物理化学の教科書でお勧めは?その5

1あるケミストさん2018/09/24(月) 22:48:07.54
※前スレ
物理化学の教科書でお勧めは?その4
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/bake/1367853088/

2あるケミストさん2018/09/24(月) 22:59:55.18
2

3あるケミストさん2018/09/25(火) 00:38:35.32
なんで前スレ埋めたの?意味わからんわ

4テンプレ2018/09/25(火) 04:44:10.23
【アトキンス】
Atkins' Physical Chemistry 11th Edition 2018年
http://global.oup.com/academic/product/atkins-physical-chemistry-9780198769866
http://www.amazon.co.jp/dp/0198769865
アトキンス 物理化学(上) 第10版 2017年
http://www.tkd-pbl.com/book/b279830.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4807909088
アトキンス 物理化学(下) 第10版 2017年
http://www.tkd-pbl.com/book/b309321.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4807909096

【マッカーリ・サイモン】
Physical Chemistry 1997年
http://www.uscibooks.com/mcq.htm
http://www.amazon.co.jp/dp/0935702997
マッカーリ・サイモン物理化学 上 1999年
http://www.amazon.co.jp/dp/4807905082
http://www.tkd-pbl.com/book/b16539.html
マッカーリ・サイモン物理化学 下 2000年
http://www.amazon.co.jp/dp/4807905090
http://www.tkd-pbl.com/book/b16215.html

5テンプレ2018/09/25(火) 05:00:54.18
【アトキンス(入門書)】
アトキンス 基礎物理化学(上) 第2版 2018年
http://www.tkd-pbl.com/book/b360574.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4807909452
アトキンス 物理化学要論 第6版 2016年
http://www.tkd-pbl.com/book/b217398.html
http://www.amazon.co.jp/dp/480790891X
アトキンス 物理化学の基礎 1984年
http://www.tkd-pbl.com/book/b16670.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4807902261
アトキンス 物理化学入門 2014年
http://www.tkd-pbl.com/book/b185267.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4807908618

6あるケミストさん2018/09/25(火) 05:53:21.94
アトキンス10版が教科書に指定されてるけど買いたくないな

7あるケミストさん2018/09/25(火) 09:52:37.18
前スレ埋めたバカは有用なレスを纏めとけよ

8あるケミストさん2018/09/25(火) 19:41:42.30
5年かけてスレが完走したから最初の方の情報は古すぎて役立たんな

9あるケミストさん2018/09/25(火) 21:04:31.54
5年ぽっちで変わらんわ

10あるケミストさん2018/09/25(火) 23:08:52.35
日本民法の父、穂積陳重の『法窓夜話』を現代語に完全改訳
法律エッセイとして異例のベストセールスを続けた名著を
手軽に読みやすく。短編×100話なので気軽に読めます。

法窓夜話私家版 http://bit.do/exrpD
続・法窓夜話私家版 http://bit.do/exqgG


高校を卒業した学生の語学能力が、これほど貧弱で物の役に
立たないのは何故なのか。抜群の語学力を誇り、東大文学
部長までつとめた筆者が、外国にいる若者が外国語を習得する
困難さを正面から取り上げ、正則(期待されるような)
語学教育の重要性を指摘する、英語教育のための基本書。

外山正一『英語教授法』 http://bit.do/exqgw

11あるケミストさん2018/09/26(水) 01:34:47.43
なんだかんだ言ってアトキンス4版が一番良くできてる


分光屋さんが作った物理化学の教科書っていう意味で
寺嶋正秀、馬場正昭、松本吉泰
現代物理化学
化学同人 (2015/12/18)
978-4-75981-809-3
が面白い

12あるケミストさん2018/09/26(水) 01:43:58.30
David J. Tannor著、山下晃一ほか訳
入門量子ダイナミクス 時間依存の量子力学を中心に(上・下)
化学同人
上978-4-75981-459-0
下978-4-75981-460-6

フェムト秒パルス列による化学反応制御はノーベル化学賞に
ノミネートされていると思うんだけれどなぁ

13あるケミストさん2018/09/26(水) 01:45:54.87
Tが教えてるK大のR学部の授業で薦められたけど、学生からの評判はよろしくない

14あるケミストさん2018/09/26(水) 01:47:48.61
G. C. Schatz, M. A. Ratner著、佐藤伸、山下晃一訳
大学院講義 反応量子化学 時間依存系の理解のために
化学同人 978-4-75980-809-4

15あるケミストさん2018/09/26(水) 01:51:26.30
あとは大阪大学出版会が出した

物性物理100問集
物質科学100問集

は問題が簡単だからサクサク解けていい。

16あるケミストさん2018/09/26(水) 02:37:06.62
あげ

17あるケミストさん2018/09/26(水) 22:25:25.19
全スレ五年もかかったのか…

18あるケミストさん2018/09/27(木) 01:22:42.99
問題集ってちょくちょく出てくるけど、試験乗り切るならまだしも、研究とか物理化学の理解を目的にするには向いてないよね

19あるケミストさん2018/09/27(木) 19:35:28.28
どんだけレベルの低い問題集使ってんだよ

20あるケミストさん2018/09/27(木) 23:47:50.99
使ってないよ

21あるケミストさん2018/09/28(金) 16:42:29.02
やっぱアトキンスって無駄に色分けしてごちゃごちゃしてて読み辛い
流れ重視のマッカーリサイモンと対極を成している

22あるケミストさん2018/09/28(金) 23:29:26.62
量子化学の勉強突き詰めたいんだけどさこれ本気でやるには解析力学必須じゃね?

23あるケミストさん2018/09/29(土) 01:14:26.54
当たり前

24あるケミストさん2018/09/29(土) 01:41:36.70
当たり前ー

25あるケミストさん2018/09/29(土) 01:42:02.40
当たり前体操

26;2018/09/29(土) 21:32:07.05
💩💩
💩💩
💩💩
💩💩

27あるケミストさん2018/10/02(火) 22:58:45.58
前スレ埋めた屑、さっさと言われた仕事しろ

28あるケミストさん2018/10/03(水) 00:16:24.77
プラズマの化学を学ぶテキストは何がよいでしょうか?

29あるケミストさん2018/10/03(水) 08:02:31.44
プラズマみたいな電離気体は宇宙物理の範疇じゃないの?

そんなことより今日が化学賞の発表だぞ

30あるケミストさん2018/10/03(水) 10:36:16.00
>>29
しね

>>28
ひと口にプラズマと言っても色々あるぞ
ICP分析だってプラズマを利用してるし

有機なら
https://www.amazon.co.jp/プラズマ重合-長田-義仁/dp/4807902709
無機なら

31あるケミストさん2018/10/03(水) 10:37:10.09
https://www.amazon.co.jp/低温プラズマ材料化学-長田-義仁/dp/4782820534

すまん抜けてしまった

32あるケミストさん2018/10/03(水) 16:24:20.45
プラズマはオカルトまで勉強しないといけないから大変だよね

33あるケミストさん2018/10/03(水) 16:46:13.14
>>32しね

34あるケミストさん2018/10/03(水) 17:21:00.95
プラズマテレビ→生産終了
プラズマクラスター→プラズマ(大嘘)

35あるケミストさん2018/10/04(木) 19:25:07.89
点群の入門的な解説でおすすめはないでしょうか
とりあえず定性的にわかればよいです

36あるケミストさん2018/10/04(木) 19:30:59.24
今野「物質の対称性と群論」
これに勝るテキストはない

37あるケミストさん2018/10/04(木) 22:10:24.40
藤永,成田 『化学や物理のためのやさしい群論入門』

一見分厚いが、線形代数を初歩から説明するのにページを取っているだけで、1回生の数学の授業を取ったなら読み飛ばせる

38あるケミストさん2018/10/05(金) 00:25:05.41
藤永のやさしいっていうのは易しいじゃなくて優しいって意味だから内容は結構高度だよね
とりあえず定性的に分かればいいってレベルだったら量子化学屋の藤永よりも材料屋の今野の方がとっつきやすさはあると思う

逆に藤永よりもさらに詳しい本だと何がいいだろうか?
小野寺「物性物理学、物性化学のための群論入門」か犬井、田辺、小野寺「応用群論」あたりかな?
後者の著者の田辺は田辺・菅野ダイヤグラムの田辺行人で、かの名著「配位子場理論とその応用」を読みこなすにはこのくらいの群論の知識を使いこなせないといけない

39あるケミストさん2018/10/05(金) 19:42:48.51
大半の理系は就職したら、工場部門配属で上司のご機嫌取ったり、わがままな上司に振り回されながら飲み会の幹事やりつつ、仕事できない先輩の尻拭いに奔走してアカデミックな知見なんて無くなるぞ。

教科書なんか捨てて今のうちに人生楽しめ。

40あるケミストさん2018/10/05(金) 20:08:27.28
教科書スレで下らない説教する人はそうでしょうね

41あるケミストさん2018/10/05(金) 21:28:26.82
俺は海外に博士留学したい

42あるケミストさん2018/10/06(土) 01:10:42.59
我が大学は先頃のノーベル賞から女流棋士まで輩出してるけど質問ある?

