしはこれで・・・」ガシっと後頭部を掴まれ  スノホワ「ねぇメアリ、”おとしまえ”は大事だよね?」いつの間にか来てた
メアリ「ま、まちな、あんた正義の魔法少女したいんだろ? 罪を憎んで人を憎まず、全部ミルクに流して・・・」
スノホワ「”けじめ”つけよっか?」目が笑ってない

まってスノーさん、母乳分泌するエロ魔法少女が悪い
メアリは何一つも間違ってはいないんだ

ちなみに俺の中ではラ・ピュセルの母乳は溶けかけたソフトクリームみたいに濃厚で甘くてクリーミィ

そうちゃんの母乳は重湯みたいにちょっとだけ透かして薄くて塩っぱい

魔法少女になってからというもの、母乳が出るようになってしまったそうちゃん

母乳吸収パッドあててるそうちゃん尊い…

「娘々先輩を倒したいんですが大丈夫ですか?」
「申し訳ないアルが負ける気がまったくしないアル」
「娘々先輩さえ倒せば、僕がもっとも太くて長いしっぽ持ちの魔法少女になれると思うんですよ」
「チェルナーマウスとかクランテイルから目を背けるなアル」
「変形するのは、なんか、こう、ノーカンじゃないですか」
「人間ちっちゃいアルなあお前は」
「僕だって魔法少女になったからには何かしらのランキングで一番になりたいんです!」
「私がいなくてもお前、クェイクとかインフェルノとどっこいどっこいダロ」
「そこはまあ、各個撃破で」
「変身する前のしっぽがステラ・ルルよりもラギ爺さんより細く短かかったからって
 妙なことしなくていいアルよ」
「見透かさないでくださいそういうことを!」
「あーほんとに短かったアルかぁ、よしよし」
「優しくされたいわけじゃありません!」

そうちゃん、男の娘風俗で働いてみない?

そうちゃんの誰が見てもかわいいコラはよう


GJ

https://i.imgur.com/UEecPLu.jpg

そうちゃんを掘りたい

たま「穴掘りならまかせるにゃ!」

フィストファック腹部膨張破裂プレイとか闇深すぎてドン引きです

「クラムベリー、3Pしに来たよー」
「来たにゃ」
「なんでたま連れてくるんですか!」
「えー、だって3Pしたいって言い出したのクラムベリーじゃないか」
「私は!スノーホワイトの目の前で!
『ほらほらあなたの騎士はもう私の虜ですよ』的なことしたかったんですよ!
「クラムベリー貧乳だから虜になるのは無理だよ」
「スノーホワイトだって貧乳なのに!」
「わがままばっかり!じゃあ今日はもう3Pしない!
 見ててあげるからたまとフィストファックでもしなよ」
「するにゃ」
「たまぁ!あなたはなんでなんの躊躇もないんですか!
 ダメですイヤですそれ以上近づかないでください。
 イヤだっていってるのにぃ!あっ、やだっ、坐骨神経が、坐骨神経が!」

「あ、メルヴィルさんいたんだ、一緒にクラムベリーのアヘ顔眺めようよ」
「クラムベリーもあんだ顔すんだな」

そうちゃんのアナル弄りまわしたい

ビクンビクンするピンク色の粘膜全部弄りたい

夏コミで買った、ホークビットというサークルの同人が最高だった。
スノーさんに犯されるラ・ピュセルの本。

そうちゃんに美味しそうにしゃぶってもらいたい

そうちゃんが一心不乱にご奉仕してくれる姿みたい

177名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 63ad-4aq7)2018/09/03(月) 00:48:22.17ID:9XKJDjDt0

>>177
アフィ注意

そうちゃんとアナル舐め合いっこしたい

ザーメンよく味わってごっくんしてね

そうちゃんがラピュセルに変身する瞬間をじっくり見たい

ピンク色の魔法なステッキを入れたままに変身解除させてじっくり堪能したい

ヴヴヴヴ振動してそう

そうちゃん可愛い

「マジカロイドのガチャはさーピックアップとかないの?」
「あったら苦労してまセンよ」
「ちょっとだけ出るものがマシになるアイテムとかさー」
「一時的に運を上げるアイテムが出てもその日のうちに壊れマスからね。意味ないデス」
「じゃあマジカロイド印以外のアイテムと併用すれば?」

「アリス!あの、運が上がるウサギの足貸して!」
「スノーホワイトにあげました」

「スノーホワイト!小雪に告れるアイテム引きたいからウサギのアシ貸して!」
「え?あ、うん?」

「借りてきたよマジカロイド!」
「なんかスゴくムダな工程が発生してまセンか?」

メアリ「あんたたち付き合ってんじゃないの? 毎回見るたびに子作りしてるじゃない?」
スノホワ「あれは”挨拶”!スキンシップなの!」 メアリ「」さすがにドン引き

どっちが産む方なんでしょうかねぇ

そりゃそうちゃんですよ

>>188
スノーさんから精子出ないのに
どうやって妊娠するんだよ

190名無しさん@お腹いっぱい。 (スフッ Sdda-ySDF)2018/09/10(月) 20:32:26.98ID:60D8Gxfzd
出るぞ

最近は女同士でも子供は作れるぞ

あれ?
魔法少女って、生えてる子と生えてない子の二種類いて、生えてる子は普通に妊娠させられるはずだけど。

そうちゃんのアナルくぱぁしたい

>>193
スノホワ「リップルどうしよう!? 戻らなくなっちゃった!!」
リップル「だから・・・魔法少女の力で生身のそうちゃん君にプレイを強いるのはやめておけとあれほど・・・」
ファヴ「強いられているんだ!!ポン!!!」

朝凪風の顔でイッてしまそうちゃん

アナルにしゃぶり付きたい

そうちゃんはガマン汁のエッチな味が大好き
ドスケベ下着着せてベッドの上でしゃぶらせたい

変身前か後か、それが問題だ

ねむりん「やぁそうちゃん、ねむりんだよ〜♪ 
キミが赤ちゃん欲しがってるって聞いて夢の中から男の娘でも赤ちゃんができる魔法をプレゼントするね♪」
そうちゃん「ねむりんそれ誰から聞いたデマなの!?あと”おとこのこ”の字おかしくない!?」

変身してもしなくてもそうちゃんはそうちゃんだよ
凛々しい女騎士可愛くてエロい

姫河颯太「変身したままサッカーがやりたい」

>>198
変身するとドスケベ下着は
自動で装着されるだろ

>>201
相手選手も味方選手も腎虚で試合会場から病院送りですがそれ・・・

サッカーという名の乱交パーティ
真っ白染められてビクンビクンするラ・ピュセルはスノーホワイト可愛い

そうちゃんはチンポしゃぶるのが大好き

スノーホワイト「ラピュセルのブーツってどんな履き心地?」
ラピュセル「普通だけど」
スノーホワイト「履いてみたいな」
ラピュセル「サイズが合うか」

匂いすごそう

変身前でもメスの匂いがするようになってきたそうちゃん

クラムベリーに跨がられ必死に射精するまいと尻や手足の指に力を込め耐え続けるが、
ついに限界がくると悟ると逆に腰を必死に振ってしまうのであった

助けてください!母がラ・ピュセルの母乳を飲みながら手マンしてるスノーさんの画像を見ないと死んでしまう病気にかかってしまったんです!

メスフェロモンダダ漏れショタ

マジカロイド「お待たせシマシタ、待望の未来道具デス」 っ円の描かれた絨毯
アリス「それは・・・なんですか?」クビカクン
マジカロイド「”細胞化&体内移動装置”デス・・・この円に入ると発動して、任意の細胞になって相手の体内に入ることができマス」
スノーホワイト「じゃあ、白血球になってそうちゃんの中に入るね!!」
アリス「私は・・・黒いのでキラーT細胞でしょうか?」
マジカロイド「どっちかというとマクロファージさんでしょう、アナタは(アニメのあのシーンを回想中&トラウマ発動中)」

そうちゃんとクラムベリーってホント理想的おねショタだわ

クラムベリー「ごちそうさま・・・あとはあなたの好きになさい」 ポイ
自動車「おお!さすがクラムベリー様!話が分かる!・・・ぐへへ、たっぷり可愛がってやるぜ!」
そうちゃん「小雪・・・」  ボタンの華がポトリと落ちる

スノホワ「私だけのそうちゃんにこんなことマジ許せないよねぇ?」ゴゴゴゴゴ ゴゴゴゴゴ 
クラムベリー「あのですね、妄想で人を殺しに来るのやめてくれませんか?」ロッジ全壊して木材の下敷き中

「あっ」
「どしだ」
「メルヴィルさんの匂いだなって」
「けだもの臭ぇが」
「臭いってわけじゃないよ」
「気ば遣わんでいいびょん、ペチカざも臭いでおれの位置ば知っでだでな」
「あれはペチカさんの鼻が異状だっただけで」
「見どれおれにも備えぐらいあるざ」
「あっ、やめてっ!」
「香水ば、気にいんねが」
「薔薇の臭いはちょっと」
「んだか」
「薔薇より、獣の匂いのほうが好きだよ」
「んだか」

薔薇の匂いを嗅ぐと恐怖と共に勃起が収まらなくなっていつも泣きながらシコシコすることになる事を読み取ったスノーさん

パブロフのそうちゃん

「そうちゃん、薔薇の匂いで勃起するのどういうことなの」
「種の本能っていうか、命が尽きる前に子孫残さなきゃってなって」
「青い薔薇の匂いでも勃起するのなんなの」
「ボディペイントして東京を走ったときのこと思い出しちゃって」
「黄色い薔薇投げたりしてるマスクドワンダーで勃起するのなんなの」
「爆乳だし」
「鎧に薔薇つけてるレーテで勃起しないのなんなの」
「なんでだろう、竜っぽいし身内感出てるのかも」
「そうちゃん、プク様のとこ行こ? 私以外で勃起しないようにプクってもらおう?」
「プク様だってそんなプクりかたは出来ないよ!」

クラムベリー戦を補完してくれたアニメスタッフには感謝しかない

ショタはなんですぐオシリの処女を失うの?

「子種が欲しいんです」
「ごめんな姫河、袋井先生は非常勤講師だからそういうのわかんねえんだ。
 そういうことは正規教員の姫野先生に聞け」
「子種っていってもアレですよ、私の子種をそうちゃんに植え付けたいって話ですよ」
「やっぱぜんぜんわかんねーわ、非常勤講師だからなー、非常勤だから無理ないよなー
 姫野先生のとこに行ってくんねーかなー」
「袋井先生は植物の種をなんやかんやする権威なわけでしょ!
 じゃあ種付けにも詳しいでしょ!」
「ガキが欲しいんならフツーにお前が種付けされりゃいいだろ!」
「されますよ当たり前じゃないですか!
 幼馴染カップルたるもの、同じ日に種付けをして、同じ日にならんで出産するものじゃないですか!」
「そういうものなんだ、知らなかった、幼馴染カップルってすげーんだな」
「先生はどうせ頭に生やした植物を
 すりこぎ状のなんかにしてスタイラーさんをうりうり言わせてるんでしょ?」
「ふざけんな私はネコだ」
「……」
「……」
「…なんか、すいません」
「他言無用で頼むな」

颯太ママ...

