楽しい逆さ言葉

1若野盆地竹村竹子0292008/04/21(月) 05:00:39ID:+/bpA3T0
若野盆地竹村竹子・ラブラブポンチ・気さくなあの娘目を閉じ閉じ

鯛釣り船に小んまい柵

2若野盆地竹村竹子0292008/04/21(月) 05:20:22ID:+/bpA3T0
          ____
         __,,/  _, ----`ヽ  :.
     :.  / _     ___   、\
       / /   i      \   \\ :.
     :. ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ :. な…
     :. |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}    なんなんですか?
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}       ここ、どこですか?
     :.|i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV :.    なんであたし
      .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{        全裸なんですか?
      :.|  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:', :.
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ
   :.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\:.
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ  \.:\
 :.  / . /  ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:./     }: . ヽ.:.
   / /  }    ヽ:.ハ ヤ{    !.:./     |:.:. i '
  ./ .,イ .:..}      /   l !   レ      l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ     /    l  i   i     /:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.: ',   /    iノ :i     !    /:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.:.l       |  |     |.   /:.::∧|
     ヽ! )人      |  !        / \! :.
      "  ヽ    /  {      /    \ :.
       :.  \__/   \______/      ヽ
           /      b           ',
       :.     /                   ;
          /    \     /         !
           /      \災/         !



3若野盆地竹村竹子0292008/04/21(月) 05:24:53ID:+/bpA3T0
          おっぱい!
       おっぱい! おっぱい!
    おっぱい おっぱい! おっぱい!
  おっぱい! ∩   ∩ ノ)   おっぱい!
 おっぱい!  川 ∩ 川彡'三つ  おっぱい!
おっぱい! ⊂ミ∩、⊂ミ∩彡⊃    おっぱい!
おっぱい!⊂三ミ( ゚∀゚)彡三彡三⊃ おっぱい!
おっぱい! ⊂彡川⊂彡川ミ⊃    おっぱい!
おっぱい!⊂彡川∪⊃ U川彡⊃   おっぱい!
 おっぱい! (ノ ∪  川 ∪ミ)  おっぱい!
  おっぱい!      ∪     おっぱい!
    おっぱい! おっぱい! おっぱい!
        おっぱい! おっぱい!
            おっぱい!

4若野盆地竹村竹子0292008/04/21(月) 05:25:41ID:+/bpA3T0
   i           l
.   !             __ !
    !      __/  `77y'7:7フ⌒`:.ー-- 、_     ,. -‐:::r:、
    |'. /⌒`く一'__  ,イ-‐':⌒ヽ ̄ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ-y'´     ヽ.
 _r_‐"   、  ,>_、  ̄入:.:.:.:.:∠:二:入,. --一‥' ´ ̄`ヽ         '.__        --、=-、
┴――‐<´∨/:/´ ,ゝ-、.:_ア´:.:.:.:.:.:.}.:/_         ,. ---- 、    i--/ヽ          \::`ヽ、
       `//:/ /.:.:.:.:.:.\---一(´:/           /    ..._.. ヽ   ヘ. ̄ ̄`'.  _ 二≧ニミ、:::::::::\
          \l /:\:.:.:.:.:.:.:\-:一!:f        /       :::`:'::: '.   ヽニニト/  r_ァ .::ヘ、r\::__:::::`:ー-- 、
        /ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:|_|,. -───‐┴、          }   __}___ト!    .::::::::    '´ `丶、\::::::`!
        /.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:`ン: ̄`ヽ ̄ ̄ ̄ヽ\,r‐、――一'、 〉     |   .::::::,ィ            〉ノ:::::,.ヘ
     /.:.:.:.:._:./:/:\:.:.:.:.ヽ:.:.:.:f.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ー-- 、-一\\\   \ -==、ー-、 \:::〃 ---/---- 、/_'::/:::r′
      /ィア´:.:.|/:.:.:.:.:`丶、:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.`: ̄:.:.\\\   \  _`ト `二≧=一'´:: ̄ ::::::::::::::::: ̄`7
------/.:.:.:.:.:.:|-----‐一ヘ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.\\\   〉´::::::ヽ. イ´ ̄-‐::::::::::::::__:::::::::-:一::7
     \:.:.:.:.:_」-、----一''´;ゝ--―=ニ二:_ー-:.:.:.:.:丶、:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ i:.:l /::::::::_:::`/:::::::::::::,::::::':´::::::::::::::::/::j
        ̄    \:.__:/:::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー─::- 、_:.丶、:.__:ノ:.:,|ヘ:.V::::::/::::::::/:::::::::,::::'´:::::::::::::::_,:::-::´:::/
               ` ー-_,. -一‥ァ=--::::::::::::::::__:>ァ一 '´ ヽ.V::::/::::::,.イ::::::::::/::::::_,:::-‐::':´:::::::::_

5若野盆地竹村竹子0292008/04/21(月) 05:29:15ID:+/bpA3T0
       / ̄/`Y´ ̄ フヽ
_  _ ,.. ≦´三三> ´             /
      /        「rr‐く 、_,_ `ー--‐ ´               /
       {        |ヽヽ.ヽ_つ丶、    _..   ---   ..-‐ 7´
      ヽ.      >、}`ー‐'´三ミ>≦三三/     `ヽ、
         \      |三|`  ̄ ̄{|     ヽ        ヽ\
         l\   /三l!     {j       '.,        !  }
        \ミー-'三三!   / \      }    __ -┴‐,′
             \三三ヨ|   {   \__  -'‐   ̄     /
           {三三ヨ!__.⊥ -‐ ´   / 丶 、     /
           ヾ三三.ヾ 、       /     ` T ´
            V三三三,` ‐-  -‐ ´         /
             |三三三ミ、                {
             |三三三三〉                ',
             ヽ三三三/                i
                  \三,; ′           {;   |
               '/                   l
              /ヽ                ,′
                /`丶、 `丶、           イ
           , ′    `、  ヽ         /l
             /          ヽ    \      /  l
         /          ヽ     `丶、/    l




6若野盆地竹村竹子0292008/04/21(月) 05:45:26ID:+/bpA3T0
別に考えただけでなく、時間潰しにエロイの貼っただけで解除出来ました。

何だったんだ?

7若野盆地☆麻枝准地縛霊2008/04/21(月) 23:01:06ID:+/bpA3T0
結局何だったんだろう今考えると・・・。

      _          __
     /  \       /    \
   /     \    /       \
  /  / ̄ ̄\ \ / / ̄ ̄ ̄\__\
// ̄     / ̄| ̄ | ̄`くヽ__/>   |  \
 ̄        `ー'`ー'`ー'/刧凵_    ̄ ̄
           |;;三;;;;| / 、/⌒ヽ, ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |;;三;;;;| | | ● ●) |   < ブタもおだてりゃ木にのぼる〜
           |;;三__|_> ̄ ̄ ̄く       \______________
           |;三(___ノ     |
           |;三;;__|_|_     /
           |;;;;;;(___ノ、___/ω
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|
           |;;三;;;;|    ./ ̄ ̄ヽ       
        / ̄|;;三;;;;| ̄\/     _ノ  パカッ  
        \_____/ `ー―'''~       

                   ___, - 、
                    /_____)
.                    | | /   ヽ || 父さんな、エロゲを卒業したよ。
                    |_|  ┃ ┃  ||  
                   (/   ⊂⊃  ヽ)        /  ̄ ̄ ̄ \
                   !   \_/  !        ( ( (ヽ     ヽ
                   ,\ _____ /、       | −、ヽ\     !
   ゝ/  ̄ ̄ ̄ \     /. \/ ̄\/   .\     | ・ |─ |__   /
   / _____ヽ    |  |  _┌l⊂⊃l  |  |    ┌ - ′  )   /
   | | /  ─ 、−、!    |  |  / ∋ |__|  |  |    ヽ  /   ヽ <
   |__|─ |   ・| ・ |    |  /`, ──── 、 |  |     ` ─┐  h ̄
   (   ` ─ o−i    ヽ /         \ .ノ_      .j ̄ ̄ |
    ヽ、  ┬─┬ノ / ̄ ./            ヽ- 、\    /   ̄ ヽ\
  // /ヽ─| | ♯|  /   i              | ..) ) \  i  ./   |\\
  | |  /  `i'lノ))┘/ , ─│             !-l⊂⊃l┐__ヽ__/\ / |   | |
  | |  | ̄| / /| / ( (... .ヽ              / |____|∈  __./ .|   | |
  |_|/ヽ、_/  ./   ` ─ /\           /ヽ      ̄ \-──| \|_|
   | |  |───/____i  l=======l  |_____ __\  |\ | |
   |/ ヽ── |______\  l二|^|二二|^|二l 丿______ |_丿 \|
  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | |      | |.  | |   | |  | |         | |  ̄ ̄ ̄ l
   | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄.| |────| |.  | |   | |  | |.──────| | ̄ ̄ ̄| ̄|


                      (_(_(_, ヽ
                   , ─── 、   (⊃_ ノヽ
  ┃ ┃┃          /WWW \ \   l     l
  ┣━     | |    l \ll/    ヽ/^ヽノ    |
  ┃       | |    (| (。) ∠      ノ      !  
      ┃┃ | |   / (二) / ⌒ヽ  | |    /
   ━╋┓    /|  l _    /\ \|  l l    く  
\\ ┃┃ |\/ |/| (__/ \ ヽ ノ //    \
  \\   _|   _└  ヽー`ー`─ ´ /´       だーまえといたるで抜けるか!
 ☆    \   (ヽ  \  |  ̄ ̄ ̄   / ⌒ヽ
  /⌒ヽ ∠   \\/ヽ l      ̄ ̄|   二|     
/   /\  |/ヽ/\ ヽ_ノ ヽ、_    ヽ_,_ノ     
l_/\/\  /\/  ̄    \  ̄ ̄ ̄

       ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::   
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::   
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::  
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::   おいおい、あんなやつらとうちをいしょにしてもらっちゃ困るよ。
   |Y     l|         ヽ
   |ノ〆    l|       ー-     うちは金出した奴にアルファテスターやらせてやってんだよ。ユーザーだって百も承知さ。
  /| /      l|       ー-  |   それをフィードバックしてベータ版としてパワーアップキットとか言ってまた買わせてるんだよ。
   l / r   」{,        ヽ  |
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /        完成?ヴァーァカ。さすがにうちらだってあんなPUKを完成品なんて言えねぇよ。
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /    うちらにゃ羞恥心ってモノがあるんだ。その辺よ〜っく弁えてるつもりだぜ?
     ヘ   ===一       ノ
      ∧                  恥知らずのエロゲメーカーと一緒にすんな。胸くそ悪い。     
       \≧≡=ニー   ノ 



オラオラオラ___オラオラオラオ_― ̄`;:, オラオラオラオラオラオラ
オラオラオラ> ``´〉ー、オラ_=― ̄    _;; _=―  ̄ `;,―= ̄ ̄-,
オラオラオラ7ミレW゛ "_=  _ _ =-.'  ̄,. .___ノ”・”;ハヽ       .;'
オラオラオラゞ(q #`ヒi´j _=_- ― = ̄  ̄`:,___-−=( 。”・”;д))-=― ̄
オラオラオラ, -'' ̄    __――=',^'`; ̄r⌒>  _/ / .; ,・´,-, .‘
オラオラオv´´   -―  ̄ ̄___ ̄"' "`:;._=’| y'⌒アニキャラレイパー橘  ⌒i -;:∵,;"" ^
オラオラオl'   ノ__- =  ̄ ̄ .___-=、 ;.,:. |  /  ノ | ー = -_
オラオラ ./=芥 イ)  ̄   _=- ̄   -,∵;‘, ..ー'  /´^ヾ_ノ_  __ __,:' 
オラオラ/   _, ヾ― = ̄’   _=―;"' ;'/ , ノ__―= ̄ ̄ オラオラ
オラオラ|  / \  `、__=―= ̄_    / /∠=―_  '^;`` オラオラ
オラオラj  /オ ヽ  |オラオラオ  ̄=-/ / ,'_     ̄ ̄-_ オラオラ
オラオ/ ノオラ {  |_  ̄=―_ / /|  | ̄ ̄=―__,;' オラオラ
オラ/ /ラオラ | (_ ̄=_    `;,、_/ /   〉,;'、.,オラ ̄ オラオラオラ
オ L__Y)オラオラー‐‐`オ  ̄==―''オラ |_/ -;:∵:・ オラオラオラ


 ,r'"´  、`ヽ、”"'゙ヾ`ト  ~     /: !: :゙: 、: : : : : : : : : : : : : : : : : :゙ヽ
'´ 、:ミヾ:、ミヽ、\   `ヽ、__,ィヽ.ノ: ;i: : : : :゙: : : : : : : : :ヽ:゙;. : : : : : : : ゙i,
:.:ト、ヾ:ラ'ニ、゙i; . :..\     ,イ: :i く: : '; : : : : :`:ー:−:‐:-:-:ヾ: : : : : : : : :.゙i,
ヾヽ`` ゙ じ' イ ノ ト、ヾ\..__/└、l-、 `i: : : : : : : : : :、: : : : : :.:.:゙ヽ: : : : : : : :゙i,
:、 ソィq.,  " 彡.(、ゞrr‐ァニ。ヾ、:ヽュィヽ、: : : : : : : : :`:`:ヽ: : :.:.:ヽ: : : : : : : :゙i,
、ヽ.ゝ'″゚ ,/ ̄ニ:三ド'"´  `ゞー-:、.\゙i:o: : : : : : : : : : : : : : :.:ヽ: : : : : : : :゙i,
 `)ー:三二ヽ(°            `ニ` ̄``ー'"゛ー-:、: : : : : :.:.゙i,: : : :_:_,,:..:i
_.ノ ;イ´r-‐'゙リ`ヽ..:                      ``ヽ、:.:└イ´   l
、___,.ゞ:{  ((  `\   ,-y-,、                   `ヽ、!:..   !
'~ (.__.ソ、 リ    `ヽ'、/ / ,!        ー- 、    ゙i      /:..
´))、    \       `ヾ.i`!          `ヽ、 i!|     r':.
          \        \     ,..... -─---`:-''---‐一;==ヘ:.
           \         `ヽ ,ィ=ク~´ ̄¨゙``ー- 、  .://_丿 ヽ:.
           ヽ   :. ,.:-一y'{r'´          ヾ: 〈.      ヾ:.
            ゝ.___:./'::';ィ'ニ=)ヽ.           ヾ´ヽ.
               `ヾ;ィ'´  ヾ  ヽ.              ヽ. \
                 ̄i   ゙、  丶.             ヽ  \
                      |    ヽ、 ヽ.          ヽ.   \
                   .!    ; }   ヽ.          ヽ.   \


  /               \
          / / ∠三ミレ-- 、      ヽ
         / / //─'''´ ̄ ̄`ヽ      ゙i
        / /  //        ゙iヽ  ヽ  |
        ,' /  //          | ヽ  ', |
        | |  / l,、、,,_   -‐''" ̄`゙i. |   | |
        | | / ノ,.t-、    'Tッ'Tゝ ヽ|レ‐、| |
        ゙i |/ ,ィ`' _L.,!    ` ┴'  リ‐、 } |
        .!///゙!     ,         ノ__/ .!
         |/ | ',    ゙        /  |  |
          |! |  \   ゚       /  |  .!
          {  |  | | ゙ヽ、    /  |   |  |
         ゙、 ', | |   | `l'"´    ゙、|  |i   |   なめちゃダメ!吸って!
         ヽ ヽ | |   レ'′      \ || /
           /ヽ \!  |  ̄ ``   r'´ ` ̄``ヽ
        /   ヽ ヽ ノ                   ヽ
        |     〉 V              |   |
        |    /  /       \       ヽ、 |
        |    / / /|       ヽ       \
        .!   / { ヽ|    ...     ゙、        ヽ
        |  {  ゙i   ヽ  ::r.;:.     l         ::_)
        .!  \ ト、 |   `゙"     /          /
         |    ト| | ∧       /           /
            |  / / /|| ゙ヽ、 __ ,. -'"    ` ーr┬ '′
          | / / | ヽ、               | /

       __    ,  - 、_
            < 〉__`7, '´       `ヽ、.
           ,ィ//〆l/           \ヘー,_
          / </  / / /   /  |       〈ヽ、`ヽ
          ,'  /\| l /|_L | / |   l   l | l  ', |  〉
         i   L__ハ| r ,レl-l、| | //,r-/、/ i } |ヽイ
         |   | 〉-イi! i´ノ`i`   レ-‐く メ /| ||
         |   |{ -i| ' ヾ,_,.ノ     i_ノ`i l!/_ /-‐ |
         .l i | ヽil`,      ,  ヽ-'' /、 ,' |  |
          ', l  !  ヽヽ,     -   , /!r '  ,' , リ
           ヽヽ     、     , //l,リ\,rく //
              /´/〈 ` ーr '´    ! rく/、
                 /  ヽ 〉、    /    l |  \
             l   ノ〈  ヽ _/--―ノ /     ヽ
             | _f=ニヘ、_,r==一'´ Y      ',
                 ', l /⌒ヽヽニ=--- 、\ヽ      j
               V    ``ー '´ ̄`ヽ ヽ!     /
              '、::               ヽ|     ,′
               lヽ    、  :o:    !     !
                  l }    ヽ、     |     |
                    l/           l     |
             _,. '´             ,|     !
       __ _,rァT´                /ハ    |
   ,. -一7 /´ /ノ|      ノ        ハ{     !
'´ ̄//_,.- j j   l  ヘ                 l、ヘ     |ヽ
‐?7´ _/ノ   j'   ヽ               jヽ \___j__}ヽ
 _,. -‐//    /     \           /、}、 `ヽ--‐ァ'´
´   ,.イ {     /       ` ー- 、___,.lヽ\` ̄´ /
 / ヽヽ   /           / /! ,!-―‐- 、!V ヽ\`ー'〉

  /^~"´ ̄-‐‐‐'''"´/:/;ノ;;;;ノ://                _、-、_
 /::::::/:::::::_,,,、---‐‐'''`~,、-''/::/              /"`'ー-''`''-、
/:::/:-‐''''"~~::::::::;;;;-、,,,,、-,,、-‐ヽ,,_             /        ヽ
;/;;'`"~、-''''''~^'''''ー-、_,,i:i、  ヽ`ヽ、;ヽ、,,,ノ.   /"´ ̄~''/         ::::ヽ
;;;/~":、---、___/´ ,,i:'''  ::   ヽ. ヽ.`'''"´  /´    :::./         :::::::i
;;;;;'''''^~~~~^'''''/ー-  ';、 :::    `  ヽ`''ー-,,,i_    -‐''"         ::::::::;/-、,
;;;、;;;`''ー-,,,,,,,,,,,,,,_,,,,,、_   ''       ',::::    `'ー _、-'''~ ̄`''''''ー-、  :::::;/::  ヽ、
;;;ヽ、ー、;;ー-、,,,,,,,、-‐''"    .;´ ̄`,   ',::::,,,,、-  /"'::;,:ヽ    、    ヽ.:::::::      ''ー
:::::ー、ヽ、,,''ー-ヽ.''''",.,;' "^' 'ー-‐'' . _、-'''''"´  / ヽ,,,ノ   ヽ|     ヽ::::   ::
:::ヽ、`''ー-、ー-、'ヽ"、i;.     ヽ /"     



          -‐''"´ ̄ ̄``   、
          /                 \
.      / ̄                \
      /  /                \  ヽ
     ,'  l      r∧              \ ハ
      l  l|   |  |  ヽ>―\  '"ヽ \ `ニ=-
      |  l|   |  ト./ \ \\ __ \ ` ー 、__
      ∨  V   ヽ / ,ィf示 `  ` l灯Y‐ \ーr―‐‐'
      ∨  V   \/ヒ}::::ハ    |リl} |l  |「`
        V 〈{     l!ヽVrン     `"x.}!   l!  毎日のお勤めごくろうさまです
         ∨ ヽ   ∧ xxx.   ___,.` 八.  |
          Vv \  ∧     〈_,ノ /|    l
          _r\ヽ.\ ∧ーy、_/   !| ,'
       _/:::::::::::ヽ\\ハ〈、 _      l/l /
      /-.、 ::::::::::::: ヘ. \\〉:: `ヽ     |./
.   / ̄\ \:::::::::::::∧  _」 :::: l ト、.   l'
   /:/    /\ \ :::::: ∧'´  } ::: |.} 〉
 /:::{/´ ̄`ヽ \ \ ::::∧  ,'::: // /!
/::::::::ハ.     ト、 `r、\ :ハ /:/イ /|
:::::: 厶ハ      ヽ/ -‐―‐rfく ̄ ̄`ヽ
¨¨´ / }       / ::::::::::::::: 小ヽ\ ::::/
 __/  ヽ    く_::::::::::::::::::::::::l! ::::::::::::K
'´:〈_     ヽ.     ト、 :::::::::::::::八::::::::::::|/〉
:.:.:.:.:`>、_       |八::::::::::/| |` ー-':V
:.:.:/ .:.:.:| `ー---r' ::::ヽ/::::├r|::::::::/〉
イ .:.:.:.:.:.:{    くヽ、 /:::::::::: }/ Lィ´/

     ,. r ''"´: : : : : : : : : : : : : : :.`' .、
      /: : : :, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`'.、
    ,ィ' : : : :./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
.   / : : : : :/!:ヘ,i: : : : : :ヘ: : : : : : : : : : : : : : : :ヽヽ   /
   ,' : : : : : :i:!|:.:|'''!:',: : : : :ヘ: : : :.ヘ: : : :ヘ:ヽ: : : :.ハ:ハ  ,'   __,,,..
  ,' : : : : i: :i:!.!: | ',:ヘ: :.ヽ:.:ヘ: : : : ヘ: : : :ヽハ: : : : i: :', .i. ,ィ'",ィ'",. -‐,.-
  i : : : : :|:.:i:! !:.:,.-‐‐ヘ、: :ヘ:.:ヽ.: ,.、-‐‐-., :.\: : :.|!: :i,i!/ ィ' ´,.r'"´.,_
  ! : : :.:.:.|: |,r'":|  ヽ.ヘ\ヘヽヽ,: : : :.\ `' 、`' 、!:!: |:./:.:./_:.:.:r‐‐ ヽ
  |: : : :.:.:|イ!i! ',!   \', ヽ.',` へ.、: : :.:\: : : : :`''‐ ..,,_ィ'ヽ,:.:.ヽ!,
  . ! : : : : |: | !. ヘ     ゛.、 \  \`' ‐ .,゛':.、'''‐- .,_,r:i:.ハ:.:.:.| ',
.  ! : : :.:.:|:.:! ',   ヽ _,    `   、.,,_      ,'`'''‐-r'",,.._!ハ:.:.i !:.|. l
   !: : : : :!: ',. ==-‐''"    、     `゛''''''‐ .,'|: :.:.|,ハY /|!i:}:/ |!:!. |
   l : : : :.:!:.ハ  ,,,..      i     ,,,,... / |: :.:.|メ/.  i!|!,'. !リ !
.   ! ! : : :.l: |ハ ""           ´´  /r'.|: :.:.!/.    l リ
    l:.',: : :.:l: !`ヘ.     `  ´    ,.イ:/イ:! : リ
.   !ハ: : :.:!:.!:.:i:.`'r..,           ,.ィ':./:.,.r!: :リ           却下♪
    ',ハ: : :.:!:|:.ハ:.:.|\.i'‐ .,_   ,. イ|:ィ、_,/ !: :,'
    ', ',: : :',ハ:.|ヽ',. .|   `~´   |     l:.:,'
     ', ',: : :!,:ヽ', ,r‐|       |`.、.   !:,'
      ',: : ハr‐'":{: :!         ',:}:`'‐-/_
      ,.rヽ:.ハ:.:.:.:.Y  、       `| :.:.:/:.:.`' 、
    ,.ィ'": : : ヾ,ヘ:.:.:.:.ヘ______ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
  /ヽ,ヽ,: : : : :',ヘ:.:.:.:.ヘ―――---`'!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ、

    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                  /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:/:::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::/::::!:::::::::::::::::::::::::::::ハ
                     /::::::::::::/::::::::::::/::::::/:::::/::/:!:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                /::::::::/:/!::::::::::::!::::::/::::::/:/::::!:::::::::::!::::!::::::::::!::!::!
                /::::::::/:/:!::::::::::::!:::!:! !:::::!!::! !:::!::::::::::!!:::!:!::::::::!:::!::!
               /::::::::/:/ノ:::::::::::::!::!!!-!::::!_!:! !::::!:::!!:!!!!::!:!!::::::::!!:!:!
               /::::::::/:f´!::::::::::!::! !! ! 丶:!丶!. !:::!ノ:!ノ !:!!:::!:!:::::!!:!:!
                 /::::::::/::::! !::::::!!::!::!-―-、丶 !. `::::::/_.!ノ!:ノ:!:!.!!:!:!
             /::::::::/::::丶!:::::!:!:!::!    `     .!ノ  ソ`ノ!:ノ:!:::ノ !
              /:::::::ノ:::::::::::!:::::!:::!!:!         ⌒ヽ、/:::/!~! 
              ノ::::::/:::::::::::::::!::!::!:::::!:!       、   /:::::| | ! 
         . -─- ./:::::::::::::::/!::!:::!::::::!!   r‐‐-、 ´   /::::!:!:| |__」  お昼ごはんに
       /     !ヽヽ ̄  !:::!:::!:::::!:!   `ー- '   /:::!::!::!:| |   しませんか
      /       ! !:!   !::!:::!:::::!:!ゝ、___ ,. -‐''´ :::::::::!:!:!::|ノ!
     /. /      ! |;|   !::!:::!:::::!::!_/   !;;!`ヽ:-へ、:!:!:!:!| 丶
     i  /     |  ! |;|   ヾ!:::!:::::!::!..   |;;|  ヽヽ.丶!:!:!!!|  |
     |  !      ! . ! !;;!..   !ヾ!::`!::!!     |;;|   ) ..ノ!:!::!:!!../
     ノ  i      | |  !;;!   _|;;|::::`!::!   ノノ  /  /:::!:!::!::!