43あるケミストさん2018/10/06(土) 01:52:28.92
学食の一番コスパいいと思うメニューなに?

44あるケミストさん2018/10/06(土) 02:02:29.04
>>43
カツカレーかオムライス
他は朝も含めてぼったくりが多い

45あるケミストさん2018/10/06(土) 02:09:35.43
あと強いて言えば雑穀米と大学芋か
ちっこいケーキが200円とか笑っちゃうよ

46あるケミストさん2018/10/06(土) 02:19:03.81
ありがとう
大学芋いいね
今度食いにいくわ

47あるケミストさん2018/10/06(土) 04:10:21.13
>>39
そういうゴキブリみたいな生命力があるなら何も問題ないじゃん
もとよりアカデミックな分野に進む必要はない

48あるケミストさん2018/10/06(土) 04:32:42.68
>>39
・ご機嫌取り
・飲み会の幹事
・上司の尻拭い

それら全てお前の性格がいいから任されてるんだろ?
そんなことには無縁で解雇される人間に思いを馳せろよ、あ?

49あるケミストさん2018/10/06(土) 04:37:34.53
すまん何でもない

50あるケミストさん2018/10/06(土) 09:27:54.40
荒らしがひどいな

51あるケミストさん2018/10/06(土) 18:55:05.83
ヒペドか無職かな

52あるケミストさん2018/10/06(土) 20:10:51.06
>>35-38
量子論に基づく無機化学 群論からのアプローチ
ってのはどうなの?

53あるケミストさん2018/10/06(土) 22:18:35.20
Part.3の>>14改変。修正よろ。

マッカーリ・サイモン:数学解んない人にも丁寧、量子が詳しい?演習問題までちゃんと解かないとダメ。邦訳版と原書の版が同じ。

アトキンス:無難。6版までは訳に難あり。8版でマシになり、10版から訳者が変わり酷くなった。アトキンスが出た当時は熱力学が分かりやすいと流行ったらしいが、熱力学の章が適当すぎるという評も見かける。4版が最も詳しく教科書としてまとまりが良かったとの評あり。

ボール:文章での解説中心。とっつきやすいとの評価。これも解答解説書が二つに分かれている。原書も邦訳版も版が同じ。しかしどうやら片方の解答解説書は絶版っぽい?

ムーア:記述が難しい(訳が変?)らしい。詳しさは随一だが2冊目以降でないと厳しいか。単位系が古い。古典だが名著。

バーロー:指定の大学が多い? 直観的。熱力学が良い。第6版の訳はマシになったものの、酷いという話をよく聞く。 「化学で興味あるたいていの場合、粒子はボルツマン分布をとる。」(第4版)

アルバーティー:詳しいが古い。最新版は共著になっている。解答解説集が非常に手に入れ辛い。

カステラン:詳しいという話がよく上がってる。

坪村宏(新物理化学):良書として出てるが、残念ながら現在の記述が最新版で、改訂はされない。

クーンフェルスターリンク:隠れた名著、量子論から始める独特な章立てとのこと。軽すぎとも。

柴田(物理化学の基礎):フレッシュマン向け。図表中心に歴史的経緯も触れていてわかりやすいとのこと。

ベムラパリ:悪書という評がその2に。

54あるケミストさん2018/10/06(土) 22:20:01.99
量子化学
大岩:初学者向けの古典的名著。
原田:古くから読み継がれる名著。数式の扱いが良い。学部レベルの標準か。
ピメンテル:文章中心の解説。定性的に分かりやすいという人もいれば数式が少なすぎてわかりにくいという人も。
米沢:詳しい。有機化学への応用も。
大野(量子物理化学):厳密すぎて凡人には読めないらしい。
大学院講義:分光などの応用主体。名の通り大学院レベル。
ザボ:量子化学というより計算化学?新しいとタイトルにあるが既に古典か。

熱力、反応速度論は誰か書いてくれ

55あるケミストさん2018/10/06(土) 23:15:48.69
反応速度論は有機化学の本適当に紐解けばいいと思うよ

ソロモンなんかだと一章割いてるし、立体障害とかの有機独特の知識も増えてお得

56あるケミストさん2018/10/06(土) 23:55:40.47
速度論はdeepな世界だぞ
慶伊は序の口で大学院講義IIで入門レベル

専門的に学ぶなら以下は必読
レヴィン「分子衝突と化学反応」
レイドラー「化学反応速度論I,II」
アイリング「絶対反応速度論 上・下」
一筋縄ではいかんから何度も何度も読み返して習得すべき

57あるケミストさん2018/10/07(日) 14:18:12.99
絶対反応速度論ってラノベかエロゲのタイトルみたいだな

58あるケミストさん2018/10/09(火) 02:03:37.49
動力学もレヴィンが定番
シミュレーションはHOW TO分子シミュレーションが読みやすかった
あと量子分光化学が何かと役に立った

59あるケミストさん2018/10/11(木) 21:23:35.79
>>54
量子化学の有機反応への応用として,
Daudel:化学反応の量子論
中島,細矢,米沢:化学結合の量子論
中島,細矢,米沢:反応の電子理論
染川:有機分子の分子軌道計算と活用 分子軌道法を用いた有機分子の性質と基本的反応の計算と活用
本吉谷:電子の動きと分子軌道による有機化学反応の解釈
Schatz, Ratner:大学院講義反応量子化学 時間依存系の理解のために
平山:実践量子化学入門 分子軌道法で化学反応が見える
を推す.Daudelと中島らのテキストが基礎的なレベルにある.染川,本吉谷は今の若い人には手に取りやすいかと思って挙げた(精読はしていないが良い本と思う).
Schatzはそこから一歩先へ進む手引きとなる.
まだ学部生なら平山を手に取って興味を持ってくれると嬉しい.

60あるケミストさん2018/10/11(木) 22:13:18.66
おじさん、横書きの日本語にカンマ、ピリオドを使うのはよいが
全角モノを使いなよ(コロンも)

61あるケミストさん2018/10/11(木) 22:38:13.17
半角でも構わんがそのときは直後に半角スペースを置く

62あるケミストさん2018/10/12(金) 06:39:07.77
教科書以外の話題でスレを消費しないで下さい
迷惑だ

63あるケミストさん2018/10/12(金) 09:49:39.74
>>54
>>59
定性的理解を目的にするなら、前スレでも名前が上がった友田先生の本が良いよね
https://www.amazon.co.jp/基礎量子化学―軌道概念で化学を考える-友田-修司/dp/4130625047
友田先生自体は福井謙一先生の流れをくむ理論の先生だけど、数式に囚われない教え方がすごく上手いと思う

64あるケミストさん2018/10/12(金) 10:38:38.17
光触媒は荻川ほか「光触媒」朝倉書店がおすすめ
NSTの
光触媒/光半導体を利用した人工光合成―最先端科学から実装技術への発展を目指して
光触媒―基礎・材料開発・応用
高機能な酸化チタン光触媒―環境浄化・材料開発から規格化・標準化まで
とかは高すぎて図書館案件

65あるケミストさん2018/10/12(金) 22:39:15.39
「アトキンス物理化学」第10版

カスタマーレビュー から
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1. ★☆☆☆☆ 「間違いが多い」
投稿者 Amazonカスタマー 2017年11月15日 Amazonで購入
間違いが非常に多く,誤訳も目立ってわかりにくい日本語になっている。
8版の方が格段によかった。 (5人のお客様がこれが役に立ったと考えています)

2. ★★★☆☆ 「誤訳表はまだか」
投稿者 飯匙倩蓬瀛 2018年7月4日 Amazonで購入
エンゲルリード・マッカーリサイモン現代物理化学・バーロー・ボールと読んできたが一番安定している。
ただ1刷だと誤訳が多く、(これは8版もおなじ)、いきなり最新版を買っても正誤表を待つことになる。
なので全く知識のない初心者が触れるのはお勧めしない。

3. ★★☆☆☆ 「物理化学が嫌いになる」
投稿者 Amazon Customer 2018年1月21日
内容は浅いのに分かりにくい
旧版のレビューにも書かれてあるけど、熱力学、統計力学、量子力学、それぞれの分野で「内容は深いのにわかりやすい亅という名著があるので(佐々熱力学、田崎統計力学、清水量子論など)
わざわざアトキンスを買う必要なし。 (7人のお客様がこれが役に立ったと考えています)

4. ★☆☆☆☆ 「わかりづらい」
投稿者 名無し 2017年11月19日
図書館で読んだがかなり読みづらい。
普通にアトキンスという名前の教科書以外の方がかなりわかりやすい。 (6人のお客様がこれが役に立ったと考えています)

5. ★☆☆☆☆ 「わかりづらい」
投稿者 前野修一 2017年5月26日
非常にわかりづらいのに何故か色々な大学で教科書となっているアトキンス氏の本。
わかりづらいわりに非常に高い。 ぼったくりである。
こんな本を読むくらいならマッカーリサイモンの物理化学を読んだ方がいい。 (11人のお客様がこれが役に立ったと考えています)

66あるケミストさん2018/10/13(土) 00:07:04.05
657: あるケミストさん
04/05/29 22:01 AAS
アトキンスP.277
「式(45)から、標準電池電位(これはすぐに博覧会の中央ステージにあがるであろう)は、…」