魔法少女の状態で妊娠した後とか見てみたい

苗床少女ラ・ピュセル

トップスピードのように変身は自在ではなく、なぜか戻れなくなってしまうのもいいな

そうちゃん「だから・・・なんで胸だけ戻らなくなるんだぁぁぁぁぁ!?」
ファヴ「仕方ないポン、需要がある以上それに応えるのが魔法少女なんだポン」
そうちゃん「需要って読者たちと小雪以外に何があるのさ!?」
ファヴ「メタいポンね・・・ラ・ピュセル、たとえば迷子の幼児を保護したらどうするんだポン? その子がお腹を空かせてたら?」
そうちゃん「それは・・・なんか食べるものを用意して・・・」
ファヴ「母乳が出ればそんな手間も時間も大幅に節約できるんだポン! 変身してなくても出せるから変身の手間も省けるポン!」
そうちゃん「ちょっとまって母乳出せるとか聞いてないんだけど!?」

そうちゃんのピンク色の綺麗なアナルに舌入れるね

「変身したままサッカーやってるけど」
「このブーツ、スパイクよりもボールが蹴りやすいな」

「このたま、ボールより蹴りやすいな」

たまに湧くブーツ兄貴すき

231名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエW d7ba-eDnS)2018/09/29(土) 17:25:52.57ID:F71N2xJt0NIKU
そうちゃんを孕むまでファックしたい

232名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエWW 5771-vpSA)2018/09/29(土) 20:26:31.92ID:SQtePUyd0NIKU
「二宮くん、なんでシャワールームに入ってくるの?」
「後輩たちを待たせちゃったら申し訳ないだろ?
 スペースを節約しないと」
「近くない?」
「さらにスペースを節約する方法があるんだけど、どうかな」
「どうかなと言われましても!?」

「いい加減にしてくださいよペチカさん、いつになったら二宮くん落とすんですか。
 早くしないと手遅れになりますよ!」
「最近思うんですけど、私は二宮くんにあの子の面影を重ねていただけで、
 二宮くん自体に恋をしていたわけじゃないかもしれません」
「手伝えって野球部にぶっこんどいて今更それはないでしょう!」
「ペチカさん提案がありマース
 二宮くんとそうちゃんがまぐわうところを見てジェラシー感じたら恋と判定してはいかがデース」
「なるほど」
「なるほどじゃないです!御世方さん口調の小雪に騙されないで!」

「昨日そうちゃんでオナったんだけど」
「どうして突然そんな報告をするの?」
「私はそうちゃんがなにでオナってどうフィニッシュしたのか完璧に把握してるけど
 そうちゃんが私のオナ事情を全く知らないのは不公平かなって」
「いいよそんな公平感出さなくて」
「だってそうちゃん、テスト明けとか試合明けとかとか台風明けとか
 特別な日じゃないと私で抜かないでしょ?」
「好きな子じゃ抜けないタイプなんだよ、勘弁してよ」
「私がいかにそうちゃんでしかオナっていないかを伝えていけば、
 そうちゃんは否応もなく私の痴態を妄想しちゃって、他の子でオナる余地がなくなるって寸法だよ」
「実際に挿入れたいのとオカズにするのは別腹なんだからそこは干渉しないでよ」
「だってそうちゃんだって私が他の人でオナったらイヤでしょ?」
「いいよ別に!いくらでも他のひとでオナってよ!」

 後日
「……ぐすっ、頑張って智樹くんや統太くんでオナってみたけど全然気持ちよくないの
 やればやるほど死にたくなってくるの」
「ごめん小雪!いいから!僕でオナっていいから!」
「オカズ提供してくれる?」
「そのくらいいくらでも!」
「じゃあそこに立ってぱんつずらして指で開いてみて。
 あ、違う違う、尿道のほう」
「……っ、早くして、人が来ちゃうよぉ……!」
「あれ、急に操作方法ど忘れしちゃった」
「早くぅ…!」

そうちゃんはサッカー部の性処理係
毎日ジョッキ一杯分くらいごっくんしてる

235名無しさん@お腹いっぱい。 (スフッ Sdbf-4I7Q)2018/10/01(月) 21:40:31.40ID:tvECnoyVd
サッカー部だけじゃないぞ

「そんな…私の剣になってくれると誓ったそうちゃんが
 ワンゲル部の性欲肉便器になってアヘ顔ダブルピースをさらしてるなんて」
「事実無根だようちの学校にワンゲル部とかないよ、なんでワンゲル部をセレクトしたの」
「そうちゃんは私の専属肉便器じゃないの!?」
「肉便器ではないよ」
「だっていつも私の性欲を受け止めてるじゃない」
「受け止めてはいるけど小雪の性欲は汚くないから従って肉便器ではないよ」
「汚いよ!」
「汚いわけないよ」
「ああ、やだやだやだ、こんな優しくてやらしいそうちゃん、みんな性的な目で見てるに決まってる。
 私が目を離しているスキに私じゃない誰かが私のそうちゃんに私のじゃない性欲をぶちまけようとしてる。
 私わかるもんだって私はいつだってそうちゃんを拉致監禁して私だけのものにしたいって思ってる。
 今までどんなに我慢してきたか。
 あれ、別に我慢する理由なくない?うんない、よしそうちゃん拉致監禁されよう物件はもう用意してあるから」
「しっかりして小雪!一発抜く?」
「うん、じゃあ、這いつくばってしゃぶって」

「そんな……私の剣どころかそうちゃんがサッカー部員たちの肉鞘になってるなんて……」

このショタのメス力は53万です

何らかの力で変身解除ができなくなったラ・ピュセルが生涯魔法少女として生きていく事を決意してほしい

絶対変身してオナニーしまくってるよね

「ありがとーおねーちゃん!」「ありがとう、おねえさん」「あーがと、ねーちゃ!」
小雪「そうちゃん、なんでマジカルフォンに子供たちからの感謝のメッセージ録音してるの?」

淫乱ショタ少女

山の中に怪物が出る。
そんなうわさ話を聞いた私は調査に向かった。
分け入った先で見つけたのは、木の枝の上でまどろみながら木の実をかじるラ・ピュセルだった。
「そうちゃん」
「誰ですか?」
ラ・ピュセルには記憶がないようだった。
数年前にひどい怪我をして山の中をさまよっていたらしい。魔法少女であるため飲食はほとんど必要でなく、わずかな木の実をかじり朝露をすすって生き延びていたようだ。
「とにかく、家に帰ろ?」
手を引こうとすると、振り払われた。
「私が人里に降りれば、騒ぎになります」
ひと目を偲んで山奥で暮らす妖怪のような口ぶりだった。
本人としては冗談ではないのだろう。先日、蝶々を追っているうちに人に見られて追いかけられたことを気にしているらしい。
「変身を解けば大丈夫だよ」
「変身を解くとは?」
ラ・ピュセルには自分が魔法少女だという自覚すらなかった。なにかの事情で地上に落ちてきた竜の娘だと、本気で思い込んでいる。数年の間、一度たりとも変身を解いていない、解き方すら知らない。
変身の解き方を説明しようとして、言葉に詰まった。魔法少女になった瞬間から、誰に教わるわけでもなく出来ていたことだ。いざ説明するとなると、なにをどうしたらいいのかまるでわからない。きっと、完璧に説明できるのは魔法の国の研究者くらいだろう。
「ええと、変身前の姿を思い浮かべて」
「私は変身前の姿というものを知りません」
「ほんとは男の子なんだよ」
「あなたがですか?」
「違うよ、なんでそう思ったの?そうちゃんが男の子なんだよ」
ラ・ピュセルは豊かな乳房を持ち上げて眉根を寄せた。
「私は女ですが」
私は言葉を尽くした。幼い頃の思い出を話した。拙い絵心も使った。
ラ・ピュセルはきょとんとするばかりだった。
なんとかしてこのひとに男の子の自覚を取り戻してもらわなければならない。
そう考えているうちに、気がつくと私はラ・ピュセルの目の前で仁王立ちしてスカートをまくり上げていた。
「なにをしているんですか?」
「そうちゃん男の子なんだから、こういうの好きでしょう!?」
聞こえてくる心の声は困惑ばかりだった。以前、私の太ももや二の腕に向けていた声とは明らかに違う。
結局、その日はラ・ピュセルを山から連れ出せなかった。
その後も私はたびたび山を訪ねた。
ラ・ピュセルにお尻を触らせた。胸を触らせた。腰をくねらせながら下着をずらして見せもした。男の子と女の子でもっとも違う部分を開いて見せるようになったのは当然の帰結だった。
ラ・ピュセルを男の子に戻すためだ。家に帰してあげるためだ。恥ずかしいけれど我慢しなくちゃならない。こればかりは他の人に任せるわけにはいかない。
自分に言い聞かせる声は次第に薄くなって言った。
ラ・ピュセルから聞こえる心の声は、困惑に嫌悪や恐怖が混じるようになった。
おかしな痴女に目をつけられてしまった。ねぐらを変えても見つけ出される。どうやって逃げればいいんだ。
山の奥で静かに暮らしたいラ・ピュセルの目の前で、私は今日もひとり激しい行為にふけるのであった。

ラ・ピュセルが産卵してるエロ画像ない?

「そう、ちゃんとお風呂入ったことある?朱里ちゃん」
「それどう答えても小雪がキレるやつだろ」
「キレないから答えて」
「あーはいはいあるよあります」
「狩るわ」
「ほらみろ!ガキのころだよ、ってか小雪もいたよ!」
「覚えてない狩るわ」
「あんたの記憶力までフォロー出来ないよ!」
「印象に残らないそうちゃんのサイズにも問題がある」
「あんたあいつの皮つまんでぐいぐい引っ張って泣かせてたよ」
「そうちゃんがかぶってるのが私のせいだなんて、責任持って女の子にしてあげないと」
「男にしてやるんじゃないの?」

そうちゃんが即尺してくれる風俗

「そうちゃんが即尺してくれる風俗店を企画してるんだけど」
「いやだよ」
「なんでそんなひどいこというの!
 お仕事で疲れて帰ってきたらそうちゃんが即尺してくれるとか最高に幸せじゃない!」
「小雪は僕が他の人を即尺してもいいの?」
「いいわけないでしょ、ふざけないでよそうちゃんどこの誰を即尺する気なのよ。
 私の私による私のためのそうちゃん風俗に決まってるじゃない!」
「それは風俗じゃなくて単なる特殊なプレイなんじゃないかな」
「ちゃんとプレイごとにお金払うから!」
「やめてよ、なんかやらしいよ!」
「こんなに献身的にご奉仕してくれるそうちゃんだけどあくまでお金目的であって決して私のことが好きなわけじゃないんだ
 しょせんお金だけの繋がりなんだああでもでもこみ上げてきちゃう
 っていう感じの興奮を味わいたいんだよ」
「なんでそんなにこじれちゃってるの小雪は!」

このスレのスノーさんはいろいろと病み過ぎである

「私がそうちゃんに支払ったお金で
 そうちゃんが二宮くんと焼き肉を食べに行く
 そんな展開もありえるんだよ」
「なるほど、夢が広がります」

「小雪、ペチカさんをそそのかすのやめよう」

ペチカならお金かけなくてもそこらへんの石ころで焼き肉作れるだろうに……

そうちゃん、対魔忍になってみないか?