    ト、\          /          ヽ       /
    | V \         { >;''ニニゞ,;アニニY     /
    | / /\      { ¨´,ニ=゚='" ,.ヘ=゚:く {    /
    | // | / //\    i1(リ       r;:ドヽ {   / /lィ
  ,. '"       \   ヾ=、 u   に二ニヽ |  /  ト//イ|
  |           \  | i .     {⌒゙'^ヽ.{ i/   ヽl//ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  } \ノ!i ヽ、  ヾ二ニソ /   ( ´Д` ) < 君もハッサンの仲間入り!
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }  \        /     /,  /   \_______
    |! ,,_      {'  }   \∧∧∧∧/  ビシ! (ぃ9   |
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、  < よ世ハ >      /    /、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ < う界 ッ >     /   ∧_二つ
───────────< こへサ >───────────
    ト、 /ヽ         . < そ  サ >              __
    | //ヽ/i          < !!!  ン >            //  ,ィ
    ヽヽ//ノ        <    の >        ト、 ./ /-‐'´ .|
   r'       ヾ       /∨∨∨∨\        | V   .⊥,.ィ /'7
   | ,,_   _,|     /         \       | / // / ./ /
   N "゚'` {"゚`lリ   / |. __ヽ、 ,r' __  \.     | // | / //  /
   ト.i   ,__''_  !  /r'⌒i く_r‐、\ /,-、_,> |' \    _>-‐|/l/‐-く/ヽ、
 /i/ l\ ー .イ|、/  | Fト|  L_(\!|l/)_」  .|/ヲ |.\/        `<⌒
         /   | hニ|     ̄/ : ̄   ,〉i7ノ  \

|         |  |_____
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|
  |         |  |   / /|
  |        /\ |  /|/|/|  ドッドッドッドッドッド!!
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|     (´⌒(´⌒`)⌒`)
  |  /  /  |文|/ // /  (´⌒(´聖火を奪い返せ!!!`)⌒`)
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/    (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`)
/|\/  / /  |/ /     (´⌒(´(,`ハ´ )つ `)`)
/|    / /  /ヽ  (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)
  |   | ̄|  | |ヽ/|絶対逃がすな! ( |  (⌒)`)⌒`)
  |   |  |/| |__|/.   ∧__∧ ⌒`)ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ
  |   |/|  |/  (´⌒(´( `ハ´ )つ  ド  ∧__∧⌒`)
  |   |  |/    (´⌒(´( つ/] /    ォと( `ハ´ ) 謝罪汁――!!
  |   |/        ( |  (⌒)`)  ォ ヽ[|⊂[] )`)
  |  /         (´ ´し'⌒^ミ `)`)ォ (⌒)  |
      从从                       ̄`(_)`) )
     (:," )    よーっしゃー聖火とったー!!!
 (     ヽ/  
 ((;;;;゜;;::::: || ∧∧ '';:;;;):;:)):).)
 (((; ;;:: ;:::;;⊂(゚Д゚,,)  ;:;;;,,))..).)
  ((;;;:;;;:,,,."  ヽ ⊂ ) ;:;;))):..,),)).:)
  ("((;:;;;(;::   (⌒) |  .┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨・・・
          三 `J

22参加するカモさん2008/04/30(水) 02:38:35ID:+ifrLZMP
     _,,,,........,,,,_ __人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人__
--''''""::::::::::::::::::::::::::``''''>>  テテンテンションテンションション上が上がっがってって来た来来た来た!!! <<
ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄^Y^Y^Y^^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ ̄
  ||:::::::::::;;ノノ´´ ̄ ̄\\::::::::::::::::::::::\\_,,.. --‐‐ァァ           ____      __________      ____________
  ||::::::::ノノ      ヽヽ、、ヽヽrr--rr''""´´    ((..__        ,,´´  __,,,, ''--´´ ̄ ̄ ̄ ̄``--ゝゝ 、、__ イイ、、
_,,..!!イイ_    _,,..ヘヘーーァァ''二二ハハ二二ヽヽ、、へへ,,_77    ''rr ´´                    ヽヽ、、ンン、、
::::::::::::rrーー''''77ココ--‐‐''""´´      ;;   '',,  ``ヽヽ//``77     ,,''====──--            --──===='',,  ii
rr--''ァァ''""´´//   //!!  ハハ   ハハ   !!    iiヾヾ_ノノ   ii  イイ  iiゝゝ、、イイ人人レレ//__ルルヽヽイイ ii  ||
!!イイ´´ ,,'' |  //__,,..!!//  VV  、、!!__ハハ   ,,''  ,,ゝゝ レレリリイイii ((ヒヒ__]]          ヒヒ__ンン ))..|| ..||、、ii ..||||
``!!   !!//レレii''  ((ヒヒ_]]       ヒヒ_ンン レレ''ii  ノノ      !!YY!!""""    ,,______,,     """" 「「 !!ノノ ii  ||
,.''   ノノ    !!''""      ,,____,,   ""'' ii ..レレ''        LL..'',,..      ヽヽ __ンン        LL」」 ノノ|| ..||
  ((    ,,ハハ        ヽヽ __ンン     人人!!          || ||||ヽヽ、、              ,,イイ|| ||||イイ|| //
,,..ヘヘ,,))、、    ))>>,,、、 _______,,  ,,..イイ ハハ        レレ ルル`` ーー----── ´´ルルレレ  レレ´´



23参加するカモさん2008/04/30(水) 02:38:58ID:+ifrLZMP
      ヽ      \   /   ____ヽヽ ___|__
    / ̄ ̄\   __/        /         |
         |     / ̄ ̄      /        / ̄|
         /    /          |         \_/
       /     \_        \        /

   *      +       *    *    *     +      *
+       *    *      *    *     +     *     *
  n ∧_∧ n n ∧_∧ n .n ∧_∧ n n .∧_∧ n n ∧_∧ n
 (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E)
  n ∧_∧ n n ∧_∧ n .n ∧_∧ n n .∧_∧ n n ∧_∧ n
 (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E)  +
  n ∧_∧ n n ∧_∧ n .n ∧_∧ n n .∧_∧ n n ∧_∧ n
 (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E)
  Y     Y   Y     Y   Y     Y   Y     Y   Y     Y  

  |      |     |
    | ガンッ!! |      |
    |     ,l     ヽ
    |     /      /
    | 从/ /      |
    | _.,/ ,   /   lノ
    |_ //__' ,   i
  / (_(_`/- ,_, ノ
/     ゝ(  丿
これまたこれまた!!きてるきてるあいいいいあああ〜〜〜!
ああああ〜〜〜〜〜〜ユートピア!!!!ああぁ〜〜〜〜ユートピア!!!
なるほどなるほどなるほど!!ああぁ〜〜〜〜〜なるほどなるほど!
あああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜これはどうも!!ああ〜〜〜いやこれはまたどうも!!
ぶっべっらっぽっぷっしっぴっぱっぴっぷっぺっぽっっっっをををおおおおおおをををを!?!?
//////////_---―――――---_\  /////////////////
// // ///:: <   _,ノ , 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  /////// //// ///
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  // ////// // /
// //,|:::     ⌒ /    ヽ⌒      ;|   ///// // ////
/ // |:::         |~ ̄ ̄~.|        ;;;|   //// ////// ////
/// :|::        | |||! i: |||! !| |       ;;;|   ////////// ///
////|::::       | |||| !! !!||| :| |      ;;;;;;|  /// ///// /////
////|:::::      | |!!||l ll|| !! !!| |     ;;;;;;|  /// // // // /////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|     ;;;;;;//////// ///// /// //



     _____
   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\              /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|            /、          ヽ 
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |  知ってるけど教えない
  |::( 6  ー─◎─◎ )          q -´ 二 ヽ      |
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)          ノ_ ー  |     | 
/|   <  ∵   3 ∵>          \. ̄`  |      / 
::::::\  ヽ        ノ\           O===== |
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\        /          |

26参加するカモさん2008/04/30(水) 02:40:42ID:+ifrLZMP
    /        /   /           /     \       |
   /        /i  /ーーーーー     /        \ ┌──────┐
 ∠___    / . |      |      ∠____
|     |     |     |__   |      | \    ______
├-------┤     |      |      ├-------.┤   \  |    |   |
|     |     |     |__   |      |      ├─--┼──┤
├-------┤      |     |      ├-------.┤      |    |   |
|     |     |     |      |      |  /   └──┴──┘
└ー.ーー-┘                    └ーーーー┘ /    /        \

                  / ヾ
                   ゝイ丿
                   / /
                  / /
                  / /
        ∧ ∧       / // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 シコ    ( ゚Д゚)、    / /< ひゃっほう!
      /     ヽ、 / /  \______
 シコ  ( ) ゚ ゚/ヽ、/⊂//
      \ ヽ、 (  /⊂//
        \ ⌒つ /
        (  ̄/ /
        |  |○O \
        |  |   \ \
        |  )    |  )
        / /     / /
       / /       ∪
       ∪


         \      DQNと言えば?         /ナンダココハ    コワイモナー     ヒイィィィッ
          \        ∧_∧ ∩佐賀だろ! / ∧_∧     ∧_∧      ∧_∧
佐賀で事件だって \      ( ・∀・)ノ______  /  ( ;・∀・)    (; ´Д`)    (´Д`; )
          ∧ ∧\    (入   ⌒\つ  /|. /  ⊂   ⊂ )    ( つ ⊂ )    ( ⊃   ⊃
         (゚Д゚ )_\    ヾヽ  /\⌒)/  |/     〉 〉\\   〉 〉 く く   //( (
     / ̄ ̄∪ ∪ /| .\  || ⌒| ̄ ̄ ̄|    /     (__) (_)  (_.)(_)  (_) (__)
   /∧_∧またですか・・・\    ∧∧∧∧ /         『DQNの総合商社・佐賀』
  / (;´∀` )_/       \  < 佐 ま >九州で一番面積が少なく、自慢と言えば遺跡があるだけ。
 || ̄(     つ ||/         \<       >子供は乱暴で、バスジャックを起こした子供もいる。
 || (_○___)  ||            < 賀 た >しかも教師は子供に「○○君死ね」と書かせたこともある。
――――――――――――――― .<     >―――――――――――――――――――――
         ∧_∧  子供達が   < か   >    ∧_∧プッ ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ( ;´∀`)大暴れしてる… ∨∨∨ \   ( ´∀`)  (´∀` )<佐賀県民必死だな(藁
    _____(つ_ と)___       ./       \ (    )__(    ) \_______
 . / \        ___ \アヒャ  /   ∧_∧佐\∧_∧   ∧_∧  ̄ ̄ ̄/.//|
 .<\※ \____.|i\___ヽ.アヒャ ./γ(⌒)・∀・ )賀  \   ;) (     ;)
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ  /(YYて)ノ   ノ 県   \↑ ̄ ̄↑\)_/     |__|/
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐>/ \  ̄ ̄ ̄ ̄\め     \佐賀県民| | ┃
      ̄ ̄ ̄ ̄|. | ̄ ̄ ̄ ̄| / ||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ! !       \    .|_


>>155
それなら最初っから書き込んでくるんじゃねーよ・・・・・・・
 \_______________/
           …と思う吉宗であった
   (__) ..    ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,
             {::::::::}三三三ミミミ`、、
    (_)       >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、
           /     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、
     (_)   /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、
          ,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'
        ○  l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi
         {;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi
            kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i 
          レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'
         {_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{  

      __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,

      <ヽ/⌒ヽ )) ニ ュ     ___      いやです
   ((  /   /       ウ / -、−、   \  ______
     (⌒ヽ ヘ\   \\   / -| + |+ |- 、   ヽ > ____ |
  ☆   ー ´  \(()==o i   `-●- ′ ヽ  |  ̄ | ミ|・ | |__|
 \ ヽ l / /          || |ヽ 三 | 三 / |  |  /`-o`-´__  )
    人   ガッ      o=o\__|_ /  / /    ̄ ̄j ̄ /ノ\
   <   > ガッ      \\ || ━━o━━━く  (∋l ̄ (`^|_ノヽ
 ∩∧-∧∩           /o==o___ ヽ 、 ヽ    ̄ ̄ | ̄   |
 | ( `Д´)/          ○┤ヽヽ._.ノ丿  ○     / ̄, ̄ 7
  |    |                  |  ` ─ ´    |      / ̄/ | ̄|
 (__、──⊃            ⊂二⊃ ̄`⊂二⊃     ⊂二l ⊂二l
    ↑>>583

艦長! デュランダルのサザビードラグーンが接近中!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧ ∧   ∧ ∧
       ___( _冂二冂(,,゚Д゚)
      ∧⊂/ ̄|二| ̄\つ∧二ヽ
      ι匚|_/_\_匚i_|∪∪i]
      \/∠ / / \_/二/
      /∠ / /
     /∠ / ∧_∧___    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /∠ / /7´Д`;) / |  < デスティニーガンダムはまだか
  /∠ /   ○ =i|= ~)/ |   \_______________
/∠ /  i'''√√ i'''i ̄ ,,,,/
∠ / /__(_(_)/ ̄    ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 / /  \\\/      (・Д・ )< スーパーフリーダム、行きます!!
          ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ )  \____________
               |        |   |

                                (巛ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡ミ彡)ミ彡)
                              ,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
                            人ノ゙ ⌒ヽ         彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)'
  ∧_∧               ,,..、;;:〜''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡)ミ彡,,)
√(:::.・∀・)       ,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙          彡 ,,     ⌒ヽ     ミ彡"
| (:::..、===m==<|::::::゙:゙                    '"゙        ミ彡)彡''"
|_=|:::. |::. | '    ``゙⌒`゙"''〜-、:;;,_              )   彡,,ノ彡〜''"
 (__)_)              ゙⌒`゙"''〜-、,,     ,,彡⌒''〜''"人 ヽノ
                            "⌒''〜"      し(__)←>>5

34参加するカモさん2008/05/05(月) 09:45:46ID:X5qS9Qsy
         / _/_ | |    \  /        \((从⌒从*)) /
       |/    /   ―――   /   *    #((  :: ) ( ⌒ ζ * / ・
       /  / /  |         /      \曝ク  ∵ ━(( : ∂ ))  /
    (  ))                    \ (( § ) ⌒;  lll ;从 *(・)/
  ((  ⌒  ))__∧_∧___//       * 煤@;  ) (( ‡ *   ζ  ∵―
 ((   (≡三(_(#゚Д゚)__( 三三三三三三三三(( ゚○゚; 从 ;・∀・) ¢) )―
  (( ⌒ ))    | つ ノ ))  \`        : *煤i( 从  ((  )) *ヽ\ ヽ・
  (( )        |  |              : / / ・(( ;  :  )) (  ζ\*
            ヽつ つ ))               / (_)_)W(WW_W\    ・
           /|                          ↑>>5
        ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       >>5!  >>847を怒らせると恐いぞゴルァ!!
       __________________

    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    | >>5を回収に来ました。                      板をきれいに .|
    |__  ________                    __  ___|
     ,_∨_______       γ===============┐..    V
   . γ;二二二, ll .__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//  \______/ )\ゥアア。 
. _  // ∧_∧ |.|| | .|    東京都   .l l,,,,,,,,,,,,,,,,,,\____/ /__\
[_].//( ´∀`).| || | .|           ヽヽ丶    |8|| ̄ / / ̄ヽ  |6|
.└/l__/__  ).| || .|__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽ ヾ-ー「:l|_/ /__∧ ヽ  ||
  |    (_/ [||| --|_________ヽヽ  ゞ |.:ll ./ /;´Д`) ミ. ∧_∧ ポイッ
  lフ  ,------|.l_|二二l_l/ ̄ ̄/l /γ二二..ヽヽ __ヾ |.:|/.    \ヽ⊂(∀`  )ミ
 [ll三// ̄ヽ\|.\===l二二l__l /// ̄ヽ\~ヽヽ_匚|]二||二二二||_.(⊂  )
  └--l .※ ..l ..凵======-l/.l .※ ..l |_l~(\__/~'==l=======l==/y  人
    丶  ./_/   丶_/_/    .丶  ./_/_/ ̄~~丶_/_/_/ ̄ ̄ ̄ (___)__)

36参加するカモさん2008/05/05(月) 09:46:40ID:X5qS9Qsy
         キョロキョロ
  ∧_∧ ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
≡(・∀・;≡;・∀・)< どうしよう×こんな所でウンーコがしたくなっちゃったよ×
   (    )     \__________
   人  Y
   し(_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


        ラッキー
          ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         (* ・∀・)< と思ったらこんなところに便器があるじゃん♪
         /,   つ  \_____________
        (_(_, )
    ブリブリ 人しし'  ∬ もわ〜
      ∬ (;;:::.:.__.;) ∬   もわ〜
    ∬ (;;:_:.__〃⌒.),,   ママァァァァァァァァ。・ 臭ぃぃぃぃぃっぃイイ!!!!!!!
     (;;;:::.:.. .:;/⌒つ´ д`)つ  ←>>5
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |  今週のビックリ・どっきり・メカ〜発進!!
      \
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧              ___
   / r             /'´ ゙'i
  / i |       ____   _ノ=====L___     。
  / 1 .|     ./ (;8 (;=ゞ、_┌===(Y)"ヽ   ノ"ヽ
 / 1 │     `゙`ーフ ヘミニ= ( .)''(.)  Lー」
../,-―┴ー―-==(こ二ニニノーー--ッー'゙フ ̄T´ ̄`∵)
./(   ,r''''""⌒ヽヽ、ヽヽ、  / ノ   ノ   ヽ;;;;;;;;;;;;ノ  んわぁ━━━━━━━━━━━━━━━!!
.| ヽ  |  [○  \ヽ、、 ゝ ◎  | 。 │。  。`'┬'ノ
.|  \ \      ノノ }} \___ノ〜ヽ_ _ _廴 _ _ /丿
│   \,,ゝ、.. .ノヽ   ノ | |ヽ  ゝ、::;;;;;;;;;;;;;;;;;ノヽノ
.`'、     / _丿   |.,-‐i⌒i.ヽ\-----\ (⌒)⌒) ネズミ !  ネズミ !  ネズミ !  ネズミ !
  ヽ-....____f'"´゙i-ャ''i'⌒つ. |@|●\\----- ( = ・.ゝ.
       ヽ、ノ_ノ.,!ujj.jヽ-|__ノ┃ミ).\\-- 〜( っ)っ    ネズミ !  ネズミ !  ネズミ !  ネズミ !
        /"ヽ  | | | |  ┃''  . ~~\-- レ\) (⌒)⌒)
    r―‐-ノ.. - ヽ-ヽ..二二. ┸‐.. 、.   \-----. ( = ・.ゝ.  (⌒)⌒)   (⌒)⌒)    (⌒)⌒) チュー !
    工 ̄ ̄ ̄"""⌒ヽ. \ \  .\    \-- 〜( っ)っ   ( = ・.ゝ.  ( = ・.ゝ.  ( = ・.ゝ.
   h'''''''ゝ  ▼     \. .ヽ  ヽ____,,,ゝ    .\-- レ\) 、  〜( っ)っ  〜( っ)っ  〜( っ)っ
   `''''''''゙゙゙''''''''''''‐‐‐‐''''''''''""" ```  .       \------\.   レ\)  .   レ\)     レ\)
                       ~  ~ ” ~ ''' ”~ "~"~”~”''"~"'''"~""~""''''"~'"~"”~"~ " ~ ~  ”

    |   /|    /|  ./|       ,イ ./ l /l        ト,.|
     |_≦三三≧x'| / :|       / ! ./ ,∠二l        |. ||      ■    ■■    ■
     |.,≧厂   `>〒寸k j        / }/,z≦三≧  |.   | リ ■ ■■■■■ ■■ ■■■■  ■ ■ ■ ■
     /ヘ {    /{   〉マム    / ,≦シ、  }仄  .j.   ./  ■     ■        ■   ■  ■ ■
.       V八   {l \/ : :}八    /  ,イ /: :}  ノ :|  /|  /   ■      ■        ■   ■   ■
       V \ V: : : : : :リ  \ ./   .トイ: :/    ノ/ .}/    ■      ■        ■   ■   ■
       ' ,    ̄ ̄ ̄        └‐┴'   {  ∧     ■   ■■■■■   ■   ■
        V   \ヽ\ヽ\     ヽ  \ヽ\  |     \.    ■  ■  ■   ■      ■
        \  , イ▽`  ‐-  __       人      \  ■■  ■■   ■     ■■
:∧           ∨              ∨    /          ハ
::::∧         ヘ,           /   , イハ         |
::::::∧.         ミ≧ 、      ,∠, イ: : : : :.',         |
::::::::::}          了`>ァ-‐ ´  } : : : : : : : : ',         |
:::::::/           |  ∨/\  / : : : : : : : : : }           |
:::::/           レ'7 ̄{`ヽ. V/ : : : : : : : : : /          .|
::/          / /   V∧/: : : : : : : : : : /           /



■■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■□■■■■□■■■■□■■■■■■■■■■□■■■■■■
■■■□□□□■■□■■■□■■□□□□□■■■□■■■■■■
■■■□■■□■■□■■■□■■■■■■□■■■□■■■■■■
■■□■■■□■■■■■□■■■■■■□■■■■□■■■■■■
■■□■■■□■■■■■□■■■■■■□■■■■□■■■□■■
■■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■□■■
■■■■■□■■■■■□■■■■■■□□■■■■□■■□■■■
■■■■■□■■■■■□■■■■■□■■□■■■□■■□■■■
■■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■□■■□■□■■■■
■■■□■■■■■□■■■■■□■■■■■■■■□□■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■□□□□□■■■□□□□□■■■■■□■■□■■□■■■□■
■□■■■□■■■□■■■□■■■■□■□■■□■□■■□■■
■□□□□□■■■□□□□□■■■□■■■□■■■□■■■■■
■□■■■□■■■□■■■□■■■□□□□■■□□□□□□■■
■□□□□□■■■□□□□□■■■■■□■■■□■■■■□■■
■□■■■■■■■■■■■□■■■■■□■■■□□□□□□■■
■□■■■■■■□■■■■□■■■□□□□□■□■■■■□■■
■□■■□□□□□□□■■□■■■■■□■■■□□□□□□■■
■□■■■■■■□■■■■□■■■□■□■□■□■■■■□■■
■□■■■■■□□■■■■□■■■□■□■□■□■■■■□■■
■□■■■■□■□■■■■□■■■□■□■■■□□□□□□■■
■□■■□□■■□■■■■□■■■■■□□□■■□■■□■■■
■□■■■■■□□■■■□□■■■□□□■■□□■■■■□□■



>>1 の母親です。このたびはうちの馬鹿息子がこのような糞スレを立てて
皆さんに大変な迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした。
母親として、非常に恥ずかしいとともに、何故こんな馬鹿息子を産んでしまったのだろう
という後悔の気持ちで一杯です。
元々頭の弱い子で、学校ではいつも苛められて、いつの頃からか精神的にも異変が出てきたので
何とかしなければいけないと心配していたのですが、まさかこんなことになって
しまうとは.....
母親として何とお詫びすればよろしいのやら...
でも、来週から精神病院に入院することが決まりました。
多分、一生退院できないと思います。
馬鹿息子である >>1 を一生世の中に出さないことが、
母親の私にできる、皆様への精一杯のお詫びだと考えています。
このたびは本当に申し訳ありませんでした。

41血の華まりぃ ◆DEVIL/abGA 2008/05/06(火) 09:43:39ID:hFvaPdnO
                 __    __
                 ,.::´:.:.: : : : : .:.:.:`ヽ、
              /::    . . . .    : :ヽ.
            /:  .: : :.:.:.:.:::::::.:.:.:.:.: : .  :.',
            /:. : :.:.:.:::/::,ィ::::l,:.:l、:;:.: : .: .:.:i
            i::::.i:.i:.i:::l:l:::l {i:::|ヽi::l::|::i:::::i:.:.:l
            |:i:l|::|十H-l、ヽ! -H十l|i::l|::::| よっ変態
            リ」l:lr'1)^;ト    イ)^;l゙刈jLi|
            i:::::l| l ゞ='    ゞ=' ,'ij:::::::!       ri`!
            |:i:::`iヘ ""  .:!   "" ,:::i:::::i:|     !l ln
            l:|:::i::l:::ゝ  ヾ フ  ,.イ::il::i::l:|    n 川l|
           ノi|::liノi::i:ノi`i .  ,. i::i::!:ノl:ハ:lj    | | j ヽ} |
           ノ从ノl八j;_j  `´  |_l八ハ从iヽ  | ヽ / !
          ___,、_____,/_ノ     l \      ゙!   ′|
         ,r1  「:.:.:.:.:.! l      `7 |:`ヽ、   ヽ、   l
       / |  |:.:.:.:.:/ |__   __,/  |:.:.:.:.:`ヽ、  |   !
      /    ! j:.:.:.:/___ ! `  ´ / ____」:.:.:.:.:.:.:/ヽ、 |   !
       /   ,イ l:.:.:.:.:.:.:l/ |   ./`\l:.:.:.:.:.:.:.:/r'⌒゙, l   |


43んん2008/05/10(土) 13:42:05ID:3kmRmDr+

BSA(ビジネス ソフトウェア アライアンス)は
ピープル・ツリー(People Tree)及びグローバル・ヴィレッジ(Global Village)
経営している業者フェアトレードカンパニー株式会社を、企業内における違法コピー容疑で訴えた。
違法コピーを指示したのは広報・人事ディレクターtanemori naoko 種森なおこ、ガイアの夜明けの有名人社長Safia Minney,James Minney 容疑者でした。

氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね
帰省されちゃった


    |   /|    /|  ./|       ,イ ./ l /l        ト,.|
     |_≦三三≧x'| / :|       / ! ./ ,∠二l        |. ||      ■    ■■    ■
     |.,≧厂   `>〒寸k j        / }/,z≦三≧  |.   | リ ■ ■■■■■ ■■ ■■■■  ■ ■ ■ ■
     /ヘ {    /{   〉マム    / ,≦シ、  }仄  .j.   ./  ■     ■        ■   ■  ■ ■
.       V八   {l \/ : :}八    /  ,イ /: :}  ノ :|  /|  /   ■      ■        ■   ■   ■
       V \ V: : : : : :リ  \ ./   .トイ: :/    ノ/ .}/    ■      ■        ■   ■   ■
       ' ,    ̄ ̄ ̄        └‐┴'   {  ∧     ■   ■■■■■   ■   ■
        V   \ヽ\ヽ\     ヽ  \ヽ\  |     \.    ■  ■  ■   ■      ■
        \  , イ▽`  ‐-  __       人      \  ■■  ■■   ■     ■■
:∧           ∨              ∨    /          ハ
::::∧         ヘ,           /   , イハ         |
::::::∧.         ミ≧ 、      ,∠, イ: : : : :.',         |
::::::::::}          了`>ァ-‐ ´  } : : : : : : : : ',         |
:::::::/           |  ∨/\  / : : : : : : : : : }           |
:::::/           レ'7 ̄{`ヽ. V/ : : : : : : : : : /          .|
::/          / /   V∧/: : : : : : : : : : /           /


何なんだろうな

 最  優  先  事  項  ポ  ッ  チ  ー
                       i i        //
               \      _,ゝー-‐'´` ̄`y‐r/'´```ヽ
                 \    >_r'´∧∧ ̄i- 、 `ヽ   ハ/
    ┌┐    ┌──┐      / r{ル/'"⌒}}从ii i i   ハ   |!       . ┌─┐
┌─┘└─┐│┌┐│       { i {'(__)   (__)リリリ i ii .i}  !          │  │
└─┐┌─┘│└┘│┌─┐ / ,'(  )━(  )  | |'⌒i   ! ┌───┐│  │
┌─┘└─┐│┌┐││  │ ,' i  |▽▽▽| ノ( | i |  .l  ! │     ││  │
└─┐┌─┘└┘││└─┘ |! .|  l     | ⌒ | ! |_ノ.  !  └───┘└─┘
    ││        ││       !| .|  |     l    |  |. //          ┌─┐
    └┘        └┘      | iト、 |     |   ,|  i!!!!!       .    └─┘
                     !ll `>t----j‐< リノ/
               \      ,く.y\/○ノ/  >,    /
                 \     | (  /λゝ )'´ |  /


48おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/06/06(金) 04:41:16ID:EV22fmNm

            __,. --- 、
          / ̄          >'´ ̄ヽ
         /   厂 ̄ ̄`        ヽ
       /    /       ,、, -─ 、  \
      ./     /    /   / ┴ヘ   ヽ.  ヽ
      /   /    /   |     |   |    !
      |   /    /   | | ||  l| | |⊥/| | | | l|
      |  | //  | |/ィ'ナノ「| | ||/lノ/l/jl// /川
      |  ||| | | | l/ィ=T リ!l/リT:::_!}1/|///′
      |  | ヽト!、l、| |〈 |::::'!     └ ' |
      |  l /`ートミ、!   ̄     i    ,′
      | /  l | | l       _   /!
      | /   | | | | ヽ、     ,.イ  |
      /   /  | | |   `T ''´| |   ト、
    /   / /j/  |    ハ `ヽ  | 〉
   |    /  {  |}─‐ 、'´ ̄ヽ/ ,ハ/
  〈/  / /   ヽ  \      ヽ ヽ|
   ヽ./  |     ヽ  )       } 〈 |
   〃  |    i /  |___,. -‐''´ヽ | |
   l   /|    レ‐ヘト!      {_}レl |
    ヽ. / |    |             l⌒!|
     ヽ  |    |       彡 __lノ !
      }. |    | ̄`ー‐ '´ ̄   |   |
      lハ|.   |          ,′ |
         |   |          |   |
         |   |          |   |
         |   |__      '  _,ハ  |
         |   | `''ー----─'´}  |  .!

49おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/06/06(金) 04:42:03ID:EV22fmNm
             ,-rヽ、         __,.- 、
           /  )ァヘ        /     }
           / ,ィ ,.ニィ         /´ヽo‐´
       /_〈 レ'´∠-‐‐- 、__ /   l
       ト<,__,>  _ ,,,,, _     </   |
     ( \_ 、__∠-、‐、‐ヽ   、 .l l   /
     〉/ _.ィ‐'´ヽト、Alヽト、ヽlヽl   |
      イァ ノ.イ'"_     ;==、 ヽ  l    L._
     ,イ |  l /lハ     }Viゝ } /|   l:.:.ヽ
   /.:L.ヽハ ド上!     ゙‐' ノ ト、    レ' {
   〈-‐'´.-'´ >ゝ" ` _ ....、´ ´7/、 `ー'´ .イ
   ヽ‐'´,-/ィヘ、 ヽ _ノ  ,彳 `ー-‐'´ /
    `´l   ノィヘィ>、__,.. ‐'´ {  l.     /
        l  ! /〈__.L..、ノ __.-‐'´|  !     〈
.        l ! >'´-、イ⌒'ー-‐'´  、  /
       | /_,ィ´i l. . : : : : . . ,'  `ー./
         〉、: : :.l _,イ: : : : : : : : !    /              _.-ぅ    _-ぅ
      /. :! :  ´    : : : : : :/   /              ,-' /   />´
       l: : :                /            /、_/-‐‐‐-、l /
      /. : _. -‐- ._   . : : : :.〈              l >i‐ ̄-lハノ j
    /_,.ィ´     ` ー-、;_: : : :|              >ヘ}´___` クーイ
      \::ノ   j __. -‐ ‐- エ>'             l  >、l_ノ<  /
      /‐ '' "__,... -‐‐rー、-、_|                l ⌒lノ⌒ /
    /-‐ァ' ´/  |  l  ヽ  ` 、             ノ  /   /
   ./ /   /  l   !  `、  ヽ、            /   !    {

 イーミョンバク!     .;'   
                  ,.';'           イーミョンバク!  
                   ';';,..     
                    '';;';';;,.,  イーミョンバク!
         イーミョンバク!     ''';;';';;'';;;,.,               
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,    イーミョンバク!
        イーミョンバク!        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy、
                       mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、
                    ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
                ∧阪∧ ∧阪∧ ∧阪∧ ∧阪∧ ∧阪∧_
             ∧阪∧∧阪∧∧阪∧∧阪∧∧阪∧∧阪∧∧阪∧    大統領なったで〜
  大阪出身者が  <`∀´><`∀´><`∀´><`∀´><`∀´><`∀´><`∀´>
           ∧阪∧ ∧阪∧ ..∧阪∧ .∧阪∧  ∧阪∧ ∧阪∧ ∧阪∧
          <`∀´∩.<`∀´ ∩.<`∀´ ∩.<`∀´ ∩<`∀´ ∩<`∀´ ∩<`∀´ ∩
           (つ  丿(つ  丿..(つ  丿.(つ  丿.(つ  丿(つ  丿(つ  丿
           ⊂_ ノ ⊂_ ノ .⊂_ ノ  ⊂_ ノ ⊂_ ノ .⊂_ ノ .⊂_ ノ
              し    し     し     し    し    し     し   



    韓        国            朝      鮮鮮鮮 鮮鮮鮮鮮   .人    人       呆
韓韓韓韓韓韓韓  .国            朝       鮮 鮮  鮮       人     .人      呆
    韓      国国国国     朝朝朝朝朝朝朝 朝 鮮.  .鮮鮮鮮鮮 人人人人人 人     呆
韓韓韓韓韓韓韓  .国            朝      .鮮 .鮮  鮮   鮮   人    人 人    呆
    韓       .国 国国国国     .朝朝     鮮 鮮 .鮮   鮮  .人    人 人   呆
    韓       国     国     朝 朝     鮮  鮮. 鮮鮮 .鮮   人     .人     呆
 韓韓韓韓     国           朝   朝    鮮 鮮 鮮 .鮮 鮮   人.     人
韓   韓  韓    国 国       朝     .朝  .鮮   .鮮  鮮   人     人    呆
 韓韓    韓  国  国国国国 朝       .朝 .鮮   鮮 鮮 鮮  人    人人    呆



   ∧阪∧       さて、今日も東京人を煽ったるでー
   < `∀´ >
__ (__つ/ ̄ ̄ ̄/_
    \/     /
       ̄ ̄ ̄
得意の絶頂らしい
    ↓
   ∧阪∧  カタ   東京は人が多いから皆に認められる店には並大抵ではなれない。
  < `∀´>   カタ  反面、人が多いから少々のマズい店でも短期間なら儲かる。
_ (__つ/ ̄ ̄ ̄/_  ↑
   \/     /     ここ重要。「小石隠すにゃ砂利の中」ってやつだ。
      ̄ ̄ ̄

   ∧阪∧ ムッ        
  <#`Д´>        小石隠すには砂利の中の検索結果 1 件中 1 - 1 件目 (0.18 秒)
_ (__つ/ ̄ ̄ ̄/_  木隠すには森の中 の検索結果 約 35,100 件中 1 - 10 件目 (0.06 秒)
   \/     /     これはかなり恥ずかしい間違いですね・・・・w
      ̄ ̄ ̄   

また大阪か♪   また大阪か♪  また大阪か♪ また大阪か♪  また大阪か♪
♪ \\ ♪                                      ♪//
     ♪    ∧ ∧     ∧ ∧   ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧∧  ♪
 ♪    ∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*) ♪
      (゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧
    ♪ ∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)♪
─♪──(゚0 ゚*)| U(゚0 ゚*)| U(゚0 ゚*)| U(゚0 ゚*)| U(゚0 ゚*)| U(゚0 ゚*)| U
        |  U.|  | |  U |  ||  U. |  ||  U. |  ||  U. |   || U. |   |〜♪
  ♪    |  | U U. |  | U U |   | U U |   | U U |  | U U |  | U U ♪
       U U      U U       U U      U U       U U     U U




54参加するカモさん2008/07/04(金) 07:41:14ID:+ExhkLwG

55参加するカモさん2008/07/04(金) 07:43:10ID:+ExhkLwG

56参加するカモさん2008/07/23(水) 08:02:35ID:Y9XvVnqs
/ ̄ ̄ ̄ ̄\  >>40
        l ∨∨∨∨∨ l  かにしのの通販さんと紛らわしいからその呼び方はやめろ
        |   \()/   |   
        (| ((・) (<) |) 
        |    ⊂⊃   |  
       | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |   
     / |. l + + + + ノ |\   
    /   \_____/  \ 
  /   _              \ 
 // ̄ ̄(_)               |
 |ししl_l  (            |    |
 |(_⊂、__)            |    |
 \____/              |    |

57参加するカモさん2008/07/23(水) 08:04:48ID:Y9XvVnqs
          , ─ 、      / ⌒ \
        /    \   /     ヽ
         /   , −´  ̄ ̄ ̄ ─  、l
        /   /     ,  ───── \     てめえの意見なんか聞いてねえんだよ!!
        l /     /              ヽ
/  /   |/     /    ⌒\       /ヽ  ヽ
  /   /    /    ヽ l /       ヽ l /  ヽ
/      l     /      / ⌒ヽ     /⌒ヽ   l
   / |    l      | (‘l |      |(‘l |   |
  /   |    |     l     l   _ l    l  l
/  / l     |      ` ー ´   (二) ー ´  |
  /    l   l         ____        !
/  /  ヽ  ヽ       /´       l      /
  //   lヽ   ヽ     /─ 、    /    /
//   / ヽ\ ヽ    ヽ__)_/   / /
/  ./    \` ー` ──────−イ / /
 / ⌒ヽ       ` −── / ⌒ヽ─− ´\ /  /
 l     |_     /     ヽ_T_ノ ヽ    ヽ /
  `ー ´/    /             l | /⌒ヽ /



58参加するカモさん2008/07/29(火) 07:36:26ID:L3OKzRE/

59参加するカモさん2008/08/08(金) 08:58:56ID:G2k/5MZE

60参加するカモさん2008/08/08(金) 18:33:02ID:G2k/5MZE

61参加するカモさん2008/08/08(金) 21:48:32ID:DYn+qMrJ
あああああああああああ

62参加するカモさん2008/08/09(土) 06:52:34ID:+zW6m1xB

63参加するカモさん2008/08/14(木) 04:04:13ID:bq4+1iUM
   \\ \  \ィー} レ ヽ| \
     \\rゝ  /  /      / \- 、
      \   /  l        /   ヽ \     ここは・・・何スレなんだ?
       /  /    l    /     ', 
       l\ |    l  / .イl     l
__∧,、 | ト、ヽ    }/ /{ l! |   _」_____ 
 ̄ ̄`'` .||{jハ    、 く _>'´  / /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       l、  /       ,.  ´ ̄  /\
       /\7      _/ _  /{__ \
       |  〈    /  ∠二ソ |   /_,  \
       |   ヽ..∠  --、  /\l/| /ー―
       |    |  レく l\/    /



64参加するカモさん2008/08/15(金) 03:56:02ID:SyVaySHN
規制解除されたんで、エロイのとか貼ってる。

おねツイ

http://download.minitokyo.net:8001/view/153517.jpg

65参加するカモさん2008/08/16(土) 23:11:31ID:cvVDzk5R
http://jbbs.livedoor.jp/anime/1261/
したらばプリキュア

66本当にあった怖い名無し 2008/09/19(金) 02:19:19ID:PO675pSi
         / ̄`ヽr┐ /^ヽ
                // //  ∨    \、
.               /, ' / ,小ハ `ーヘ   ヽ、
             _, -‐// /  / ,' , ∧  i i !  lハ
            〈::::::::// /  / ! i  l i ! l !   l ト、
          ∧::// / / ハl i l  l l li  i. i │ |:::〉、
          / V/ イ  !/| l| ! !  l l l|U!U ! |/  \
.         / ,/ l   |  l|│|l ! i  | ! llUi. l  l l\   \
        // l. | ,ハl {`Tトl、|人 l l_」Ll⊥l V │ \   ヽ
.       // ∧ !  |l从,ィテ示  ∨ヽィテ示厶ハ  |   }  /
.         // イ l l l l.lト、ノ,込ノ       込ノ  } l  !  / //
       l ′八, l ト、N小l〉 '''       ''' ./ ,'  l  / //  えっちぃのは嫌いです!!
       | /∨ V  /レヘlハ、   i⌒!     ,.イ l/  ハ/ , /
       | l      / ∧ | l >、 ` "  ,.<:/ /  /  ヽ//
.         l |    / 仏イ lノ-‐'´ ̄ ̄ ̄:::::/ /  /   l  \
.        l l.  / /´  l ト、 ト、:_:_:_:::::_::::/イ ト、ノ   |   \
.       l l/  /    | l ∨ }:::::::::::人  |. l/     l    ト、 \
.       ∨  ,∧   }ノ  ∨::< ̄  >:l. |Tヽ、  l    l \ \
       /   / ,∧   _,.-一ヘ::::::\ /::::::| l::|   ヽ    l   ヽ 〉
.      /   / / !∧ /::::[辷ラ:::V::::::::V:::::::::l |::l   l.    |    } /
     /   / / l  lV:::::::∠ ̄ ̄ ヽ::::::::::::::::::lノ:::l    |   l   //

金色の闇(To LOVEる)

67参加するカモさん2008/10/21(火) 19:49:14ID:eRD+DtNi
1ヶ月経ったけど落ちてないので上げ

68HG名無しさん 2008/11/12(水) 01:24:23ID:+P+2sqiY
           ヽ                          ヽ
     /    十つ   |      l  ヽ   /^「ヽ    '⌒}
     \    |       廴ノ   し      廴ノ _ノ    _ノ
                                   -- 、
                                  /´      \
                               厶---  、
                              ,ィ≦__ ´ ̄`ヽ\
                           tf´ /__, ≧t、   \>-
                            ____`¨{tテッ `ー,tテッv┬v
                      ,ィ==≦、 、   `}`¨f^ヽ `ー宀│
              ト((ィー'^</ /    \ヽ、  j;; ^__`_  ;;;u j Y
.       , --- 、  ,r'      ∨ __,tッー¬fっ=r-ヘ r'===ヘィ   '^'__
      .イ廴__   ー≦f(乂从儿 ヽ!てテ  てテYヽ ヽ` ̄ ̄´;;u , ' /
     〃__,{ ヽ、 、({ ≦   ≧zヽ, } こ'⌒ヽ ¨´u |Y^ヘヽ、___ _, イ/
   、」:ftッ,ヽ、 ハ ミニ! /⌒ヽ ;;ト┘{ ;ヽ弋iつ7´,'└〉_ノ^f^ヽ、´/
    ヾ_| 〈_、 |  |   〈';;r===-イ 气,ハ `¨こ´u;;; _/ヽノ| ,ァ=r- 、
     「! fニぇj  j   入`¨こ¨´ u  /f≧ー一 '´  ,/ 厶八_ノ   \__
.     ヽ、 `¨7 ,イ/>rr--r≦´  jf`=--    /   ,r-、



69参加するカモさん2008/11/12(水) 01:27:54ID:+P+2sqiY
  .. i───i    
 _培二二二|__         
   i´(((!´゙リ))  お祝いに来ましたよ 
  J リ.゚ ヮ゚ノリ  

  ノ\ /|
 ゝ#〃⌒⌒ヽ
 く#{ミ/ノヾ、_彡   私も呪いに…もとい祝いに来たわ
 //|ノ| ゚ ∀゚ノ|     

70ふたりは若野盆地竹村竹子0292008/12/03(水) 19:20:27ID:MU7sAzUe
何かエロいの各課。

71おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/03(水) 22:09:03ID:MU7sAzUe
『おねがい☆ティーチャー』13話後

 夏休み。
マンションの一室の森野苺の自宅にて、教師である風見みずほは「話がある」
と呼ばれて今のコタツ机(コタツ布団無し)で向かい合っていた。
「何?話って?森野さん?」
「先生草薙君とホテル行ってましたよね?」
「いっ、行ってないわよ森野さん」
「いいえ見ました。小石と楓も見ました」
「な、何が言いたいの?」
 やばいと思うみずほ。
「別に他の人に言うつもりはありません」
「そう・・・」
「ただ・・・」
「ただ・・・?」
「先生の裸見てみたいんで見せて下さい」
「えっ?」
 言うが早いか、みずほに前から抱きつく苺。
結構な力で圧倒されるみずほ。
身長差の為、みずほの両胸の谷間に苺の顔がくる。
「ちょっと。森野さん」
「いいじゃないですか、柔らかいおっぱい」
 そう言うと左右に振る。両手はみずほの背中に回してだ。
「やだ、森野さん」
「ふふふ」
 両腕ごと抱きつかれてるので、されるがまま森野の顔で胸を愛撫されるみずほ。
だんだん脚がふらついてきた。
「先生ベッドで休んだら?」
「えっ!?」
 

72おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/03(水) 22:11:48ID:MU7sAzUe
ベッドの方へと、そのまま連れて行き仰向けに寝かせる苺。
そして、みずほの足元近くに座る。
「脱がしてあげる先生。ふふふ」
 エメラルドグリーンのワンピースのボタンを下から順に外す苺。
「先生のパンティー白でシルクのレース入りなんだぁ。ふふふ」
「見っ、見ないで」
「いいじゃない先生。ふふふ」
 悪戯っぽく笑い、ワンピースを脱がせると両足を少し広げさせ、そこへ割って入り座り
パンティー近くのクレヴァス付近の肉を、ゆっくり右手で左右に広げる
「あっ」
 広げては閉じ、広げては閉じをゆっくりと何度も繰り返す苺。
「やっ、やだっ、やめて森野さん」
「でも、このまま止めたら先生のクリトリス可哀想ですよ。」
 みずほのクレヴァス部分は勃起し、パンティーもシミを作っていた。
「最後までしてあげますよ。先生。ふふふ」
 そう言い、広げては閉じ広げては閉じを、ゆっくりと右手で何度も繰り返す苺。
段々股間が気持ち良くなっていき、脱力していくのが自ずとみずほにも分かっていく。
いけないとは分かってても、このまま味わっていたい。
だが、女同士で教師と生徒なのだ。
「森野さん、やっぱり」
「もうチョットでイカセられるんだから待ってて先生。こんなにシミ作ってて。ふふふ」
 そう言うとピッチを上げる。

73おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/03(水) 22:13:58ID:MU7sAzUe
「あっあっあっあっ」
「イッテ。先生」
「ダメッ、あっあっ、教師で生徒っ・・・あっ、女同士なのに」
「いいじゃない、先生がイク所が見たい」
 出ようとする物を押し留める事は出来ず、パンティーを履いたまま愛液を放出するみずほ。
あの時、「最後までしてあげますよ。」と言う言葉に抗えなかった自分を恥じる。
拒もうとすれば出来ていたのに。こんな結果にならなかったのに。
「イッタようね先生」
「・・・」
「チョット味見させてね。ふふふ。」
 苺の舌が左脚側のパンティー横部分からめくらぬ様入って行く。
クレヴァス部分近くがレロレロと嘗め回されていくのが分かる。
「次は反対側。ふふふ。」
 そう言うと、舌を右脚側のパンティー横部分から今度もめくらぬ様入って行き、
クレヴァス部分近くをレロレロと嘗め回していく。
どうやらクレヴァス部分を弄る気は今の所無いらしい。
「美味しかった。じゃ、胸見せて先生。ふふふ」
 そう言うと、みずほの下腹部上に跨り、シルクの白ブラジャーのまま両手で愛撫する。
「あっあっあっあっあっ」
「気持ち良さそう。先生。うふふ。」
 今度は胸らしい。両手を塞がれた状態で自分の乳首がブラジャーの布地に擦れ、
硬くなっていくのがみずほにも解る。
「取ってあげる」
 そう言うと、フロントホックを右手で外し、左右の肩紐を下ろすと
右手でみずほの右手側から抜き取っていく。
90〜100近くはあるであろうみずほの豊満な美乳が露になった。

74おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/03(水) 22:31:27ID:MU7sAzUe
「おっきぃ先生。」
 下腹部上に跨ったまま、両手を伸ばし両胸を愛撫、左右交互に乳首を舐めていく苺。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「うふふふ」
 30分程経って。
「先生?」
「何?」
「アソコどうですか?」
「えっ?そのっ」
「まだいいんですね、じゃあ」
 そう言い後ろを振り向き、パンティー越しのみずほのピクピクしてるクレヴァス部分を
暫し見つめた後、同じく両胸愛撫を続ける苺。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「うふふふ」
 また30分程経って。
「先生?」
「何?」
「アソコどうですか?」
「えっ?そのっ」
「まだいいんですね、じゃあ」
 そう言い、苺が後ろを振り向き例のピクピクしてるクレヴァス部分を
暫し見つめた後、振り返った時。
「あっ、あのっ」
「なに先生??」
「ア・・・アソコを・・・」
「ハッキリ言って先生」
「その・・・」
「分かってるわよ先生」
 

75おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/03(水) 23:16:32ID:MU7sAzUe
 跨った下腹部上から降り(最も圧力は加えていない)、みずほの左腕側へと移動し、
口づけををすると同時に、伸ばした左手でみずほのパンティー近くのクレヴァス付近の肉を、
ゆっくり左右に『広げては閉じ、広げては閉じ』をゆっくりと何度も繰り返していく。
今度は両腕が自由で、脚も閉じたままだが、何故か抵抗する気がみずほには無かった。
「先生の上と下の唇私の物。うふふ。」
「森野さんったら」
 大分して2度目の放出後、また同じ様に舐められるみずほ。
「さてと、次は・・・」
 降りた下腹部上へ跨る。今度はみずほの下半身の方を向いてだ。
みずほのパンティーを、後ろをずり下げ前も半分共に両手で下ろす。
その際、クリトリスがパンティー布地に擦れ、小さな喘ぎ声を出すみずほ。
「きれいなクリちゃん。うふふ。」
「嫌っ、見ないでっ」
「うふふ。いい事思いついた」
 みずほのパンティーを、今度は両手で上げる。
その際、またクリトリスがパンティー布地に擦れ、小さな喘ぎ声を出すみずほ。
「うふふ」
 『下げ上げ』を何度も繰り返す苺。
「やっ、止めてぇ。恥ずかしい」
「私が下ろした時先生がイッたら止めてあげる。」
 上げ下げをゆっくりと何度もされ、其の都度擦られるクリトリス。
そして・・・。
「あっ、あああああっ、んっ、はぁはぁ」
「残念。上げた時よ先生。うふふ」
 パンティーを下ろしてクレヴァス付近を嘗め回し、愛液を舐め取り後また再開する苺。
 そして・・・。
「あっ、あああああっ、んっ、はぁはぁ」
「残念。また上げた時よ先生。うふふ」
 パンティーを下ろしてクレヴァス付近を嘗め回し、愛液を舐め取る苺。

76おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/03(水) 23:41:24ID:MU7sAzUe
「さてと・・・。充分愉しんだし・・・。うふふ。」
 今度こそ本当に、みずほのパンティーは下ろされ、両足元から脱がされた。
「出なくなるまで嘗め回して上げる。」
 みずほの両足を少し広げさせ、そこへ割って入り、正座して上半身を伏せた状態で、
顔をみずほのクレヴァスへと近づけ、今度は直に嘗め回す。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「うふふふ。美味しいわ。先生」
 こうして、みずほは苺の部屋で禁断の同性同士の性行為をする事になった。
自分が何回イッタのか解らぬまま、愛撫を受け続けいつの間にかグッタリ苺のベッドで
イッテそのまま深い眠りについた。
 翌朝。モソモソと何かが這い回ってる感じに目を覚ますみずほ。
苺は自分の頭を膝枕にして甲斐甲斐しく看病・・・してるのかと思いきや、
仰向けに全裸になったみずほの両乳首を絵筆で撫で回してた。
「あっ、目覚ましたのね。それまで愉しませて貰ったわよ。うふふ」
「きゃっ」
「昨日した事なんかこんなもんじゃ無かったでしょ?先生?」
 思い出し赤面するみずほ。
「じゃ」
 また苺は、みずほのクレヴァスへと向かい、同じ様に舐めていく。
そして、みずほもされるがまま舐められていく。
「先生、昨日合計で10回イッタのよ。うふふ。」
「あっあっあっ、そっ、そう、んっ、ああああああっ、はぁはぁ」
「うふふ、今日は今ので5回目よ。じゃあ」
 みずほのクレヴァス部分の愛液を舐め取り後、下腹部上に跨り両胸を揉みしだき
左右の乳首を嘗め回し&吸う。

77おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/03(水) 23:42:36ID:MU7sAzUe
「右の膝小僧使うわね。」
「えっ?」
 苺の右膝小僧がグリグリとみずほのクレヴァスを愛撫する。
「あっあっあっあっ」
「これでイッタら止めてあげる。うふふ。」
 20分程して小さい放出をして6回目を終え、昨日からの性行為は終わりを告げた。
「はぁはぁはぁはぁ」
「先生?」
「何?」
「溜まってるなら、これからも相手してあげる?」
「・・・ええ」
「じゃあ、小石と楓にも伝えとくわ。うふふ」
「えっ」
「大丈夫よ、口は堅いから。先生のとは違って。うふふ」
「何で私が・・・」
「ここ」
 ピンッと右人差し指で、みずほの包皮の向けたクリトリスをデコピンする。
「あっ」
「じゃあ、またね。うふふ」
「えっ、ええ。」
こうして、みずほは家へと帰っていった。
草薙圭はその事を知らない。

終わりっと。
「改行が多すぎます」うざい。

78HG名無しさん 2008/12/09(火) 05:21:56ID:0pOi2nfY
じゃあ、次は小石ちゃんで。
どっちもプロポーションいいから、小石ちゃんを苺ちゃんみたいに、攻め伽羅だけに徹しさせるのは
もったいないかな?

79HG名無しさん 2008/12/10(水) 05:13:46ID:raJX25E3
http://zip.2chan.net/7/src/1228578670097.jpg
らきすた判糞味噌テクニック

80HG名無しさん 2008/12/11(木) 03:42:55ID:p9Bz2vDH

81HG名無しさん 2008/12/12(金) 02:36:21ID:UYDoUO++
                    /ヘヘヘへ、
 / \¨       [ ̄VバV ̄]/:{
 / \¨      _」{__{ラソ__}[: :ヘ:\
  ア      ≦ノ: : :_:_: : : :\≧: ヽ:\
  じ      /: Vへ:|: :\: : : ;リh : : \\
  ゃ     レ'´:/`1ト、: : :y彡': |: : : : :l: : l
  な   /: :/{_   l|_ノ\ハ: : ノ!: : : :|:|
  い  く/: :/il ● _  ●|: :Vノへへ l: : |
  も   \k人'' { \ ''|_人     /: :|
   l      し' (>ゝ. _ノ< /\_)   ⌒V
  ん       ( \/ \/ )
           `し冖-冖J´

82参加するカモさん2008/12/12(金) 02:50:57ID:UYDoUO++

83おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/16(火) 06:14:26ID:L/0wRlcG
じゃあ、小石・みずほで。

 苺との性体験から数日経った夏休み。また苺に呼ばれ、彼女の自宅へとみずほは向かった。
玄関でノックし、苺に開けられ中に入ると後ろに縁川小石もいた。

「先生今日は」
「縁川さん今日は」
「じゃあ、私楓の所明日の朝まで行ってるから」
「えっ、用があるんじゃないの?」
「用は小石、じゃあ。うふふ」
「あんっ」

 そう言うと、みずほの両胸を前から両手で揉んで苺は出て行った。
「先生やらしい声出すんですね」
「えっ」

 小石は近づき、みずほの両肩を前から抱き口付けをする。
「ち、ちょっと縁川さんっ」
「先生私も」
「あんっ」

 そう言い、みずほの両胸を両手で揉む小石。
「ちょっと縁川さんっ、駄目っ、あっあっ」
「いいじゃない先生、苺とはしたんでしょ?」
「それは」
「じゃ、私ともしよっ」
「えっ」

  

84おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/16(火) 06:15:46ID:L/0wRlcG
みずほの黒のセミロングスカートをファスナー、ボタンと外す小石。
今の椅子背もたれにかける。
「先生のパンティーセクシー」
「やだっ、あんっ」
「ふふっ」
 
 そう言うや、伸ばした右手でパンティー越しに、クレヴァス部分を下から上へ軽く撫ぜる。
みずほの、前の両腰部分が花柄レースのシルクパンティーは、その時ピクピクとなった。
「ふふっ」
「へ、縁川さん」
「いいじゃない、先生」
 
 今度は伸ばした右手でパンティー越しに、クレヴァス部分をつつき始めた。
つつかれたクレヴァス部分からクリトリスが勃起し顔を出す。
「ふふっ」
「えっ」
 
 みずほのパンティーを、右手で前の上を広げ覗き込む小石。
「すごーい。先生のアソコ大きい、綺麗」
「やだっ」

 また伸ばした右手でパンティー越しに、クレヴァス部分をつつき始める小石。
「やめて縁川さんっ、あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「うふっ」
「あっあっあっあっあっあっあっあっ。ああああっ。あっんっ。はぁはぁ」

85おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/16(火) 06:16:40ID:L/0wRlcG
「先生イッタんだ」

 またもパンティーを、右手で前の上を広げ覗き込む小石。
「すごーい、ビショビショ」
「見ないで」

 苺のベッドへと、みずほを抱き上げ連れて行く小石。
と言っても、両手で後ろから脇の下を抱えて下半身は引きずられた状態だ。
仰向けに、右手側が手前になるよう寝せられる。
「ふふ」
「あんっ」

 みずほの股間をベッド横の床から膝下座りでパンティー越しに嘗め回す小石。
少しして2回目の放出後も、続けて嘗め回す。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「ふふっ」
「あっあっあっあっ。んんんっ。ああっ。はぁはぁ」
「イッタたのね。先生」

 3回目の放出後、みずほのYシャツを下から上へボタンを外し前をはだける。
そして、シルクの花柄レース入り白ブラジャーを、そのまま両手で両胸を揉む。
「おっきぃ」
「いっ、いやっ」

86おねがい☆若野盆地竹村竹子0292008/12/16(火) 06:17:21ID:L/0wRlcG
大分して、ブラジャーを右手で外し前をはだける。
そして、みずほの上に向かい合って覆い被さり、両手で両胸を揉みしだき、左右の勃起した乳首を舐める。
「先生」
「えっ」
「アソコ・・・あのままでいいの?」
「あっ」
「また弄ってあげる」

 そう言うと、みずほに尻を向けた形で、胸の下に重みを置かず座り、股間部をパンティー越しに嘗め回す。
自分からは見えないが、舌によって自分の陰部が弄ばれてるのを、上に座られた為動くことも出来ず成すがままのみずほ。
両手も使えない状態だ。
「取るね」

 パンティーを両手で膝少し上まで下げられ、クレヴァス部分を直に舐められる。
ピチャピチャと言う音が幾度と無く続き、次いで指も加わってきた。

87HG名無しさん 2009/01/08(木) 03:19:56ID:W0To+FZz
チョット間を置かないと駄目みたいなので書き置き

おねがい☆ツインズ検索してたらあったのでスレ。
確かに、仰るとおり13話はみずほ先生受難の話ですね。
魔の13話とは良く言った物で、可哀想に一人汚れ役させられちゃうんですね。
まぁ、可愛い受け持ちの女生徒の誰かがさせられる事を思えば、教師としては
替わってでもやるべき役目なのかも知れませんが。
初め登場して来た時から、男子生徒もですが寧ろ女生徒の、みずほ先生の
ビキニスタイルのカラダを、上から下まで舐めるかのごとく見つめる視線が
エロっぽかったのと。
木崎湖畔でのビーチバレー中、ビキニの肩紐が案の定少しずつ解け、露わになった
みずほ先生の豊乳を、男女共に同伴生徒は拝むわけですが(この時のみずほ先生の顔が、
引きつったギャグ顔なのでエロっぽくないが実際はエロイ)、男子達が「わぁ」で
跨は鼻血出して後ろに倒れるドライなのに対し、女子達は深衣奈ちゃんに至っては、
麻郁の顔を隠して見せない様にしながらも、自分はシッカリと「わぁ、きゃあ」と
凝視している訳で。
そんな「エロイ」と思えるエッチっ娘何人かいました。
やっぱ、この頃の女子ってエロに興味アリアリなのね。
『種死』が後半途中主人公が前作のに交代しますが、『おねツイ』は前作ヒロインが、
発展途中な体型の双子ヒロインに替わって汚れ役した訳で、有る意味立派ですね。みずほ先生。

88参加するカモさん2009/01/08(木) 03:25:34ID:W0To+FZz
因みに後日この時の水着姿で、みずほ先生と双子キャラは『電撃アニマガvol・10』表紙と、
フィギュアボックス表イラストを飾る訳ですが、深衣奈ちゃんはあの時のエロっぽさを買われてか、
イラスト真ん中のみずほ先生にイラスト右側の樺恋ちゃんは首にしがみついて
共に左胸の先っちょが触れてるちょっとほのぼのエッチ系に対し、深衣奈ちゃんは
イラスト左側でみずほ先生の右腕を自分の両腕に絡ませ、みずほ先生の右胸を
グリグリと左肩の背中側でやってる訳なんですね。
みずほ先生の右胸ビキニブラカップですが。少しづつ内側から外側へと寄っており、
上部分は少し露わになってて、もうチョットグリグリすればポロリする訳で、
明らかに確信犯的な百合百合タチっ娘深衣奈ちゃんです。
意地悪っぽい小悪魔的な笑みを浮かべながら、顔を赤らめハァハァなみずほ先生に
尚も容赦無い深衣奈ちゃんGj。
深衣奈ちゃん、もう普通の女の子に戻れないのかな?樺恋ちゃんにも寝惚けて?
エロイ事してたし。
苺ちゃんも、みずほ先生のポロリ盗撮写真撮って持ってても何するの?
みずほ先生が、性に好奇心旺盛の女生徒にカラダをイタヅラされる話今度やって欲しいな。

89参加するカモさん2009/01/09(金) 02:46:32ID:pfF4wkRU
(ツインズ13話後、縁川商店に買い物にやってきたみずほを部屋へ上げる小石)

小石「ねぇねぇ、先生って何カップなの?」
みずほ「えっ?」
言うが早いか、みずほのワンピースのボタンを上から外していく。
小石「わぁ、大きい。え〜と○カップなんだ。私Hカップだからまだまだだね。」
みずほ「ちょ、ちょっと、縁川さんっ」
小石「いいなぁ」
みずほの両胸の乳首辺りを、ブラの上から人差し指でツンツンする小石。
みずほ「ちょ、ちょっと、縁川さんっ。あっあっんっ」
小石「やだ、エロい声出して先生ったらっ」
みずほ「あんっ」
小石「えっ?もしかして?先生感じちゃってるの?やっ、やだっ、硬くなってるっ」
みずほ「当たり前でしょ、こんな事して。」
小石「桂君と毎晩やってるんじゃ無いの?」
みずほ「そんなにやってないわよ。縁川さんこそ山田先生と・・・」
小石「そんなにしてません」
みずほ「そうなんだ・・・」
小石「・・・私達一緒だね」
みずほ「・・・そうね・・・って?」
みずほのワンピースの残り下半分のボタンを、上から外していく小石。
小石「先生エッチな事しよっ」
みずほ「ええっ?そんなっ、女同士で教師と教え子」
小石「いいじゃない。お互い溜まってるんでしょ?突かれててもされるがままだったし」
みずほ「えっ・・・それは」
みずほのワンピースを脱がせ、自分もスカート・Tシャツを脱いで共に下着姿になる。