こんな訳が見れるのはアトキンスしかない。

67化学熱力学関連書籍2018/10/13(土) 00:23:17.53
過去ログと独断による書き逃げ

エントロピーと秩序
熱学思想の史的展開
化学熱力学―分子の立場からの理解
化学熱力学(原田)
熱力学要論―分子論的アプローチ
熱力学(三宅)
分子統計熱力学
やさしい化学物理―化学と物理の境界をめぐる
かいせつ化学熱力学
化学熱力学中心の物理化学
見える! 使える! 化学熱力学入門
材料系の状態図入門
見方・考え方 合金状態図
相律と状態図

68あるケミストさん2018/10/13(土) 04:05:45.21
やさしい○○とか、よくわかる○○とか
マセマみたいな「教科書」は勝手に読んでくださいという感じなので
否定はしないけど

69あるケミストさん2018/10/13(土) 11:22:35.26
やさしい化学物理は易しいじゃなくて優しいの意味(藤永氏の群論の本と同じ
著者は千葉大理学部で物性の理論を教えてる人だから、予備校講師が教科書コピペしたような本とは全く違う

70あるケミストさん2018/10/13(土) 12:26:28.67
0637 あるケミストさん 2017/12/24 18:15:26
表面化学に進むなら次の本がいいと思います

ベーシック表面化学
ブット・グラフ・カペル界面の物理と化学
イスラエルアチヴィリ分子間力と表面力
ウエスト固体化学
物質の対称性と群論
ID:(637/1000)

0638 あるケミストさん 2017/12/25 14:47:53
分子間力と表面力、すごくいい本ですよね
僕は2版しか持ってないけど
コロイドで最も分かりやすく最も詳しい本なので、これ以外の本は要らないですね
ID:(638/1000)

71あるケミストさん2018/10/13(土) 16:54:10.47
J. N. IsraelachiviliのIntermolecular and Surface Forcesは確かに高名で偉大なtextであるが, Colloid Scienceはそれだけで済むほど小さな世界ではない

日本化学会編の以下の4冊
コロイド科学 I. 基礎および分散・吸着, II. 会合コロイドと薄膜, III. 生体コロイドおよびコロイドの応用, IV. コロイド科学実験法
は必読. 特に第4巻は実験台の傍らに常備すべし

入門者には名著, 北原文雄「界面・コロイド化学の基礎」を推す. Colloidの理解に必須なgistを150頁程度に非常に巧くまとめてある. text自体は短いが説明は丁重で, 誤解されることを防ぐための工夫が随所に凝らしてある. 説明の巧みさは見習いたいと常々思う.

他の専門書として
近藤精一, 安部 郁夫, 石川 達雄「吸着の科学」
小野周「表面張力」
北原文雄, 古澤邦夫, 尾崎正孝, 大島広行「ゼータ電位 微粒子界面の物理化学」
小林敏勝「きちんと知りたい粒子分散駅の作り方」

読み物として
「コロイド化学史」「超撥水と超親水」「微細構造から考える表面機能」

72あるケミストさん2018/10/13(土) 17:14:14.53
あとは
微粒子の 分散・凝集メカニズムとその評価 DLVO理論の完全理解、ハマカー定数・ゼータ電位の評価方法、ポテンシャル曲線の作成法
も良い本だよ、高いけどな

73あるケミストさん2018/10/13(土) 22:08:35.83
おじさん、横書きの日本語にカンマ、ピリオドを使うのはよいが
半角モノ+半角スペースはやめなよ
日本語の記法の一部なんだから全角モノを使いなよ

74あるケミストさん2018/10/13(土) 22:58:49.08
黙れ

75あるケミストさん2018/10/13(土) 23:27:06.06
>>73
句読点を使わなくて、余計な改行するような奴が何か言ってるよ。

76あるケミストさん2018/10/13(土) 23:37:11.06
やめろと言われてやめる奴はそもそも荒らさない
そうやって反応すればするほど荒らしは嬉々として荒らすぞ
「荒らしはスルー」これが鉄則

77あるケミストさん2018/10/14(日) 00:01:15.05
大学院物理化学(講談社)ってどうなの?
>>化学の全分野と関わる現代の物理化学重要事項と研究動向の最新知見をまとめた全3巻。
>>大学院修士課程レベル向けのアドバンストテキストブックとしてのみでなく、企業や研究機関の研究者には基本的事項修得メディアとして最適。
>>上巻には量子化学の基礎をもとに分子の状態および構造を論じた「構造論」、中巻には分子の変換プロセスを理論と実験の両面から論じた「反応論」。下巻には統計力学を基礎とする「物性論」を掲載。

日本人の書いた「物理化学」の上級教科書としてはこれか大学院物理化学(東京化学同人)しかないと思うけど、レビューがなくて・・・

78あるケミストさん2018/10/14(日) 00:32:46.13
すでに品切れ再販未定の本だろ、それ?
大学院講義の方とそこまで良し悪しに差が出るような気はしないな
ある特定の節の説明は優れているということはあるかも知れんが

79あるケミストさん2018/10/14(日) 22:12:06.72
>>68
その手のあんちょこ本は、斎藤勝裕、馬場敬之、潮秀樹とかが有名
手始めにこういう本を読むのも悪くない

物理化学 (化学はじめの一歩シリーズ)
https://www.amazon.co.jp/dp/4759816321/
この本はアトキンスなどの前に物理化学を俯瞰するのにすごくいい
他の本ではおざなりになっている細かい表記方法などの注釈がしっかりしていて、しっかり勉強した人でも一読を勧める

物理化学 基礎の基礎 知っておきたい103のコンセプト
https://amazon.co.jp/dp/4759810870
教科書というより副読本だが、これもよい
著者はボール物理化学の訳者でもある田中一義
ボールと同じように、初心者がつっかかりがちな問題を丁寧に解説

やさしい物理化学 自然を楽しむ12講
https://amazon.co.jp/dp/4320043944
これも副読本
著者は生命系だが、内容は物理チック
物理を専門としない我々にはこういう風にトピックがまとまった本は役に立つ

80792018/10/16(火) 02:13:34.97
1回生向けの本をamazonレビュー見ながら追加(中身はパラパラとしか読んで無いので悪しからず)
初めの一冊は自分の好みで選んでよいと思う
数式できっちり議論してるのが好きな人もいれば文章による説明が多いほうが好きという人もいる
グラフで理解する人もいれば実際のデータが豊富だと読みやすい人もいる
とにかく「これだ」と思った本を一度じっくり読み切ることが大事だと思う

はじめて学ぶ大学の物理化学
https://amazon.co.jp/dp/4759807993

わかりやすい物理化学
https://amazon.co.jp/dp/4567223128

右脳式 演習で学ぶ物理化学―熱力学と反応速度
https://www.amazon.co.jp/dp/4782703031

量子化学 基礎からのアプローチ
https://www.amazon.co.jp/dp/4759810846
この本だけはちゃんと読んだことがある
>>54に書き加えるべき本だ
大岩やピメンテルよりも言葉による丁寧な解説と数式による厳密な表現とのバランス感覚に優れている

81あるケミストさん2018/10/16(火) 07:46:05.99
>>70
>>71
田丸、1985、表面の科学―理論・実験・触媒科学への応用、学会出版センターってどうですか?

82あるケミストさん2018/10/19(金) 09:31:30.06
Jablonski図とGrotrian図がきちんと解説されているテキストを教えてください

83あるケミストさん2018/10/19(金) 18:52:24.68
>>82
Turro

84あるケミストさん2018/10/26(金) 17:53:53.40
前スレで最高の教科書を書き始めたものだけど、やっぱり無理だった。

85あるケミストさん2018/11/10(土) 16:27:09.58

86あるケミストさん2018/11/12(月) 23:43:34.15
質問スレよりラマン分光法および分子振動の本

E. Smith, G. Dent, "Modern Raman Spectroscopy: A Practical Approach", Wiley (2005).
https://www.amazon.com/dp/0471497940/

E. Bright Wilson, Jr. et. al., "Molecular Vibrations: The Theory of Infrared and Raman Vibrational Spectra", Dover (1980).
https://www.amazon.com/dp/048663941X/

87あるケミストさん2018/11/14(水) 01:03:58.49
11 あるケミストさん 2013/10/18 13:45:15
群論で
基底を変換する表現行列は
基底(行ベクトル で書く場合は)に、表現行列が右から作用する形で書く。

高校では行列は右にしか作用しないことになってるけど
返信 ID:(311/542)

0314 あるケミストさん 2013/10/19 12:46:50
群論ついでに
原田 量子力学(下)

p.101 (17-7-7) 式はおかしい
 7-10)式のように連続操作の場合、作用順に右から順に並んでないとおかしいが
 7-7)式とは逆になってる。
 102p 脚注の変形のように、最初から表現行列を右から掛ける形で出発するのが正しい。

 7-7)みたいに逆になるのは行ベクトルではなく列ベクトルとして
 順番に代入j計算してるからおかしくなる。著者はゴッチャになってる。

 まともな本には(7-7 〜 7-10)の流れでは矛盾でるので
 そういう書き方はしない。
ID:(314/542)