そうちゃんってくっころからのメス堕ち似合うよね

そうちゃんのおちんぽみるくを焼き肉に変えて二人に食べさせたらいいよ

「冗談やめてください。
 私が初めて焼き肉に変えるおちんぽみるくは二宮くんのものと決めているんです」
「ペチカさんおちんぽみるくとか言うのやめてください」
「提案がありますペチカさーん。
 そうちゃんに二宮くんのおちんぽみるくを採取してきてもらうのはどうデース?」
「なるほど」
「なるほどじゃないよ、ペチカさんはそれでいいの?」
「外気に触れないよう、ちゃんとほっぺたに入れたまま帰ってきてください」
「採取の仕方!」

それにしても、ここまで画像が少ないキャラ萌えスレも珍しい気がする

そうちゃんのアクメ画像が欲しいな

「私もね、そうちゃんをあんまり拘束するのはよくないと思うの」
「いや別にいいよ拘束してよ」
「だからね、女の子と浮気するのは許せないけど
 二宮くんと浮気するのは許そうと思うの!」
「なんでだよ、許すなよ」
「ただしステラ・ルル、あなたはダメ」
「ひどい!僕と岸辺くんを引き裂こうっていうの!?」
「馨くんはもな子さんと戦ってなよ」
「岸辺くん、君はこの街にいたらダメになる。
 このまま魔法少女狩りのオナホでいいの?
 僕たちの街に来て、アルマや僕にぺろぺろされよう?」
「結果が大差ない!」

姫河颯太は部屋で良くラ・ピュセルに変身しながらオナニーしてるらしい

スノーホワイトの身体に興味あるみたいだ

>>255
アニメキャプは当時さんざん貼られたし原作も動きがないから二次創作も増えようがないからなぁ

そうちゃんは魔法娼女

https://i.imgur.com/9YF5z1a.jpg

メインスレからテキトー

そうちゃんは先っちょがびしょびしょ

赤ちゃん「ぶ〜」 小雪「私がママよ♪」 そうちゃん「大嘘言わないの!」
小雪「この子が私とそうちゃんの子でないとしたら誰との子供なの!?」
そうちゃん「親戚のおばさんちの子だよ! 今日一日預かってって頼まれて・・・」 小雪「そうちゃん・・・熟女好きだったの?」
そうちゃん「だから、ボクの子供って線を未来永劫切除して!」 赤ちゃん「ほぎゃ・・・ほぎゃ・・・」
小雪「あ、泣き出した」 そうちゃん「(時計を見て)ミルクの時間だね、用意しないと」母から渡されたメモを見ながら準備
小雪「そうちゃんが出せればいいのにね〜」 赤ちゃん「?」  小雪「きっとおいしいよ」ペロンとそうちゃんの乳首出しながら
そうちゃん「小雪、お願いだから変なこと吹きこまないで・・・あと勝手に服をめくらないで・・・」

そうちゃんママの哺乳時間だぁ!!

夜な夜なおっさん達のザーメン絞りとってるってマ?

「そうちゃんが壊れるほどにクンニしたいんだけど
 ほんとに壊れても困るし、どうしたらいいと思う?」
「壊さないように注意してクンニすればいいんじゃないかな」
「でもいざクンニし始めると壊したくてたまらなくなるわけじゃない?」
「うーん、やむを得ない
 アリスほどじゃないけど、僕もトカゲなりに再生能力は高いほうだから、一回だけなら壊していいよ
 治るのに3日くらいかかるだろうげど」
「ふざけないでよ!3日も出来ないとか私に干上がって死ねっていうの!?」
「じゃあもうどうしようもないよ」
「だってそうちゃんだって、私にクンニするとなると壊したくてなるでしょ?」
「壊したくはならないよ」
「愛情の深さに差があるよね」
「言っとくけどね小雪、男の僕がクンニされることを受け入れてるのは相当な異常事態だからね!」

ちょっと舐めただけで大洪水なのに男の子に言い張るんだねそうちゃん

そうちゃん「あのさ小雪、今日こそははっきり言わせてもらうけど・・・」
小雪「どうしたのそうちゃん、珍しくまじめな顔して・・・N市に天変地異でも起きるの?」
そうちゃん「普段ボクってそんなに不真面目!? それよりさ、保育園にボランティアに行って聞いたんだけど・・・」
小雪「ああ、絵本読み聞かせね・・・歴史の人物の伝記なんて置いてあってびっくりしちゃった」
そうちゃん「ジャンヌ・ダルクの名前が出るたびに”そうちゃん”って変換して読み聞かせるのやめて!」 小雪「・・・ああ、そっちね」
そうちゃん「園児たちの間でもう有名だよ・・・”このお姉ちゃんもそうちゃんって異名の偉い人なんだよ”って伝記持って見せに来るし」
小雪「ごめんごめん、今度から気を付けるよ」
そうちゃん「絶対だよ・・・・・・ねぇ、さらりと流しそうになったけどさ・・・”そっちじゃないほう”って何したの?」

園児「そうちゃんはね、3日3晩もいんぐらんどのへいたいさんにらんぼーされて心が折れちゃったんだって」
(今日のボランティア当番チーム)ナナ「まぁ・・・怖いわ」 ヴェスさん「大丈夫だよ、ナナ・・・ボクが必ず君を守るからね」
ファヴ「なんで保育園に”ダンスマカブル”が全巻置いてあるんだポン!?」
園児「おねーちゃん、これ読んで〜」 っ本当は怖いグリム童話  アリス「・・・・・・(汗)」

そうちゃんの愛液吸いたい

そうちゃんはおっさんチンポが大好き

ラ・ピュセルでイク瞬間変身解除したらどうなるのかな

射精が止まらないよ

そうちゃんごっくんするとこ見せてよ

「そうちゃんを射精させ続けたいんだけど、
 男性ホルモンがアレしてそうちゃんがマッチョになっちゃったら困るなあ」
「いいんじゃないかな、男らしくて」
「男らしいそうちゃんなんかイヤだよ!」
「僕、けっこう男らしいと思うんだけどなあ!」
「だからね、バランス取って射精、ナカイキ、クリイキの繰り返しで行こうと思うの」
「繰り返す必要はないんじゃないかな」
「三三七拍子で行くから」
「七はなに、ねえ七はなんなの!?」

テクノブレイク

そうちゃんのちんちんさわさわして先っちょびしょびしょにさせたい

それはスノーさんの仕事です

そうちゃんはチンポのエッチな味が大好きな○学生娼年

「こら!なに勃↑起↓している!魔法少年はスケベな事しか考えないのか(偏見)」

布団の中でそうちゃんと兜合わせで気持ちよくなりたい

そうちゃんのアナルをスカスカなるまでファックしたい

ザーメンタンクにしたい

>>278
クラムベリー「ラ・ピュセル、指名が入りました」
そうちゃん「そのお客さん、ボクの知り合いでしょう?」『どうせ小雪だろう・・・』
クラムベリー「なんだ、知っていたのですか・・・ではお通ししても問題ないですね」
そうちゃん「むしろ通さないと暴れるし」
クラムベリー「?あんなかわいい子が?」
そうちゃん「クラムベリーさんは知らないかもしれないけど、すごいんだから・・・とにかくお通しして」

親戚の幼女「そうにいちゃん、やっぱりここにいたんだ!」
そうちゃん「」  クラムベリー「どうしました? あなたの知り合いだと、ついさっきあなた自身が・・・」
親戚の幼女「綺麗なお店だね!エルフのお姉さんも美人だし!」
クラムベリー「ラ・ピュセル何をぼさっとしているのです!このお客様を特級客室に案内してください」
そうちゃん「ちょろいよ音楽家!?」

「そうくんのお金でパチンコに行きたいという気持ちと
 そうくんにパチンコのお金を貢ぎたいという気持ちが同居してるわ」
「くだらないこと言ってないで就職してくださいフィルルゥさん」
「そうくんそうくん、諭吉さん上げる」
「パチンコなんか行きませんよ」
「じゃあ私がパチンコに行くからそれを渡して」
「よくそんな意味のないこと考えられますね、返しませんからねこれは!」
「やだ、私の預金を管理するつもりなのね」
「預金とかあるんですか?」
「困ったことにないのよ」

「そうちゃん、パチンカスになるの?」
「ならないよ」
「えっと、私の通帳はここに入ってるから
 引き出すの面倒だったらこっちの封筒に現金あるし、
 あとここの引き出しの中にうるるのワオンが入ってるから」
「うるるのワオンはなんであるの」
「『それ持ってかれたら困る!』って私がすがりついたら
 『うっせえ今日はイベントデーなんだよ』ってクズ発言して私の顔を踏んでね!」
「なんでたまに顔踏まれたがるの!?」
「やっぱりたまちゃんなの?
 たまちゃんからお金せびった挙げ句に顔踏んであげるの!?」
「お金もせびらないし顔も踏まない!」

「でも、パチンコ屋でクラムベリーにカモられるわけでしょ?」
「クラムベリーパチンコ屋に出没するの?」

今日の誤読
「そうちゃん、チンカスになるの?」

Hp1しかなくて小指がぶつかったら死にそうちゃん

「いゃぁぁぁぁっ、だめだよそうちゃんそっちは段差があるよ」
「え、1センチくらいだよ」
「ダメダメダメ、蹴つまずいて転んで頭の割れたらどうするの
 そうちゃんほっとくとすぐ死んじゃうんだから
 オスク派潰してラツムあれしてプク様の遺産横領してようやくそうちゃん取り戻したんだもん
 万が一のことがあったら耐えられないやだやだやだ二度と離れたくない」
「でも僕、この部屋から一歩も外に出てないし」
「出なくていいよなんで出る必要あるのすっとここにいようよ」
「家にも顔出してないし」
「だめだめ岸辺さんちなんかに返したら別居になっちゃう
 別居!家もベッドも布団もパジャマも別!
 そんなのやだやだ耐えられない私の半径2センチより外に行かないで」
「わかったよとりあえず落ち着くまで一緒にいるからトイレだけ行かせて」
「しびんがあるよ」
「しびんをどうするんだよ」
「大丈夫大丈夫何も心配ないから私が全部面倒見るから
 はいズボン下ろしてパンツ脱いで
 ああいいよ私が脱がせてあげるから
 全部私が管理してあげるからね」
「あっあっ、だめ、パンツは許して!」

>>287
(蚊)ぷ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん・・・・・・チク!
そうちゃん「こ・・・小雪・・・」バタリ! 死〜ン

メンヘラスノーさんかわいい

ラ・ピュセルが照れそうにブーツをぐりぐりするシーンが良い

イラマチオでそうちゃんの口をザーメンまみれにしたい

ザーメンタンクそうちゃん

294名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエ MM7b-7TBo)2018/10/29(月) 18:47:15.04ID:ac51nZ6gMNIKU
小雪「口から入れて貯蓄、そして蛇口をひねると出てくるんだよね」
そうちゃん「小雪!それ蛇口じゃなくて袋・・・いだだだだだだ!!」

295名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエWW 31ba-2sDf)2018/10/29(月) 21:30:43.82ID:O7VFaajs0NIKU
そうちゃんアナル舐めるね

そうちゃん、メスイキセックスでしかイけなくなっちゃったんだよね....