90参加するカモさん2009/01/09(金) 02:54:59ID:pfF4wkRU
小石「まぁまぁ、亭主にはお互い内緒で・・・。」
みずほ「えっ?・・・ええ、って」
小石の姿がいきなり消え、下を見ると自分の股間部分前に膝立ちで座ってた。
目と目が合う。意地悪っぽい小悪魔的な笑みだ。笑いかけられ思わず右に目を逸らすみずほ。
小石「どれだけ桂君に相手されてないのかなぁ?」
みずほ「駄目よ。そんな事言っちゃぁ」
小石「ぷくっとしてて可愛い。先生のア・ソ・コ」
みずほ「なっ、何を馬鹿な事・・・あんっ、あっあっあっあっ、ああああああああああんっ。・・・はぁはぁ」
舌なめずりするや、みずほの包皮から露出したクリトリスを、パンティー越しに舌先で激しくクンニする小石。
10秒も経つか経たない内に、パンティー内に多量の愛液を放出するみずほ。
小石「秒殺。ふふっ、先生溜まってるぅ。一週間は軽く相手にされてないみたい。良かったでしょ?すっきりして」
今度は、パンティー越しにクリトリスをツンツンする小石。
みずほ「やっ、あっ、やだっ、んっ、駄っ、あっ、駄目っ、あんっ」
小石「嘘っ、気持ちいいくせに。先生ったら、可愛い」
今度は、パンティー越しに右手で上下に撫で回す。
みずほ「あっ、あああああああああああっ、んっ、はぁはぁ」
小石「またイッちゃったの?先生?」
みずほ「もう縁川さんっ、先生の性器を玩具にしてっ」
小石「先生もしよっ」
みずほ「えっ?」
小石「先生にして欲しいな」
みずほ「縁川さんっ?」
小石「先生・・・」
みずほ「縁川さん、・・・言っちゃ駄目だからね」

91参加するカモさん2009/01/09(金) 04:20:41ID:pfF4wkRU
うざいのに気づいたので名前表示やめます。大方解るだろうし。

「分かってるって。うちは商いやってるんだから信用してよ」
「そうね。お店だったわね」
「じゃ、先生も欲情して来たことだし本格的にやるね」
「欲情してませんっ」
「嘘は駄目っ」
言うが早いか、みずほのクレヴァスをパンティー越しに、右手で下から上に撫で上げる。
一瞬の早業に、避ける暇はみずほには無かった。
「あんっ」
「こんな声出してて、欲情してない訳無いじゃない」
「うっ」
「まぁまぁ、同じ性的欲求不満の女同士だし、決して桂君盗られたからって私怨はないからねっ。」
「あるじゃ・・・あんっ」
「何か言った?先生?」
「言ってません」
また同じく撫でられるみずほ。
「口は災いの元よ。まぁ、この下着姿で外に出られる訳ないし。私の欲求解消にちょっと付き合ってね」
「はぁい」
流石に“本当にちょっとだけなの?”と聞こうと思ったが、二度の学習に懲りたみずほだった。
掛け布団を奥の端に畳んで寄せ、自分のベッドに仰向けに寝かせる小石。
「じゃあ。・・・それにしても先生って、薄地のワンピース(ティーチャー13話のエメラルドグリーンの服)
の下は白のシルクの下着だけって、どれだけ欲求不満なのよ」
「そう?」
「やらしいわよ。ブラもパンティーも紐だし」
「うっ」
「こんな格好でウチに来て。レイプ願望ね」
「同性の教え子にレイプされてます」
「・・・そうね。先生が余りにも無防備だから教えてあげてるのよ」
みずほの両肩を抱き、キスをする小石。いつしか小石の両手は、自分よりも豊満なみずほの豊乳を
ブラジャー越しに、激しく荒々しく両胸を揉みしだいていた。

92参加するカモさん2009/01/09(金) 04:56:06ID:pfF4wkRU
「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」
「すごい。先生の乳首尖って勃ってるのが、ブラの上からでも分かる」
右耳の傍で囁く様に言う小石。畳上で膝立ちの小石にとって仰向けのみずほは“左が頭右が足”なのだ。
「やっ、やだぁ」
「いいじゃない、先生」
「ねっ。先生?私にだけ乳首舐めさせてよ」
「“私にだけ”って・・・」
「(ツインズ13話の木崎湖畔において)皆の前でオッパイ披露したじゃない」
「うっ」
「舐めたいなぁ、先生の硬く尖って勃起した薄桃色の乳首」
舐めるまで止めそうも無い。
「色まで言わないで」
「そうよねぇ。毎晩構って貰えてたら、あんな綺麗な色してないわよねぇ。さっきのクリちゃんみたいに
私の舌技見せてあげる。」
「えっ、そんなっ」
「いいじゃないの気持ちいい事なんだし。ところで・・・」
「えっ?」
「皆にオッパイ見られた後だけど、あの事思い出してオナニーとか・・・」
「!!!!!!!!!!」
「してる?」
「しっ、ししししてませんっ。きょきょきょ教師が生徒に、ははは裸見られたの思い出して、おおおオナニーなどっ」
「してるんだぁ。嘘バレバレ」
「!!!!!!!!!!」
「男子と女子どっちが見られて恥ずかしかった?」
「・・・女子」
「何で?」
「やたら覗き込む様に見てたから」
「そうね。年上の大人の女性の裸ってすごいものねぇ。ふふふ。オナニーする位なら私の舌技経験させてあげる」
「・・・」
「女同士怖くないから・・・年下の方が優しいのよ」
「縁川さん」

93参加するカモさん2009/01/09(金) 06:10:47ID:pfF4wkRU
みずほの、背中側の首に結ばれてあるブラジャーの肩紐を、ゆっくり左手親・人差し指が解いていく。
「ここが外れて丸見えになったのよね。あの時は立派なものを御馳走様」
「やっ、やだっ」
「次はっと」
背中側のブラジャーカップ左右横の紐を、今度もゆっくり左手親・人差し指が解いていく。
「後は取れば丸見え」
「・・・」
「でも」
「・・・でも?」
「先生が可愛いから、もうチョット遊ぶ」
キスをし、紐を上下共外したブラジャー越しに、今度は優しく両胸を揉みしだく小石。
舌なめずりするや、自分のクリトリスをパンティー越しに舌先で激しくクンニして、あっと言う間にいかせた小石。
自分の乳首にどんな舌技で攻めてくるのか不安もあったが、女生徒に裸を見られ幾ら自慰しても治まらぬ性的欲求を、
あの時の女生徒である小石なら収めてくれるかもと言う期待も有った。
「先生・・・私怖くないから・・・乳首舐めるね」
「・・・縁川さん」
「取るよ・・・先生」
「・・・うん」
キスの後、ゆっくりと共に親・人差し指で背中側の肩紐を“左側右手右側左手”で持ち、ブラカップ上へ
“左側の紐は左胸上、右側の紐は右胸上”と置く。そして、背中側のブラジャーカップ左右横の紐も同じく持ち&置く。
「じゃあ。ふふっ」
「!!!!!!!!!!」
観念し目を閉じるみずほ。小石の左手親・人差し指が両胸の谷間のブラ紐を摘んで、ゆっくり下腹部側へと下げると
今まで硬く尖ってるのが視認出来たみずほの両乳首が顔を現わした。
「あんっ」
滑らかなシルクと言え、下腹部側へと下げる際ビンビンに勃起した乳首には刺激が強過ぎた様だ。
「あらあら、擦れたの。ゴメンなさい先生。」
「もう・・・。うふっ、分かっててやったくせに。縁川さんのエッチ」
「わぁ、立派な乳首ぃ。こんなに勃てて仕方が無いわね。舐めてあげる」
「舐めて、縁川さん」
「じゃあ、先生」

94参加するカモさん2009/01/09(金) 06:36:54ID:pfF4wkRU
仰向けのみずほの上へ、小石はまず“みずほの両膝外側横のベッド上”へ膝立ちになる。
次いで上半身が、みずほの鳩尾辺りに自分の顔が来る様、互いのカラダが密着する様にし、
その時“みずほの両胸より下の外側横のベッド上”へ肘を立て、腹上にて向かい合った形になる。
「始めるよ。先生」
「うん」
肘を立てたままの小石の両手が、向かい合ったみずほの両胸を優しく揉み、暫し揺れる両胸を眺めた後
左胸へと狙いを定め、顔を近付けていく。視線を感じ小石が顔を上げると、みずほが自分の左胸を見ており目が合ったが、
今度のみずほは顔をそらさなかった。小石は改めて狙いの左胸へと顔を近づける。
みずほの左乳首はビンビンに勃っていた。鼻息がかかる位まで口を近づけると、口を開き舌を出す。
「!!!!!!!!!!」
一瞬みずほは目を閉じたが、小石は何もして来ない。ゆっくり恐る恐る目を開け左乳首を見る。
「始めるね」
目を開けるのを待ってたらしい。目が合う。自分の左乳首の1p程すぐ上で、自分のクリトリスをクンニリングス
した時の様に舌なめづりして“レロレロ”させていた。その自分の左乳首に目を向け
「えっ・・・ええ」
と言うが早いか、小石の舌はみずほの左乳首の乳頭部分を、クンニの要領で舐めまくり始めた。
「!!!!!!!!!!」
舐められている部分から脳内へ、形容出来ない快感が一気に押し寄せてきた。
自分の左乳首が、小石にいい様に舌で嬲(“女女女”か)りまわされているが、ジッとみずほは見つめていた。
一分程して小石が止めた時、みずほのカラダから汗が出、目は少し空ろになっていた。
「じゃあ、右胸ね」
「・・・ええ」
そう言い、自分の右乳首を見つめると、小石の舌はみずほの右乳首の乳頭部分を、クンニの要領で舐めまくり始めた。
ジッと成すがまま、見つめるみずほ。

95HG名無しさん 2009/01/10(土) 06:45:37ID:hjvWFdJR
続き。
互いにあの体勢のままで、みずほに対して小石は両手で両胸を揉みしだき、口と舌先で乳首を愛撫していた。
初めは怖かった同性からの性感帯である乳首への愛撫も左右乳首へのクンニ以降激しくなく恥じらいながらも見る様になった。
枕が、ちょうど頭を置くと45度位の角度になり、自身の乳房の先である乳首が愛撫される様が見えるのも小石の計らいだろう。
すると計画的と言う事になる。だが、みずほにとって“粋な計らい”であった。
舐められてない方の乳首は、その間“左胸は右手・右胸は左手”の共に親・人差し指で摘ままれまくりだ。
実はクンニの時も、みずほはクンニされてた乳首に気を取られてたが、決して片方をその間休める訳でも無く、指の玩具にされていたのだ。
今休んでいるのはアソコ位だろう。それもピクピクし、自分からパンティーに擦れて“小石に気取られねば”と心配なみずほだった。
「先生気持ちいい?」
「ええ」
「どこが?」
「左のオッパイ」
「舐められてる方が感じるんだ」
「えっ、ええ、ああんっ」
急に、みずほの左右乳首の乳頭部分を、手のひらで瞬時に、激しく撫で回す小石。
「またやって欲しくない?」
「えっ、激しくやると長く続かないから・・・」
「そうね。先生、私とのセックス慣れたみたいね」
「えっ?」
「されるがままだし」
「そ・・・それは」
「いいのよ。私もオナニーするより同性でも連れとする方がいいもん」
「縁川さん・・・」
「ねえねえ?」
「何?」
「こうすると両方気持ち良くならない?」
そう言うや、みずほの両胸を内側へ寄せ、左右の乳首同士を互いに突かせ合う。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「うふふ」
「あっあっ、縁川さんっ、あっあっあっ、チョット、あっあっあっ、やめてっ。あっあっ」

96参加するカモさん2009/01/10(土) 06:48:05ID:hjvWFdJR
「気持ちいいんだ先生?」
「良過ぎるから」
「じゃあ、コレは?」
みずほの両胸を内側へ寄せたまま、左右の乳首同士を近づけ・くっつけ合わせる。
そして・・・。
「見ててね」
言われた通り、“ジッ”と胸の谷間側へ寄せられた、両胸の先の両乳首を見つめるみずほ。
「ふふふ」
口が開いて舌が出て来る。そして、両乳首の直ぐ上でレロレロし始めた。
「じゃ、行くね」
言うや、むしゃぶりつき左右乳頭部分を激しい勢いでクンニする。
「あっあっ、駄っ駄目ぇ。あっあっ、そんなにっ舐めちゃあっ、あっあっあっ」
一分程経過したが、まだ止めそうもない。
「縁川さんっ、あんっ、お願いっ、優しくなら、あっ、幾らでも、あんっ、いいからっ」
止める素振りは無い
「縁川さんっ、あんっ、お願いっ」
意識が薄れゆく。その時。
「先生」
「先生しっかりして」
「あっ」
みずほが目を覚ますと、目の前(自分の両胸少し上)に小石の顔があった。
「先生生き返ったっ」
「死んでないわよ。一体何分舐められてたのよ?」
「5分程」
「そんなに・・・。えっと・・・そのぅ・・・片方ずつにして」
「うんっ」
みずほの顔へ自分の顔を近づけお詫び代わりにキスする小石。
と言っても、両手は相変わらずみずほの両胸愛撫だが、流石にさっきのさっきまでの事もあり乳首は自重してるらしい。
自分のクリトリスと両乳首をクンニした舌に、自分の舌を舐められるみずほ。
「・・・縁川さん?あの?」
「・・・何?先生?」

97参加するカモさん2009/01/10(土) 07:06:46ID:hjvWFdJR
「・・・何で私の左胸弄ってる縁川さんの右手・・・ヌルヌルしてるの?」
聞かずとも解りそうなものだが念の為聞くみずほ。
「ああこれ、私もあの時パニクッちゃっててねぇ・・・その・・・」
「・・・その?」
「ショック与えたら意識取り戻すかもって思って・・・その・・・」
「・・・その?」
「アソコが少しピクピクしてたので、パンティーの中に手突っ込んで、先生のアソコを思いっきり上下運動しちゃいましたぁ」
「!!!!!!!!!!!」
「ゴメンネ先生」
「ゴメンネで・・・」
「生きてて欲しくて・・・」
「縁川さん・・・分かったわよ」
道理でアソコがもうピクピクしない訳だ。
「その間、エッチな顔して撫で回してたんでしょ?」
「流石にそんな考えは・・・」
「そう。意識失ってる間もピクピクしてたなんて・・・」
「お詫びと言っちゃ何だけど」
「何?縁川さん?」
「先生のアソコ舐めて綺麗にしてあげようか?」
「悪いと思ってないじゃない!!」
「あの後そのままだから、2回イッテるでしょ?先生?」
「ええ、いきなりクンニリングスと撫で回しで一回ずつ2回、後2回撫で回されてビチョビチョよ」
「だからぁ先生」
「駄目っ、これ以上教師として出来ない」
「もう・・・ケチ」
“つつつ”と右手人差し指で、みずほのクレヴァス部分傍の左足側を“下から上へ”パンティー越しに撫でる小石。

98参加するカモさん2009/01/11(日) 03:31:20ID:drhpLwjA
89からの、やり直して診るか。

99参加するカモさん2009/01/11(日) 04:14:06ID:drhpLwjA
風見みずほ(教師・受)縁川小石(生徒高3・攻)で、宮藤深衣奈&小野寺樺恋今の所レジバイト。

 (ツインズ13話後の夏休み、高校からの帰り道縁川商店へ買い物にやってきたみずほ)

「今日はぁ」
「あっ先生。いらっしゃいませぇ」
「先生ですぅ。いらっしゃいませぇ」
「宮藤さん、小野寺さん、頑張ってるわね」
「いえいえぇ、何をお買い求めですか?」
「お買い求めですかぁ」
「仲がいいわね二人共。う〜ん」
「あら、先生」
「縁川さん」
 店へと降りてきた小石。
「お買い物有難う御座います」
「まだ決まらないのよ」
「・・・じゃ、話があるので部屋に来てくれませんか。」
「えっ?・・・いいけど」
「わぁ。じゃあ店番宜しくね二人共」
「はぁい」
 みずほをレジカウンター内へ入れ、“先生こっちこっち”と後ろ肩を押す様にしながら
共に階段を上がって行く。
「どう思う樺恋?」
「そうですねぇ、女子高通ってた私の勘では百合の匂いがプンプンしますねぇ。深衣奈さん」
「やっぱ樺恋もなんだ?」
「深衣奈さんもですか?」
「二人がそんな関係だなんて・・・きゃぁ」
「喜んでますよ深衣奈さん」
「後で見に行かない?」
「そうですね」
「行こう」
「はい」

100参加するカモさん2009/01/11(日) 04:42:53ID:drhpLwjA
“二人共”なので「はぁい」が二つだった。迂闊。
続き。

 店でのレジバイト二人の会話を知ってか知らずか、小石の部屋の前に着く二人。
「じゃあ、先生お先にどうぞ」
 ドアノブを回しドアを手前に開ける小石。
「あら、有難う縁川さん」
 中に入るみずほ、続いて小石も入りドアを閉める。
部屋のコタツ(布団は無し)にみずほを座らせ、自分も向かい合って座る。
「ねぇ、話って何?縁川さん?」
「先生って・・・桂君と毎晩エッチな事してる?」
「毎晩は・・・って、そんなにしてないし」
「そうなんだ」
「変な事聞いて・・・山田先生と上手くいってないの?」
「仲が悪い訳じゃないけど、先生毎晩は・・・ね」
「そう、何だか悪い事聞いたわね」
「いえ、こちらが話を振った元ですから」
 気まずい雰囲気になる。
「しっかし。桂君も、こんな美人教師を放っとくなんてね」
「教師と生徒の関係だし、自重してるのも有るけど。宿直とか色々ね。」
「うちの山田先生も同じ事言ってる」
「そうなの?」
「何だか先生満たされてなさそう」
「そんな事言う縁川さんだって」
「週一も無いのよね」
「先生もそんなものよ」
「つまんなぁい」
「そうね・・・て、あわわ」
「先生ったら生徒の前で大胆発言」
「わっ、忘れてっ、縁川さんっ」
 

101参加するカモさん2009/01/11(日) 05:18:49ID:drhpLwjA
「ふっふっふ〜」
「わぁ〜」
「そっち行っていい?先生?」
「・・・いいけど」
 みずほから見て左側から小石は“ススス”と立たずにやって来、みずほが左側へと
カラダの正面を向けると、小石もその前に向かい合う。
小石にとっては思っても無いチャンス到来だ。
「ねぇねぇ、先生って何カップなの?」
「えっ?」
 言うが早いか手を伸ばし、みずほの豊満な両胸をワンピースの上から両手で揉んでいく。
「ちょ、ちょっと、縁川さんっ」
「いいなぁ、私より大きくて・・・」
 ある程度揉み、みずほの両胸の乳首辺りをワンピースの上から、左右人差し指でツンツンする小石。
「ちょ、ちょっと、縁川さんっ。あっあっんっ」
「やだ、エロい声出して先生ったらっ」
「あんっ、やだっ」
「えっ?もしかして?先生感じちゃってる?」
「当たり前でしょ、こんな事して。」
「先生ったら、同性の女生徒にオッパイ揉み揉みされて、あんっ」
「からかわないで」
「先生、木崎湖畔の事だけど。皆の前でビキニブラ外れてオッパイ見られてたよね」
「うっ、それが・・・」
「私にだけ特別にオッパイまた見せて」
「ええっ?そんなっ、女同士で教師と教え子」
「いいじゃない。お互い溜まってるんでしょ?揉まれててもされるがままだったし」
「えっ・・・それは」
 見透かした様な小石の発言に、反論出来ないみずほ。
「先生エッチな事しよっ」
「ええっ、そんなっ」
 言い終わる前に、小石は膝立ちになったかと思うと、みずほの両肩を抱いて唇へとキスをする。
ボーっとして気付くと、また両乳房がワンピース上から揉まれている。

102参加するカモさん2009/01/11(日) 05:45:28ID:drhpLwjA
小石「まぁまぁ、亭主にはお互い内緒で・・・。」
みずほ「えっ?・・・ええ、って」
小石の姿がいきなり消え、下を見ると自分の股間部分前に膝立ちで座ってた。
目と目が合う。意地悪っぽい小悪魔的な笑みだ。笑いかけられ思わず右に目を逸らすみずほ。
小石「どれだけ桂君に相手されてないのかなぁ?」
みずほ「駄目よ。そんな事言っちゃぁ」
小石「ぷくっとしてて可愛い。先生のア・ソ・コ」
みずほ「なっ、何を馬鹿な事・・・あんっ、あっあっあっあっ、ああああああああああんっ。・・・はぁはぁ」
舌なめずりするや、みずほの包皮から露出したクリトリスを、パンティー越しに舌先で激しくクンニする小石。
10秒も経つか経たない内に、パンティー内に多量の愛液を放出するみずほ。
小石「秒殺。ふふっ、先生溜まってるぅ。一週間は軽く相手にされてないみたい。良かったでしょ?すっきりして」
今度は、パンティー越しにクリトリスをツンツンする小石。
みずほ「やっ、あっ、やだっ、んっ、駄っ、あっ、駄目っ、あんっ」
小石「嘘っ、気持ちいいくせに。先生ったら、可愛い」
今度は、パンティー越しに右手で上下に撫で回す。
みずほ「あっ、あああああああああああっ、んっ、はぁはぁ」
小石「またイッちゃったの?先生?」
みずほ「もう縁川さんっ、先生の性器を玩具にしてっ」

103参加するカモさん2009/01/11(日) 06:08:30ID:drhpLwjA
102訂正すます。

「まぁまぁ、男の人とするんじゃないんだし」
「えっ?・・・ええ、って」
「じゃ、脱がすよ」
「えっ?・・・ええ」
 キスしながらも、左手はみずほの右肩へ置き、右手はワンピースのボタンを“上から下へ”と外していく。
やがて順にブラジャー&パンティーと姿を見せる。
「・・・それにしても先生って、薄地のワンピース(ティーチャー13話のエメラルドグリーンの服)
の下は白のシルクの下着だけって、どれだけ欲求不満なのよ」
「そう?」
「やらしいわよ。ブラもパンティーも紐だし」
「うっ」
「こんな格好でウチに来て。レイプ願望ね」
「同性の教え子にレイプされてます」
「・・・そうね。先生が余りにも無防備だから教えてあげてるのよ」
 みずほの両肩を抱き、キスをする小石。いつしか小石の両手は、自分よりも豊満なみずほの豊乳を
ブラジャー越しに、激しく荒々しく両胸を揉みしだいていた。
「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」
「じゃ、立ってみて先生」
「えっ?ええ」
 ふらつきながらも立つみずほを、立って支える小石。
「じゃ、ジッとしててね」
「えっ?ええ」
小石の姿が消え、下を見ると自分の股間部分前に膝立ちで座ってた。
目と目が合う。意地悪っぽい小悪魔的な笑みだ。笑いかけられ思わず右に目を逸らすみずほ。
「どれだけ桂君に相手されてないのかなぁ?ここ。」
「駄目よ。そんな所弄っちゃあ」
「ぷくっとしてて可愛い。先生のア・ソ・コ」
「なっ、何を馬鹿な事・・・あんっ、あっあっあっあっ、ああああああああああんっ。・・・はぁはぁ」

104参加するカモさん2009/01/11(日) 06:27:00ID:drhpLwjA
舌なめずりするや、みずほの包皮から露出したクリトリスを、パンティー越しに舌先で激しくクンニする小石。
10秒も経つか経たない内に、パンティー内に多量の愛液を放出するみずほ。
「秒殺。ふふっ、先生溜まってるぅ。一週間は軽く相手にされてないみたい。良かったでしょ?すっきりして」
 今度は、愛液で濡れたパンティー越しに、クリトリスをツンツンする小石。
「やっ、あっ、やだっ、んっ、駄っ、あっ、駄目っ、あんっ」
「嘘っ、気持ちいいくせに。先生ったら、可愛い」
 今度は、そのパンティー越しに右手の平で上下に激しく撫で回す。
「あっ、あああああああああああっ、んっ、はぁはぁ」
「またイッちゃったの?先生?」
「もう縁川さんっ、先生の性器を玩具にしてっ。玩具じゃ無いのよ。ここは」
「先生もしよっ」
「えっ?」
「先生もして欲しいな」
「縁川さんっ?」
「先生・・・」
「縁川さん、・・・言っちゃ駄目だからね」
「分かってるって。うちは商いやってるんだから信用してよ」
「そうね。お店だったわね」
「じゃ、先生も欲情して来たことだし本格的にやるね」
「欲情してませんっ」
「嘘は駄目っ」
言うが早いか、みずほのクレヴァスをパンティー越しに、右手で“下から上”に“スッ”と撫で上げる。
一瞬の早業に、避ける暇はみずほには無かった。
「あんっ」
「こんな声出してて、欲情してない訳無いじゃない」
「うっ」
「まぁまぁ、同じ性的欲求不満の女同士だし、決して桂君盗られたからって私怨はないからねっ。」
「あるじゃ・・・あんっ」
「何か言った?先生?」
「言ってません」
また同じく撫でられるみずほ。

105参加するカモさん2009/01/11(日) 06:50:02ID:drhpLwjA
「口は災いの元よ。まぁ、この下着姿で外に出られる訳ないし。私の欲求解消にちょっと付き合ってね」
「はぁい」
 流石に“本当にちょっとだけなの?”と聞こうと思ったが、二度の学習に懲りたみずほだった。
掛け布団を奥の端に畳んで寄せ、ワンピースを左右の順に腕から脱がす。
 そしてハンガーへ掛けると、自分のベッドに仰向けに優しく寝かせる小石。
向かい合った小石から見て、みずほは“頭が左側・足が右側”だ。
 枕はちょうど45度位になる様セットされており、みずほからは少し勃起した自分のブラジャー
のトップ部分が嫌が応でも見える。
 実は、それこそ小石の目論見で、自分の胸が愛撫される様を観させるつもりなのだ。
「じゃ、続きするね先生」
「えっ、ええ」
 仰向けのみずほの上へ、小石はまず“みずほの両膝外側横のベッド上”へ膝立ちになる。
次いで上半身が、みずほの鳩尾辺りに自分の顔が来る様、互いのカラダが密着する様にし、
 その時“みずほの両胸より下の両腕外側横のベッド上”へ肘を立て、腹上にて向かい合った形になる。
「始めるよ。先生」
「うん」
 肘を立てたままの小石の両手が、向かい合ったみずほの両胸を優しく揉んで、ゆっくりと溶かしてゆく。
「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」
「すごい。先生の乳首尖って勃ってるのが、ブラの上からでも分かる」
 右耳の傍で囁く様に言う小石。
「やっ、やだぁ」
「いいじゃない、先生」
「ねっ。先生?私にだけ乳首舐めさせてよ」
「“私にだけ”って・・・」
「(ツインズ13話の木崎湖畔において)皆の前でオッパイ披露したじゃない」
「うっ」
「舐めたいなぁ、先生の硬く尖って勃起した薄桃色の乳首」
 舐めるまで止めそうも無い。
「色まで言わないで」
「そうよねぇ。毎晩構って貰えてたら、あんな綺麗な色してないわよねぇ。さっきのクリちゃんみたいに
私の舌技見せてあげる。」
「えっ、そんなっ」

106参加するカモさん2009/01/11(日) 06:59:42ID:drhpLwjA
「いいじゃないの気持ちいい事なんだし。ところで・・・」
「えっ?」
「皆にオッパイ見られた後だけど、あの事思い出してオナニーとか・・・」
「!!!!!!!!!!」
「してる?」
「しっ、ししししてませんっ。きょきょきょ教師が生徒に、ははは裸見られたの思い出して、おおおオナニーなどっ」
「してるんだぁ。嘘バレバレ」
「!!!!!!!!!!」
「男子と女子どっちが見られて恥ずかしかった?」
「・・・女子」
「何で?」
「やたら覗き込む様に見てたから」
「そうね。年上の大人の女性の裸ってすごいものねぇ。ふふふ。オナニーする位なら私の舌技経験させてあげる」
「・・・」
「女同士怖くないから・・・年下の方が優しいのよ」
「縁川・・・さん」
 みずほの両乳房を愛撫し、唇を重ね合わせながらの会話後、背中側のみずほの首に結ばれてあるブラジャーの肩紐を、
ゆっくり右手親・人差し指が解いていく。
「ここが外れて丸見えになったのよね。あの時は立派なものを御馳走様」
「やっ、やだっ」
「次はっと」
 背中側のブラジャーカップ左右横の紐を、今度もゆっくり右手親・人差し指が解いていく。
「後は取れば丸見え」
「・・・」
「でも」
「・・・でも?」
「先生が可愛いから、もうチョット遊ぶ」
 キスをし、紐を上下共外したブラジャー越しに、今度は優しく両胸を揉みしだく小石。
舌なめずりするや、自分のクリトリスをパンティー越しに舌先で激しくクンニして、あっと言う間にいかせた小石。
 自分の乳首にどんな舌技で攻めてくるのか不安もあったが、女生徒に裸を見られ幾ら自慰しても治まらぬ性的欲求を、
あの時の女生徒である小石なら収めてくれるかもと言う期待も有った。  