88あるケミストさん2018/11/14(水) 01:05:34.30
0318 あるケミストさん 2013/10/19 19:17:14
あ、原田は(Eyring)の本を右から左に写しただけやね
基底は行ベクトルとして、と断ってるとこまでは正しい。これはEringに書いてない。
なので(7-6)式の表現行列Dの添字順も正しい。

Cotton コットン に引用されてる Tinham の本からは正しい。
Atkins「Molecular Quantum mechanics 初版 和訳本有 p.135-136 詳しい」
 2nd〜今の5th までは連続操作の記述は削除された。初版が一番難しい。

  (行ベクトル)(表現行列 i )
に左から 演算子 Gj を作用させたら
   (行ベクトル)(表現行列 j)(表現行列 i ) にしかならん  p.102脚注の意図。
  基底の行ベクトルって
   (e1、e2、、、、) って形やから。

 やから、
   (表現行列 i ) (演算子 j)(行ベクトル) みたいに
   (表現行列 i ) が固有値の係数のように前に出して、、、なんてできない
 できるのは、(7−6)式の基底が列ベクトルで書いたときだけ。

 最近の本の中では(分子軌道法で有名な)藤永先生の群論の本 p.84
 のコーヒーブレイクで書いてる。

-------------------

 岩波の人に 
  藤永さんの(入門分子軌道法) p.37-38 の線形結合の符号間違いが
 途中の増訂から修正されてるが、誤植修正リストあったら頂戴よ、
 って聞いたきり回答こないな。藤永氏はお元気なんやろうか。

   あー、p.37で球面調和関数の位相の定義が磁気量子数m が正の奇数のとき(負)
 で定義、所謂 Condon-shortly の位相 の場合の例の件。

89あるケミストさん2018/11/14(水) 01:06:20.57
0319 あるケミストさん 2013/10/19 23:40:34
あ、群論 連続操作
藤永さんの(分子軌道法) p.52-54 に書いてるね
ちゃんと理解してる人が書いてるのはわかりやすい。
行と列の順番が入れ替わる、ことも。

化学科の人がよく見る 中崎さんの茶色い群論の本では
基底を列ベクトルで書いた挙句に表現行列の行列も逆に書いてて
おかしくなってるので初学者は要注意。
ID:(319/542)
0320 あるケミストさん 2013/10/20 08:59:12
藤永の該当箇所 行列計算の中身まで書いてて フフって思った。
上級者の本だがこの箇所は初学者でもわかるように書いてる。

原田はアカン 記号のなりきり式変形でどう追え、と。
この本はシュレーディンガー方程式の解法もそうだが、
詳細は〜の量子力学の本参照、とかが多すぎて
網羅性はそこそこあるが、初学者はマッカーリのほうがいいね。

マッカーリの(上)は単品の洋書Quantum Chemistryと内容が似てる。
(初版はダメだったが、2007年の2ndは良くなった)

Levine が引用されるケースが多いが、こっちは対して役にたたない。
薄く広く書いてるだけ。Internatinal版の糞印刷で安く手に入るから15年ぶりに7版を
買ってしまったが計算化学のとこしか変わってないね
1 ID:(320/542)

90B32018/11/17(土) 23:37:10.90
>>67
熱力学が面白いと思って分子統計熱力学を読んでいるんですが、有機分子よりも固体材料の方がより興味があります
工学部の材料系の本だとあんまり詳しい理論的なものがないのですが、なにか無機固体関連で専門的なテキストはないですか?
洋書しかないかもと思って海外の書評サイトかも読んでるんですが、評価の高いものがどれなのかいまいちわかりません

91あるケミストさん2018/11/18(日) 07:43:21.44
>高校では行列は右にしか作用しないことになってるけど
今は高校で行列やらないぞ
一体代わりに何を教えてるんだろうか

92あるケミストさん2018/11/19(月) 08:16:18.19
普通に習うやんけ

93あるケミストさん2018/11/19(月) 15:39:40.68
今の4年生たちは行列じゃなくって複素数をやったって聞くよ

94あるケミストさん2018/11/24(土) 18:10:44.60
>>54
入門書としては大野公一氏の量子化学(裳華房)が一番バランス良いと思います
副読本としても大野氏が共著者の一人である図説 量子化学―分子軌道への視覚的アプローチ (化学サポートシリーズ)が理解を助けてくれます
同じ大野氏の岩波の入門コースの本は読んだことありませんが...

ハードルが高いと感じるなら中田氏の本でしょうか

95あるケミストさん2018/11/24(土) 18:17:20.34
あと、高林武彦氏の量子論の発展史も示唆に富んでいるのでオススメです
ちくま学芸文庫にあるので手に取りやすいですね

教科書としては使いにくいかもしれませんけど、趣味で量子力学という本は僕にとってはとても良い本でした
頭のいい人には不要でしょうが

96あるケミストさん2018/11/29(木) 12:57:34.75
今は行列じゃなくて複素数平面とか媒介変数とか二次曲線だな

97あるケミストさん2018/12/05(水) 18:40:01.83
わたしはここでユダヤ教やキリスト教の宣伝をしているのではない。
聖書を知らない以上は世界を理解できないという事実を述べているだけである。
教養とは、結局は古代の中国官僚の処世術にすぎない論語を読んで身につけるものではない。
論語は世界の文化を形成していない。教養を身につけるとは、世界を形成してきた聖書を読むことなのである。

何を独学するにしても、聖書を読まずに始めるならば、あらたな偏見を自分の中につくるだけに終わる。
そういう人が多すぎる。すると、さきほどの評論家のようにギリシア神話も聖書も区別がつかなくなる程度の頭になってしまうのである。
つまらない誤解がある。聖書は、ユダヤ教やキリスト教に人々を勧誘するための書物ではない。
また、聖書にはありがたい教えばかりが書かれているのでもない。聖書に描かれているのは、人間への神の関わりである。
神はたえず人間にかかわり、教えてきたのである。

法律の原型も神から教えられている。法律の原型は聖書の成立よりも古いハンムラビ法典にあるように思われているが、
他人から害を受けても復讐をせずに賠償ですませよという法律の基本も聖書で教えられている。
為政者や知識人や学者が考案したものではないのだ。世界には聖典だの経典だのというものがあまたあるのだが、
その中でも世界の形成に事実として寄与してきたのは聖書だけである。
キリスト教信者が世界で圧倒的多数を占めたために現代世界が形づくられたわけではない。
世界の土台が聖書にあるのだから、そこに何がどのように書かれているのか知っておくかどうかで世界の見方が変わるのは当然のことだ。
仏教経典をいくら読んだところで世界は少しも理解できない。しかし、聖書を読んでいれば、仏教経典に何が書かれているかさえ理解できるようになるのである。

(白取春彦「勉学術」)

98あるケミストさん2018/12/05(水) 18:49:02.12
聖書で物理化学の勉強は出来るのだろうか

99あるケミストさん2018/12/05(水) 20:49:42.38
神は言った
「光あれ」
すると浜ホトができた

100あるケミストさん2018/12/05(水) 21:05:48.06
東京書籍教科書

101あるケミストさん2018/12/07(金) 07:33:56.23
教科書以外の話題を書き込むなクズが

102あるケミストさん2018/12/07(金) 18:07:56.84
無駄にあおるなクズが

103あるケミストさん2018/12/08(土) 23:20:48.50
アトキンスは意味もなく飾り文字を使うから嫌い

104あるケミストさん2018/12/12(水) 15:31:00.44
何版?8版はそんなに使ってる記憶無いけど

105あるケミストさん2018/12/15(土) 17:50:50.59
変造500ウォンが良貨を駆逐した結果。

ラオスのダム決壊で再認識…韓国“ポンコツ”技術、過去にも死傷者出す事故続発 識者「背景に見かけ重視の国民性」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180804/soc1808040009-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

決壊ダムは最古の工法だった…ラオス激怒、韓国企業に特別補償要求へ
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180804/soc1808040005-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

【新・悪韓論】ダム決壊も「謝罪なし」の韓国マインド 「悪いのはラオス政府」の論調まで
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180802/soc1808020004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

ケンチャナヨ精神と謝罪しないことが韓国の常識 ラオスのダム決壊
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180811/soc1808110004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsTop

【スクープ最前線】手抜き、逃げ出し…ラオス・ダム決壊は韓国経済“破綻の引き金”
 海外受注は激減濃厚 「日本より安く、短期で」と強引に…
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180731/soc1807310004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

背乗り在日 安田ウマル純平 FakeJapanase
http://livedoor.blogimg.jp/hatima/imgs/7/2/726ea823.jpg

BKM 豚キムレイシスト団
https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20181112-00103804/
https://www.cnews.fr/monde/2018-11-12/un-chanteur-du-groupe-de-k-pop-bts-fait-polemique-en-portant-un-chapeau-nazi-799939
https://i2.wp.com/mera.red/wp/wp-content/uploads/2015/06/img41317318zik1zj.jpeg?fit=436%2C250&ssl=1

106あるケミストさん2018/12/16(日) 23:03:53.06
マッカーリ上巻の量子化学は絶賛されているけど、
下巻の統計力学はどんな感じの評価なの?