コーション「男装をした罪で火刑に処す!」
そうちゃん「あのさ!!!」涙目

クラムベリーの監禁調教から開放されたものの、
男性器のついた女性に肛門を犯され絶頂してしまったこと、
女性に変身させられ犯され絶頂してしまったことなど
常人に話せない内容な為カウンセリングを受けることも出来ずに
苦しみ続けるそうちゃんであった

指導面接カウンセリング担当の7753に頼るしかないねぇ

「あぁっ、あぅっ、あああっ」
「おっかしいなあ、そうちゃん、いまそうちゃんじゃなくてラ・ピュセルなのに。
 女の子には前立腺なんかないのに、なんでお尻でこんなによがっちゃってるのかなあ」
「知らない、知らないぃっ!」
「そうちゃん特有の現象かなあ。
 オスク派にこういうこと研究してるとこあったよね」
「やだ、やだぁっ、実験場はやめてぇ!」
「うーん、でも、不思議を不思議のまま放置するのも魔法少女として収まり悪いし。
 映像だけ、ねっ、撮るだけだから」
「やだ、やだぁ、撮らないでぇっ!」
「あれれ、おかしいなあ。
 撮影するって言った途端
そうちゃんのここ、きゅってなったよ。
 ショックだなあ、私は私だけのそうちゃんでいてほしいのに。
 そうちゃんは恥ずかしいところを全世界86カ国に公開したいんだね」
「あぁっ、わぁっ、ひいぃっ!」
「わぁ、すごくえっちな顔。
 誰にも見せたくないなぁ、私だけのものでいて欲しいなあ」

調教進んでるねぇ…

「公園にお散歩」とか普通にやりそうなスノーさん

「そうちゃん!パンツ脱いでお散歩しよう!」
「何を言い出すの」
「私も脱ぐから、はい脱いだ!」
「わあぁっ、そんなあっさりずり下ろして!」
「じゃあ脱いだのはそうちゃんのブーツにねじ込んどくね
 ほら、そうちゃんも早く脱ぐ!
 そうちゃんはノーパンでもブルマ的なものはいてるけど、私はこれだよこれ」
「ぺらぺらさせちゃダメぇっ!」
「私のほうが圧倒的にリスク高いよ
 きゃあ怖い守ってもらわないと私の騎士にまもってもらわないと!」

「うふふっ、みんなきっちり服着てるのに、
 私達だけパンツ穿かずにビルの上走ってるんだね」
「ビルの上走るのやめようよ!
 あぁっ、またそんなに飛び跳ねて!」
「えへへ、へへへへへぇ、そうちゃんすごく困ってるねえ
 私がつまづいて転んであんな格好になっちゃたら困るとか
 知らないおじさんに写真撮られて脅されたら困るとか
 色んなことで困るんだねえ、そうちゃんのえっちぃ」
「なんでそんな身体張って僕を困らせるんだよぅ」
「えへへへへへへ、そうちゃんが私のことで困ってる
 そうちゃんが私のことだけのために困ってるぅ
 嬉しいなあ幸せだなあ、そうちゃんは私のことだけで困ってればいいんだよ
 そうだよそうだよ他の女の子のこと考えるの絶対にやめさせよう私のことだけ考えてればいいんだから」

もし無印で生き残ってたら今頃どうなってたのか
スノーさんがあそこまで荒むことは無いと思うが

クラムベリーの下僕として生き残ってほしかった

クラムベリーは処女っぽいし、もしそうちゃんが肉食系だったら
口八丁で上手く犯して雌奴隷に出来ただろうに

そんなそうちゃん嫌だ

そうちゃんが眠っている最中無茶苦茶犯したい

昏睡レイプ!野獣と化した308

そうちゃんのピンク色の綺麗なアナルじゅるるるるって吸いたい

吸うよりも注ぐ派

三日どころか一晩でイングランド軍壊滅
ベドフォード公無理しすぎて足腰立たなくなって急遽帰国
コーション「と、いうわけで私にお鉢が回ってきたので相談に参った」
音楽家「なるほど、“”性職者”ですか・・・」 ファヴ「誰がうまいこと言えと言ったんだポン!」

アナルからザーメン垂れてるそうちゃん

すぐ妊娠するそうちゃん

315名無しさん@お腹いっぱい。 (ポキッーW d171-gJxK)2018/11/11(日) 11:09:51.60ID:amH9OyiA01111
でもクララピュ創作はもっと増えていいと思う俺(願望)

316名無しさん@お腹いっぱい。 (ポキッー 21f3-K50l)2018/11/11(日) 12:35:22.41ID:5/5glvk901111
ショタ側が本気で嫌悪してるおねショタってすごく貴重なんだよね
「魔法少女同士で子を成したらどうなるのだろう?」というクラムベリーのただの興味本位の気まぐれで無理やり犯される借り種そうちゃん
好き

317名無しさん@お腹いっぱい。 (ポキッーW d171-gJxK)2018/11/11(日) 14:00:47.77ID:amH9OyiA01111
ショックで幼児退行してクラムベリーママのおっぱい吸っちゃうそうちゃんいいよね

318名無しさん@お腹いっぱい。 (ポキッーW 31ba-/6LG)2018/11/11(日) 14:37:11.23ID:YJWGLsZQ01111
自分のおっぱい吸えや

あ、やべぇ、自分のおっぱいを支え上げて咥えるラ・ピュセルの姿を想像したらボッキした

319名無しさん@お腹いっぱい。 (ポキッー 93a2-5nD1)2018/11/11(日) 15:47:41.30ID:7Pu/7wq701111
そうちゃんに女性ホルモン打ったらあのレベルになるのが確約されてるんだよなあ…

320名無しさん@お腹いっぱい。 (ポキッーW d171-gJxK)2018/11/11(日) 18:54:29.76ID:amH9OyiA01111
ラ・ピュセルも同じ顔だもんね

ゴブリンに種付けされるそうちゃん…

>>321
ゴブリン=モンスター=魔王の手先=飼い犬の不始末は飼い主の責任
=魔法少女育成計画魔界村編
あの赤い魔物も皆勤賞狙ってる魔王様も、もちろん登場

そうちゃんとデートしたい
デート中ローターつけっぱなしでいたい

そうちゃんにこっそり毎日女性ホルモン飲ませたい

「地獄の道化ってゴブリンだったりしない?」
「実はゴブリンなんデスよ」
「ひいっ、孕み袋にする気でしょう、@娘々みたいに!@娘々みたいに!」
「何言ってるんデスか、私がゴブリンなら魔王の騎士サマもゴブリンでしょう」
「そんな、僕はいつの間にか@娘々を孕み袋にしていたのか」
「お仲間の魔法使いも仲良く孕み袋デスよ」
「どうしよう、僕戸籍とかないし認知出来ない」
「ゴブリンが何気にしてるんデスか。
 部下の失敗は上司の責任なんデスから、認知は魔王さまがしてくれマスよ」
「そうか!ありがとう魔王さま!」

そうちゃんのちんちん口で大きくしてあげて愛液吸いたい

「来たな魔法少女ども、片っ端から種付けして魔王さまに認知させてやる」
「殺しましょう」
「おや、のっこちゃんがいつになく好戦的だ」

そうちゃんの愛液は凄くエッチな味

魔法少女の一人(13)「イ、嫌!!私は近所のまっくん(3)の子を産むってあの子が生まれた瞬間に決めてるんだから!!」
そうちゃん「なんか危ない人がいるよ!?」

近所のまぁちゃんの子を生むことを決めていたなんて
監査部門には変態ばっかりいるな

そうちゃんはチンポ大好き

剣を持って

チンポよく回します

333名無しさん@お腹いっぱい。 (HappyBirthday! caa2-e4+7)2018/11/20(火) 02:07:42.48ID:yxjBAXO/0HAPPY
そうちゃんのPCの中身見たひ…。

334名無しさん@お腹いっぱい。 (HappyBirthday! 7e06-4fLB)2018/11/20(火) 20:11:01.86ID:HjlW7vQQ0HAPPY
クラムベリーは相手の肛門を犯す際、浣腸をして排泄をさせ念入りに洗わせる主義であった
そうちゃんも男女の姿両方で排泄をさせられ便を観察され、心を完全にへし折られたのであった

アナル舐めるね

>>334
「穴掘りはまかせるにゃ〜」って
たまを乱入させたいw

あの三巴が好き

「そんな、そうちゃんのアナルがこんなにがばがばに!
 これじゃもうそうちゃんのアナルに挿れられない!」
「絶望するポイントおかしいよね」
「やむを得ないよね、そうちゃんが私のアナルに挿れるしかないよ」
「他の選択肢があると思う」
「こっちはね、ほら、お嫁に行くまでダメじゃない?」
「そういう貞操観念あるんだ」
「だからね、そうちゃんには騎士として私を守ろうとして
 全然守れず無様にアナル拡張され今後オムツ必須の人生を送る鬱屈を
 思う存分私のアナルに叩きつけるしかないんだよ」
「もうちょっと自分のアナルを大切にして!」

そうちゃんとラブラブになりたい

マルイノ先生って女だったの?
そうちゃんが雌エロなのは作者が女だったからなのか

69したい

そうちゃんのおま○こはきっと良い牝の匂いがする

口で剥いてあげるね

むきむき

シンプルにラ・ピュセルのくぱぁが見たい

「あのねそうちゃん、男の子が思ってるほど、女の子は包茎で困ってないんだよ」
「僕の悩みを詳細に把握するのやめてよぅ」
「でも、そうちゃんがそんなに困ってるなら、うん、わかった、私が処置してあげる」
「なんでルーラ出すの?しまって?」
「あ、朱里ちゃんがいい?」
「偃月刀を朱里ちゃんって呼ぶのやめてあげて?」
「口うるさい地元の年上女性と、けっこう疎遠な昔の同級生と、どっちで割礼されたい?」
「なにその2択!」
「わかった、そうちゃんに痛いことする代わりに、そうちゃんも私の顔踏んづけてくれていいから」
「小雪しか得してないよ!」
「やだな、そうちゃんが包茎じゃなるのはどっちかっていうと損なんだけど」
「踏まれる方は得なんだ!」