107参加するカモさん2009/01/11(日) 07:13:29ID:drhpLwjA
「先生・・・私怖くないから・・・乳首舐めるね」
「・・・縁川さん」
「取るよ・・・先生」
「・・・うん」
 キスの後、ゆっくりと共に親・人差し指で背中側の肩紐を“左側右手右側左手”で持ち、ブラカップ上へ
“左側の紐は左胸上、右側の紐は右胸上”と置く。そして、背中側のブラジャーカップ左右横の紐も同じく持ち&置く。
「じゃあ。ふふっ、ついに先生のオッパイが観られるのね」
「!!!!!!!!!!」
 観念し目を閉じるみずほ。小石の左手親・人差し指が両胸の谷間のブラ紐を摘んで、ゆっくり下腹部側へと下げると
今まで硬く尖ってるのが視認出来たみずほの両乳首が顔を現わした。
「あんっ」
 滑らかなシルクと言え、下腹部側へと下げる際ビンビンに勃起した乳首には刺激が強過ぎた様だ。
「あらあら、擦れたの。ゴメンなさい先生。」
「もう・・・。うふっ、分かっててやったくせに。縁川さんのエッチ」
「わぁ、立派な乳首ぃ。こんなに勃てて、・・・もう仕方が無いわね。舐めてあげる」
「舐めて、縁川さん」
「じゃあ、先生」
暫し揺れる両胸を眺めた後
左胸へと狙いを定め、顔を近付けていく。視線を感じ小石が顔を上げると、みずほが自分の左胸を見ており目が合ったが、
今度のみずほは顔をそらさなかった。小石は改めて狙いの左胸へと顔を近づける。
みずほの左乳首はビンビンに勃っていた。鼻息がかかる位まで口を近づけると、口を開き舌を出す。
「!!!!!!!!!!」
一瞬みずほは目を閉じたが、小石は何もして来ない。ゆっくり恐る恐る目を開け左乳首を見る。
「始めるね」
目を開けるのを待ってたらしい。目が合う。自分の左乳首の1p程すぐ上で、自分のクリトリスをクンニリングス
した時の様に舌なめづりして“レロレロ”させていた。その自分の左乳首に目を向け
「えっ・・・ええ」

108参加するカモさん2009/01/11(日) 07:21:46ID:drhpLwjA
 と言うが早いか、小石の舌はみずほの左乳首の乳頭部分を、クンニの要領で激しく舐めまくり始めた。
「!!!!!!!!!!」
 舐められている部分から脳内へ、形容出来ない激しい快感が一気に押し寄せて来た。
自分の左乳首が、小石にいい様に舌で嬲(“女女女”か)りまわされているが、ジッとみずほは見つめていた。
 一分程して小石が止めた時、みずほのカラダからは脂汗が出、目は少し空ろになっていた。
「じゃあ、右胸ね」
「・・・ええ」
 そう言い、自分の右乳首を見つめると、小石の舌はみずほの右乳首の乳頭部分を、またもクンニの要領で舐めまくり始めた。
ジッと成すがまま、ただ見つめるみずほ。
 互いにあの体勢のままで、みずほに対して小石は両手で両胸を揉みしだき、口と舌先で乳首を愛撫していた。
初めは怖かった同性からの性感帯である乳首への愛撫も左右乳首へのクンニ以降激しくなく恥じらいながらも見る様になった。
 みずほにとって“粋な計らい”である枕によって被虐側ではあるが愉しむ事が出来た。
舐められてない方の乳首は、その間“左胸は右手・右胸は左手”の共に親・人差し指で摘ままれまくりだ。
 実はクンニの時も、みずほはクンニされてた乳首に気を取られてたが、決して片方をその間休める訳でも無く、指の玩具にされていたのだ。
今休んでいるのはアソコ位だろう。それもピクピクし、自分からパンティーに擦れて“小石に気取られねば”と心配なみずほだった。
「先生気持ちいい?」
「ええ」
「どこが?」
「左のオッパイ」
「舐められてる方が感じるんだ」
「えっ、ええ、ああんっ」
 急に、みずほの左右乳首の乳頭部分を、両手のひらで瞬時に、激しく撫で回す小石。
「またやって欲しくない?」
「えっ、激しくやると長く続かないから・・・」
「そうね。先生、私とのセックス慣れたみたいね」
「えっ?」
「されるがままだし」

109参加するカモさん2009/01/11(日) 07:45:26ID:drhpLwjA
「そ・・・それは」
「いいのよ。私もオナニーするより同性でも連れとする方がいいもん」
「縁川さん・・・」
「ねえねえ?」
「何?」
「こうすると両方気持ち良くならない?」
 そう言うや、みずほの両胸を内側へ寄せ、左右の乳首同士を互いに突かせ合う。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「うふふ」
「あっあっ、縁川さんっ、あっあっあっ、チョット、あっあっあっ、やめてっ。あっあっ」
「気持ちいいんだ先生?」
「良過ぎるから」
「じゃあ、コレは?」
 みずほの両胸を内側へ寄せたまま、左右の乳首同士を近づけ・くっつけ合わせる。
そして・・・。
「見ててね」
 言われた通り、“ジッ”と胸の谷間側へ寄せられた、両胸の先の両乳首を見つめるみずほ。
「ふふふ」
 口が開いて舌が出て来る。そして、両乳首の直ぐ上でレロレロし始めた。
「じゃ、行くね」
 言うや、むしゃぶりつき左右乳頭部分を激しい勢いでクンニする。
「あっあっ、駄っ駄目ぇ。あっあっ、そんなにっ舐めちゃあっ、あっあっあっ」
 一分程経過したが、まだ止めそうもない。
「縁川さんっ、あんっ、お願いっ、優しくなら、あっ、幾らでも、あんっ、いいからっ」
 止める素振りは無い
「縁川さんっ、あんっ、お願いっ」
 意識が薄れゆく。その時。
「先生っ」
「先生っ、しっかりして」
階段から駆け登る音がし、自分の部屋を開けて入って来た。
深衣奈と樺恋だ。

110参加するカモさん2009/01/11(日) 07:59:39ID:drhpLwjA
「わあっ、先生っ!?」
「先生がぁ!?」
「あわわ」
 見られたのに気付き慌てる小石。
「今は先生を何とかしないと・・・。行くよ樺恋」
「はい。どうしましょう?」
「ショック与えてみたらどうかな?」
 グッタリしてるみずほの左胸乳首を、深衣奈は右手親・人差し指で摘み、コチョコチョするも駄目だ。
しゃぶり付いて思いっきり吸い付いて嘗め回してみる。
「ここ・・・やってみます」
樺恋は、みずほのクレヴァス部分を、パンティーの中に手を入れるや激しく上下し、
膣内へと真ん中3本の指を入れGスポットを掻き回す。
「・・・んっ、んっ、あっ、んっ」
「先生の意識が戻った。戻るよ樺恋」
「ええ、じゃあこれは時間外手当にして下さい。それと、私達にも愉しませて・・・」
「分かったわよ。有難う。今は悪いけど戻って」
 深衣奈と樺恋は会釈して、レジへと戻って行った。
みずほが目を覚ますと、目の前(自分の両胸少し上)に小石の顔があった。
「先生生き返ったっ」
「死んでないわよ。一体何分舐められてたのよ?」
「5分程」  
「そんなに・・・。えっと・・・そのぅ・・・片方ずつにして」
「うんっ」
みずほの顔へ自分の顔を近づけお詫び代わりに唇へキスする小石。
と言っても、両手は相変わらずみずほの両胸愛撫だが、流石にさっきのさっきまでの事もあり乳首は自重してるらしい。
自分のクリトリスと両乳首をクンニした舌に、自分の舌を舐められるみずほ。
「・・・縁川さん?あの?」
「・・・何?先生?」

111参加するカモさん2009/01/11(日) 12:59:25ID:drhpLwjA
「・・・私が気を失ってる間、左胸を誰か弄らなかった?乳首を舐められて
吸われた気がするのだけど・・・」
 聞かずとも解りそうなものだが、一応念の為聞くみずほ。
「ああそれ、実はその・・・」
「・・・その?それと・・・アソコも誰か・・・」
「ショック与えたら意識取り戻すかもって思って・・・その・・・」
「・・・その?」
「・・・やって来た・・・宮藤さんと小野寺さんが・・・」
「!!!!!!!!!!!」
「・・・ゴメンネ先生」
「ゴメンネで・・・」
「生きてて欲しくて・・・」
「縁川さん・・・分かったわよ」
 道理でアソコがもうピクピクしない訳だ。
「その間、エッチな顔して私を見てたんでしょ?」
「流石にそんな考えは・・・」
「そう。意識失ってる間エッチされてたなんて・・・」
「お詫びと言っちゃ何だけど」
「何?縁川さん?」
「先生のアソコ舐めて綺麗にしてあげようか?」
「悪いと思ってないじゃない!!」
「あの後そのままだから、2回イッテるでしょ?先生?」
「ええ、いきなりクンニリングスと撫で回しで一回ずつ2回、後2回撫で回されてビチョビチョよ」
「だからぁ先生」
「駄目っ、これ以上教師として出来ない」
「もう・・・ケチ」
 “つつつ”と右手人差し指で、みずほのクレヴァス部分傍の左足側を“下から上へ”
パンティー越しに撫でる小石。
「小野寺さんが先生のアソコに指入れて、あんなに激しく掻き回すのを見たら。私も・・・」
「だからって」
「ねえ、気持ち良くさせるからぁ」 

112参加するカモさん2009/01/11(日) 13:33:38ID:drhpLwjA
“つつつ”と今度は右手人差し指で、みずほのクレヴァス部分傍を“向かい合った形で
時計回り”にパンティー越しに撫でる小石。
「やっ、やだっ、やだったらっ」
「ふふふふ。ねぇ、しようよう」
「やだぁ、だめぇ」
「またピクピクしてきてるよ」
「ああんっ、エッチィ。駄目ったらぁ」
「いいじゃない。ねぇ」
「やだぁ」
「そう言う人に限ってエロが好きなのよねぇ」
マジマジと、パンティー越しにみずほのクレヴァス部分を視姦する様に見る小石。
「先生も解ってるでしょ?私のクンニの上手さ」
「うっ」
「悪くしないからぁ」
「も、もう、エッチ」
 みずほの両脚を少し広げさせ、小石は開いたベッド上へ正座して座る。
みずほの膝より少し下の部分内もも側だ。
「じゃあ、取るね」
「もう、・・・好きにして」
「ふふっ」
 みずほの、左右脚側の横に結ばれてあるパンティーの紐を、ゆっくり右手親・人差し指が左脚側を解いていく。
次いで、ゆっくり左手親・人差し指が右脚側を解いていく。
「後は取れば丸見え」
「・・・」
「でも・・・」
「・・・でも?」
「先生が可愛いから、もうチョット遊ぶ」
「やっぱり・・・」
 キスをし、紐を上下共外したパンティー越しに、今度は優しくクリトリスを刺激せぬ様クレヴァス部分を舐める小石。
「気持ちいい?」
「ああんっ、やだっ、駄目ったらぁ」

113参加するカモさん2009/01/11(日) 14:02:01ID:drhpLwjA
「いいみたいね」
 みずほの膣内から愛液が出て来る。
「あはっ、どんどん出て来るよ。先生ったら」
「もうっ、はぁはぁ」
「そろそろ一気に舐めて、クリトリス可愛がってあげるから、オーガズム経験しない?」
「まっ、また失神とか・・・」
「大丈夫だって、あの時みたいに長くしないから」
「・・・うっ・・・うん」
 正座したまま、みずほのクレヴァス部分のある股間へと上半身を寝せ、顔を近づける。
例の“レロレロ”がクリトリスの少し上で悪戯っぽく行われていた。
「じゃあ観ててね」
「・・・うん」
 みずほの返答後、包皮から露出したクリトリスを、パンティー越しに舌先で激しくクンニする。
今度は20秒も経つか経たない内に、パンティー内に多量の愛液を、またも放出するみずほ。
「わぁ、先生ったら可愛い。タイム伸びたわね。うふふ」
「もう駄目よ。出ないわよ」
「出なくてもいいから」
「あんっ」
クリトリスをパンティー越しに、また舐められる。
「取っちゃうよぅん」
「・・・」
「先生・・・」
「もう、こんなにされたんじゃ・・・ちゃんと桂君と夫婦生活出来る様、出る物全部出してよ」
「・・・うんっ」
「縁川さんのエッチ」
 仰向けになったままのみずほのパンティーを、尻側の方を“右手で左側、左手で右側”
と先に下ろし、前側へと持って来る様にする。

114HG名無しさん 2009/01/14(水) 07:45:56ID:N0ltIhco
続き。
暫し、みずほのクレヴァス部分に顔を近づけ、息を軽く吹き掛ける小石。
「あんっ」
「じゃ、取るよ」
「・・・うん」
紐を解かれたみずほのパンティーを、右手親・人差し指でクレヴァス部分より少し下の布地を摘み、
少しずつゆっくりと足先側の方へと引っ張っていく。
「あっ、あんっ、あっ」
パンティーが動く度擦れて、みずほが喘ぎ声を上げる。
「先生ったら・・・上の方少し見えてるよ」
「やだっ」
最後に“スーッ”と抜く様に取って、パンティーはみずほの腰から取られてしまう。
「ふふふ・・・ついに先生真っ裸」
「やっ、やだぁ」
「じゃあ」
パンティーに付いてる愛液を舐め後、みずほのクレヴァス部分を“舌を下側へ少し入れ、
上へと舐め上げて行き、クリトリスは敢えて舐めず同手前で舌を抜く”で愛液舐めと愛撫をし、
両手は、みずほの両胸をトップ部分を撫で回し、揉みしだき、乳首摘みに動き回る。
「あんっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
自分のクレヴァス部分が愛撫される様を眺めるみずほ。
「そろそろイカせてあげる」
クリトリスへのクンニリングスが始まる。
「あんっ、あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ、んっ、はぁはぁ」
「またイッちゃったね先生」
「やだぁ」
「これで4回目よ」
「言わないでよ」
「まだまだぁ」
「あんっ」
そんなこんなで4回目と同じ愛撫をずっと受けるみずほ。

115参加するカモさん2009/01/14(水) 07:49:22ID:N0ltIhco
「あんっ、あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ、んっ、はぁはぁ」
「またイッちゃったね先生、もう8回目よ休ませたげる」
「そうして」
「うん」
みずほをベッド奥よりへと移動させ、“右側が下”になる様にし、小石自身は向かい合って
“左側が下”になる様に寝る。
「縁川さん・・・」
「何?先生?」
「先生の胸と縁川さんの顔が同じ位置なんだけど」
「いいじゃない」
そう言い、みずほの両胸の谷間へ顔を埋める小石。
「休ませてあげるんだから文句言わない」
「ああんっ、もうっ」
「じゃ、先生お休み。寝てる間変な事しないからね」
みずほと自分へと、シーツをかける小石。
「じゃお休み」
「・・・お休みなさい縁川さん」
それから4時間程経って
「バイト終わりましたーっ・・・って」
「寝てますね・・・深衣奈さん」
「それも寄り添って・・・先生の胸に顔埋めて」
「やらし過ぎますね」
「ええっ、あの間先生がパンティー取られて、あんな事やこんな事されてたのね」
「幾ら雇用主だからって酷いですぅ」
「んんっ」
小石が目を覚ましたらしい。
「二人とも御苦労様」
「今日は品物の棚卸しとかで終わったの夜中の2時ですよ」
「先輩だけみずほ先生とぉ・・・」
「まぁまぁ、ところで報告に来たの?」
「それと、夜中になった時は物騒だから泊まりじゃないですか」
「そうだったわね」

116参加するカモさん2009/01/14(水) 07:59:51ID:N0ltIhco
「そうだったわね」
見ると二人布団類一式を持っている。
「じゃ部屋使って」
「せ〜ん〜ぱ〜い〜」
「何」
「ここ使わせて下さい」
「えっ?」
結局ベッド手前に小石が布団で寝る事に・・・。
「・・・」
「じゃあ先生持って樺恋」
「はいっ深衣奈さん」
みずほを“深衣奈が両脇抱え、樺恋脚持ち”で、真ん中へ仰向けに寝せる。
「じゃあ右ぃ」
「私は左ぃ」
みずほ自身から見て“右側深衣奈左側樺恋”に、二人はみずほに向かい合った形で寝る。
「すごいね樺恋」
「ええ深衣奈さん湖畔で見た時と同じですぅ」
深衣奈は右手を、樺恋は左手を伸ばし、みずほの両乳首を共に親・人差し指で
“右乳首深衣奈左乳首樺恋”と摘まんで弄繰り回す。
「あんっ、ああっ」
「きゃあ、感じてるよぉ先生」
「感動ですね」
「ココ少しめくれてるよ」
「わぁ、綺麗なアソコですぅ」
「本当」
「先輩ったら色々弄ったりしたんでしょうね」
「舐めたりとか」
「やですぅ、深衣奈さんったらぁ」

117参加するカモさん2009/01/15(木) 07:24:49ID:SYuoWqU0
続き。

「挿れてみようか」
「どうぞ、さっきしましたので」
 右手の真ん中3本を、クレヴァス内へとゆっくり挿入する深衣奈。
意外と抵抗無く挿れる事が出来て驚く。
「先生ユルユル」
「それだけ先輩から激しくされたんですよ」
「先輩エローイ」
 少し内部を挿れた指3本で突いてみる。
「あんっ、んんっ、あっあっ」
「感じてますね先生」
「そうね樺恋。あっ、そうだ」
「どうしました深衣奈さんっ?」
「こっちまだだった」
 自分の顔前の、みずほの右胸乳首を、顔を伸ばして吸い付き、思いっきり舐めまくる。
「わぁ、激しい舐めっぷり」
「こうして改めて舐めてみると、コリコリしてて感度も良いし、いい乳首ね」
「私も舐めてみますぅ」
 樺恋も、自分の顔前のみずほの左胸乳首を、顔を伸ばして吸い付き、チュッチュッと舐めまくる。
「あんっ、ああんっ、ああっ、あんっ」
「感じてますぅ」
「あっ、宮藤さん、小野寺さん」
「先生っ、深衣奈でーす」
「先生、樺恋でーす」
「やだっ、縁川さんは?」
「先輩なら布団で寝てますぅ」

118参加するカモさん2009/01/16(金) 05:38:14ID:k/Mx/4QQ
「あっ、そうだ先生」
 3人の声に、小石が布団から起き上がる。
「何?縁川さん」
「私、先生のパンティーを、手揉み洗いで朝までに乾く様に干しときますね」
 “ピラピラ”と、前後のくっついた部分を右手親・人差し指で持ち、みずほの顔前で振る小石。
「わぁ、やらしぃ。シルクの紐パン」
「ほんとですぅ。白ですしぃ」
「ブラジャーは、さして汚れてないし・・・良いですね?」
「・・・ええ」
「こっちもシルクの紐よぉ」
「同じく白ですよぉ」
 みずほの下着を見て興奮する深衣奈と樺恋。共にレース・フリル付いてないタイプだ。
「じゃ、行ってきます」
「いってらっしゃい」
「先輩よろしく」
「代わりにがんばりますぅ」
 小石は部屋から出て行った。
「じゃ、いい物も観れたし。樺恋」
「ええ、頑張りましょう。深衣奈さん」
 みずほの方を向く二人。
「えっ?」
「先生・・・いいパンティー履いてるんですね?」
「あんっ、やだっ」
 深衣奈は“ツンツン”と、Gスポットを右手真ん中指3本で責め上げる。
「先生ぇ・・・いいブラジャー着けてるんですねぇ?」
「あんっ、あっあっあっあっあっ」
 樺恋も負けじと、両胸を揉みしだきながら左手親・人差し指で右胸乳首を摘み、左乳首をレロレロと舐めまくる。
「二人とも、そんなにされたら先生」
「イッっちゃっていいからね先生」
「そうですよぅ」
「もう駄目ぇ」
 グッタリして、とても続きが出来る状態ではない。

119参加するカモさん2009/01/16(金) 05:41:43ID:k/Mx/4QQ
「どうする?樺恋?」
「そうですねぇ?やはり体力の回復を待つのがいいでしょうね」
「じゃ、それまで寝ましょうか?」
「そうですね、バイト疲れ残してると今日の昼からも有るんですし」
「うん、寝よ。お休みなさい樺恋」
「ええ。お休みなさい深衣奈さん」
 全裸のみずほを真ん中にし、“(みずほから観て)右側深衣奈左側樺恋”で、
みずほの方を向いて寝る二人。シーツは樺恋がかけてである。
 暫くして。
「洗っといたよ先生。・・・って3人共寝てる」
 3人共既に寝ていた。
「ふふっ、先生お疲れ様・・・。じゃ、私も寝るね」
 洗ったパンティーを陰干しにし、布団に入る小石。
「お休みなさい。みずほ先生、二人共」
 暫くして寝る。そして・・・。
「うーん。朝の10時30分か。6時間は寝てるんだ。3人共まだ寝てる」
 少しして。
「うーん・・・お早うございますぅ先輩」
「お早う小野寺さん」
 また少しして。  
「うーん・・・お早うございます先輩、樺恋」
「お早う宮藤さん」
「お早うございますぅ。深衣奈さぁん」
「あれ?みずほ先生まだ起きて来ないの?」
「そうですぅ」
「夜中まであれだけやったんだから、まだ無理でしょ」
「ええぇ〜」
「しょうがないですよ。もうチョット寝かせときましょう」
「そうね。起きたら一番汁どちらが飲む?」
「じゃ、私がぁ」
「樺恋が?積極的ね」

120参加するカモさん2009/01/16(金) 06:14:26ID:k/Mx/4QQ
「えへへぇ」
「私は?」
「先輩はあれだけやったじゃないですか?」
「先輩イッパイ舐めたんじゃないんですかぁ?」
「うっ、わかったわよ」
 少しして。
「うーん。ここは・・・えっ?私全裸?」
「あっ、起きたよ樺恋」
「ええ、深衣奈さんっ」
「じゃ、オッパイ位揉ませてよ」
「仕様が無い先輩ですねぇ」
「エロイですぅ」
「・・・面目ねぇ」
「・・・さっ・・・三人共?何の話してるの?」
「先生を、どうエッチするかって話」
「私オッパイ」
「私はアソコ弄りですぅ」
 小石・深衣奈・樺恋と順に言う。
「やっ、やだっ、あれだけしといて・・・」
「先生私達には愛液出してないよ」
「出して下さいぃ」
「そんな・・・」
「あれだけやったから私はオッパイ揉み揉みで・・・」
「あれだけしといて」
「えへへぇ」
3人がみずほへとにじり寄る。
「やっ、やだっ」
「観念してね」
「そうよ先生」
「そうですぅ」
 シーツを剥ぎ取る小石。みずほの露になった裸体が3人の前に映る。
シーツをベッド奥へと置く小石。

121参加するカモさん2009/01/16(金) 06:49:51ID:k/Mx/4QQ
「じゃあ、先生ぃ」
 そう言い、内股になっている両足を少し広げる樺恋。そして、顔をみずほの
クレヴァス部分へと近づける。クリトリスへ鼻息がかかる。
「ああんっ」
「じゃあ、私」
 深衣奈は、みずほの左腕・横腹側へと添い寝し、みずほの方を向く。
そして顔を両胸谷間の下へ置き、両手も向かい合った両胸の少し下へ置き揉む準備する。
「あっ、やっ、やめてっ」
「最後ね」
 小石は、みずほの枕元近くへ正座。足がみずほの肩へ“右足右肩向き左足左肩向き”
となる様座り、少し足を広げその中へみずほの頭が入るようにする。
「うっ」
「ふっふっふぅ、これでもう先生は逃げられないわね。なーに、私の時みたいに
二人に出る物出せば良いだけのハ・ナ・シ」
「恐喝みたい・・・」
「先生出して下さいよぅ。失神してるの気付したんですしぃ」
「そうですよ」
「うっ。でも、あれだけやられて・・・またぁ」
「そうですぅ、頑張って下さいぃ」
「樺恋の次は私、イッパイ出してよねっ。先生」
「うっ、二人からぁ」
「じゃ、始めよ」
「ええ、先輩っ」
「はいっ、先輩っ」
「えっ、私の意見無視って、ああんっ、またぁ、お願いやめてぇええ」
 3人の両手・指・舌は、みずほの両胸・乳首・クレヴァス部分へと向かって、加速し始めた。
「ああんっ、おねがいぃぃ、やめてったらぁ」
 みずほのカラダを、小石は正座して両胸を柔らかく包み込み、乳首が蕩(とろ)けるかの如く愛撫。
深衣奈は両胸を揉みながら左乳首を舌先でしごく様に舐めつつ、右乳首を左手親・人差し指で摘み愛撫、
左右乳首を時々交代させ愛撫する。 

122参加するカモさん2009/01/16(金) 07:04:28ID:k/Mx/4QQ
そして樺恋は、両手でクレヴァス部分を横へ左右に広げ、敢えてクリトリスを刺激せぬ様、そこ以外の
クレヴァス部分を“下から上へ”と舐める。
「あんっ、あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「・・・樺恋焦らさないでパッとイカセちゃいなよ。早く舐め回したいんだから」
「せっかちですね深衣奈さんは。一回目は直ぐ出すんですからイッパイ愉しまないと・・・」
「樺恋活き活きしてる」
「女子高帰りですから、先生に女子高の秘技を披露しちゃいます」
「すごい・・・小野寺さんの舌技。・・・私よりも焦らせ上手」
「やだっ、そんな舐め方っ」
「クリちゃん舐めて欲しいですかぁ」
「なっ、舐めてっ」
「ふふっ、・・・じゃあ」
 20分程の愛撫後、樺恋の舌先がクリトリスを激しくクンニリングスすると、5秒も経つか経たぬ間に
愛液が放出され、樺恋の顔にかかる。
「顔射ですうぅ」
「はっ、早い。私だって10秒近くだったのに」
「すごーい樺恋」
「えへへ」
「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」
 みずほの愛液をかかったのを舐め取り、クレヴァス部分のも綺麗に舐め取る。
「じゃあ、交代ですぅ」
「やったぁ、イッパイ出して良いから私にも顔射してよね」
 深衣奈・樺恋は、それぞれお互いがやってた場所を交代し、愛撫を続ける。
「先生のオマンコ〜」
「やんっ」
「先生の様な豊満な乳房は、女子高広しと言えどお目にかかれませんでしたからねぇ。転校して来て良かったですぅ」
「ああんっ」
「ふふっ。大きいだけじゃなく、この感度もですからねぇ。コリコリ・シコシコ・シャキシャキした歯応え」
「小野寺さんって・・・」
「百合のタチみたいですね・・・」
「・・・そうね」

123参加するカモさん2009/01/17(土) 06:04:35ID:d4gvGI3S
続き。
「じゃあ、私も」
 深衣奈も両手で、みずほのクレヴァス部分を横へ左右に広げ、敢えてクリトリスを刺激せぬ様、
そこ以外のクレヴァス部分を“下から上へ”と舐める。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「ふふっ、先生感じてる」
 30分程して。
「じゃあ、たっぷり先生のアソコ弄ったし、イッパイ出して良いから顔射してよね」
 そう言うと、みずほのクリトリスを深衣奈はクンニリングスし始めた。
「あんっ、ああああああああああんっ、はぁはぁ」
 し始めて10秒少し程で愛液を放出するみずほ。
「わぁい、出た出たぁ。いっただきまぁす」
 “レロレロ”と、顔にかかったのと、次いでクレヴァス部分周りと膣内を舐める深衣奈。
「もう昼近くだし、二人も愉しんだみたいだし先生帰そうか?」
「そうですね」
「はいぃ」
「じゃ、下着履かせよ」
「はいっ」
「はいぃ」
 小石は、みずほのブラジャーとパンティーを持って来る。
「ブラジャーとパンティーは二人で履かせてね」
「はいっ」
「はいぃ」
 みずほの腰を小石が持ち上げ、その間樺恋がパンティーを尻の方を尻の下へセットする。
深衣奈もブラジャーを両乳房上に乗せる。
「あんっ」
「やだぁ、先生ったら乳首に当たって感じてるぅ」
 ブラジャーの先から“ツンツン”と両乳首を両手親・人差し指でつつく深衣奈。
「ああんっ、だめぇ」
「可愛い先生」
「宮藤さん、こっち手伝ってよ」

124参加するカモさん2009/01/17(土) 06:05:33ID:d4gvGI3S
「深衣奈さぁん」
「はぁい」
 みずほのパンティーの腰紐部分を“深衣奈右腰側、樺恋左腰側”で結ぶ。
「完成。エロいパンティー履いてたんだぁ」
「そうですねぇ」
「そうね、アソコまだ勃起してるぅ」
「ほんと」
「本当ですぅ」
「やだぁ」
「じゃブラジャーね」
「はいっ」
「はいぃ」
 みずほの両肩を抱き上げ、小石が上半身を浮かせてる間、ブラジャーの紐部分を
“深衣奈首後ろ側、樺恋左右カップ横側”で結ぶ。
「下着済みました」
「はいぃ」
「そうね、後はワンピースだけど・・・」
「・・・チョット位悪戯しようとかおもってますね?」
「そうですねぇ」
「えっ?またぁ」
「うふふ×3」
「やだぁ」
 下着姿になった仰向けのままのみずほを、小石は下腹部の上へ正座して重みをかけず跨り、
向かい合った形でブラジャーの上から両乳首を優しく両手の平で撫で回す。
 深衣奈・樺恋は、みずほの左右脚の外隣に脚側へ向かって体正面を向き、“深衣奈右脚側・樺恋左脚側”
で、自分側の方のクレヴァス部分を触れぬ様近くを撫で回す。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「先生ったら・・・もう止めてあげましょう」
「そうですね」
「残念ですぅ」 