107あるケミストさん2018/12/28(金) 19:17:07.37
物理学の本の化学板的オススメを教えてください
特に物理板でオススメされている電磁気学の本(ジャクソンとか砂川)が抽象的過ぎて理解しがたい

108あるケミストさん2018/12/28(金) 20:11:47.27
物理のどの分野やねん

109あるケミストさん2018/12/28(金) 22:18:41.94
力学と解析力学と量子力学と場の量子論と熱力学と統計力学と量子統計力学と非平衡統計力学と連続体力学と流体力学と電磁気学と光学と相対性理論と
素粒子物理学と核物理学と宇宙物理学--宇宙論とと凝縮系物理学と低温物理学と表面物理学と非線形物理学とプラズマ物理学と電磁流体力学と音響学と計算機科学
です
宜しくお願いします

110あるケミストさん2018/12/29(土) 01:14:32.68
>>108
>>107見る限り電磁気では

111あるケミストさん2018/12/31(月) 09:10:01.21
>>108
そういうレスをするからにはどの分野か指定すればおしえてくれるんですよね?w

112あるケミストさん2018/12/31(月) 13:57:32.31
教えるわけねえじゃん
物理興味ねえし

113あるケミストさん2018/12/31(月) 14:36:31.73
無知のくせに人をクサす事だけは欠かさないんですねw

114あるケミストさん2018/12/31(月) 14:41:09.13
当たり前やろ
関西人なめんな

115あるケミストさん2018/12/31(月) 14:42:21.85
無駄にスレを消費すんなって言ってんだろゴミカスが

116あるケミストさん2018/12/31(月) 14:43:56.06
無駄に煽ってレス消費するのは止めときや

117あるケミストさん2019/01/05(土) 16:25:42.95
電磁気学は分からん
物理入門コースの本も途中で投げたし
熱力学ならやっぱり三宅がいいと思う
量子力学は小出かなあ

118あるケミストさん2019/01/06(日) 00:18:39.27
小出は昔は第二量子化やディラック方程式勉強できる唯一の入門書として価値があったらしい
そのへん勉強しようとするもいきなり難しい本しかなかったらしいから
でも自分としてはそんなプラスアルファのせるスペースがあるなら時間依存の摂動くらい載せろっておもっちゃうな
いわゆるどの教科書にも載ってる事項でいろいろ足りないのがなあ
これはグライナーの概論もそう

119あるケミストさん2019/01/06(日) 14:03:08.01
散乱とか輻射とかが載ってなければ化学者がわざわざ量子力学の本を買う必要なくね

120あるケミストさん2019/01/06(日) 17:28:15.50
テキスト集めて勉強した気になるスレだからこれで問題ない

121あるケミストさん2019/01/06(日) 17:34:24.08
>>120

やめろ
その発言は俺に効く

122あるケミストさん2019/01/06(日) 20:53:30.24
化学者は物質の電気特性、磁気特性、光学特性を明らかにする為に電磁気学をやるんだから、小難しい式なんてどうでも良いと開き直ってる

123あるケミストさん2019/01/13(日) 10:42:08.76
>>70
ブットとイスラエルアチヴィリってそれぞれの特徴はどんな感じ?
固体表面の科学はどちらの方が詳しい?

124あるケミストさん2019/01/16(水) 15:33:36.27
電磁気学といえば
天野浩監修の電磁気学ビキナーズ講義が結構いけてる

125あるケミストさん2019/01/30(水) 10:02:44.99
混成原子軌道の図がウソっぽい本がお薦め。
リアルな本はお薦めしません。すでに持っている方は墨で塗るのも吉。
メタンなんか4本もlobeが伸びてたりします。
実際に混成しているのは2p軌道だけ、3つしかありませんよ。

混成軌道は、複数の電子軌道を「混ぜて」作られた軌道のことであり、実在はしないが有機化学の反応を考える上で都合が良い考え方であるため頻繁に用いられる。
(//medi-information.com/?p=1487)

軌道混成理論によると、メタン中の価電子はエネルギー的に等しくなければならないが、メタンの光電子スペクトルは 12.7 eV(3つの電子対)と23 eV(1つの電子対)の2種のバンドを示す。
(wikipedia.org/wiki/混成軌道)

126あるケミストさん2019/01/31(木) 13:24:25.63
どうせ引用するならウィキぺディアのソースになったテキスト書けばそれ読むのに

127あるケミストさん2019/02/01(金) 08:13:51.76
二種類の結合性軌道に関与するのは2pと2sだろ?
混成軌道でなんか問題あんのか?

128あるケミストさん2019/02/08(金) 23:00:00.35
電磁気学なんて流す程度に知っとけばええんやで
それより統計力学と量子論と解析力学と相対論と物性をやろう

129あるケミストさん2019/02/09(土) 12:59:41.68
いや、物理化学やれよ

130あるケミストさん2019/02/09(土) 20:13:49.88
>>125
混成原子軌道は嘘なの? ソースプリーズ
メタンの正四面体モデルが嘘なら例えば四塩化炭素には光学的異性体が存在する?

131あるケミストさん2019/02/10(日) 01:26:42.33
>>126
英語の本にデータがあるようです。
S. Huefner:"Photoelectron Spectroscopy" (Springer Series in Solid-State Sciences 82), Springer Verlag (1994), p.156-158 Fig.5.9

↓サイトで紹介されています。
http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~tishii/Lab/hybrid/ch4/ch4.html

>>127
 C-2p / H-1s が3つのMOを作る。
 価電子(C:2個、H:各1個)6個が3つのMOに入る。

>>130
メタンが正4面体形であるのは事実。
ルイス風に言うと、3つの「電子対」(今のMO)で5つの原子がつながっている。

132あるケミストさん2019/02/10(日) 02:20:30.49
>>131
ソースありがとう。初めて知った。sp3が正しいとずっと思っていた
イメージとしては、分子全体に広がる対称な軌道と水4個素分子の内
二個ずつに局在する軌道3つの和が正四面体になるということか?

133あるケミストさん2019/02/12(火) 22:50:01.45
C 2sとH 1sも結合するだろ

134あるケミストさん2019/02/13(水) 01:31:20.10
C-2s 軌道のエネルギーは C-2p 軌道より 10eV ほど低いし、閉殻じゃないかな。
結合(安定化)には殆ど寄与しないと考えますが。

135あるケミストさん2019/02/17(日) 18:36:57.82
M熊先生もそんなこと仰ったみたいですよ^^

136あるケミストさん2019/02/19(火) 01:40:44.85
ユニタリ変換で局在化すればsp3になる。

137あるケミストさん2019/02/19(火) 02:37:07.90
そうすると ”取り扱っている原子のシュレーディンガー方程式の真の解でなく、厳密な量子論の産物とは言えない” となる。。。

  ・・・・ David O. Hayward: 「入門 量子化学」化学同人(京都) (2005/Apr) 立花明知:訳 161p.2592円

138あるケミストさん2019/02/20(水) 00:10:08.82
文脈がわからんけど、Hartree-Fockからしてそもそも厳密ではない。
その枠内では正準軌道も局在軌道(sp3混成)も同等。

139あるケミストさん2019/02/20(水) 06:38:35.96
元の軌道エネルギーが10eVも違うなら、その程度の相互作用でかき混ぜないとね。

140あるケミストさん2019/02/23(土) 04:45:33.86
>>137
ソース
↓に引用されてたんだが・・・・(HUSCAPでは読めぬ・・・)

小泉 均:「量子化学教科書の課題」 工学教育, vol.60, no.4, p.20-25 (2012)

141あるケミストさん2019/02/26(火) 23:21:22.96
>>139
よくある勘違い。
一電子軌道と多電子波動関数は違う。

142あるケミストさん2019/02/26(火) 23:57:01.84
原田「化学熱力学」、微分や偏微分の使い分けが適当。気になる。

143あるケミストさん2019/02/27(水) 00:58:38.42
では多電子波動関数の場合はどう考えればよいでござるか?