ワラタw

ラ・ピュセルの髪をほどくスノーホワイト

>>345
こいつ本当に秀逸な文しか書かないな…
いつもありがとうw

ヴェロキラピュセル

「そうちゃん、今月もまほいくbreakdownの更新が遅れます」
「僕関係ないからどうでもいいんだけど」
「責任をとって私が脱ぐことになりました」
「なんで!?ことわってよそんなの!」
「心配しないで、脱ぐのはそうちゃんの部屋でだよ」
「どんな責任のとり方なのそれ」
「脱ぐとは言ったけど、見てて欲しいとは言ってない」
「じゃあ僕部屋から出てればいいの?」
「違うよそうちゃん至近距離で幼馴染が一枚また一枚と布を落としていって
 今何枚残ってるだろうと悩み抜いてるところに
 耳元で囁きかけられたことから
 これもう行けるんじゃ誘ってるんじゃ
 とかぷるぷる震えながら逡巡するのがいいんじゃない」
「発想が具体的!」

あやねる〜

そうちゃんに美味しそうにしゃぶってもらいたい

そうちゃんとケモノのように一日中セックスしたい

そうちゃんの潮吹きを撮影して等身大パネルをN駅に置きたい

355名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sdb3-40W+)2018/12/07(金) 12:11:14.68ID:CyB77Osrd
>>354
自分の等身大パネルの前で公開オナニーさせたい

>>355
勿論男の子のままでラ・ピュセルの淫らなパネルを見ながらシコるん?

インドミナス・ラ・ピュセル
インド・ラ・ピュセル

モササウルス=クラムベリー
猛者クラムベリス・・・なんか、かっこいい・・・

>>357
スノホワ「そうちゃんの骨を回収したよ!」アリスの操縦するヘリの梯子につかまっている
猛者クラムベリス「させるかぁ!!」ザバァ!!と水中からジャンプ
アリス「スノーホワイト!!?」
ガカァッ!!と稲光の中で互いに拳を振り上げ相手に突進する両者の劇画調の一枚絵
<つづく!>

そうちゃん「あのさぁ!これ映画だよね!?始まってまだ30分経ってないのにどういうこと!?」

「僕、女の人相手にセックス出来ない身体なのかもしれない」
「突然どうしたの馨くん」
「ほら、もな子とセックスしないと出られない部屋に入れられてずいぶん経つでしょ」
「もな子さんの魔法をナチュラルにセックスしないと出られない部屋扱いするのやめたげなよ」
「もな子がどんな痴態を披露しても、僕はもな子とセックスすることが出来ないんだ」
「もな子さんどんな痴態を披露してるの?」
「岸辺くん相手ならギンギンなのにねあはは」
「その情報いる?」
「いつまでもF2P止めてるわけにもいかないし、
 まずは岸辺くんを掘ってラ・ピュセルを掘って然る後にラ・ピュセルに挿入
 っていう手順で女体に慣れていきたいんだ」
「僕の意思が介在する余地!」
「大丈夫、すぐにひぃひぃ言いながらおねだりするようになるよ」
「くっ、この誇り高い騎士がそんな痴態など晒すものか!」

短編では
スノーさんとの2人の変身セリフ考えてたけど

そうちゃんは他の子との変身セリフとか考えてそうw

そうちゃんに
スイムスイムはノーパンなんだよって教えてあげたい

かわいそうちゃん

「スノーお姉ちゃんは、今日からプクのお友達ねっ」
「プク様、早速献策がございます」
「わっ、張り切ってるねえ」
「まずはハイエースを手配してください」
「あっ、実用的だって噂のクルマだね、うんうん手配出来るよー」
「そしてそうちゃんをハイエースするんです」
「…ちょっとわかんなくなってきた」
「お友達たるもの、一致団結して輪姦に及ぶのは世の常識と知ります」
「プクはそんな常識知らない」
「鬼畜系のえろ漫画では常識として扱われています」
「プクたちが生きているのは鬼畜系えろ漫画の世界じゃないよ」
「なるべくそうちゃんと面識のない魔法少女を選別し、無慈悲な輪姦を演出してください」
「え、他に何人か巻き込むの?」
「プク様、ひょっとして協力してくださらないのですか?」
「えっとね、プクはクリーンな賢人で売ってるから」
「一緒に輪姦出来ないっていうんですか?友達なのに?」
「あれ? ひょっとしてプク、
 給料日前後だけ『私達友達だよね』って圧かけられる種類の友達にカウントされてる?」
「そうちゃん途中で変身解けるかもしれませんが、
 童貞は新婚初夜まで大事に取ってあるので決して手を出さないようにお願いします
 友達なら当然わかりますよね」
「なにが賢人だ!なにが派閥だ!プクにはなにもわからない!なにも!」

洗脳のせいでブレーキが効かなくなったスノーさん良い

>>357
クラムベリー「任せました!」頭蓋骨を蹴飛ばしてパス
インド・ラ・ピュセル「任せて!!いっけ〜!!!」必殺技:聖なる剣
アリス「おねがい・・・!」化身:ジャヴァウォック!!
ファヴ「もうサッカーボールが人間の頭蓋骨な程度では誰も驚かないポンね」
スノーホワイト「そうね・・・」
ファヴ「スノーホワイト、ラ・ピュセルチームの勝利後の報酬に何を書き足しているんだポン?」
スノホワさん「もちろん、私の初夜権利をそうちゃんのものにすること、私の子宮はそうちゃんのもの、私のOOOは・・・」
ファヴ「それ以上はやめるポン!!ていうか最初の時点でもうお子様たちに見せられる内容じゃないポン!!」

生首サッカーって花子さんがきた!で昔読んだな

????「ムーラ・ガブル!!」  アリス「」爆散
ファヴ「ハンド!だポン!#」  ????「ナ・・・ナンダト!?」
スノホワ「ねぇ、あの人だれ・・・?」 ラピュ「スタンド使いってやつかな?」
野生の猫系少女「次はチャムチャムがいっくよ〜!!」ブーメランぶん投げ  アリス「」再生直後なのに縦に真っ二つ
ファヴ「てめーらいい加減にしろよ、ポン!!ルール覚えてから来やがれ、ポン!!#」

ザーメンごっくん好きそう

栗の花の匂いでうっとりになったラ・ピュセルの酔った顔見てみたい

「こんなときそんなときあんなとき、新しい魔法を覚えた音楽家だよ」
「まほいくの魔法ってそういうシステムじゃないんだけど」
「なに、どんな魔法なの音楽家!」
「なんでそんな食いつくの小雪」
「ふふふ、この魔法を使うと、たちどころにブラがズレる感覚を味わえるのです」
「ブラが・・・、ずれる・・・?」
「そう、ブラがズレるんです」
「ごくり」
「え、ブラって割と頻繁にズレるだろ?なんでそんなに生唾飲み込んでるの?」
「その魔法を使ったら、魔王もイチコロなんじゃ」
「イチコロですよ」
「ブラがズレる感覚でイチコロな魔王って何者なの」
「ちょっといったんわたしにかけてみてよ音楽家」
「挑戦しますか、すのほわ」
「なんでちょっと仲良いの」
「ブラズーレ!」
「あぁ〜、ブラがズレるぅ〜!」
「チラッチラッ見られても、僕なにしたらいいかわかんないんだけど」
「あぁー、ブラがズレますぅー」
「クラムベリーはあっちで蟻塚の上でも転がってればいいよ」

そうちゃんに乙女心を植え付けたい

アリス「劇でアリスの役をやるのですか?」
そうちゃん「小雪がクラス中に根回ししてさ・・・」
グリムハート「クビヲハネヨ」
小雪「そういうわけで、みんなに協力してほしいの」
アリス「では、私は・・・ハンプティダンプティを」
そうちゃん「なんで率先して選んだのがソレ!? 適任ではあるけどさ!?」
グリムハート「クビヲハネヨ!」 小雪「私はハートの女王がいい、だって」
そうちゃん「ああ、兵隊(シャッフリン軍団)いるしトランプで攻撃とかしそうだしね」
グリムハート「・・・」ぴたり  そうちゃん「?どうしたのグリムハート?」
グリムハート「く・・・く・・・・・・・クビヲハネヨオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!」
『なんでお前はそんな的確に人が傷つくことを言えるんだ!?よりによってトランプを武器にだと!!?
そんな奴いるわけないだろ!!私が二次元と現実の区別もつかないバカとでも言いたいのか!!!!?
許さん!!絶対に殺してやる!!!!』
小雪「うんうん、アリスの恋人役にチェシャ猫を配置してその子とのラブロマンスも演出すべき!
絶対にスノーホワイトだけしかこの役はこなせない、だって」
そうちゃん「本当にそう言ってるの? めちゃくちゃ怒ってるみたいだけど?」

373名無しさん@お腹いっぱい。 (中止WW 95ba-MejG)2018/12/24(月) 06:11:31.52ID:FT2bJ+sJ0EVE
女装セックスにドはまりしてしまったそうちゃん

374名無しさん@お腹いっぱい。 (中止WW f571-uMV0)2018/12/24(月) 14:10:40.82ID:rvESkZxW0EVE
「二人っきりだね、岸辺くん」
「あっちでもな子さんが体育座りしてるけど」
「セックスしないと出られない空間でセックスしないまま責め立て続けたからね
 嗜好が何周かしていまああいうのがお気に入りなんだよ」
「強キャラ調教してないでF2P再開しなよ」
「いまF2Pの話はしてないよ、岸辺くんのアナルの話をしてるんだよ!」
「アナルの話もした覚えないよ!F2Pの話をしろよ!」
「どうせ外に出たって魔法少女狩りにアナルセックスされるんだよ?
 じゃあここで僕とアナルセックスしたほうがいいでしょ?」
「なんでなんの疑問もなく自分とのアナルセックスを選ばれると思えるの馨くんは」

「魔法少女狩りだ!言質はとったぞそうちゃんは私とのアナルセックスが好きなんだ!」
「ちぃっ、官憲の犬め!」
「もな子さんの魔法にほいほい入って来ないで上げてよ!
 がばがばになってるじゃないか!」

375名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエW daa0-/8Vz)2018/12/29(土) 18:19:19.51ID:R0KUj64/0NIKU
過疎りぎみのスレに颯爽とスノホワさんが保守

376名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエWW 0dba-YyvK)2018/12/29(土) 18:27:09.82ID:KlSCTXYn0NIKU
そうちゃんはザーメンサーバー

スノーさん飲み逃げ

上から飲ませて下から飲む

そうちゃんの精子全部抜く

380名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW 4616-31IJ)2019/01/01(火) 05:56:25.66ID:v7immVkq0
そうちゃんとヒメハジメ!ヒメハジメ!!