125参加するカモさん2009/01/17(土) 06:07:14ID:d4gvGI3S
小石はワンピースを持って来、みずほの上半身を両肩を抱いて起こしてる間、深衣奈が左右腕に袖を通す。
次いで、小石が腰を抱いて下半身を起こしてる間、樺恋がスカート部分を整える。
 そして、ワンピースのボタンを“深衣奈上から・樺恋下から”で留める。
「いやぁ、着せるのって大変で面白くないね」
「先輩だけ脱がせて」
「そうですぅ」
「うっ。・・・そうだ、先生木崎湖畔での写真だけど」
「いつの間にこんな写真が」
「あの時のだ」
「いいオッパイですぅ」
「苺が私達にくれたんです」
「森野さんが?」
「私も持ってる」
「私もですぅ」
「ネガは苺が持ってるんじゃない」
「何でそんな事を・・・」
「“みずほ先生とエッチした者は伝える様”苺からの御触れ」
「・・・そうなの」
「先生行くの?」
「・・・ええ」
「会長の事だからエッチな事仕掛けてくるかもしれないですぅ」
「・・・でも、あんな写真取り押さえなきゃ」
「数日位休んでから行ったら?」
「・・・そうね。そうするわ」
「私達が貰った写真は?」
「持ってたいの・・・?」
「ええ」
「はい」
「はいぃ」
「・・・じゃあ、持ってればいいわ。無闇に人に見せない事」

126参加するカモさん2009/01/17(土) 06:18:41ID:d4gvGI3S
「はいっ・はいぃ」
「じゃあ、帰っていいのね」
「先生さよなら」
「さようなら・さよならですぅ」
「昨日の買い物だけど・・・」
 エロい事された代として買い物分タダにされた縁川商店だった。
「余り買っていかなかったね」
「そうですね」
「いい先生ですね」
「あっ、そうだ。苺に連絡」
「はいっ」
 森野宅へTELする深衣奈。小石に替わる。
「森野です」
「苺。先生に伝えといたよ」
「・・・そう。ありがとう小石」
「何するんですか?会長?」
「エッチな事・・・うふふ」
「ちゃんと映ってるでしょうか?」
「もちろんよ。皆でダビングして観ましょう」
「わぁい・わぁいですぅ」
 みずほを部屋へ上げる前日、苺から借りた隠しカメラを、小石は自分の部屋へ仕掛けていたのだ。
各角度から6個である。
「じゃあ、これから行くから宜しくね。うふふ」
「会長また色々頼みます」
「期待に添える様頑張るわ」
「みずほ先生落としちゃって下さいぃ。先生と・・・きゃあ」
「小野寺さん妄想は控えめに」
「はいぃ」
「じゃ、ダビング機材宜しく」
「ええ任せといて」
 自分が帰った後の小石・双子?と苺の会話等露知らぬみずほだった。

127参加するカモさん2009/01/18(日) 06:18:52ID:VqbFesLB
今度は森野苺攻・風見みずほ受で。

 小石・深衣奈・樺恋との教え子との、レズビアンな一晩の秘め事から2日経った木崎湖畔にて、
遠望鏡を覗き込んで何処か眺めている森野苺を、みずほは発見した。
「森野さん、何処覗き見してるの?」
「・・・先生ったら・・・変な所観てません」
「そう?」
「先生こそ小石達と一晩あんな事してた割りに元気ですね?ふふふ」
「喋ったの?縁川さん達?」
「口の堅い女の子同士の秘密の会話ですよ。外部には漏らしてません。ふふふ」
「写真の事なんだけど・・・」
「そう言えば、この湖畔で撮ったのよね。うふふ」
「ネガも揃えて渡して」
「渡してって・・・嫌。ふふふ」
「そんな・・・」
「先生、5日後小石の所での服と下着着て私のマンションに来たら考えてあげる。ふふふ」
「・・・約束よ。森野さん」
「ええ、先生の白の紐ランジェリー観たいしね。ふふふ」
「やだっ」
「いいじゃない?草薙君全然相手してくれないみたいね?それまでオナニー禁止」
「そんな事してませんっ、何で桂君の事色々知ってるの?」
「ふふふ・・・そう言えば」
「何?」
「ここで先生ビキニの肩紐が外れて・・・ふふふ」
「やだっ」
「じゃあ、5日後・・・ふふふ」
「さよなら」
「さよなら・・・ふふふ」
 5日後、小石の所でのワンピース・上下ランジェリーに着替え、森野宅のマンションへ向かうみずほ。 
オナニーは云われたからではなくやっていない。
「森野さん」
 少しして。

128参加するカモさん2009/01/18(日) 06:20:08ID:VqbFesLB
「はい、風見先生」
「そうよ、来たわよ」
「いらっしゃい・・・あがって・・・ふふふ」
 ドアが手前に開き、みずほは中へ入る。
「遠路はるばるようこそ。じゃ冷たい物でも」
「えっ、どうも」
 今のテーブルに座り、差し出された赤色のジュースを飲む。実は小石達3人にも、
みずほが来店する少し前来店し、ジュースと偽って飲ませ立ち話後、去っていたのだ。
「そう言えば先生って凄いらしいですね」
「何が?」
「何回もイッタって小石達が」
「えっ。うっ」
「ふふふ」
「ねえねえ?先生?」
「何?森野さん?」
「私ともエッチな事・・・する?」
「なっ、何を」
「先生ったら頑なになって・・・下着指定したじゃない・・・ふふふ」
 みずほから見て右側から、みずほの方へ近寄り、両肩を抱きキスする苺。
「やだっ」
「小石達共したんでしょ?・・・ふふふ」
「ジュースどうだった?・・・先生?・・・ふふふ」
 カラダが熱い。どうやら苺に盛られたらしい。
「せんせ」
「あっ」
 みずほの両胸へ、自分の両胸を擦り付ける苺。互いに服同士だが、平坦な苺には余り感じなくとも、
みずほにはジュースの効果も有りビンビンに感じる。
「気持ちいい?先生?」
「やだぁ、駄目ぇ」
「当分コレね」
 10分程されて、終わった頃にはみずほはへとへとになり、乳首は共に勃起状態になっていた。
にも関わらず、苺は平然としてる。感じないらしい。

129参加するカモさん2009/01/18(日) 06:59:34ID:VqbFesLB
「感じた?先生?」
「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」
「じゃあ」
 今度は唇へキスをしながら、前から伸ばした両手でみずほの尻を撫で回す。
「やっ、やあんっ、やめてぇ」
「ふふふ・・・気持ちいい?」
 撫で回される内、クレヴァス部分が勃起しかけていくのに気付くみずほ。
「やんっ、あんあんっ」
「ふふふ・・・濡れて来た?」
 徐々に、膣内からクレヴァス部分へ愛液が染み出して来てるのが、見らずとも解る。
「じゃあ」
 グッタリしたみずほを背後から両脇を抱え、両脚は床上を引きずる様にして、自分の部屋のベッドへ連れ込む。
「あんっ」
 仰向けに寝かせられるみずほ。小石の時と同じく、ベッド手前床から向かい合った苺にとって、
みずほは“左側頭、右側脚”の位置だ。
 枕も、自分の両胸トップ部分が見える様、45度程の角度のをセットされる。
「・・・さてと」
 みずほの下腹部上へ、体重をかけずに馬乗りになり、両肩を抱く。
そして、唇へキスをしながら自分の両胸をみずほの両胸へ擦り合わせる。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「ふふふ・・・そろそろ服取るわね」
「やっ、やだぁ」
「ふふふ」
 みずほの右手側手前に正座する苺。
エメラルドグリーンのワンピースを、“下から順”に右手でボタンを外し、みずほを脱がせていく。
「わぁ、先生のパンティー少し濡れてる・・・ふふふ」
「やだっ」
 その部分のワンピース布地を、見える様左右に少し開く苺。
「ふふふ・・・さてと」
 胸元へと外しながら脱がしていく苺。

130参加するカモさん2009/01/18(日) 07:15:54ID:VqbFesLB
「うわぁ、勃ってるぅ・・・ふふふ」
 みずほのブラジャーからは、乳首の勃起した様子が丸見えだった。
「やだっ」
「先生感じてるぅ・・・ふふふ」
 両手のひらで左右乳首をブラジャーの上から撫で回す苺。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「ふふふ・・・じゃあ、そろそろ服取るわね」
 みずほの股間部下の両脚上へ、体重を乗せず馬乗りになり、ワンピースのボタンを全部外し後、
上半身を持ち上げ両肩から脱がせて行き、左右順に腕から脱がせていく。
 次いで下半身を、今度は下腹部上へ体重をかけずに馬乗りになり、腰を持ち上げ尻を浮かせ脱がせていく。
「ふふふ・・・まずは服押収」
「やだっ」
「ふふふ・・・まだまだよ先生」
 苺はハンガーへワンピースを掛け、戻り下腹部上へ体重をかけず馬乗りになる。
そして、唇へのキスをしながらも、両手のひらで左右乳首をブラジャーの上から撫で回す。

131HG名無しさん 2009/02/04(水) 14:36:10ID:XLag4R7n
上げ

132HG名無しさん 2009/02/18(水) 02:05:32ID:SKrhBstu
江戸いな。ヲタク。

133参加するカモさん2009/02/18(水) 03:22:40ID:SKrhBstu
書くんなら、みずほ先生が女生徒からレズレイプされる話にすろ。

134参加するカモさん2009/02/19(木) 05:38:53ID:eYxtXsf1
そうですね。続き。

「あんあん」
「うふふふ・・・。さてと」
「えっ?」
 苺は右手を伸ばし、みずほのブラジャーの肩紐を解く。
次いで、背中側を左手を潜り込ませて解く。
「後は取ればいいだけ・・・。うふふ」
「やっ、やだぁ」
「まだまだよ。先生」
 同じ姿勢で唇へのキスをしながら、また両手のひらでブラジャーの上から左右乳首を撫で回す苺。
少しでも動けば取れる状態では、成すがままのみずほである。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「先生可愛い。うふふ。・・・じゃあ」
 跨っていた下腹部から、反対の脚側へと180度転換すると、みずほのパンティーの紐を
“右手で右足側、左手で左足側”と解いていく。
「ここも後は取ればいいだけ・・・。うふふ」
「やっ、やだぁ森野さん」
「うふふ・・・。まだまだよ先生」
 解いただけで何もせず、苺は元の向きに戻ると、またブラジャーの上から左右乳首を撫で回す。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「あの時みたいに、また見たくなったわね。今度は弄らせて貰えそうだし・・・。うふふ。」
 勃起した左右乳首を、ブラジャーの上から摘む苺。
「うふふ・・・。硬いわ。」
「あんっ」
 共に親・人差し指で、強弱をつけ揉んでゆく。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「うふふふ・・・。」
 苺は反転し右手を伸ばすと、さっき解いたパンティーをつけたままの状態で、
親・人差し指でクレヴァス部分の近くの肉を、開閉を繰り替えさせてゆく。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」

135参加するカモさん2009/02/19(木) 05:41:10ID:eYxtXsf1
 次第に、股間が熱くなるのを感じるみずほだった。
だが、苺は何時まで経っても、それ以上はしてこようとしない。
かと言って、教え子に教師がねだる訳にも行かない。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「弄り回して欲しいんでしょ?先生?うふふ・・・。」
「そっ、そんな事・・・」
「そう言う事言うと・・・」
 “ビッ”と、弄ってた二本の指で、最大限にクレヴァス部分を拡げる。
「あんっ」
「うふふ・・・」
「もう止めて、森野さん」
「駄目よ先生。こんなにパンティー濡らしていながら」
「そっ、それは・・・」
「気持ち良くしてあげるから・・・。うふふ」
 今度は開閉を繰り返していたクレヴァス部分横の肉を、同じ二本の指で上下に撫で回す。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「やっぱり、直に弄ったり舐めたりしないとイケないみたいね。こんなに気持ち良い事してあげてるのに・・・うふふ」
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「弄ってア・ゲ・ルから・・・うふふ」
「やっ、やだぁ」
「駄ぁ目・・・うふふ」
 そう言うと、右足側の方から右手人差し指を、パンティー内へと入れて行く。
「あっあっ」
「うふふふ」
 クレヴァス内へ“ズブズブ”と、右手人差し指がゆっくりと入って行く。
「駄っ 駄目ぇ」
「いいじゃない先生・・・。うふふ」
 根元まで入ると、みずほの肉壁を掻き回し始める。 

136参加するカモさん2009/02/19(木) 05:42:15ID:eYxtXsf1
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「気持ちいいでしょ先生・・・。うふふ」
「あっあっあっあっ・・駄目っ・・あっあっあっ・・イクッ・・あっあっあっ・・いっちゃうぅ」
「いっちゃえば楽になれるわよ先生・・・。うふふ」
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっ・・・あっ・・んっ・・・はぁはぁ」
「いっちゃったわね先生・・・。うふふ」
 苺は指を抜くと、付着した愛液を舐める。
「美味しい。・・・うふふ」
「やだっ。あっ、またっ」
 同じ指を、また入れて行く苺。
「あら、今度は抵抗無く入って行くわ・・・。うふふ」
「やだぁ」
「うふふ、今度は突いてア・ゲ・ル」
 Gスポットを突きまくる苺。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「うふふふ・・・愉しいわ」
「あんっあんっあんっあんっ・・・あんっあんっあんっあんっ・・・あんっあっ・・・んっ」
「イッタわね・・・。うふふ」
「はぁはぁ、もう・・・やめて」
「駄ぁ目。うふふ」
 指を抜くと、付着した2回目の愛液を舐める苺。
「こっちは当分休ませてア・ゲ・ル」
「えっ?」
 元の向きに戻ると、ブラジャーの上から左右乳房を揉みしだく。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「うふふふ・・・。立派なオッパイ・・・。愉しませてね・・・うふふ」

137参加するカモさん2009/02/20(金) 05:51:48ID:dft8ioYR
大分して。
「もう、取っちゃうわね。・・・うふふ」
「や、やだぁ」
 みずほは嫌がるが、苺にブラジャーの両胸谷間部分の紐をを右手で剥ぎ取られてしまう。
豊満な両胸が露わになる。
「あの時と同じ、いい胸・・・。うふふ」
 そう言うと、苺はブラジャーをどけて、みずほの両胸を揉む。
そして、左右交互に舌先で乳輪・乳首・乳頭を舐めまくる。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「先生ったら、こんな立派なオッパイして・・・。気持ち良くしてあげるから愉しませてね・・・。うふふ」
「あんっ、駄目ぇ」
「まだそんな事言ってる」
 舐めまくってた左の乳首を『チュッチュ』と吸う苺。 
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「気持ち良いくせに。先生ったら」
「あっあっあっあっ・・駄目っ・・あっあっあっ・・やめてっ・・あっあっあっ・・」
「うふふ」
 今度は同乳首の根元部分を軽く『カリカリ』と噛みながらも、乳頭を舌先で舐めまくる。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「うふふ。コリコリしてるわ」
 暫くして反対側も同じくする苺。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「うふふふ。少し休ませてア・ゲ・ル」
「えっ」
「代わりと言っちゃ何だけど」
 みずほの腰を、左手で浮かせてる間に、パンティーをサッと取る苺。
 取られた際、クリトリスとアヌスの間に指が当たる。
「あんっ」
「濡れてて透けて見えるだけだし、取っても別にいいでしょ。先生?・・・。うふふ」
「やだっ、見ないで・・・」
「休ませてあげてるんだから、ジッとしてて先生・・・。うふふ」

138参加するカモさん2009/02/20(金) 05:52:55ID:dft8ioYR
みずほの股間を食い入る様に見つめる苺。
視線だけでも愛撫されている様な物だ。
「先生も御覧なさいよ」
「嫌っ」
「うふふ」
「あんっ」
 クレヴァス部分付近の肉を、右手親・人差し指で開閉する苺。
「見ないと悪戯しちゃうわよ先生」
 苺に言われ、自分の股間部分を嫌々眺めるみずほ。
枕は45度程の角度な為、両胸の谷間の間から見る事が出来る。
「そうそう、見てたら悪戯しないから先生。」
「一体何時まで・・・」
「さぁ?・・・うふふ」
 そう言いながら、みずほの右手側に陣取り、御嬢様座りのまま股間部分を見つめる苺。
「先生ったら、見つめられてるだけで溢れて来てる」
「言わないでっ」
「うふふ・・・。チョットいい?」
「えっ?」
 みずほの股間部分へと顔を近付け、“レロッ”と“下から上へ”一舐めする苺。
「あんっ」
「美味しい」
「やだっ」
「見られ続けられてるだけでいいの?先生?」
「えっ・・・」
「怖くないから・・・。女同士」
 みずほの股間部分へと顔を近付け、今度は“ピチャピチャ”と“下から上・上から下”と舌先で優しく舐める苺。 
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
 やがて。
「あんっあんっあんっあんっ・・・あんっあんっあんっあんっ・・・あんっあっ・・・んっ」
「イッタわね・・・。うふふ」
 顔に少しかかったみずほの愛液を、右手で拭き取り舐め後、残ってる股間部分も舐める。
「顔にかけられちゃった・・・。うふふ」

139参加するカモさん2009/02/20(金) 06:36:46ID:dft8ioYR
「ゴメンなさいね」
「いいのよ先生。嬉しいんだから」
「嬉しい?」
「そう、嬉しい。」
「??」
 何故嬉しいのか?理解出来無いみずほの両脚を、“右手で右脚、左手で左足”と、
両膝少し上部分を“内から外へ”と開脚する苺。
そして、空いた場所へと正座し、上半身を寝せて股間部分へと口を近づけ、
“下から上・上から下”と舌先で優しく“ピチャピチャ”と舐める
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「うふふ」
 股間部分への愛撫だけでは飽き足りず、みずほの両胸を両手を伸ばして揉みしだく。
乳首は摘まれ、乳頭は両手のひらで撫でられ回される。
「硬いわ・・・先生の乳首。・・・うふふ」
「あんっあんっあんっあんっ・・・あんっあんっあんっあんっ・・・あんっあっ・・・んっ」
「4回目・・・。うふふ」
 そう言いながらも、嬉々として放出した愛液を舐める苺。
そして5,6,7,8回とイカセる苺。
「じゃあ、出なくなったし・・・これで終わり。・・・うふふ」
「森野さん」
「何?先生?」
「写真のネガの事なんだけど・・・」
「そうね・・・。卒業まで持ってていい先生?卒業したら返すから?」
「えっ?」
 意外に大人しい苺だった。
「卒業したら・・・。」
「もう、ここの生徒じゃ無くなるから」
「そうね・・・」
「時々来ていい?」
 “レロッ”とクリトリスを舐める苺。
「あんっ。もう、森野さんったら」
「そう、先生が浮気しない様に」

140参加するカモさん2009/02/20(金) 06:45:15ID:dft8ioYR
「森野さんの前にも縁川さん、宮藤さん、小野寺さんからもされたわよ」
「女なら別にいいのよ。ウチの学校の生徒だし」
「女ならいいの?」
「そう・・・うふふ」
 その後、苺に添い寝され、朝帰りで帰路に着くみずほであった。
「うふふ・・・。撮れてる撮れてる」
 ベッド近くに仕込んでおいた、隠しカメラの映像を編集する苺であった。
「やはり、1,2回目はパンティー取っておくべきだったわね。・・・放出する所見えない」
 見ながら色々独り言を言う苺だった。
「小石や楓にもダビングして見せちゃお・・・。うふふ」

141HG名無しさん 2009/03/14(土) 17:14:34ID:RBHWxFRB
age

142参加するカモさん2009/03/27(金) 02:53:43ID:DNkMJgJG
今度は水澄 楓にするか。
風見みずほ受・水澄 楓攻で。森野苺は視姦で。

あれから一週間経った夏休みの生徒会長室。
「苺いる?」
「いるわよ楓」
「みずほ先生とエッチしたんだって」
「ええ、小石と双子の娘が先なのが悔しいけど」
「しょうがないわよ」
「生徒会長が最初に手をつける訳にも行かないしね・・・。うふふ」
「何してるの?」
「隠しカメラで、保健室のみずほ先生観てるの・・・。うふふ」
「趣味悪」
「そう?・・・うふふ」
「私も観てもいい?」
「趣味悪いんじゃないの?・・・うふふ」
「まぁまぁ」
「いいわよ・・・。うふふ」
「じゃあ」
 近くから椅子を持ってきて腰掛ける楓。
「じゃ、観ましょうか・・・。うふふ」
「うん」
 そうとは知らず、保健室のみずほ。
宿直ゆえ、ここで寝泊りする日が多いのだ。
 あれから一週間経ち、カラダの方が疼いて来てるのを何とか押さえて来たものの、
どうにも我慢出来ない。
“誰もいないしチョットだけなら分からないわよね”
みずほはオナニーを決意した。
“カーテン閉めとけばっと”
 保健室の外側左右窓をカーテンで閉じ、2つあるベッドの内出入り口から見て、
奥の左端のを使う事にし、中へ入ってカーテンを閉じる。

143参加するカモさん2009/03/27(金) 02:56:35ID:DNkMJgJG
「じゃあ・・・と」
 ベージュのスカートを、ボタン・ファスナーを外し脱いで行く。
「わぁ。、苺、白のシルクだよ」
「フリルは無いけど、前の左右部分のレースは花柄ね。・・・うふふ」
「着替えるのかなぁ?」
「そう思う?・・・うふふ。」
「じゃ?まさか・・・オナニー?」
「私がやってから丁度一週間だしね・・・。うふふ」
「わぁ、先生の生オナニー」
「嬉しそうね」
「他の娘とエッチしてるのばっかだったしね」
「良かった?私と先生のエッチは?」
「えっ?まぁ」
「楓も、オナニー途中に踏み込んで、相手してあげればいいじゃない?」
「そっか、頭いい苺」
「いえいえ」
「じゃあ、証拠をっと」
「私はここから観てるね・・・。うふふ」
 苺に利用されてるとも知らず、カラーモニターを眺める楓。
その頃、みずほはスカートをベッド上掛け布団上に置き、白ブラウスのボタンを上から外していた。
「わぁ、また白のシルクブラだよ。苺。」
「パンティーと同じくフリルは無いけど、前の左右部分のレースは花柄ね。・・・うふふ」
「始まるのかなぁ」
「そうね・・・。うふふ」

そうとは知らず、みずほは脱いだ白ブラウスをベッド上掛け布団上に置き、
ベッド上に御嬢様座りする。

144参加するカモさん2009/03/27(金) 02:58:18ID:DNkMJgJG
そして。
「わぁ」
「始めたわね・・・。うふふ」
 みずほは自分の両胸を、ブラジャーを付けたまま両手で愛撫し出した。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
 初めは小さかった声も、次第に大きくなっていく。
少し離れたグラウンドでは、体育部員が夏季練習をしているのだが、みずほの
脳裏には思いつかなかったらしい。
 体育部員達も、自分達の掛け声で、女教師の喘ぎ声に気付いた者はいなかった。
「すごい。揺れてる。」
「1メートル前後はあるわよ。・・・うふふ」
「私・・・」
「行って相手したいんでしょ?・・・うふふ」
「・・・じゃ、行って来るね」
「行ってらっしゃい・・・。うふふ」
 出て行く楓を見送る苺。
「さぁてと、面白そうになったわね・・・。うふふ」
 カラーモニターを眺める苺。
「あんあんあんあんあんあんあんあんあんあん」
 何も知らず、みずほは両胸の愛撫を続けていた。
「やってるやってる」
 保健室前で盗み聞きする楓。
「あれっ?」
 保健室のドアの鍵が施錠されてないのに気付く。
「入っちゃお」
 音を立てずに、進入して行く楓。
「あんあんあんあんあんあんあんあんあんあん」
「ここね」
 楓は保健室のカーテンから、そっと覗いて見た。

 みずほは何も知らず、両胸の愛撫を続けていた。

145参加するカモさん2009/03/27(金) 03:00:29ID:DNkMJgJG
そして、フロントホックを外そうとした時。
「あっ、もったいない」
「えっ?」
 思わず、楓の口から声が出てしまった。
「きゃあああ」
「声がするから、覗いて見ちゃいました」
「言わないでっ。水澄さんっ」
「じゃあ」
「じゃあ?」
「先生の相手させて下さい。」
「えっ?」
「いいじゃないですかぁ。じゃないと・・・」
「分・・・分かったわよ」
 渋々承知するみずほ。
「わぁ」
 スススッと側へ近寄る楓。
「じゃ」
 みずほの両肩を抱き、口づけをする。
「んっ」
 暫くして楓は両手で、みずほの両胸を愛撫し出した。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「先生の胸、大きくて弾力あって素敵」
「やだっ」
「勃ってる。ここ」
 そう言い、楓は勃起してる両乳首をブラの上から人差し指でツンツンする。
「あんっ。駄目ぇ。」
「ふふふ。」
 尚もツンツンする楓。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「先生?取っていい?」

146参加するカモさん2009/04/03(金) 05:09:31ID:tvbp/qe7
「そっ、そんなっ」
「もっと気持ち良くしたげるから」
「えっ?」
「ふふっ」
 そう言うと、楓はみずほの了承を得ぬまま右側へ回り、“左肘下を両肩背中側”へと伸ばす。
そして、右手でゆっくり鳩尾部分を軽く押して行くと、みずほはゆっくりとベッドへと
仰向けになった形になる。

 そうした所で、楓は左手を抜き、みずほの鳩尾部分に顔が来る様、上に股がる。
そして、みずほの両手の外側へ、自分の両手を肘立てにした状態で、みずほの両胸を
両手を伸ばして揉みしだく。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「ふふっ」
 みずほの両胸の谷間へ、自分の顔を埋め左右に振る。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「じゃ、外すね」
 みずほのフロントホックを右手で外す。
「やだっ」
「ふふっ」
 外したホック側を、“内側から外側へ”と広げていくと、みずほの乳房が姿を現した。
「あの時と同じ綺麗な乳首」
 暫し見惚れる楓。
「じゃあ・・・っと」
 右手で、みずほの左側ブラジャー肩紐を肩から降ろして、左手から抜く。
そして右側ブラジャー肩紐も、左手で同じく降ろして抜く。
「これは置いとくね。」
 みずほのブラジャーを、右手でベッド上に置く楓。
「先生?始めるね? 」
「えっ?・・・ええ」
 不本意では無いものの、合意するみずほ。
さっきの“みずほを寝かせて、上に跨った体勢”になり、暫し両胸を舐める様に眺めた後、
楓は、“チョロチョロ”と蛇が舌舐めずりすると、みずほの左胸の乳首へと舌を近づける。

147参加するカモさん2009/04/03(金) 05:11:15ID:tvbp/qe7
146
不本意では無いものの→不本意では有るものの

148HG名無しさん 2009/04/19(日) 05:51:18ID:xCV32e+P
「あんっ」
 楓の舌に“下から上へ”と、乳頭をレロッと舐められるみずほ。
「ふふっ、まだ始まったばかりよ」
 そう言うと、続ける楓。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「ふふふ」
 

149HG名無しさん 2009/04/23(木) 02:27:40ID:t31xKqlQ
続き。
 みずほの両胸を、両肘立ちで伸ばした両手で揉みながら、左乳頭を舐めまくる楓。
楓の左手親・人指し指によって、みずほの右乳首は硬く勃起した状態になっている。
「ふふふ」
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
 今度は、みずほの左乳首を乳輪に沿って舐めるついでに舐める楓。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「次は・・・」
 チュッチュッと、みずほの左乳首を、音を立てながら優しく吸う楓。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「ふふっ」
 大分経ってみずほの左右の胸を交代する楓。
右乳首・乳頭が舐められ、左乳首が指の玩具である。
「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ」
「そろそろっと」
 大分経った頃、みずほの下腹部の上になって愛撫していた楓が、急に起き上がると
みずほの両胸の上に自分の尻を置き、体重をかけずに座ると、みずほの下半身の方を向く。
 そして、パンティーのまま大陰茎を右手親・人指し指で“広げては閉じ”を繰り返す。
「あっあっあっあっあっあっあっあっ・・・あああああああああああっ・・・あっ・・・はぁはぁ」
「イッちゃったね。先生」
「はぁはぁ」
 そう言いながらも、尚も開閉行動を繰り返す楓。
2回目、3回目と、履いているパンティーの布地に勃起したクリトリスが当たって、
愛液を放出するみずほ。
「ふふっ。面白かった」
「はぁはぁ」
「じゃあ・・・」

150はふはふ名無しさん 2009/05/04(月) 15:25:40ID:EG2qZ7ap
みずほのパンティーを、楓は尻の方を先に降ろした後“右手で右腰側左手で左腰側”と、
『ズルズル』と降ろしていく。
「あんっ」
 どうやら、降ろされていく布地によって勃起したクリトリスが擦れたらしい。
「ゴメンなさい先生。でも・・・」
「でも・・・?」
「気持ち良かったでしょ?」
「えっ・・・」
 全く無かったと言う訳では無かった。
「小石から教わったんだよ♪」
 パンティーを膝小僧の所まで下げると、みずほのクリトリスを楓は顔を近づけ
“レロレロ”と舐め始める。
「あっあっあっあっあっあっあっあっ・・・」
「ふふっ」
 大分して
「あっあっあっあっあっあっあっあっ・・・あああああああああああっ・・・あっ・・・はぁはぁ」
「ふふっ、イッちゃったね。先生。」
「はぁはぁ」
 みずほの4回目の愛液放出の後、大陰茎周辺を丹念に舐める楓。
「次は・・・っと」
 みずほのパンティーを、さっきと同じ様に降ろしていき、“右脚左脚”と
順に外して行く。
 そして、脱がしたパンティーに付いてる愛液を裏側から舐めると、ベッドの上に置く。
「ふふっ」
「あっあんっ」
 軽く“チュッチュ”とクリトリスへフレンチキスをする楓。
そして、みずほの両脚を膝小僧内側から両手で少しずつ広げて行き、広げた
両膝小僧間のベッド上へと、みずほの方を向き座る。
「ふふっ」
「あんっ」
 それまで座ってた両胸を、楓は軽く両手で揉みしだくと、顔をクリトリスへと近づける。
“ピチャピチャ”と、みずほの陰部は音を立てる。