144あるケミストさん2019/02/28(木) 02:40:07.92
>>131
ポーリングがお亡くなりの年(1994)に出たでござるか。(合掌)

145あるケミストさん2019/02/28(木) 16:17:46.78
>>140
> >>137
> ソース
> ↓に引用されてたんだが・・・・(HUSCAPでは読めぬ・・・)
>
> 小泉 均:「量子化学教科書の課題」 工学教育, vol.60, no.4, p.20-25 (2012)

上記の論文に関しては、少し前に量子化学のスレでPDFにアクセスできるURLが投稿されていたので転載しておく:

>766 名前:あるケミストさん[] 投稿日:2019/02/13(水) 17:40:29.62
>量子化学教科書の課題
https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/52980/8/vol60_04_20.pdf

>この記事の主張に対してどう思われますか?
>量子化学の教科書で教えられていることは訂正的にも誤りだという主張を北大の先生がされています

146あるケミストさん2019/03/01(金) 08:11:30.52
>>134

・閉殻原子は結合しにくい。
 大きな原子では軌道が「分極」して、弱く結合する

   エネルギー降下  核間距離  vdW半径×2
----------------------------------------------
He2   0.000948 eV  (解離)    0.30 nm
Ne2   0.00368 eV  0.309 nm   0.32 nm
Ar2   0.0104 eV   0.376 nm   0.38 nm
Kr2   0.016 eV   0.4007 nm   0.40 nm
Xe2   0.023 eV   0.4362 nm   0.44 nm


・電子が移動するなどして開殻になれば、結合する。

   結合エネルギー 結合距離
-----------------------------------
H2    4.4781 eV  0.074144 nm
(H2)+   2.6505 eV  0.10525 nm
(He2)+  2.365 eV   0.1081 nm
(Ar2)+  1.33 eV   0.248 nm
(Kr2)+  1.15 eV   0.279 nm
(Xe2)+  1.03 eV   0.317 nm

147あるケミストさん2019/03/02(土) 03:10:09.03
(続き)
   結合エネルギー 結合距離
-----------------------------------
H2   4.4781 eV  0.074144 nm
He2         なし
Li2   1.046 eV  0.26729 nm
Be2         なし
B2   3.02 eV   0.1590 nm
C2   6.21 eV   0.12425 nm
N2   9.759 eV  0.10977 nm
O2   5.116 eV  0.12075 nm
F2   1.602 eV  0.14119 nm
Ne2   0.0036 eV  0.309 nm
---------------------------------
 http://grrm.chem.tohoku.ac.jp/Densi/member/ChemA_10.pdf の p.8

148あるケミストさん2019/03/02(土) 08:33:13.50
>>147
教科書スレまで荒らすなクズ野郎

149あるケミストさん2019/03/24(日) 16:15:15.68
エベレットの化学熱力学ってどうなの?
40年以上前からあって今でも売られているのに、古典的名著とか評されているのを見たことがない

150あるケミストさん2019/03/24(日) 18:42:13.82
相転移の熱力学が詳しい本を教えて下さい

151あるケミストさん2019/03/24(日) 23:22:10.10
マッカリーサイモンで

152あるケミストさん2019/03/25(月) 05:53:01.44
残余エントロピーを解説してる化学熱力学の本少なすぎ問題

153あるケミストさん2019/03/25(月) 19:41:06.43
そこら辺は解説してる本が全く無いわけでは無いので大丈夫!

154あるケミストさん2019/03/25(月) 22:41:56.94
変造500ウォンが良貨を駆逐した結果。

ラオスのダム決壊で再認識…韓国“ポンコツ”技術、過去にも死傷者出す事故続発 識者「背景に見かけ重視の国民性」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180804/soc1808040009-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

決壊ダムは最古の工法だった…ラオス激怒、韓国企業に特別補償要求へ
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180804/soc1808040005-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

【新・悪韓論】ダム決壊も「謝罪なし」の韓国マインド 「悪いのはラオス政府」の論調まで
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180802/soc1808020004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

ケンチャナヨ精神と謝罪しないことが韓国の常識 ラオスのダム決壊
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180811/soc1808110004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsTop

【スクープ最前線】手抜き、逃げ出し…ラオス・ダム決壊は韓国経済“破綻の引き金”
 海外受注は激減濃厚 「日本より安く、短期で」と強引に…
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180731/soc1807310004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

背乗り在日 安田ウマル純平 FakeJapanase
http://livedoor.blogimg.jp/hatima/imgs/7/2/726ea823.jpg
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6312670

BKM 豚キムレイシスト団
https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20181112-00103804/
https://www.cnews.fr/monde/2018-11-12/un-chanteur-du-groupe-de-k-pop-bts-fait-polemique-en-portant-un-chapeau-nazi-799939
https://i2.wp.com/mera.red/wp/wp-content/uploads/2015/06/img41317318zik1zj.jpeg?fit=436%2C250&ssl=1

155あるケミストさん2019/03/26(火) 18:24:11.00
エントロピー輸送を詳しく解説してる本ある?

156あるケミストさん2019/03/28(木) 10:15:00.35
>>66
8版では
「標準emf(これは間もなく本書の中央ステージに登場してくることになる)は、…」
に修正されている
博覧会は間違いだもんね()

157あるケミストさん2019/03/28(木) 12:24:39.65
俺のアトキンスそこにマーカーしてあったわ

158あるケミストさん2019/03/28(木) 21:11:42.58
アトキンスの「あとでわかるが」って表現きらい

159あるケミストさん2019/03/29(金) 18:20:59.57
> 在日の親は、子供を朝鮮幼稚園・朝鮮学校に入れたいっていうのが多いのよ。
> 日本人からすると、なんでだろうって思うけど、日本人の学校では、民族の誇りを持った教育がしてもらえないんだそうだ。
> よく分からないけど、済州島の流刑者の白丁が大阪に密入国して住み着いたじゃ誇りが持てないけど、
> 日本人に強制連行された被害者なら誇りが持てる、とかそういう事かな??
>
> 市原市の能満は昔から市街化調整区域で、新規の建物は造れないことになっている。
> そのため土地が安く、日本の法律を無視した在日が、次々と移り住んできた。
> そこで問題になったのが、朝鮮学校だ。なかなか許可が下りず、一番近くても千葉市にしかない。
> そこで在日居住区の能満内にあった、能満幼稚園・市原小・市原中・緑高の保育士や教師を、朝鮮化する事を考えた。
> 今では在日幼稚園の保育士は全て朝鮮帰化人で、在日の父兄からの絶大な支持を受けている。
> 遠くからでも、わざわざ在日幼稚園に入園させたいという在日の親は、後を絶たない。
> この在日幼稚園卒園者はほぼ朝鮮系の帰化人と在日だ。

160あるケミストさん2019/03/30(土) 13:17:57.33
0348 あるケミストさん 2019/03/27 08:59:04
キッテルとかアトキンスとかって売れてるから売れるだけな気がするぞ

0349 あるケミストさん 2019/03/27 21:42:27
どこがどう良くないん?

0353 あるケミストさん 2019/03/28 08:36:14
>>349
「美しい日本の私」「警察は必死に逃げる泥棒を追いかけた」みたいな感じがするんだよね。この手の本って。
状況を事前に知ってる人には記載すべき情報が全て盛り込まれた名著と思われるけど、何も知らない大学生には明晰さが足りない。雰囲気しか伝わらないゴミ本。

0354 あるケミストさん 2019/03/28 10:06:05
アトキンス「μは系に色々な変化をもたらすときその物質が示すポテンシャルを反映しているのである」

おれ「は?」

0355 あるケミストさん 2019/03/28 14:49:32
ま、まぁ訳文だから・・・

0356 あるケミストさん 2019/03/28 18:11:08
>>353
腑に落ちたわ
アトキンスの気持ち悪さってそれか

161あるケミストさん2019/03/31(日) 10:15:46.24
アトキンスは図集

162あるケミストさん2019/04/17(水) 09:26:37.91
分子科学講座は名著

163糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y 2019/05/03(金) 19:21:10.07
化学の周期表の見方。
http://hougakukyoushitu.cocolog-nifty.com/thirdroundthriller/2019/05/post-8c449d.html

水素と酸素が男で、あとは全部女。

164あるケミストさん2019/05/10(金) 07:58:40.34
ボルツマン因子とかをちゃんと理解するには物理学科で使うような統計力学の本を読まないと無理ですか?

165あるケミストさん2019/05/10(金) 08:33:49.47
その通りでございます。
ちなみに授業のレポートでなんかかけと言われた程度なら物理化学のテキストで十分だと思います。

166あるケミストさん2019/05/10(金) 17:06:50.53
物理学科のおすすめをそのままやればいいですか? 化学者目線でわかりやすく書いたものがあれば教えてください

167あるケミストさん2019/05/10(金) 19:45:50.41
レポートの課題存じ上げませんが、ムーア辺りでよいのではないでしょうか。
私はアトキンスで勉強していましたが、何かがひっかかってムーアかなにかを読んだ記憶があります。

168あるケミストさん2019/05/10(金) 19:48:08.22
物理化学の教科書の日本語訳でまともな奴ない説
どうせ原書を読むならもっと現代的なやつ読みたいなー

169あるケミストさん2019/05/11(土) 00:44:06.01
そもそも物理化学を体系的に教える能力のある子がいないんじゃないかと

170あるケミストさん2019/05/11(土) 10:29:32.00
物理化学と一括りにするには分野多すぎるねん

171あるケミストさん2019/05/31(金) 11:44:39.23
>>170
確かに
物理化学ってベースであって、終点ではない

172あるケミストさん2019/06/01(土) 13:36:53.70
懐古趣味だけどデバイの化学物理学を読みたいな
みすずは復刊してくれないか

173あるケミストさん2019/06/04(火) 19:41:13.90

174あるケミストさん2019/06/08(土) 19:31:05.60
ここにいる人たちって大学生?
理学部と工学部どっちが多い?