「プク様、相談したいことがあります」
「プクに出来ることはないと思う」
「そうちゃんに対する性欲がわかないんです」
「そういう感じに魔法調整したからね」
「どうして私から生きがいを奪うんですか!」
「他の生きがい持とうよ」
「ちょっと何言ってるかわかりません」
「おかしいなぁ、プクが生きがいになるはずなんだけど」
「友情と性欲は別じゃないですか」
「幼馴染さんに対して性欲以外も持ってあげようよ」
「何を言ってるんですか。
 そうちゃんに毎朝味噌汁を作ってあげても、
 髪を梳いてあげた櫛をぺろぺろしても、
 私の髪の毛を編み込んだセーターを編んであげても、
 そういう純粋な行動の先には性愛があるんですよ!」
「だいぶ最初の段階で純粋じゃないよね」
「理想としてはメスイキとトコロテンを5回くらい繰り返したところで
 『ぼ、僕だって男なんだ』って声を震わせながら私を押し倒すのがいいんですけど」
「あれー結局性欲消えてないんじゃないかなこれ」

そうちゃんは〇学生娼年

毎晩違うおじさんとホテルに入ってる

アジアカップはじまったよ そうちゃん

たまを蹴りながら見ようね。

そうちゃんのねっとりフェラ

そうちゃんは淫乱
寝てるとモゾモゾっと布団に入ってきてチンポしゃぶりはじめる

そうちゃん「小雪・・・」もぞもぞ     親戚の子「なぁに、そう兄ちゃん?」
そうちゃん『部屋間違えたああああああああああああああああ!!!?』
(脳内を横切る「中学生男子、親戚の幼女を性的暴行!」の新聞記事)
親戚の子「そっか!一人で寝るの怖いんだね!いいよ、隣にどうぞ!」ポンポン!
そうちゃん「ありがとう!本当にありがとう!!(感動と安堵の涙)」
※スノホワさん襲来カウントダウン中

逆に幼女にめちゃめちゃイかされてしまったそうちゃん

最近IP規制されててそうちゃんスレでレスできなくてづらかった

オフ会後に
3人にストーカーされてるそうちゃん尊いw

チンポ見せただけで先っちょびしょびしょなそうちゃん

「あっ、そうちゃんの心の声が聞こえる
 えへへ、そうだよね、今日はいつもよりスカート1センチ短く巻き上げてみたし
 わざの腕とか脚とかぴとってなるようにしたし
 記憶が薄れないうちにオナニーしときたいよね
 ふふふっ、困ってる困ってる
 そうちゃん、私で抜くときは罪悪感でいっぱいだよね
 ほかのオカズのときはそんなことないのに
 えへへ、私のこと大事なんだぁ、んっ…んんっ…うれし…
 へえ、そうちゃん私にそんなことしたいんだぁ
 そうちゃん優しいからほんとはそんなこと出来ないのにねぇ
 あぁ、謝りながらしこしこしてるそうちゃんかわいいよぉ
 ぁっ、いいなぁ、妄想の中の私は、そうちゃんにそんなに乱暴にしてもらえるんだぁ…
 私だって、そうちゃんが思ってるよりは頑丈なのにな…んっ、んっ
 はぁっ、こみ上げて来てるんだねそうちゃん、
 いっちゃうんだね、せーし出しちゃうだね、
 いいよ、うん、んっ、私も、一緒に……っ
 んんーっ!」

「よくないよね、亡くなったひとでオナニーするの」

そうちゃん「クラムベリーに破壊音波くらっただけで変身とけて着てた服が全部破けて仰向けで死亡ってそれないんじゃない?」
ファヴ「すぐ生き返るから大丈夫だポン」
そうちゃん「生き返るまでに小雪とクラムベリーが僕に何もしない保証あるの?」
ファヴ「安心するポン、二人とも率先して身の潔白を立てるためのカメラを付けてくれたポン
  映像は魔法の国にあるライブラリに保管されるから、絶対に永久に消すことはできないポン!」
そうちゃん「あのさ、それが個人的趣味で悪用された場合の対策とかきちんとしてるの?」


これはもうそうちゃんでいいな
でも小雪が似てないかな

アナル吸うね

>>394
(※893さんの事務所です)
小雪「メアリ、(犯罪の写真見せて)この情報もみ消す代わりにお願い聞いてほしいんだけどいいかな? マジカロイドでもいいよ!」
メアリ「今度は誰を消してほしいのさ?(汗)」 マジカロイド「仕方ないデスねぇ、小雪さんは」ごそごそ「独裁スイッチ〜」
メアリ「マジカロイド、最近のあんたドラ●もんになってるよ(汗)」
小雪「24時間限定じゃなくて、永久に消したいの!それも証拠も残らなくて私のアリバイ成立してで誰がやったか分からないように!」
メアリ「もうスノーブラックに改名したらどうだい?(滝汗)」
組長「さっすが・・・メアリさんの知人ですわ・・・」青ざめ戦慄

 メルヴィルの前にはいま、ひとりの少年が横たわっている。
 先程までか細かった吐息がいくらか持ち直している。
 頭蓋骨が粉砕しているような大怪我だったが、メルヴィルが調合した薬草はよく効く。傷跡ぐらいは残るだろうが、命に別状はない。
 少年の名前を、メルヴィルは覚えていない。ラ・ピュセルという魔法少女としての名前だけを覚えている。
 クラムベリーが交通事故に偽造して殺そうとした相手だ。
 一度はトラックに跳ね飛ばされた身体をメルヴィルは奪い取り、事故現場には山で捕まえた猿を転がして魔法で偽造した。
 それだけでは不足だろうと、近くの病院から背格好の似た死体を盗んできて解体して猿の肉片とごちゃまぜにしてばらまいた。現場には少年の衣服や、爪や歯の破片も混ぜ込んでおいた。
こういうことをすると、警察の捜査がかなり撹乱できる。クラムベリーの試験を補佐する活動の中で、メルヴィルはそう学習していた。
 メルヴィルの魔法と能力を持ってすれば、決して難しい作業ではない。しかし手間がかからないわけではない。
 これほどの手間をかけて、自分はどうしてこの少年を助けてしまったのだろう。
 東京で一度だけ顔を合わせた。たったあれだけのことで情が移ったとも思えない。少年は、メルヴィルの存在を覚えてすらいないかもしれない。

「やぎもぢば焼いであっだのがもすんね」

 クラムベリーは強者との戦いを望む。しかし、戦った相手を必ずしも殺すというわけではない。現に、クラムベリーと何度となく手合わせをした自分はいまも生きている。
 クラムベリーに殺してもらえるという栄誉を、ぽっと出の候補生に渡したくない。そういう思いがあったのかもしれない。

「あ」

 少年がうっすらと目を開いていた。焦点の定まらない目で左右を見て、やがてメルヴィルを見た。
 起こったのは絶叫だった。
 少年が飛び起きようとする。出来ない。まだ手足が満足に動かないはずだ。手をつくことすら出来ず、匍匐前進のような格好で身体を引きずり始める。メルヴィルから遠ざかろうとしているように見える。
 仮にも命の恩人になんだ。
 むっとしかけてから、自分の姿に思い至る。
 金髪に尖った耳、薔薇で飾り立てたメルヴィルの姿は、クラムベリーの特徴と共通している。メルヴィルに言わせれば金髪は少しくすんでいるし、薔薇もクラムベリーほど鮮やかではない。しかし第一印象では瓜二つと思われても仕方がない。
 少年はクラムベリーに殺されかけた。目もまだよく見えていないかもしれない。メルヴィルとクラムベリーを見間違えることは大いに有り得る。
 自分はクラムベリーではないと告げようとして、口が固まった。生来メルヴィルは口数が少ないし口も上手くない。上手く説明できる自信がまったくない。
 だからメルヴィルは、少年の手を掴んで自分の乳房に当てさせた。

「クラムベリーと違わな、おれざ」

 機能的なクラムベリーと違い、メルヴィルには鈍重な肉塊がぶらさがっている。この違いを知らせれば、自分がクラムベリーではないとわかってもらえるだろう。

「あ、うぅ」

 上手く喋れないらしい。少年が呻く。しかし手を乳房から離そうとはしない。
 硬質な骨の感触が、乳房の肉にずぶずぶと埋まっていく。なめらかな皮膚の表面の温度がにわかに上がるのがわかる。

「おめは、クラムベリーだ殺す合いばすたんだな」

 メルヴィルはクラムベリーに殺されていない。殺意すら向けられたことがないかもしれない。
 姿こそ似ていても、メルヴィルとクラムベリーの魔法は性質が違う。メルヴィルがクラムベリーの真似事をしている限り、クラムベリーに勝つことは出来ない。
 だから自分はクラムベリーがしないことをしようと思った。クラムベリーが素手での戦いを好むのなら、自分は武器を使おう。クラムベリーが強者と戦うのなら、自分は弱いものいじめをしよう。
 クラムベリーがこの少年を殺すというのなら、自分はこの少年を生かしてみよう。

「おれに育成ざれでみっが?」

 メルヴィルは少年の頭に手をまわすと、乳房の間にその顔を埋めさせた。
 肉に埋まりこんでいく皮膚の温度が上がっていく感覚は、これまでに感じたことのないものだった。


ラピュセルくんに性癖歪まされたから責任とって

頼んだらすぐにちんちんしゃぶってくれるよ

そうちゃんにしゃぶらせるよ派
 スノーさん(デカマラ)
 リップル(百発百中)
 シスターナナ(デカマラ)
 ステラ・ルル(デカマラ)

そうちゃんをしゃぶってあげるよ派
 ハードゴア・アリス
 メルヴィル
 プリンセス・インフェルノ

人智を超えたことをするよ派
 森の音楽家クラムベリー
 スイムスイム
 クランテイル
 

下3つw

何をするんだw
何をするだァーッ!!

転生トラックに轢かれて殺し合いから犯し合いの世界に飛ばされるそうちゃん

そうちゃんはクラムベリーに無理やりパパにされちゃってほしい

そうちゃんにはおっさんの極太チンポで腹ボコするくらいガンガン突かれてほしい

407名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW 9116-fHI8)2019/01/19(土) 23:30:41.12ID:K68UkLTv0
そうちゃん!そうちゃん…!

408名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW 9116-fHI8)2019/01/19(土) 23:31:25.25ID:K68UkLTv0
そうちゃん!そうちゃん…!