151参加するカモさん2009/05/04(月) 15:27:04ID:EG2qZ7ap
舐めるだけでは飽き足りず、舌先を膣内へと挿入する楓。
奥までは届かぬものの、膣内手前をかき回す。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「ふふっ」
「あっあっあっあっあっあっあっあっ・・・あああああああああああっ・・・あっ・・・はぁはぁ」
「5回目だよ♪先生」
「はぁはぁ」
 放出した愛液を舐め取りながら、答える楓。
6,7,8回目と、このやり方でイカせられる事になるみずほ。
「もう出ないみたいね・・・。」
「はぁはぁ」
 8回目の後、20分程舐め回しているが、みずほの陰部からは音沙汰が無い。
「それじゃあっと」
「きゃあ」
 みずほの腹上へと、体重をかけぬ様乗りかかる楓。
みずほの両肩を両手で抱き、舌を絡ませる。
 暫しのキスの後、両手でみずほの両胸を、両乳首がくっつく位まで谷間へと寄せ、
“レロレロ”と、くっついた位に近づいたみずほの両乳首を舐める。
「あっあっ」
「こっちはまだ元気ね。うふっ」
 そうして、みずほの両乳首をくっつけた状態のまま、『乳頭クンニ』『W乳首吸い』と言った
精技を両乳首へと、舌先で捏ね繰り回す様にかけて行く。
「あっあっあっあっあっ・・・はぁはぁはぁ」
「大分グッタリしてるわねぇ・・・先生。」
「はぁはぁ」
 みずほの両乳首を両手の平で撫で回すも、萎えた乳首は両方共全然勃起して来ない。
「先生っ?」
 左手を伸ばして、みずほの陰部をまさぐってみても結果は同じである。
「・・・もう今日はお終いね・・・」
「そうね・・・って・・・苺ぅ!?」
「やっほ」
「いつの間に?」

152参加するカモさん2009/05/04(月) 15:27:52ID:EG2qZ7ap
「楓が生徒会長室から保健室へ行く際、そのまま尾けて来たのよ・・・。うふふ」
「じゃあ、今までのは・・・」
「全部観てたわ・・・うふふ」
 『良かったわ。先生と貝合せしなくて』と思う楓であった。
「・・・?あれっ?苺何してるの?」
「1年の時、沖縄で実験した時の改良版」
「・・・あの時ジュースに混ぜられてた奴ね。」
「こっちは塗り薬」
「・・・で?何を?」
「これをっと」
 苺は蓋を開けると、グッタリしたみずほに『左・右乳首、大陰茎、クリトリス』の順に、
右手人差し指先で塗って行く。
 ・・・暫くして。
「わぁ、勃ってる勃ってる。先生の乳首ぃ。ふふっ」
「クリトリスも顔覗かせてるわ。うふふ」
「出来るかなぁ?」
「あれだけやってるんだから駄目よ。観賞するだけにしときなさい。」
「はぁい」
 蓋を閉め、制服スカート右ポケットへとしまい込む苺。
2時間程すると萎えて勃起しなくなり、楓がさっきと同じ様に両乳首・陰部を愛撫しても駄目だった。
「あ〜あ」
「諦めなさいよ」
「じゃ」
 みずほへと、楓・苺は順に口付けをして、ベッドシーツをかける楓。
「じゃあね、楽しかったよ先生。またしようね」
「私も・・・うふふ」
 そうして灯りを消し夜もふけた保健室から去っていく楓と苺。
「ふふふ」
「何よ?苺?」
「いえいえ・・・こっちの事」
 両乳首と大陰茎、クリトリスは萎えたとは言え、みずほのカラダを朝方まで薬は攻め続けるのだった。
「あ〜。あんっ。・・・もぅ駄目ぇ」

153HG名無しさん 2009/05/10(日) 15:57:26ID:7LXbBcqs
続き。
 次の日の正午前。大分収まってきたカラダの疼きに、まだグッタリのみずほ。
保健室へと、一人の少女が外庭を歩いて来るのに、未だ気付いていない。
「先生」
「!!」
 楓が保健室へやって来た。
それと同時に、少女は保健室前外庭に立ち、みずほ・楓を暫し観るが二人は気付かない。
「先生、まだこの格好」
 手前の、みずほ右手側のシーツから、中へと入って行く楓。
「!?」
 少女には、自分より年上の生徒が、女教師へ何をしようとしてるのか分からなかった。
只、尋常でないアブノーマルな雰囲気は感じられる。
「えっ?またっ?」
「ふふっ」
 仰向けのみずほの閉じてる内モモを、両手で広げると其処へ向かい合った形で正座し陣取る。
そして、みずほの両胸を、両手を伸ばし揉みしだきながら、ヘソ付近を舐めていく。
「あんっ」
「気持ちいい?」
「やだっ」
「直に気持ち良くなるから」
「あんあんあんあんあん」
 通り過ぎる筈が、魅入ってしまう少女。
シーツを楓が剥ぎ取ると、みずほの何一つ付けてない肉体が露わになる。
 暫しヘソを舐めると、大陰茎を舐める楓。
「あんあんあんあんあん」
「ふふっ」
 舌先で突く様にクリトリスを舐める。
「あっあっあっあっあっ、駄っ、駄目ぇ、出ちゃうぅ、あああああんっはぁはぁ」
「出ちゃったね」
 あれから少し元気になったらしく、みずほの愛液が出て来るだろう事を察して楓はやって来たのだ。
愛液を舐め取る楓と、それを窓越しに覗く少女。

154参加するカモさん2009/05/10(日) 15:58:38ID:7LXbBcqs
「じゃあ、また」
「あんっ」
 大陰茎・クリトリスを舐められ2・3回と放出し、愛液を舐め取られるみずほ。
やがて、
「もう出なくなったね」
「はぁはぁ」
 3回目放出から30分、みずほの膣からは幾ら舐めても愛液は出て来ない。
「じゃあ」
 みずほの上へ、体重をかけず乗る楓。
みずほの両胸間の谷間へ、頭が来る様に乗り、両手は両胸を愛撫したまま、
顔を左右に振っては勃起した乳首に刺激を与え愛撫する。
「ああんっ」
「ふふっ」
 やがて左乳首に吸い付き、乳頭を舐めながらも、右胸は揉みしだきながら同乳首を
左手親・人指し指で摘み弄くり廻す。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「ふふっ」
 大分して左右の胸を交代する楓と、それを魅入る少女。
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「愉しい?先生?」
「あんっ、もう駄目ぇ」
「ふふっ」
 みずほの両胸を間の谷間側へと寄せ、両乳首をまとめて舐め&吸いまくり愛撫する楓。
「あんあんあんあんあん」
「ふふっ」
「もうっ、駄目っ。これ以上っ、はっ、あんっ」
「そうみたいね」
「はぁはぁ」
 みずほの右手側のベッド上へ、横になり向かい合う形になる楓。
「昨日から楽しかったよ。先生」
 唇へキスをしたまま、伸ばした右手真ん中3本指は、みずほの膣内へと侵入して行く。

155参加するカモさん2009/05/10(日) 16:00:32ID:7LXbBcqs
「んっんっんっんっ」
「ふふっ」
 みずほの膣内肉壁を弄り回す3本指。
やがて・・・。
「んんっ・・・んっ」
 ほんの数滴だが放出された愛液を、指に付いたのを舐め取り後、大陰茎・クリトリスを舐め取る。
「じゃ、もう帰ろうか?」
「えっ?ええ?」
「じゃ、また今度」
“チュッ”とクリトリスへキスする楓。
「あんっ」
「じゃ、誰も来ないだろうから。夏だし暑いだろうからこのままね」
「水澄さん」
「ふふっ、誰か来たらと思ったら興奮しない」
 慌てて、その場にしゃがみ込み、隠れる少女。
「じゃあね」
 唇へ熱く・長いキスの間、両手の親・人差し指で両胸の乳首を弄繰り回す楓。
「良かった?」
「只、キスだけしてくれたらね。」
「え〜」
「良かったわよ」
「なら良かった。じゃね」
「じゃあ、気を付けて帰りなさい」
 保健室を退室し帰路へ着く楓。
少女も立ち上がり、みずほを観る。
「ふぅ。この頃の女の子って、自分より発達した同性の裸に、異性より興味あるのかしら」
 何人も、そんな女生徒に愛撫されて来たのだ。
そう考えても無理は無い。
「もう・・・私・・・」
 仰向けのまま、自分の両胸を魅入るみずほ。

156参加するカモさん2009/05/10(日) 16:10:44ID:7LXbBcqs
「オナニーしなくても・・・生徒達がしてくれるのかも」
 女同士ゆえ恥ずかしいような、それでいて嬉しいような感がするみずほだった。
それから3時間程経ち、別の下着・服をみずほが着、着終わるや情事を見定め去っていく少女。
「おやっ?」
 窓を開け、外を見渡すも誰もいない。
「気のせいね」
 窓を閉め、グッタリとベッドへ横になるみずほ。
「あの娘達のテクニックって・・・」
思い出すみずほ。
「カラダじゅう弄られて、嘗め回されてる様な責めだからグッタリくるのよねぇ」
 そのまま寝込むみずほ。
楓との情事を観られた少女が、今度の相手とは未だ知る由も無かった。
「うふふ・・・楓ったら」
 生徒会長室内のモニタールームで一部始終観てた苺。
「アノ娘・・・どうするか悦しみね・・・うふふ」
 あの少女が、いずれ起こすであろう一波乱を考えて面白がる。
「まぁ、みずほ先生には悪いけど・・・うふふ・・・」
 苺には手に取るように分かるらしい。
「面白い事になりそう・・・うふふ」

157HG名無しさん 2009/05/12(火) 05:02:02ID:7yhS8wC8
次は社 裕香攻め&相変わらずの風見みずほ受けでw

 水澄楓とのプレイから、3日経った夏休み中の木崎高校内保健室
ぐったりと、みずほは保健室ベッドで仰向けに寝ていた。
 熱帯夜で昨日から暑かったのである。
「暑〜い」
 時間は8時前である。
「クーラーないのよねぇ」
 扇風機が回るだけである。
また、女生徒に襲われそうな気がする為、服はちゃんと着ているみずほであった。
「いっそ、全部脱いでさっぱりしたいわ」
「えっ?」
 女生徒の声がして、開いた窓から顔を出すと、他校の生徒と思われる女生徒が、
こっちを見ていた。
「あっ、あの・・・あなたは?」
「私は社 裕香と言います。宮藤深衣奈さんの友人で、どんな所か学校を見学してました。」
「宮藤さんの?」
「はい」
「あっ、私は宮藤さんの担任の風見みずほと言います」
「風見先生・・・ですか?」
「みずほ先生でいいわよ」
「はい・・・、みずほ先生」
 やたら、Tシャツ越しの胸を、バツが悪そうにしながらも、『チラチラ』と
見る裕香。
「あのぅ?」
「同性のカラダに興味あるの?」
「えっ?いや、その、凄いなと思って・・・」
「そう?」
 “何?この先生?誘惑してるの?”
“またこの娘も、私のカラダ目当てなの?こんな格好してるから?”
 互いに詮索する二人。

158参加するカモさん2009/05/12(火) 05:03:24ID:7yhS8wC8
「え〜と、冷たい麦茶でもどう?」
「あっ、いただきます。」
 ティーポッドの麦茶をカップへ注ぐみずほ。 
「じゃ、お邪魔します」
「はい」
 靴を脱いで、窓から入って来る裕香。
「ここの間取り知らないもので」
「仕方ないわね」
 “確かに、この場合仕方ないな”と思い、敢えて何も言わないみずほだった。
「ごちそうさま。美味しかったです」
「いえいえ」
「そう言えば。宮藤さん元気にやってます?」
「ええ、元気よ」
「そうですか・・・良かった」
「会ったの?」
「こないだ。元気にやってるなら下手に会わないほうがいいんです・・・」
「そう・・・」
「ええ・・・」
 何と無く気まずい雰囲気に、話題を変えようと辺りを見渡す裕香。
「そう言えば・・・って、ええっ!!」
「何?何?」
「凄いパンティー」
 裕香の視線の先には、みずほが手もみで洗って、影干してあったシルクの
ブラジャーとパンティーがあった。 
「共に紐ですね・・・」
「えっ・・・ええ・・・そうね・・・」
「女教師が着けるには派手ですね」
「そっ、そうかしら?」
「白とは言え」
「白ならいいんじゃない?」
「良くありませんよ」

159参加するカモさん2009/05/12(火) 05:04:45ID:7yhS8wC8
「そっ、そう?」
 みずほのスカートを、ジッと見つめる裕香。
「なっ?何?」
「ああ言う下着穿いてるんですか?」
「えっ?いや・・・その・・・」
 バツの悪いみずほ。
そんなみずほの、白の膝上スカートを、裕香は右手親・人差し指で、前の布地先を持ち、
めくる様なジェスチャーをする。
「先生エロイ」
「あのね、そんな事する社さんの方がエロイと思うわよ」
「先生。私、3日前・・・」
「3日前?」
 “まさか”と思いながらも聞き直すみずほ。
ピラピラとスカートを弄る裕香。
「先生。ここの上級生と、このベッドの上でセックスしてたでしょう?」
「セックスって、あれは・・・」
「先生って、生徒とそんな事を・・・」
「違いますっ」
「でもね・・・先生」
 嫌な予感がするみずほ。
みずほのスカートの位置へ、裕香は膝を折り“体育座り”の状態で顔を合わせる。
 そして、ピラピラさせながら覗き込む真似をする。
「社さんっ」
「私にも同じ事させてくれたら言わないから」
 急に立ち上がる裕香。
みずほの両胸と裕香の顔が、同じ位置な為困惑するみずほ。
 裕香はニンマリと嬉しそうだ。 
「そんな・・・」
「いいじゃない先生。暑いでしょ?」
「えっ?」
「脱いじゃえば?」

160参加するカモさん2009/05/12(火) 05:17:46ID:7yhS8wC8
「そんな・・・」
「私と・・・しよっ」
「えっ?」
「先生」
 そう言うや、みずほの両肩を抱き、キスをする裕香。
 上下ジャージの自分の乳房を、みずほの緑のTシャツ一枚の乳房へ擦り合わせる。
「やっ、やだっ」
「嘘っ、感じてたくせにっ」
 何度も何度も擦り合わせてる内、みずほの方が先に感じてきた。
「はぁん、はぁはぁ」
「ほらぁ、先生ったらぁ」
「やっ、やめて社さん」
「やめない。私もチョット気持ち良いから」
「社さん・・・」
「先生も気持ちいいんでしょ?」
「う・・・うん」
「なら、いいじゃない」
「え?」
「先生のエッチな声もっと聞きたい」
「社さん・・・」
「みずほ先生・・・」
 裕香は長いキスの間、みずほのスカートを彼女の背中側から伸ばした右手で
ファスナーを降ろしボタンを外す。
“パサッ”と落ちるみずほのスカート。
「ふふっ」
「いやっ」
「見ちゃおっ」
 両肩から両手をどけ、一気に座り込む裕香。
「わぁ」
 そこには、白の花柄のレース付シルクパンティーが映っていた。

161HG名無しさん 2009/05/14(木) 19:15:29ID:llQdFKW9
「ふふっ」
「何?」
「先生のパンティー少し濡れてる」
「やだっ」
「ふふっ」
 そう言うと、みずほの大陰茎部分へと、鼻先を近づける裕香。
「エッチな臭い。先生ったら女生徒相手に、こんなおつゆ出してぇ」
「嗅がないでよ」
「ふふっ、いい臭い」
「やだっ」
 暫し嗅いだ後、保険室内机上の聴診器に、いい事を思いつく裕香。
「そうだ」
「きゃっ」
 不意に立ち上がった裕香に、ビックリするみずほ。
「先生を〜♪」
「何?」
 みずほの両肩を両手で抱きながら、自分の両胸を上下ジャージのままで、
Tシャツ一枚のみずほの両胸へとグリグリ擦り合わせる。
「やっ、嫌っ」
「先生診察させてよ」
「えっ?」
「聴診器で・・・ねっ?」
「ええ〜」
「いいじゃない・・・ねっ?」
 自分の両胸と擦り合わせながら、みずほの唇へとキスする裕香。
「感じてるんでしょ?」
「そっ、そんなっ」
「別に悪い事じゃないじゃない?」
「そんな・・・」
「それとも、先生は他校の生徒じゃ駄目なの?」
「えっ?」

162参加するカモさん2009/05/14(木) 19:32:03ID:llQdFKW9
「自分所の生徒だったら同性でもいいんだっ」
「いや、あの時は・・・」
 “オナニーしようとしてた時に入り込まれ、性交する羽目になった”とも言えないみずほ。
「ねぇ?」
 みずほの左肩を抱いてた右手で、みずほのTシャツを“ピラピラ”と、ヘソ前をめくる。
「やだっ」
「私の方が上手いかも知れないよ」
「えっ?」
「ねっ?」
 そう言うと、返答も待たずに両肩を抱いたまま長い口づけをし、診察机へと連れて行く裕香。
「あんっ」
 自分のに、裕香の両胸が当たる度、軽く喘ぎ声を出すみずほ。
「ふふっ」
 診察机前には、2台共に“台車の付いた&背もたれの無い&座るシート部分が丸型”の、
グレイの椅子が有った。
 その内の一台にみずほを座らせ、自分は机側の方の椅子へ座り、向かい合った形になる。
「じゃあ」
 聴診器を、両耳へとはめる裕香、
「診察したげる」
 みずほの両肩を両手で抱きながら、自分の両胸をTシャツ一枚のみずほの両胸へと
グリグリ擦り合わせ、唇へとキスする裕香。 
「はぁんはぁん」
「うふふふ。気持ちいいでしょ先生?先生の気持ち良くなったオッパイ私に見せて」
「そんなっ・・・、やっぱりっ・・・」
「まだまだ・・・ね」
 擦り合わせるテンポを早め、強く擦り付けるようにする裕香。
「はぁはぁはぁはぁ」
「ふふっ。先生、これ以上抵抗しても意味無いから。」
「はぁはぁはぁ」
「見せて診察させてくれたら誰にも言わないから」
「誰にも・・・?」

163HG名無しさん 2009/05/15(金) 06:43:15ID:4CseHIwd
「うん、先生の事他の子に喋って、その子が先生とエッチしたら嫌だし」
「そう言う意味?」
「うん、じゃあ」
 両肩を抱いてた両手で、みずほのTシャツを前から、上へと捲り上げる裕香。
「きゃっ」
「わぁ、大きいオッパイ。ブラジャーなんかしてたら窮屈じゃない?」
 白・花柄のレース付シルクのブラジャーで、パンティーとセットらしい。
「ふっふっふ」
「嫌な笑い方・・・」
「じゃあ先生の胸が乳癌になってないか確かめてあげる」
「え〜」
「まぁまぁ」
 自分側の椅子に座り、みずほの右肩を左手で抱いたまま長い口づけをする間、
聴診器の先で右胸をブラジャーの上から触診する裕香。 
「やだっ、変な所しないでっ」
「変な所って?」
 そう言いながら、トップの乳頭部分を聴診器の先で撫で回す。
「やっ、やだぁ、はぁんっ」
「感じてるの?先生ったら?」
「やっ」
「気持ちいいんでしょ?したげる」
 聴診器の先で、時計回りに弧を描く様に、ブラジャーの上からトップの乳頭部分を
撫で回すと、次第にみずほの右乳首が硬く勃起して来た。。
「先生っ、勃ってる勃ってる」
「言わないでよ」
「じゃあ、こっちもね」
 今度は聴診器を左手に持ち替えると、みずほの左肩を右手で抱いたまま長い口づけを
しながら、聴診器の先で左胸をブラジャーの上から触診する。
「はぁんっはぁんっ」
「先生ったら、他校の女子生徒にオッパイ弄られて感じてるんだぁ」
「言わないで。はぁ、自分がやってるくせに・・・んっ」
「そうね。ふふっ」 

164参加するカモさん2009/05/15(金) 06:49:36ID:4CseHIwd
「そうよ、先生の乳首勃てて愉しい?」
「愉しい」
 “聞くまでも無い”と思ったみずほだった。
そんな女生徒だからこそ、自分にこんな事をしている訳で、ノン気ならする筈無い。
「はぁんはぁん駄目ぇ」
「もう、先生ったらぁ」
 また右胸へと戻ると、大分して左胸へ戻る。
それを計3回されると流石に上半身を起こしているのが辛くなるみずほだった。 
「流石に胸ばかりじゃねぇ」
「えっ・・・」
「解ってるくせに。胸弄られただけで満足出来るの?」
 みずほの両脚を、内腿部を両手で広げ、みずほの脚が退いてその分空いた場所へ
自分の脚を近づけ、密着する。
「先生・・・ふふっ」
 みずほの右肩を左手で抱いたまま、長い口づけをしながら、右手で持ってる聴診器の先で
大陰部をパンティーの上から触診する。
「はぁんっ・・・はぁんっ・・・やっ、やめっ」
「気持ちいいくせに。ふふっ」
 “上から下&下から上”と撫で回され、緩んでいくみずほの大陰部。
関を切って出ようとしている中からの物を、必死に押し留めているのである。
「もっ、もう止めてっ。出ちゃうっ」
 そう言われても、裕香は止めない。
「止めっ・・・止めてっ・・・出ちゃうっ・・・出っ・・・」
 言い終わらぬ内に愛液を放出するみずほ。
「ふふっ。先生?気持ち良かった?」
「ああ・・・はぁはぁ」
 暫し手を休め、愛液を放出した大陰部をパンティー越しに見入る。
その部分は濡れ、ピッチリと張り付いており、クレヴァス部分が容易に解る。
「いやらしい。先生ったら同性の生徒に愛液出して・・・」
「自分が弄ったからでしょ」
「そんなに愛されてるんじゃあ・・・ねっ」
「何?」

165参加するカモさん2009/05/15(金) 18:05:55ID:4CseHIwd
「イッパイしたげるっ」
「・・・やっぱり」
「うんっ」
そう言うと、裕香は左手を、みずほの右横腹から背中へと伸ばしてしがみ付き、
顔をブラジャー越しに両胸の谷間に埋め、聴診器を持った右手で大陰部を
パンティー越しに、愛撫する様に聴診器の先で撫で回す。
「あんっあんっ」
「ふふっ、大きなオッパイ」
「嫌っ。んっ」
「先生のオマンコが病気かどうか診て上げるっ」
「はぁはぁはぁ・・・駄目ぇ・・・出っ・・・出ちゃうぅ・・・んっあああああぁんっ
・・・はぁはぁ」
「イッちゃったみたいね。先生」
「はぁはぁ」
「ふふふ。じゃあ、また」
「え〜」
「気持ちいいくせに」
またも同じ様に、大陰部をパンティー越しに、愛撫する様に聴診器の先で撫で回す裕香。
「駄目っ・・・出ちゃうぅ・・・あああああぁ・・・んっはぁはぁ・・・」
「3回目っと、ふふっ気持ちいいでしょ?」
「もう、やめて」
「駄〜目っ、あの生徒とはあんなにやっといて」
「次はっと、乳首どれだけ硬く勃起してるのか見たいなぁ」
 みずほの背後へ回り込み、彼女の両脇から両手を伸ばして両胸下へ抱きつく。
「ブラジャー取ろうね」
「嫌っ」
 左耳の隣から囁かれ、拒否するも、両手でみずほのフロントホックを外しにかかる裕香。
「外れたっ」
「!!」
「じゃあ、っと。ふふっ」
 みずほのブラジャーカップを直ぐに取らずに、ゆっくりと両手で開帳していく裕香。 
「わぁ、綺麗な乳首ぃ」

166参加するカモさん2009/05/15(金) 18:07:48ID:4CseHIwd
「やっ、見ないでっ」
「こんなに勃起して、そんなに女生徒から弄って貰いたいのかしらね。
ふふっ、たっぷり診察ついでに可愛がってア・ゲ・ルから」
「あんなに聴診器で弄っといてっ」
「やっぱり、直に見たら興奮して来ちゃった」
 自分用の椅子へと座り、向かい合う。
 そして、みずほへ口づけしながら、左手を彼女の右肩へ置き、左乳首を愛撫する様に
聴診器の先で撫で回し弄ぶ裕香。
「はぁはぁはぁはぁはぁ」
「もっと気持ちいい声出して」 
「はぁはぁはぁはぁはぁ」
「ふふっ」
 左乳輪の周りを時計回りに、聴診器の先で撫で回し始める裕香。
「どう?」
「えっ?」
「気持ちいい?」
「・・・」
「あまり気持ち良くないんでしょ?」
「・・・」
「じゃあ、これはっ」
 左乳頭部分を、聴診器の先で撫で回し始める裕香。
「あっ・・・駄目っ・・・そんなに速くしちゃ・・・」
「ゆっくりならいいのね。ふふっ」
 テンポを落とす裕香。
「はぁはぁはぁはぁはぁ」
「次は右ね。ふふっ」
 みずほへ口づけしながら、右手を彼女の左肩へ置き、右乳首を愛撫する様に
聴診器の先で撫で回し弄ぶ裕香。
「はぁはぁはぁはぁはぁ」
「ふふっ。こっちの乳首には、待たせた分たっぷり可愛がってア・ゲ・ル」
「はぁはぁはぁはぁはぁ」

167参加するカモさん2009/05/15(金) 18:26:47ID:4CseHIwd
 大分して。
「背もたれ無しの椅子じゃ辛そうね。その前にっ・・・と。」
 前から伸ばした両手で、みずほのパンティーを後ろ側を半分ほど降ろす。
「なっ」
「アソコどうなってるか見たい」
「え〜」
「いいじゃない。お医者さんごっこした仲なんだし」
「うっ・・・」
 みずほの広げた両足を一時閉じ“スルスル”と前も降ろしていく。
「うわぁ。ビチョビチョ」
「こんなにさせたくせに」
「だから責任もって」
「え?」
「最後の一滴が出終わるまで可愛がってア・ゲ・ル」
「・・・うっ」
 みずほの背後に回り、先ずは右手で両胸下部分にしがみ付き、上半身を浮かせる。
その間、伸ばした左手がパンティー左腰側を降ろす。
 その手順でパンティー右腰側も、左手で両胸下部分にしがみ付いて上半身を浮かせる間に、
“スルッ”と、伸ばした右手により降ろされる。
 そうやって、膝小僧と両股の間まで降ろされたパンティーは、背後から正面へ向かった裕香の
両手によって降ろされていき“左脚先・右脚先”順に脚先から抜けて行く。
「パンティービチョビチョ」
 そう言うと、付いてる愛液を舐め取り、済むとパンティーを診察机上に置く。
「ではまた、御開帳」
 そう言うと、みずほの両脚を、両手で“ガバッ”と広げる裕香。
「あんっ、そんなに荒かましくしないで」
「優しくして欲しいのね先生?ふふっ」
「そんなっ」
「じゃあ優しく・・・」
「・・・優しく・・・」
「舐めた後診察してア・ゲ・ル」
 みずほの正面に座り、“レロレロ”と愛液で濡れたクレヴァス部分を舐める裕香。

168参加するカモさん2009/05/15(金) 18:52:07ID:4CseHIwd
「あんあんあんあんあん」
「ふふっ、先生ったらっ」
 舐め取り終わると、右手の聴診器でクレヴァス部分を触診する。
「あんっ、駄目ぇ、出ちゃうぅ、んっ・・・はぁはぁ・・・」
「ふふっ」
 聴診器先に付いた愛液を舐め取り後、クレヴァス部分も舐め取る。
「次は左手でね」
 今度は左手の聴診器先で、クレヴァス部分を触診する。
「あんっ、駄目ぇ、出ちゃうぅ、んっ・・・はぁはぁ・・・」
「ふふっ、5回目ね。いただきます。」
 またも愛液を、“聴診器先、次いでクレヴァス部分”と舐め取る。
「大分辛そうね。その前に・・・っと」
 みずほの背後へ、椅子へ座ったまま回り込む裕香。
「ブラジャー取ろうね」
 “右手で右肩紐、次いで左手で左肩紐”を外側へと降ろしていく。
「じゃあ、これはここへ・・・っと」
 左肩紐を降ろす際、背中側部分を右手で摘み、診察机上へと置かれるブラジャー。
「ついでだし・・・ふふっ」
 みずほの両脚股間近くへと、座ったまま自分の両脚を伸ばして内膝関節で羽交い絞めにし、
両脇の下から伸ばした両手で両胸を揉みしだく。
「ああんっ、強いっ」
「陸上部だからね握力あるよ」
 そこいらの男子に負けない握力である。
桂よりも強く揉まれ、うろたえるみずほ。
「ふふっ、まだまだよ」
 ピッチを上げる裕香。
「もう駄目ぇ。そんなにしないでぇ」
「じゃあ」
「じゃあ?」
「ベッドでエッチさせてくれるなら優しくしてア・ゲ・ル」
「うっ」
「嫌ならもっと揉んで大きくしてア・ゲ・ル」