175あるケミストさん2019/06/08(土) 20:38:10.93
そりゃ構造的に工学部が圧倒的に多いだろう

176あるケミストさん2019/06/09(日) 08:43:10.67
社会人ドクターで最近また大学に通い始めた者です

177あるケミストさん2019/06/11(火) 22:49:13.33
>>66 >>156 >>158 >>160 >>161
にお勧め

寺山修司 「書を捨てよ、町へ出よう」 角川文庫(2004/June)
 332p.555円
 http://www.kadokawa.co.jp/product/200401000376/

178あるケミストさん2019/06/12(水) 03:19:37.14
アトキンスの本の翻訳者の先生はよく
 「眉に唾をつけて読め」
と仰ってましたね。
まさか自分の訳書がウソだとは言えませんからね。(←出版社の業績に係わる)

179あるケミストさん2019/06/12(水) 08:46:07.26
>>177
君は病院行け

180あるケミストさん2019/06/18(火) 23:24:04.50
浸透と貫入は同じ意味で使われてるのかな

181あるケミストさん2019/06/26(水) 23:00:05.55
アトキンスさんの本は、初心者向けの啓蒙書が多く、手っとり早く分かった積りになる。
そういう意味で、一流のサイエンス・ライターでしょう。
ただ、オリジナル論文の評判はもう一つですが....

182あるケミストさん2019/06/26(水) 23:23:51.84
教えるのが上手いのと自身が研究者として実力あるのは別の話だと思えばよいのです

183あるケミストさん2019/07/13(土) 01:25:01.40
>>177
ということは、その本もいつか捨てるんだろうね。

角川文庫 (1978年)
http://www.youtube.com/watch?v=tCJjd4N0lsk

19:40〜20:25
 いま、さすらいの旅を終え、擦り切れた一冊の本。ポケットの中の角川文庫。

184あるケミストさん2019/07/13(土) 01:37:25.49
帽子が風に 巻き込まれ 谷の底へ

誘われてみんな総出で 探してみたが・・・・

いま、さすらいの旅を終え、擦り切れた一冊の本。ポケットの中の 西條八十詩集。

185あるケミストさん2019/07/30(火) 22:37:32.73
物理化学は実際には分子分光学、量子力学、統計力学、熱力学、速度論、分子動力学の集合体ですから
アトキンスは一見分厚くて重厚に見えてもそれぞれの分野に関しては表面をなぞっただけに過ぎないという事実(熱力学だけはだいたい網羅してるが)

186あるケミストさん2019/07/30(火) 23:53:47.85
大抵のテキストは著者の詳しいとこ以外は浅いものではなかろうか

187あるケミストさん2019/08/01(木) 00:54:32.19
化学熱力学の良書は最近なにもないな
萩野化学熱力学講義とリード化学熱力学はしっかり書いてある良い本だったのに絶版してしまった

188あるケミストさん2019/08/01(木) 01:20:48.29
>>187
Sandler
Smith
Koretsky
Klotz

好きなの選べ

189あるケミストさん2019/08/01(木) 02:00:56.93
>>187
萩野(はぎの)でなく荻野(おぎの)だね

190あるケミストさん2019/08/01(木) 15:10:38.30
>>188
全部凶器やんw

1911872019/08/03(土) 19:21:17.31
>>189
今見たらその通りだった
ずっと勘違いしてたかも

192あるケミストさん2019/08/04(日) 23:46:47.55
Stanley I. Sandler "Chemical, Biochemical, and Engineering Thermodynamics 5th", Wiley, 2017
J. M. Smith et al., "Introduction to Chemical Engineering Thermodynamics 8th", McGraw-Hill, 2017
Milo D. Koretsky, "Engineering and Chemical Thermodynamics 2nd", Wiley, 2012
Irving M. Klotz, "Chemical Thermodynamics: Basic Concepts and Methods 7th", Wiley, 2008

それぞれの特徴と評価はどうですか

193あるケミストさん2019/08/05(月) 18:30:15.23
私の知る限り、朝倉化学講座の妹尾による二巻構成の化学熱力学が最も信頼の置ける和書であった。
最近は流行らないんだろうけど、、、

194あるケミストさん2019/08/06(火) 00:19:39.69
厚さ8oぐらいのオレンジと白の装丁でB5サイズ本がよかった。著者とか忘れたけど多分和書。

195あるケミストさん2019/08/07(水) 20:51:01.07
デンビ化学熱力学の上下巻?

196あるケミストさん2019/08/08(木) 11:00:50.07
>>194
文字化けしてて読めない>>厚さ8?ぐらい
8 mmかな
8 cmなわけないよな、広辞苑並みの厚さになるし

197あるケミストさん2019/08/08(木) 12:06:00.06
8みりです。携帯は文字化けしますね。
著者完全に忘れてしまいました

198あるケミストさん2019/08/10(土) 06:14:13.54
院試対策の熱力、速度論はアトキンスだけでおk?

199あるケミストさん2019/08/10(土) 17:33:59.61
好きにしな

200あるケミストさん2019/08/10(土) 18:33:54.23
過去問だけで良い

201あるケミストさん2019/08/14(水) 18:50:15.29
化学熱力学の本でカルノーサイクルあたりの章になると熱や仕事の向きをひっくり返すのマジ糞
物理の本からコピペしてんじゃねえよ

202あるケミストさん2019/08/15(木) 19:07:14.82
山本義隆「重力と力学的世界」
マックス・ヤンマー「力の概念」「空間の概念」「質量の概念」
アインシュタイン・インフェルト「物理学はいかにして創られたか」
朝永振一郎「物理学とは何だろうか」
ファインマン「物理法則はいかにして発見されたか」

この辺を読んでおくと物理チックな本を読むのに抵抗がなくなる

2032010s2019/08/15(木) 22:06:33.69
材料の熱力学入門, 正木匡彦, コロナ社, 2019
分子分光学と分子統計熱力学 Molecular spectroscopy and molecular thermodynamics, 東京大学工学教程編纂委員会編, 三好明, 丸善, 2018
化学系学生にわかりやすい熱力学・統計熱力学, 湯浅真, 北村尚斗, コロナ社, 2017
基本化学熱力学, 蒲池幹治, 三共出版, 2016
化学のミニマムエッセンス 化学ギライにささげる, 車田研一, 裳華房, 2016
演習で学ぶ化学熱力学 基本の理解から大学院入試まで, 中田宗隆, 裳華房, 2015
反応・熱力学・化学の広がり, Theodore L. Brown, 丸善出版, 2015
統計力学入門 化学の視点から, 田中一義, 化学同人, 2014
分子熱統計力学 化学平衡から反応速度まで, 高塚和夫, 田中秀樹, 東京大学出版会, 2014
見える!使える!化学熱力学入門, 由井宏治, オーム社, 2013
高分子系のソフトマター物理学, 田中文彦, 培風館, 2013
はじめて学ぶ化学工学のための熱力学, 相良紘, 日刊工業新聞社, 2012
化学熱力学, 佐々木幸夫, 朝倉書店, 2011
熱力学, 山下弘巳, 朝倉書店, 2010
統計熱力学 ミクロからマクロへの化学と物理, 原田義也, 裳華房, 2010
数学いらずの化学熱力学, 齋藤勝裕, 化学同人, 2010

2042000s2019/08/15(木) 22:06:55.21
熱力学要論 分子論的アプローチ, Robert M. Hanson, Susan Green, 東京化学同人, 2009
ソフトマターのための熱力学, 田中文彦, 裳華房, 2009
これならわかる熱力学, 鈴木孝臣, 三共出版, 2009
絶対わかる化学熱力学, 齋藤勝裕, 浜井三洋, 講談社, 2008
熱力学で理解する化学反応のしくみ 変化に潜む根本原理を知ろう, 平山令明, 講談社, 2008
物質のエネルギー論, 山内淳, サイエンス社, 2008
相転移の分子熱力学, 徂徠道夫, 朝倉書店, 2007
集合体の熱力学・統計熱力学, 中原勝, 岩波書店, 2007
岩石熱力学 成因解析の基礎, 川嵜智佑, 共立出版, 2006
基礎からの熱力学, 石田愈, オーム社, 2006
新編温度計の正しい使い方, 日本電気計測器工業会, 日本工業出版, 2005
温度・熱,圧力. 第5版, 日本化学会編, 丸善, 2005
エクセルギーの基礎, 唐木田健一, オーム社, 2005
ミクロ組織の熱力学, 日本金属学会, 丸善, 2005
Introduction to chemical engineering thermodynamics. 7th ed, J.M. Smith, H.C. Van Ness, M.M. Abbott, McGraw-Hill Higher Education, 2005
化学系のための統計熱力学, 小島和夫, 越智健二, 培風館, 2003
化学熱力学, 渡辺啓, サイエンス社, 2002
化学熱力学, 香山滉一郎, アグネ技術センター, 2002
化学熱力学の基礎演習問題 : 解けばわかる化学熱力学の基礎, 香山滉一郎, アグネ技術センター, 2002
かいせつ化学熱力学, 小島和夫, 培風館, 2001
入門化学熱力学, 松永義夫, 朝倉書店, 2001
大学生のための化学熱力学, 宮崎栄三, 裳華房, 2000