409名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW 9116-fHI8)2019/01/19(土) 23:31:46.53ID:K68UkLTv0
そうちゃん!そうちゃん…!

410名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイW 9116-fHI8)2019/01/19(土) 23:32:40.23ID:K68UkLTv0
あれ、バグった

ヤンデレスノホワさんかな?

「そうちゃん、ちんちん取っちゃおうか」
「いやだよ」
「ほら、うるるの嘘で生えたような気にはなれるから大丈夫だよ」
「なにひとつ大丈夫じゃないよ」
「だってだって、誰もがそうちゃんのちんちん狙ってる、狙ってるに決まってる
 だめだめだめ半歩譲ってラ・ピュセルのメス穴が公衆便所だとしても
 ちんちんは、そうちゃんのちんちんだけは私のものじゃいといけないもん
 だから、ね?そうちゃんのアナルを一般に公開する前にちんちんは安全な場所に確保しておかないと」
「僕を公共物にする前提でものいうのやめてくんない!」
「大事にしまっとくからいいよね」
「いいはずがない!」
「もう、こんな話聞きながらむくむくさせちゃうんだからそうちゃんはしょうがないね」
「小雪にガン見されてるからだよ!」

そうちゃんはトイレで大をする度にクラムベリーに
浣腸され排泄させられ掘られた屈辱の記憶が蘇ってしまうが、
同時に勃起してしまう自分の情けなさに涙するのである

そうちゃんのおいなりさんに対して

「それは私のおいなりさんだよ!!!」宣言するスノーさん。

そうちゃんの精子全部抜く

クラムベリーの家には普通の洋式トイレの他に和式トイレもあった
だがその作りは入り口から便器までもうひとりが余裕で入れるような広さがあり、
トイレットペーパーと流すスイッチがドア側につけられていた
拉致した美少年や美少女の排泄を完全に管理し、服従させるためである

男の子のそうちゃんとラ・ピュセルを交互犯してあげたい

今ので射精した?お尻犯されながらイッた?
でも射精と言うよりもただ精液を垂れ流すだよねw
勃起すらしていないしww

これと比べたらさっきラ・ピュセルの潮吹きがすごかったよ?
愛液だが黄金水だが知らねぇけど、高さ1メートルぐらい噴水したぞい君
ほれ、シーツもびしょびしょだ

もう颯太くんは一生女のままにならねーか?
変身しなくてもいいさ、こんな整った顔は少し化粧すればな、まつ毛やファンデをつければ、ラ・ピュセルと瓜二つじゃん、このまま女装して出かけようぜ

そうちゃんのお腹ずいぶん大きくなったねぇ

俺の子がいるからね

ザーメンボテ腹

そうちゃんのポテ腹ぷにぷに可愛い

親戚の子「そうにいちゃんはこゆきおねーちゃんのこと好きなの?」
小雪「そうだよ!」 そうちゃん「あのさ、聞かれてるの小雪じゃなくてボクだよね?」
親戚の子「じゃあ、亜子おねーちゃんは私がお付き合いしてもいい?」
小雪「いいよ」 そうちゃん「今のやり取りでボクと小雪は全く関係ないよね?」
親戚の子「亜子おねーちゃんがね、二人がいいって言ったらいいって言ってたの」
小雪「なるほど、たしかにこの上ない正論ね」
そうちゃん「・・・ねぇ小雪、なんか思ったより深刻な事態が進行してない? あと日本って奴隷の所有は法律で禁止されてるって知ってる?」
小雪「大丈夫だよ、私からこの子にアリ・・・亜子ちゃんの所有権が移るだけの話だから」
そうちゃん「ボクの言ってる意味理解できてる? なんか論点がズレてる気がするんだけど?」

そうちゃんの可愛いバストをしゃぶりたい
中学生なのに巨乳

ラ・ピュセル「この姿でヒールをぐりぐりするのが好きなんだ」
スノーホワイト「良いなそのブーツ」
ラ・ピュセル「ちょっとだけなら貸しても良いけどさ」照れながら言う

そうちゃんとデートしたいな
そうちゃんのアナルにローターを入れながら

しっ尾の
うろこ食べたい…

プリキュアの出産シーンみたいなラ・ピュセルの出産が見たい

R18不可避

学校でそうちゃんのアナルに指入れておもいっきりかき回してイきまくらせたい

精液便所そうちゃん

そうちゃんはザーメンまみれにされるのが好き

そうちゃん歳の数だけメスイキさせるね

「おめは、おれの顔ば嫌ぇが?」
「え、そんなことないけど」
「まれに、振り返っどぎょっとしだ顔になるでねえが」
「それはその」
「おれがクラムベリーば似でっがらが」
「そんなことは」
「おれは心など読めねぇが、目はいいでよ
 おめがおれの顔に怯えでるぐれえはわがんだ」
「違うっていうのは、頭ではわかってるんだけど」
「こっちの顔のほうが好きが?」
「あっ」
「こんだ怯えど違わな、後ろめでぇが、昔の女が?」
「久慈さんのそっちの顔は、あの、僕の幼馴染に似てるんだ」
「どっちにしろ、おれはおめぇを困らせる顔なんが」
「久慈さんが悪いんじゃないよ」
「ほんど言うどな、おれもドラゴンば苦手でよ
 目の前でむくむく膨れ上がっておれを引き裂くんでねえがって」
「僕はそんなことしないよ」
「おれは、変身してねぇおめぇのほうが、いいだな」
「ごめん、気が付かなくて」
「わりぃな、おれはどっちでもおめぇを怯えさせんのに」

今期そうちゃんと同族の子の百合アニメやってたんだな
https://manaria.jp/assets/data/character_stand_02-1.png

サキュバスそうちゃん

アナルにしゃぶりつきたい

産まれる!!

小雪「そうちゃん大変!!北極からの大寒波襲来だって!!」
そうちゃん「ねぇなんで浴室に堂々と入ってくるの? そしてなんでもうすっぽんぽんなの?」
小雪「何を言ってるの!そうちゃんが凍死するのを見捨てるわけないでしょ!!」
そうちゃん「で、今度はどんなエロイ事をボクにする気なの?」もう諦めてる
小雪「お風呂であったまったらそうちゃんのお部屋に直行だよ!ずっとエッチして暖を取り続ければ助かるよ!」
そうちゃん「あ〜ごめん、今日は親戚の小さい子が泊まりに来てるから・・・」
小雪「だったらなおさらエッチしないとだめだよ!そんな小さい子を凍えさせるなんて私にはできないもん!!」
そうちゃん『そんな小さい子の目の前でセッ●ス見せつけるのは、良いんだ・・・?』

クラムベリーはそうちゃんのアナルに舌を入れた後にディープキスを何回も繰り返していた
「うう、どうして何回もこんな事を・・・」
「自分のお尻の穴と間接キスをしたその唇でスノーホワイトとキスしたいですか?
私と何回も交わった身体でスノーホワイトとセックスをしたいとまだ思っていますか?」
「うわああぁぁぁ・・・」

そうちゃんのびしょびしょの先っちょ吸いたい

「メルヴィル―、強者との戦いに飢えたから納屋にしまってあるラ・ピュセル出してきてください」
「明日ではダメが?」
「ダメに決まってるじゃないですか、強者との戦いに飢えた瞬間もう戦いは始まっているんですよ」
「んだば、すこす待っでいでぐれ」
「おやラ・ピュセル、ずいぶんぐったりしていますね。衰弱死でもしましたか」
「ごご最近の寒さで冬眠しでしまっでよ」
「トカゲですか」
「いま起こすはんで」
「ちょっとちょっと、なにをしているんですか」
「あっだめてやんねえど」
「なんで上を脱いで人肌で暖める必要があるんですか、お湯でもぶっかけておけばいいんですよ」
「クラムベリーからの預がり物に風邪ばひかせるわげにもいがねし」
「ははぁ、明日じゃダメかとかいったのは、あれですか。
 あなたの胸部を見せびらかすと私がひがむと思ったんですか」
「んなごだいっでねげども、おれとクラムベリーだ違わな」
「いいですかメルヴィル、私とあなたが瓜二つなのはリスタ勢全員が認めるところです。
 つまり私の胸部とあなたの胸部に違いなどないのです。
 おなじような瓜がふたつくっついているわけです」
「そうだびょんか」
「そうですとも、こんなトカゲをあたためるくらいね、私にだって」

「うわっ、冷たっ、硬っ、なにこれ」

「謝れ、クラムベリーば泣いでまっだでねえが」
「だって寝てるとこに急に冷たいもの当てるから」
「ぐすっ、泣いてないですし、硬くないですし…っ!」

443名無しさん@お腹いっぱい。 (中止W 8716-ps2C)2019/02/14(木) 18:22:29.56ID:Be51Zh3q0St.V
そうちゃんのピンク色アナルを掘ってあげたい

おう
バレンタインだけど
平常運転のそうちゃんスレ

ラ・ピュセルのおっぱいから型をとってバレンタインチョコを作る

そうちゃんの愛液入りチョコ

そうちゃんの母乳でミルクチョコつくって食べたい

幼女「ママ〜、そうにーちゃんがいないよ」骨壺の中身空っぽ
幼女の母「ついさっき小雪おねーちゃんが持ってったわよ」
そうちゃんママ「あらら、仕方ないわね・・・あの子たち凄く仲良かったし」
そうちゃん(霊)『助けてよ!なんで世間話みたいになってるの!?内堀まで埋められたってレベルじゃないよ!!』

成仏しろよ

お風呂でそうちゃんにネットリフェラされたい

「僕、遅漏かもしれない」
「突然なにいってるの馨くん」
「ほら、もな子とセックスしないと出られない空間に入って1年以上経つでしょ?」
「セックスしないと出られない空間ではないけどね」
「いくらセックスしても射精しないんだ」
「1年以上もセックスし続けて射精しないんじゃ、もう僕に相談するレベルの話じゃないよ。
 病院行きなよ病院」
「でもほら、岸辺くんでしこると速攻で射精するでしょ?」
「馨くんは病気だよ、なにかの病気だよ」
「もう、F2Pの更新が再開するかどうかの問題なんだよ、真剣に考えてよ」
「なんで僕が怒られるだよ。
 もう、もな子さんとセックスしながら僕のことでも考えて無理矢理射精しなよ」
「それはいくらなんでももな子に悪いよ。
 岸辺くん、よくそんな非人道的なこと考えれられるよね」
「馨くんの価値観が僕にはわかんない」

岸辺くんとなら即射精して岸辺くんを孕ませる自信があるんだー

「そうちゃん、きらきら星がトラウマってホント?」
「バンドリ詳しくないならそのネタ振らないでくれる!?」

クラムベリー「あの光が一つ瞬く度、一つ、あるいはそれ以上の多くの命が失われているのですよね」
そうちゃん「それなんてヤマト? もしくはガンダム?」

エロ下着そうちゃんに即尺してもらいたい

エロ下着を着けて登校しちゃって
体育の着替えの時間が近づいてきて焦るそうちゃんかわいい

>>456
はやしたてる他の男子→下着の名前を見る
→泣き叫び喚き「殺さないでくれ」「助けてくれ」と次々命乞いを始める阿鼻叫喚
→小雪様による非情なる制裁
ファヴ「おめーは学校生活で何してんだポン?」