169HG名無しさん 2009/05/16(土) 04:51:43ID:MTilDxQe
「ベッドで・・・いいです」
「渋々ね、あの女生徒よりも気持ち良くしてあげるからぁ」
 そう言い、みずほの両胸を優しく両手で揉む裕香。
「ああんっ」
「これっぽっちが気持ちいいのぉ?可愛い先生」
「可愛いって」
「ホレホレ」
 同じく、みずほの両胸を優しく両手で揉む裕香。
「あんっ、駄目ぇ」
「ふふっ」
 両手で優しく、みずほの両胸を揉み解していく裕香。
「ああんっっ」
「ふふっ、そうだ」
「えっ?」
 今度は背後から正面へと戻り、椅子に座ったまま、みずほの広げた両脚
(共に股間部分近くの前側腿)の上に、自分の両脚(共に膝小僧より少し上後ろ側)を置き、
ガッチリくっついた状態にする。
 そして、みずほの両脇の下を両手で持ち上げ、舌先で“チュッチュ”と左胸の乳首を吸う。
「はぁんっはぁんっ」
「気持ちいいでしょ?先生?」
「そんなにっ・・・吸っちゃ・・・駄っ・・・駄目ぇ・・・」
「じゃあ舐めたげる。ふふっ」
 “レロレロ”と、乳頭部分を這い回る様に、舌先が蠢く。
「あっあっあっあっあっ」
「ふふっ、オッパイ揺らして可愛い」
 両脇の下を持ち上げていた両手を、揺れ動かない様に両胸へと移動させ、
胸元部分をしっかり握る。
「ふふっ」
 そして“左右”順に乳首を舌先で弄ぶ。
「はぁんっはぁんっ」
「そうそう、気持ちいい声もっと出して」
「もう、これ以上は駄目ぇ」

170はふはふ名無しさん 2009/05/17(日) 06:26:48ID:tLn/Fe3t
「そうね、かれこれ2時間位エッチしてるわね」
「もう、フラフラ〜」
「そうね、じゃあ」
 みずほの両脚上に置いて、腰下にしがみ付いてた両脚を、裕香は解き立ち上がる。
「ベッド行こう」
「ええ〜まだぁ」
 みずほの右半身側から背後へ回り込み、両脇下から両手を伸ばして両胸にしがみついたまま、
奥側の保健ベッドへ椅子ごと連れて行く。
「もう、やめてぇ」
「まだまだ、挿れてないんだからっ。ふふっ」
 ベッド前に連れて行くと、前に今度は回り、両脇下に伸ばした両手で、
ベッドへと上半身を奥へと寝せて行く。
「ああんっ。もうやだぁ」
「駄目よ先生」
 寝せ終えると、向って奥側から枕側の左側へと、みずほの頭を移動させる。
上半身をさっきの要領で起こし、枕側へ移動させる。
 ついでに両脚も、両膝下後ろ側を両手で持ち、頭と正反対の向きに移動させる。
「じゃ、また始めるねっ」
「え〜」
 仰向けになった状態の、みずほの右半身側へ自分の前半身を向け、頭も同じ向きにする。
ピッタリくっついた形で、右胸の所に自分の頭が来る様にする裕香。
「それじゃ」
 右手を伸ばして、みずほのクレヴァス部分から、真ん中指3本を膣内へ挿入させていく。
「あっあっあっあっあっ」
「気持ちいい?かき回されて」
 次いで、左手を“右脇下から背中を通り左脇下”へと出た後、左胸を揉みしだく。
人差し・中指は乳首を挟んで捏ね回し、後の3本は乳房を揉み解す役だ。
「握力すごいでしょ?」
「ああんっ。強いぃいい。そんなにしちゃっ駄目」
「ふふっ」
 最後に、眼前の右胸乳首を“パクッ”と口に含むと、軽く前歯でカリカリ甘噛みしながら、
舌先で舐め転がし乳頭部分を突く。

171参加するカモさん2009/05/17(日) 06:46:58ID:tLn/Fe3t
「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ」
「ふふっ。ベッドの上だから後ろへ転倒の危険は無いわ。」
 大分して6回目の放出後も続行して、7回目を大分して放出するみずほ。
「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」
「ふふっ」
 右手に付いた愛液を舐め取り後、みずほのクレヴァス部分に付いた愛液を、顔を近づけて行き舐め取る。
「あっあっあっあっあっ」
 舐め終えると、今度はみずほの左半身側へ自分の前半身を向け、頭も同じ向きにする。
ピッタリくっついた形で、左胸の所に自分の頭が来る様にする。
「今度は左ね」
「もう・・・出ないから」
「怖くないから先生」
 そう言うと、さっきと同じ様に左手を伸ばして、クレヴァス部分から真ん中指3本を、
膣内へ挿入させる。
「んっ」
「もう、あまり感じないみたいね」
 次いで、手を“左脇下から背中を通り右脇下”へと出た後、右胸を揉みしだく。
人差し・中指は乳首を挟んで捏ね回し、後の3本は乳房を揉み解す役だ。
「あっあっあっあっあっ」
「こっちは、まだまだ元気ね。じゃ、こっちは?」
 そう言うと、眼前の左胸乳首を“パクッ”と口に含むと、軽く前歯でカリカリ甘噛み
しながら、舌先で舐め転がし乳頭部分を突く。  
「はぁはぁはぁ」
 成す術も無く、されるがままのみずほ。
だが、裕香は最後の一滴が膣内から放出されるまで止める素振りは無さそうだ。
大分して8回目、それから大分して9回目と愛液を放出した頃には、みずほは流石に
グッタリとして声をあげる余裕も無かった。
「流石にやりすぎちゃった。先生ゴメンネ」
 そう言って、自分の左手に付いた愛液を舐め取り後も、ちゃっかりクレヴァス部分のも
舐め取る裕香だった。
「もうっ、舐めるの止めて」
「だって、先生が私に出してくれたんだから・・・」

172はふはふ名無しさん 2009/05/18(月) 06:19:53ID:530ObuzG
「だからって・・・」
「はいっ、きれいになった」
「済んだの?」
「うん」
「そう・・」
「でも・・・こっちは・・・!」
「えっ?!」
 そう言うと、裕香はみずほの上へと覆い被さり、両胸の間の谷間へ顔を埋める。
「ふふっ、ここはまだ感じるでしょ?」
「もう、いい加減にしてぇ」
「駄〜目」
 両手で両胸を揉みしだきながら、左胸の乳首を舐めまくる裕香。
「あんっあんっあんっあんっあんっ」
「気持ちいいでしょ?乳首こんなに硬く勃起させて」
「あっあっあっあっあっ」
 恥ずかしい気持ちで一杯になりながらも、そう云われた乳首を見てみるみずほ。
裕香の舌先によって玩具にされ、嬲り回されながらも、“もっとしてくれ”と
云わんばかりにピンピンに勃っている。
 自分のカラダはグッタリしていると言うのにだ。
「ふふっ」
「あああああぁ」
 『チュー』と、思いっきり乳首を吸われ、仰け反り返るみずほ。
裕香は吸い付きまくって止めようとしない。
 頭が真っ白になるみずほ。
「止めてっ、・・・これ以上されたらっ、・・・私っ」
「そうね。・・・じゃあ」
 強烈な吸い付きを止め、みずほの顔を見つめる裕香。
「・・・じゃあ?」
 “何か無理難題か?”と思いながら、怪訝そうに裕香を見つめるみずほ。
「それじゃあね」
「あんっ」
 今度は右胸の乳首にむしゃぶりつき、嘗め回す裕香。

173参加するカモさん2009/05/18(月) 06:34:16ID:530ObuzG
「私が舐めてる間、自分の乳首ジッと見ててくれたら、激しく吸い付いたりしないから」
「ホントに?」
「うん。じっくり嘗め回したいんだ」
「分っ、分かったわよっ。見てるから、あんまり激しくしないでね」
「うんっ」
 ニンマリと笑う裕香。
「じゃ」
「あんっ」
 みずほの右胸乳首へ“パクッ”と喰らい付くや嘗め回し始める。
たまらなくなり仰け反るみずほ。
「ちゃんと見ないと、また吸い付いちゃうから」
「分っ、・・・あんっ・・・分かったから・・・んっ」
 “また吸い付かれたらたまらない”と、嬲られてる自分の乳首を恨めしそうに見つめるみずほ。
「ふふっ、先生が見てる」
「あんっあんっあんっ」
 段々と変な気分になって来るみずほ。
自分の乳首が舐め回されていると言うのに、裕香の舌先の方を応援して来出す。
「もう、先生の乳首がそんなに舐めたいの?悪い舌先ねぇ」
「えっ?」
 余りの変貌に一瞬戸惑う裕香。
「そうなの、先生の乳首美味しくて舐め回すの大好きなの」
「もう、悪い娘ね。そんなに大きな胸好きなの?」
「うん」
「じゃあ、たっぷり可愛がってね。」
「あの?先生彼氏いないの?」
「ええ、だから色んな女生徒達が気に掛けて相手してくれるの」
 “いない”と、嘘をついてしまうみずほ。

174HG名無しさん 2009/05/21(木) 03:56:52ID:ed7p4lgF
「そうなんだ。じゃあ、オナニーとかした事無さそう」
「まぁ、女生徒の皆から弄繰り回されてるから」
「先生が・・・」
「えっ?」
「先生がオナニーしてるとこ観てみたい」
 『自分でやる分では飽き足らずに、人にさせようと言うの?』と思うみずほ。
「ゴメンネ。先生の、社さんに全部舐め尽くされちゃって、弄っても出ないのよ」
 大人っぽく言い訳するみずほ。 
「別にアソコだけがオナニーじゃ無いわよ?先生?」
「うっ・・・」
「先生の立派な胸・・・」
「自分の揉んだりする様な力、もう腕に無いわよ」
「そうね・・・じゃあ・・・」
 丁度枕で45度の角度になってて、自分の胸・股間部分が見えるみずほの顔へと、
彼女自身の左胸を近づける。
「・・・舐めてみて・・・」
「・・・えっ?・・・」
 そう言われ、狼狽するみずほ。
「舐・め・て」
「ううっ」
 目の前に左胸乳首を近づけさせられて、『舐めろ』と強要されるみずほ。
「舐めないんだったら・・・」
 “パクッ”っと、右胸乳首に喰い付き、舐め始める裕香。
「舐めるまで、こっち可愛がってア・ゲ・ル。ね。」
「そっ、そんなにっ、激しくっ、分かったからぁ」
「うふっ。じゃあ、よろしく」
「ううっ」
顔前へと近づけられた自身の左胸乳首を口に含む。
「わぁ」
「ねぇ、やめない?」
「駄〜目っ。舐め回して」
「ううっ」 

175参加するカモさん2009/05/21(木) 04:38:09ID:ed7p4lgF
 渋々と、裕香に云われた通り、自身の口に含んだ左胸乳首を嘗め回してみる。
「ふふっ。舐めてる。舐めてる」
 みずほの左胸を、右手で押さえて舐めさせながらも、少し揉んでいく裕香。
「ふぅんっ」
「ふふっ」
 舐めていく内に、自ずと舐める舌に激しさが加わって来る。
自分でも分からない内に、それは加速して行く。
「じゃ、こっち舐めるね。ふふっ」
「ええ」
 みずほの右胸の方の乳首を、乳房を左手で押さえ、軽く揉みながらも口で含み、
舌先で乳首の周りに絡み付く様に舐めて行く。
「ううっ」
「ねぇねぇ?」
「えっ?」
「舐められてる方と舐めてる方、どっちが気持ちいい?」
「・・・どっちも・・・」
「先生ったらぁ」
「んんっ、はぁはぁ」
「じゃ優しく舐めてあげるね」
「うん」
「その代わり、激しくする分の倍だからね」
「えっ、ううっ」
「運動系は激しいのが好きなの」
「優しくして・・・ね」
「うんっ」
 自分の左胸乳首を舐めながらも、舐められてる方の右胸乳首を“怖いもの見たさ”で、
つい見てしまう。
 くわえられてるので見えないが、硬く勃起した右胸乳首は、『ピチャピチャ』と
如何わしい音を立てながら、裕香の舌先で玩具にされ舐め転がされている様だ。
「はぁはぁ」
「ふふっ」
 裕香がこっちを向き、目と目が合う。

176参加するカモさん2009/05/21(木) 04:39:49ID:ed7p4lgF
「うっ」
 “にんまり”され、目線を左へと逸らすみずほ。
やがて、幾度と無く目と目が合う内、始めは“左、右”と、“にんまり”される度
目線を逸らしていたみずほも、“にんまり”されても動じず、『ふふっ』と
微笑み返す様になった。
「先生変わったね」
「そう?」
「あの生徒の時とは違うよ」
「社さんが他校の生徒だからじゃないかしら」
「ここの生徒じゃ猫被ってるんだ」
「そうじゃないけど、ここの生徒だと噂になって、女子生徒から纏わり付かれて、
胸とかアソコ弄繰り回されるの嫌なのよ」
「愛ってのが無いと駄目?」
「やっぱり、ある程度ね。女同士、教師と教え子なんですもの」
「ねぇねぇ?」
「何?」
「何人の女生徒とエッチしたの?」
「そうね。一回目が縁川小石さんで、途中宮藤深衣奈さん、小野寺樺恋さんが加わって・・・」
「えっ?宮藤さんもしたの?」
「したの?って。まぁ弄り回されたんだけど」
「先越された」
「次が森野苺さん。生徒会長よ」
「生徒会長が・・・」
「ええ・・・。いやらしい事いっぱいされたわ」
「へぇ・・・」
「次が、社さんが此処の保健室で見かけた水澄楓さんよ」
「そうなんだ。じゃあ、今の所5人で、私で6人目」
「そうよ」

177はふはふ名無しさん 2009/06/04(木) 14:53:02ID:OEFq5CuK
「最初の相手になりたかったなぁ」
「エッチな娘ね」
「そうよ」
 言うが早いか、みずほが舐めてた方の彼女自身の左胸乳首を、右手でひったくる様にして
奪うと、口に含んで舐め回す。
「あっ、んっ」
「ふふっ、先生が自分で舐めてた乳首イイ味」
「やっ、やだぁ」
「じゃ、今度はコッチ舐めて」
 左手で押さえてた方のみずほの右胸乳首を、彼女の口元へと近付ける。
「えっ、ええ」
 そう言い、自身の右胸乳首を舐めるみずほ。
「はぁんっはぁはぁはぁ」
「そんなに感じてる割には舐めるの止めないわね。先生」
「だって、気持ちが」
「じゃあ」
「えっ?」
 みずほの右胸もひったくる様に左手で奪うと、両胸を谷間の方へと寄せる。
「まとめて気持ち良くしたげる」
 そう言うと、両胸の乳首と乳首を擦り合わさせる。
「あっあっあっあっあっ」
「ふふっ」
「気っ、気持ちっ・・・いいっ」
「そう、良かったわ。ふふっ」
 暫し、みずほの両胸乳首同士を擦り合わせて、喘ぐみずほを愉しむ裕香。
「はぁはぁはぁはぁはぁ」
「じゃあ」
 今度は、寄せてくっつけたみずほの左右乳首をまとめて舐め回す。
「ああっああああああああああっ」
「スゴイ感じるみたいね」
 乳頭部分を、左右まとめてクンニリングスする裕香。
「かっ、感じ過ぎちゃう。止っ、止めてぇ」

178参加するカモさん2009/06/04(木) 15:18:47ID:OEFq5CuK
「やだ」
 尚も執拗にクンニリングスする裕香。
「ああっああああああああああぁ・・・」
「?あれっ?」
 気付くと、みずほはグッタリしていた。
「先生?先生?」
 どうやら、肉体的疲労がピークに達し、睡眠状態になったらしい。
「すーすー」
「もう、先生ったらぁ」
 みずほの乳首は、徐々に左右萎えて行き、クリトリスも大陰茎内へと戻って行った。
「あ〜あ、つまんない」
 保健室机上に聴診器を置いたのを思い出し、取りに行き・戻ると、みずほの右半身側へ陣取る。
そして、耳にセットするや、聴診器先でみずほの両胸の乳輪外側を、右手で操作して這い回せる。
「んっんっ」
「先生、僅かながらに感じてるみたい。ふふっ」
 しかし、幾ら左右の乳輪外側を触診してみても、一度萎えた乳首は勃起して来ない。
「つまらないな」
 大陰茎を触診してみてもクリトリスは勃起して露出して来ない。
「あ〜あ、私も寝よ」
 陣取ったみずほの右半身側で、彼女の方を向いてウトウトと眠りに着く裕香。
 ちょうど夜の8時頃で、夏とは言え少し暗くなっていた。
それから大分経ち、みずほは下半身がモゾモゾする感触に意識を戻しつつあった。 
『えっ?まだ社さんやってるの?』
少しずつ目を開けていく。
そして、ベッド上の棒型蛍光灯を右手を伸ばして紐を引っ張る。

179HG名無しさん 2009/06/27(土) 04:15:36ID:bBwqwdEb
上げとってやるわw

180はふはふ名無しさん 2009/07/17(金) 21:10:39ID:ZkR2Jq1R
うほっ

181はふはふ名無しさん 2009/07/23(木) 07:50:45ID:YT0OMWjZ

 灯りがつき、みずほが見ると、自分のへそ下に社裕香の右手がありモソモソと動いていた。
「どうやら眠ってるみたい」
だが、右手は少しずつ下へと降りていっている。
「えっ!?ちょっと」
本人は寝ているのだが。
「きゃっ」
 裕香の右手が、軽くみずほのクレヴァスを撫でたのと同時に、ムクムクと中のクリトリスが
包皮から露出されようとしていた。
「考えちゃ駄目考えちゃ駄目」
 だが、一度相手から愛撫された性器は、自分の意思と関係無く、性行為へと走ろうとしている。
クリトリスは完全に露出し勃起していた。
「あ〜ん。こんな所社さんに見せられない」
ツツッと、またも軽く撫でられるみずほ。
「あんっ」
クリトリスはビンビンになっている。
「やだっ。ちょっと起きて社さんっ」
「う〜ん」
眠いらしく目を開けない裕香。
「あっあっ」
またも撫でられるみずほ。
「眠ってる女の子に愛撫されちゃうなんて」
 昨日に続いて弄られるのを、下手に右手を退ける訳にもいかない為、
自分の性器を見るしか出来ないみずほ。。
「起こしたら、またエッチな事されそう」
そんな気がする為だ。
「寝惚けてるんなら、そろそろやめるんじゃないかしら?」
そう言う期待も有った・・・が。
「ああんっ」
 またも裕香の右手が、みずほの性器を弄り回す。
今度のは軽く撫でるようなのでは無く、少ししつこいみたいだ。
「駄目っ。そんなにしちゃ・・・駄目っ」

182参加するカモさん2009/07/23(木) 07:54:15ID:YT0OMWjZ
 だが、やめる素振りは無い。
「そんなっ、眠ってる女の子にいかされちゃうのっ?私っ」
 右手は、尚もみずほの性器を上から撫でている。
「駄っ駄目ぇえええ」
 愛液を放出するみずほの性器。
「あんっ。・・・やっちゃった」
 裕香の右手にも愛液が付いている。
「もう・・・みずほ先生ったら・・・」
「社さん・・・。寝てても、私にエッチな事する夢見てるのね」
 起き上がり、近くのティッシュで、自分の性器と裕香の右手を拭くみずほ。
「もう、社さんばかり私のカラダにエッチな事して・・・」
 腹立たしくなって来るみずほ。
「それなら・・・」
 寝ている裕香のジャージのファスナーを下げていき、右左と腕から脱がしていくみずほ。
そして、白のTシャツも下から上へとめくる。
「さてと」
 白のスポーツブラだ。Aカップ程だろうか?
「ふふふ、可愛いオッパイちゃんですねぇ」
 そう言うと、上に跨り、自分の左胸を左手で裕香の右胸へと連れて行く。 
「ふふっ、あんっ」
 自分の左胸乳首が、裕香の右胸とブラ越しとは言えくっついたのだ。
「気持ち良くしてあげる」
 そのまま左手で、自分の左胸を上下左右に動かすみずほ。
「はぁはぁはぁはぁ・・・じゃあ」
 今度は自分の右胸を、右手で裕香の左胸へと連れて行き、上下左右に動かす。
「はぁはぁはぁはぁ・・・どう?気持ちいい?」

183参加するカモさん2009/07/23(木) 18:43:32ID:YT0OMWjZ
‘・・・んん・・・何?’
 目を覚ました裕香は驚いた。
自分の上に女教師が跨る様に乗っかり、自分の胸に乳房を擦り付けている。
上服はブラだけにされている。
‘レイプされてるの?でも、面白そうだから寝たふりしとこっと’
 薄目を開けて、みずほの痴態を観察する事にする裕香。
「はぁはぁはぁはぁ・・・どう?気持ちいい? 」
 今度は自分の両胸を、そのまま裕香の両胸へと連れて行き、上下左右に動かす。
‘先生、私が寝てると思って・・・すごい事してる’
 みずほの両乳房がブラの上に乗っかり、上下左右と動き回っている。
何だがモゾ痒いが、それ以上にみずほの方が乳首に答えているらしい。
「あっあっあっあっあっ」
‘ふふっ、私のブラはシルクじゃないわよ先生’
コットンの厚地なだけに、シルク派のみずほの乳首は擦れて勃起している。
‘ふふっ、後でたっぷり舐めて可愛がってあげる’
「はぁはぁはぁはぁ・・・どう?気持ちいい?・・・ って感じないのかしら?」
何だか自分ばかり感じてバカらしいので、止めて他の事を考え付くみずほ。
「そういえば、寝てる時アソコ弄り回されたんだっけ」
‘えっ?私そんな事してたの?’
「それじゃあ・・・」
‘きゃあああ、犯されるぅ。って、どんな事されるか面白そうだし寝たふりしとこっと’
 ジャージと御揃いの裕香のズボンを、両手で降ろして行く。 
共に小豆色で、その下のスパッツも小豆色だ。
 ズボン&スパッツを順に右・左と、共に脱がせて行く。
‘パンツ1枚にされちゃったよぅ’
 ブラと同じく、実用的な白のスポーツタイプのパンティーだ。
ズボン&スパッツを、ジャージ・Tシャツと同じベッド上に置く。
「さてと」
‘わぁ’
「こちょこちょこちょう」
 パンティー越しにクレヴァス近くを右手人指し・中指で‘下から上へ’と撫で回してみる。
‘ちょっと、やだっ’

184参加するカモさん2009/07/23(木) 18:57:33ID:YT0OMWjZ
「教師が生徒のカラダを直に触れるのは、流石にセクハラだしね」
‘ふぅん、いい先生ね。みずほ先生って。’
 あまり感じないとは言え、付近をこうしてくすぐられて、モゾモゾして来る裕香。
‘やだっ、アソコが変だよっ’
「さてと、今度は・・・っと」
‘また何を?’
 今までやってきた裕香だったが、今ではされるのが愉しみになっていた。
保健室机上から聴診器を取ると、両耳にセットして戻ってくるみずほ。
「どれどれ」
 裕香の胸をブラ越しに左右撫でる様に置いてみる。
「へぇ、聞こえるわ。社さんの音」
‘わぁ、聞かれてるよぅ’
「じゃあ・・・ここはっと」
左右胸を暫し聞いた後、へそ部分を同じく暫し聞き、次いでクレヴァスへと下がっていく聴診器。
‘わぁ、そこは’
「ええと・・・いいかな?」
「良くな〜い」
「きゃっ社さん」
「何してるんですか?みずほ先生?」

185HG名無しさん 2009/08/12(水) 06:28:25ID:6UyuGetp
保守

186はふはふ名無しさん 2009/08/15(土) 22:29:25ID:JlWgmO0S
うほっw

187HG名無しさん 2009/09/05(土) 07:19:17ID:uxhO06Rb
江戸

188HG名無しさん 2009/11/18(水) 01:48:52ID:b2bhLlaW
保守

189HG名無しさん 2010/04/09(金) 19:45:36ID:U3LcKY9n
んじゃガンガレ

190参加するカモさん2010/04/10(土) 03:40:34ID:zyuDTiNi
番外ショートストーリー

生徒会長室内にて

椿「そう言えば、会長の『スゴイ事するわよ』って台詞どういう意味なのかしら?」
小石「そうね。何がすごいんだろう?」
楓「私も知らない。すごい事って何?」
深衣奈「私も。何なんだろう?」
樺恋「何なんでしょうね?深衣奈さん。」
秋那「何なのかしら」
双葉「そうね。すごいのって一体?」
晴子「晴子も知りたーい」
椿「あっ、会長(やって来る苺)」
苺「何?椿?」
椿「実は、会長の仰る『すごい事』の意味を皆で考えてたんですが・・・」
苺「知りたい?(ニヤリ)」
椿「いえ、結構です。(何か嫌な予感がする)」
苺「そう。(チッ)あっ、みずほ先生」
みずほ「(やって来る)皆何してるの?下校時刻過ぎてるでしょ」
晴子「会長さんの『すごい事するわよ』って何なのか考えてたんですぅ」
みずほ「そうね、何なのかしら?」
苺「知りたい?(みずほの前に歩み寄る)」
みずほ「えっ?ええ?(な?何なのかしら?嫌な雰囲気な予感・・・)」
他の生徒達一同「(先生どうなるのか知らないけど逃げた方が・・・)」
苺「じゃ・・・」
 
“スッ”と伸ばした苺の右手が、みずほのスカートの中へと、めくるや否や目にも止まらぬと
言っていい位の速さで入って行った。

みずほ「えっ?あっ、あらっ?アソコが・・・。まっ。まさかっ。」

191参加するカモさん2010/04/10(土) 03:42:19ID:zyuDTiNi
みずほの考えた通り、苺の右手は早くもみずほの股間をまさぐっていた。

晴子「わぁ、何々?(ちょっと見ちゃお)」

 みずほのスカートを、前を晴子がめくって見ると、苺の右手がみずほの股間をパンティー越しにまさぐっていた。

一同「(すっ。すごい。これが“すごい事なの・・・”)」
みずほ「(!!自分のアソコがまさぐられてるのに、ほんの一瞬とは言え気付かなかった・・・!!)」
苺「先生スゴイでしょ?」
みずほ「あっ、はああんっ」
一同「(先生がイッタ。それも10秒も有るか無いかの内に・・・)」

 今度は好奇心で、晴子が同じく右手で(左手はスカートを前からめくっている)みずほの白のシルクパンティーを前を上から覗いて見ると、ベットリとした愛液が溢れ、ビチャビチャの状態だった。

苺「先生。後ろへ退けば良かったのに。ウフフ」
みずほ「(何故かしら?まさぐられている間逃げようなんて気が起きなかったわ?)」
 
されるがままの状態だったのだ。学校内の敷地内だからこそ良かった様なものだ。

苺「すごかった?先生?」
みずほ「えっ・・・?・・・ええ」
一同「ええっ」
苺「じゃ、続き・・・フフフ」
みずほ「あっあっ」
 
今度はパンティーの中へと、前を上から右手を突っ込み、またもまさぐり始める。

192参加するカモさん2010/04/10(土) 03:43:13ID:zyuDTiNi
椿「すごい」
小石「先生には桂君寝盗られちゃったもんね。もっとやっちゃえ苺」
楓「小石・・・。それにしてもすごいわ。」
深衣奈「わぁ。パンティーから脚へと伝って来てるよ」
樺恋「ほんとですね。深衣奈さんぅ」
秋那「・・・エロ過ぎる。でも女同士のなのに魅入ってしまうのは?」
双葉「そうですよねえ」
晴子「会長ガンバレェファイトォ」
苺「声援ありがと。頑張るわ・・・ウフフ」
みずほ「あっあっあっあっ、出っ、出ちゃうぅぅぅ」
一同「(またいっちゃった先生)」
 みずほが全部の愛液を出し切るまで、まさぐり続けた苺と見続けた一同であった。
みずほ「(同性の教え子にまさぐられているのに・・・抗えない・・・)」

193参加するカモさん2010/05/25(火) 11:26:49ID:oNKDPIHE
http://video.fc2.com/a/content/松坂季実子/20081121NYDuNmX6/

194HG名無しさん 2010/08/15(日) 03:08:34ID:Pw3dh+1q
なにここw

195名無しさん@お腹いっぱい。 2010/10/08(金) 04:10:46ID:4mNVkP7b
エロの下書きみたいな感じ

196名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/13(土) 02:02:53ID:PSUvPRm9
そうねw

197HG名無しさん 2011/01/16(日) 05:17:08ID:F09sfpLp
新年揚げw

198HG名無しさん 2011/04/05(火) 14:17:41.87ID:47FOJaD9
まだあるなw

199名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/19(金) 04:44:50.28ID:ednN384U
そうねwやってないけどw

200参加するカモさん2011/12/04(日) 11:59:07.16ID:HwPwM9Xq

200GET

201参加するカモさん2012/04/07(土) 01:29:55.73ID:yBUHlTa0
去年から書き込まれてないのにあるんだねw

202私事ですが名無しです 2012/04/25(水) 03:41:08.30ID:SdpKZhz6
すぴぱらもえ

203名無しさん次郎2013/05/26(日) 10:42:50.14ID:8xhUD/Xx
今朝、おいしいおでんで、おいしいお酒

204参加するカモさん2013/07/26(金) NY:AN:NY.ANID:u6UjM+W1
なかなか

205参加するカモさん2017/03/30(木) 15:50:13.90ID:uTFbPiUz
白菜高いな、ないか対策は?
なんてしつけいい子、いいケツしてんな

206参加するカモさん2017/04/02(日) 04:36:11.41ID:t4ykxBB7

207k umahanter6772017/04/02(日) 15:17:09.53ID:g0euKJqW
安部総一郎です。M資産11億円差し上げます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

chiebukuro.yahoo.co.jp/my/k u mahanter777
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question.php?request_type=3&request_nn=k u mahanter777
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question.php?request_type=3&request_nn=ta ntaro2585

新着レスの表示
レスを投稿する