2051990s2019/08/15(木) 22:07:18.13
はじめての化学熱力学, 菅宏, 岩波書店, 1999
材料系学生の化学熱力学, 香山滉一郎, アグネ技術センター, 1998
エントロピーから化学ポテンシャルまで, 渡辺啓, 裳華房, 1997
エネルギーとエントロピーの法則 : 化学工学の立場から, 小島和夫, 培風館, 1997
化学熱力学, Michael M. Abbott, Hendrick C. Van Ness, オーム社, 1996
分子の熱力学, 岩橋槙夫, 産業図書, 1996
熱力学・速度論, 池上雄作, 岩泉正基, 手老省三, 丸善, 1996
熱力学 基本の理解と応用, 石田愈, 培風館, 1995
緩和過程の統計力学, 北原和夫, 講談社, 1994
物理化学・熱力学, 鯉沼秀臣, 鳥羽山満, 昭晃堂, 1993
わかりやすい非平衡熱力学, K.S. Førland, T. Førland, S.K. Ratkje, オーム社, 1992
化学熱力学の使い方, 向井楠宏, 共立出版, 1992
基礎化学熱力学, E.B. Smith, 化学同人, 1992
入門化学熱力学 現象から理論へ, 山口喬, 培風館, 1991
リード化学熱力学, C. E. Reid, マグロウヒル出版, 1991
入門化学統計熱力学 分子集団設計へのアプローチ, 小島和夫, 講談社, 1990

2061980s2019/08/15(木) 22:07:50.50
統計熱力学入門 演習によるアプローチ, Norman O. Smith, 東京化学同人, 1989
化学熱力学, 佐野瑞香, 裳華房, 1989
化学熱力学・統計力学, 妹尾学, 朝倉書店, 1989
化学熱力学, 渡辺啓, サイエンス社, 1987
エンジニアのための化学熱力学入門, 小島和夫, 培風館, 1986
活性化エネルギー, 慶伊富長, 小野嘉夫, 共立出版, 1985
化学ポテンシャル, 君塚英夫, 共立出版, 1984
化学熱力学, 原田義也, 裳華房, 1984
活量とは何か, 玉虫伶太, 共立出版, 1983

2071970s2019/08/15(木) 22:08:43.01
化学熱力学 分子の立場からの理解, G.C.Pimentel, R.D.Spratley, 東京化学同人, 1977.
物質の状態と化学熱力学, 谷崎義衛, 講談社, 1977
化学反応と熱力学, J.A.Campbell, 丸善, 1975
分子統計熱力学入門, John H.Knox, 東京化学同人, 1974
入門化学熱力学, D.H.Everett, 東京化学同人, 1974
化学熱力学, John G.Kirkwood, Irvin Oppenheim, 東京化学同人, 1974
エネルギーとエントロピー, 寺本英, 化学同人, 1973.
エントロピー, 妹尾学, 共立出版, 1972
化学熱力学, 妹尾学, 朝倉書店, 1971
統計熱力学, 小出昭一郎, 妹尾学, 共立出版, 1970
化学熱力学線図, 化学工業社, 化学工業社, 1970

208old2019/08/15(木) 22:09:15.54
化学熱力学, プリゴジーヌ, みすず書房, 1966
やさしい化学熱力学, B.H.Mahan, 化学同人, 1966.
化学熱力学入門, 高橋越二, 槇書店, 1965
不可逆過程の熱力学序論, 妹尾学, 東京化学同人, 1964
基礎化学熱力学, G. Hargreaves, 東京化学同人, 1963
分子熱力学総論, 片山正夫, 河出書房, 1947

209あるケミストさん2019/08/15(木) 22:10:42.43
熱力学の本です!(^^)/
足りないのあったら付け足して( ..)φメモメモ
皆さんのお勧めは何ですか(*^-^*)

210あるケミストさん2019/08/15(木) 22:25:15.82
G.N.Lewis and M.Randall: Thermodynamics, McGraw-Hill, New York, 1 st Ed.,(1923); revised edition (1961) by K.S.Pitzer and L.Brewer
M.Planck: Thermodynamik, 9 th Ed., Berlin, Leipzig, (1930).
E.A.Guggenheim: Thermodynamics, NorthHolland, Amsterdam, 2 nd Ed., (1950).

この歴史的大書3冊を抜きに熱力学を語ってはならない

211あるケミストさん2019/08/15(木) 22:51:40.12
わざわざご苦労さんだが、

石原、しっかり学ぶ化学熱力学 エントロピーはなぜ増えるのか、裳華房、2019
中田、化学熱力学 基本の考え方15章、東京化学同人、2012
大野、基礎から学ぶ熱力学、岩波、2001
阿竹、熱力学、丸善、2001 (黄色い表紙のシリーズな)

とか抜けてるとこ見ると網羅性は低そうだな
もう一度やり直せば?w

212あるケミストさん2019/08/16(金) 10:31:37.23
なんか凄いことになってんのな

ところでKlotzの第8版は出ないのか? ペースから言えばそろそろだと思うが

213あるケミストさん2019/08/20(火) 20:47:37.46
0584 ご冗談でしょう?名無しさん 2019/08/20 20:46:23
日本理学書総目録
http://www.rigaku.gr.jp/link/publisher

この出版社一覧のリンク集結構便利だから>>1に加えない?
吉岡書店はなぜか欠けてるんだけど

214あるケミストさん2019/08/21(水) 10:29:12.62

215あるケミストさん2019/08/29(木) 11:38:11.05
>>212
Klotz先生が逝去されたので、よく分かりませんね。共著のRosenberg先生が引き継ぐ可能性はありますが。

216あるケミストさん2019/09/29(日) 11:03:05.93
【専門書】かつての岩波講座現代化学【名著】

01 化学と量子論 長倉三郎, 中島威
02 化学結合の量子論 中島威
03 反応の電子理論 長倉三郎
04 化学変化の速度と平衡 玉虫伶太, 田丸謙二
05 周期表の化学 斎藤一夫
06 集合体の化学 井口洋夫, 田中元治, 玉虫伶太
07 分子の立体構造と反応 大木道則, 齊藤喜彦
08 化学反応とその機構 大木道則
09 酸塩基と酸化還元 大木道則, 田中元治
10 高分子の化学 鶴田禎二, 中島章夫
11 物質の分離と分析 大木道則, 田中元治
12 光と分子 長倉三郎
13 分子構造の決定 大木道則
14 物質の合成 野崎一
15 化学と情報 大木道則
16 界面の化学 田丸謙二
17 反応の特異性と反応環境 大木道則
18 生体物質の構造と機能 成田耕造
19 進化の化学 江上不二夫
20 機能性高分子 伊勢典夫, 田伏岩夫
21 材料の化学 伊勢典夫
22 地球と環境の化学 北野康, 松野武雄
23 エネルギー変換の化学 長倉三郎
24 資源・エネルギーの化学 笛木和雄, 向坊隆, 吉沢四郎

217あるケミストさん2019/10/01(火) 18:14:13.82
分子科学講座/共立出版

「分子科学と量子力学」小谷正雄 1966
「分子理論と分子計算」樋口治郎 1986
「分子軌道論 : 特に共役分子について」中島威, 1966
「分子の構造」森野米三, 1967
「分子の電子状態 : 分子理論の展開」樋口治郎, 1986
「分子の電子構造 : 分子理論の応用」樋口治郎, 1986
「化学反応の電子論」長倉三郎, 1986
「分子集合体の量子化学」大鹿譲, 1966
「磁性と分子」菅野暁, 1967
「光と分子 : 主として物理的立場から見た」神戸謙次郎, 1967
「励起分子の化学」田中郁三, 1987
「放射線と原子・分子」志田正二, 1966
「生体量子化学」福井謙一, 1967

218あるケミストさん2019/10/02(水) 01:53:17.19
>>217
> 分子科学講座/共立出版

発刊年の分布が面白いね
約2/3の巻は1966年とその翌年に出版されて、
その2年間で出なかった残りの1/3の巻は、三々五々と少しずつバラバラに出たんじゃなくて
20年も経ってしまった1986〜87年に一斉に出版されたのか

219あるケミストさん2019/10/08(火) 14:30:26.46
AtkinsよりもD. A. McQuarrieの方が余程いい教科書書いているのに何で邦訳が少ないんだろう
彼の量子化学や分子熱力学は学部向けでベストだと思うけど洋書だから教科書指定しづらいし
一般化学や化学数学は最近翻訳が出たけど肝心の方は

220あるケミストさん2019/10/08(火) 20:57:09.91
マッカーリと書かれるけど本人はマックォーリと書いて欲しいらしい

講談社から5分冊で初歩から学ぶ数学大全というのも出ているが、誤植が余りにも多過ぎる
どうも講談社サイエンティフィクは仕事が雑で好きになれない

221あるケミストさん2019/10/09(水) 14:50:42.63
>>53
例えばアトキンスのビリアル展開なんて理解できる人はいない思うくらい酷い書き方
バーローの方がよほど良く書けている
ただバーローはマクロとミクロが完全に不分離なうえに引用してる教科書が古臭いのが難点
文章も硬いし

222あるケミストさん2019/10/12(土) 08:44:17.01
物理化学の教科書には何を望むべきか

223あるケミストさん2019/10/17(木) 08:58:49.58
>>219
McQuarrieのStatistical MechanicsとMolecular Thermodynamicsはどう違うの?

新着レスの表示
レスを投稿する