そうちゃんと69で愛液吸いたい

「そうちゃんはすべてのパンツに私の名前を入れるべきだよね」
「ちょっとなにいってるかわかんない」
「だってほら、私は全部のパンツに『そうちゃんの』って入れてるわけだし」
「見せなくていいよ、なんでそんな本気めのフリフリ付いたパンツにマジックで名前入れちゃったの?」
「だってそうちゃん好きでしょ?
 本気めのフリフリパンツも、自分の所有物に名前入れるのも」
「本気めのフリフリパンツは好きだけどパンツに名前入れる性癖なんて持ってないよ」
「じゃあなんで太ももに元カレの名前なんか入れてるの?」
「元カレなんかいないよ何言ってるの」
「太ももにいつも書いてある正さんって誰なのよ!」
「小雪が入れてる正の字だよ!」

「総合すると、そうちゃんは誰で何回イッたかパンツに記録するべきだよ」
「何言ってるの、ぼく、小雪以外でイッたことないしほんとそれマジなはなし」

純愛いいよね…

ここはまほいくスレじゃーい

そうちゃん今日もいっぱいメスアクメしようね

「あのねそうちゃん、私も束縛彼女みたいなことしたくないのね」
「初耳だよ」
「私以外で射精するのはダメだけど、他の人でメスイキするのはいいよ」
「いいよって言われても」
「みそ焼き氏はダメだけどラギさんからいいよ」
「言い訳ないよ!」
「エクストリーム情報窃盗の件について謝罪したいから、
 この菓子折り持って管理部門にお使いしてくれる?」
「接待だ、僕を肉弾接待のどうぐにしようとしている!」

「オスク派をドロップアウトした儂は俗物共の陰謀により閑職にまわされたのだ」
「前から思ってたんですけど人事部門があるのに
 魔法少女管理部門って何やってるんですか」
「魔法少女の射精を管理している」
「対象人数が少なすぎる」
「ゆえに、数少ない射精可能な魔法少女である貴様を全力で管理してやる」
「まったく嬉しくない」
「健全な射精は健全なオカズからだ
 まずは貧乳で抜くのをやめろ」
「もう戦争しかない」

一途なそうちゃん好きよ

アナル吸うね

そうちゃんのピンクアナルに中出し

ラピュセルにこのスレ見せたい

そうちゃんってこのスレ見て先っちょびしょびしょにしてんでしょ?

そうちゃんは攻められると興奮してしまうタイプだからな

ラ・ピュセルのエロコラでO72するそうちゃん

お掃除フェラしてもらいたい

「最強のエロコラとは、僕自身がエロコラになるんだ」
(変身してオモチャ入れて自撮り)

僕のエロコラフォルダが小雪の自撮り画像に入れ替わってる!

>>473
それコラって言わないと思うんだ、そうちゃん

そうちゃんとベッドでラブラブエッチしたい

「そうちゃんのばか!なんで私のエロコラなんか作るの?」
「だからごめんって」
「なんで私にエッチなポーズを強制して
 『外では澄ました魔法少女狩りも僕の前では卑しいメスだなぐへへ』
 って言ってくれないの?」
「僕、そんなこと言わないと思うんだけど」
「外ではどんなに他の女に優しくしても、
 私にだけは歪んだ独占欲を爆発させてくれないの?」
「僕の幼馴染がこじらせすぎてる」
「わかった、無茶言ってごめん」
「わかってくれてうれしい」
「いくら払えばいいの」
「僕の幼馴染はもうダメかもしれない」

ちんちん擦り付け合いたい

479名無しさん@お腹いっぱい。 (ヒッナーWW f716-JRw9)2019/03/03(日) 19:06:25.45ID:h1Q/ZsPx00303
今日は胸にかけるぞそうちゃん!

指でアナルかきまわして盛大にイったのを直のみしたい

この服襟元緩いからおっぱい見えちゃうね
https://i.imgur.com/6ccFFTU.png

482名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW ef25-5VUk)2019/03/08(金) 11:45:06.10ID:QSnVMh/70
保守


なんか
そうちゃんて スイムと共演してるの多いよな…

小雪「そうちゃん無事だったの!?」
そうちゃん「ラ・ピュセルだからね」
小雪「ラ・ピュセルじゃあ、仕方ないな」( ´∀`)

コーション「貴様など、このコーションが再び屠ってくれるわ!!」
ラピュ『・・・・・・誰?』

今日はそうちゃんを白濁に染めていい日

クラムベリー「あなたのためにフランスに展開していたすべてのイングランド兵をここに集結させました」
そうちゃん「ボク死んじゃうよ!!!」※すでに犯られること前提の発想
ファヴ「つまり、今イングランド軍の前線も砦も城も空っぽってことだポンよね?」

「こんにちは」
「んだぁ?小屋まで来んなぁ珍しいな」
「今日、ホワイトデーだからさ」
「おめに返される覚えなどねぇ」
「せっかくホワイトデーだしさ、真白さんを真っ白にボディペイントして散歩しようと思って」
「はんかくせぇごだ言うでね」
「山じゃ物足りないって顔してるね、もう少し人が多いとこ行け?」
「おしょすえごだやめでけれ」

そうちゃんちょっと腹パンしてみたい

ぜかましのおっのような声が出そう

ラピュセルを見て興奮してしまうとは俺もヤキがまわったな…

このスレでは
しごく正常。

ちんちんしごくね

「花嫁を五等分すると、そうちゃんは4番目に当たるわけだよね」
「金田一さん案件みたいに言わないで」
「生殖器に当たる部分がそうちゃんってことだよね」
「その発想は頭がおかしい」
「でも、そうちゃんなんてだいたい生殖器の化身みたいなとこあるし」
「そんなことないよ、生殖以外のことも考えるよ」
「翻せば、花嫁さんの生殖器はほぼほぼそうちゃんってことにならない?」
「なに翻してもならないと思う」

「しかしですね、『ウェディンの生殖器はラ・ピュセルさんの化身でない』
 という証明がされてない以上
 『ウェデインの生殖器はラ・ピュセルの化身である』
 可能性がゼロになることはないんです」
「ウェデインなんでちょっと乗り気なの?」
「私の生殖器がラ・ピュセルさんである可能性を孕んでいるんです!
 生殖器だけにどやぁ!」
「仮に自分の生殖器が僕だったとしてウェデインは受け入れられるの!?」

「じゃ、ウェデイン、そうちゃんとはなんら関係ないかもしれないけど
 確認のためにバージンロード歩けない身体にしていい?」
「なんの意味もなくバージンロード歩く資格狩られるなんて興奮しますね」
「ウェデインはなんで受け入れる態勢なの!?」

>>490
小雪「腹筋がほとんどないそうちゃんにそんなことしたら内臓が破裂して死んじゃうよ!!」 
クラムベリー「そうなのですか?」 小雪「親戚の幼稚園くらいの子も”そーにーちゃんふっきんわれてない”ってこの前言ってたの」
そうちゃん「あの子になんてことを聞いてるの!?あのね小雪、ボクサッカー部!筋トレもしてるから!」
小雪「そんな・・・(膝から崩れ、およよ)女の子みたいな体だったそうちゃんが少し合わない間にショタマッチョになっちゃうなんて・・・」
そうちゃん「極端だよ!ゼロか100かしか選べないの!?」
クラムベリー「ここはひとつ、私が試しましょう」ちょっとしたジャブ(音速) 小雪「お願いクラムベリー!」
そうちゃん『グッバイ、マイライフ・・・』

テキパキどっかーん!!

アナル思いっきりかき回しておチンポミルク出なくなるまでイかせまくりたい

念力集中♪

女装させてイチャラブセックスしたい

そうちゃんはチンポのエッチな味が大好きなクラスのザーメン便器
毎日お腹いっぱいごっくんしてほしい

サッカー部に入るとそうちゃんの生着替えが毎日見れるのかあ

乳首勃ってそう

ジャージーにこすって試合中にもかかわらず乳首でイキっぱなそう

「恋々の矢でぶっさせば、そうちゃんは私にぞっこんラブになるんじゃないかな」
「なんで心の声聞こえるのに僕の気持ちに懐疑的なの」
「だってそうちゃん、私以外でしこるじゃない、わりと頻繁に」
「僕のしこり事情を完璧に把握するのやめてくれない?」
「やだやだやだ、角の先からしっぽの先まで包茎の先端から内側まで
 そうちゃんのそうちゃんは全部私のじゃなきゃいやだいやだ
 そうちゃんにしこられた魔法少女狩ってたら魔法少女狩りとか呼ばれるようになったんだよ責任取ってよ」
「僕フレイム・フレイミィでしこった覚えないんだけど」
「魔法塾の集合写真でしこったじゃない」
「フレイム・フレイミィではないよ」

「まっ」

ウイプレでも抜いてるし
メアリでも抜いてるだろうなw

スイムや
その中身でも…

なお、ルーラでは…

ルーラ「誰が、幼児体形よ?」
ラピュ「そんなこと言ってないよ!」 ルーラ「ルーラの名のもとに命ず!本当のことを話しなさい!」
ラピュ「寸胴で色気ないから抜く対象じゃないとは言ったよ!!」
ルーラ「・・・・・・・・・」えぐえぐ
ラピュ「ご、ごめん、泣かなくても・・・」
ルーラ「な、泣いてなんてないわよバカァ!!!」

「そうちゃんはさぁ、なんでアリスではしこらないの?」
「アリスでそんなことするなんてとんでもない」
「なによ、アリスの何がいけないっていうの?」
「アリスは妹的なアレなの、そういう対象じゃないの!」
「じゃあ3Pするときどうしたらいいの!」
「3Pを前提に考えるのやめて!」

「でも…私は…初対面…肉ひだの奥まで…見られ…ました」
「肉ひだっていうか気道の断面ね!」
「私がせり上がるところも凝視されました」
「頭蓋骨の再生過程ね、目が離せなかったよ」
「ごめんそうちゃん、そういうマニアックな3Pはちょっと」
「だから、3Pじゃなくてサシですればいいだけじゃないのかなぁ!」
「1対1でえっちするのは、ほら、恥ずかしいじゃない」
「僕の幼馴染は歪んでいるのかもしれない」

>僕の幼馴染は歪んでいるのかもしれない
なんでここのスノーさんはこんなキャラになってしまったのか

とうとう男を見ても興奮し出すそうちゃん

新作ラノベ?

僕の幼馴染は歪んでいるのかもしれない

新着レスの表示
レスを投稿する