懐古趣味の鉄道模型

1名無しさん@線路いっぱい2019/06/19(水) 18:53:31.59ID:NCjfkzlT
関水金属C50にオハ31・つぼみ堂森林Bタンク・カツミシュパーブラインD51・
カワイモデルC11スタイル・鉄道模型社ED17・天賞堂EB10・DV18・L5・DV18・
イプシロン鉄道・モンカルライン・ウエスタンコロラド・北山麓鉄道・
陸蒸気からこだままで・東京の空の下16番は走る・鉄道模型工作技法・
・・・・・

2名無しさん@線路いっぱい2019/06/19(水) 19:42:26.88ID:A9m7j6OZ
「ひかり」の前に、「こだま」バージョンがあったの?

3名無しさん@線路いっぱい2019/06/20(木) 12:08:38.73ID:ElkIn5Rz
鉄道模型の懐古趣味、としないと、意味がとれないぞ。
これでは「鉄道模型は懐古趣味だ」と言っていることになる。

4名無しさん@線路いっぱい2019/06/20(木) 12:35:11.16ID:A4zZEqPI
>>3
ほぼそうだ、とも言えなくはない。

5名無しさん@線路いっぱい2019/06/20(木) 20:15:46.76ID:CWdwLOZ1
回顧だったら0ゲージをとりあげないと

6鈴木2019/06/20(木) 21:00:28.19ID:mD8cNsoj
関水金属C50にオハ31、 1965年発売
つぼみ堂森林Bタンク、 1950年代後半頃発売??
カツミシュパーブラインD51、 1961年発売
カワイモデルC11スタイル、 1950年代後半頃発売??
鉄道模型社ED17、 1950年代後半頃発売??
天賞堂EB10、 1963年発売
DV18、 1959年発売??
L5、 1950年代後半頃発売??
イプシロン鉄道、 1955年発表
モンカルライン、 1954年発表
ウエスタンコロラド、 1952年発表
北山麓鉄道、 1962年発表
陸蒸気からこだままで、 1961年-1963年連載
東京の空の下16番は走る、 1953年発表
鉄道模型工作技法、 1980年から連載開始

>>2名無しさん@
>「ひかり」の前に、「こだま」バージョンがあったの?
       ↑
"陸蒸気からこだままで"連載が好評だったので、
1965年に、こだま以後ひかりまでの絵を書き下ろしして、
"陸蒸気からひかりまで"の書名で単行本化した。

7名無しさん@線路いっぱい2019/06/20(木) 22:16:48.94ID:Hc4AElBb
タイトルうろ覚えだけど、その後の続編が
「ひかりに続く車両たち」だったかな

8名無しさん@線路いっぱい2019/06/20(木) 23:38:03.39ID:0G/rBfsX

9名無しさん@線路いっぱい2019/06/21(金) 01:00:05.54ID:xBRY4JMr
イプシロン鉄道は1996年のとれいん誌1月号にも載っています。
素晴らしいセンスでデフォルメされたナローの作品たちが。
ディズニーのような、宮沢賢治のような、工芸品のような、おふざけのような、
あの世界観は好きです。

10鈴木2019/06/21(金) 03:06:49.53ID:WpYdhbUR
イプシロン鉄道の作者角倉善夫氏のTMS初登場は多分
TMS,No.53、1953年1月号、
0番ゲージ(32mm)の、"ワークカーとシングル・ドライバー"。
ワークカーは2軸の作業用電車。
この時既にイプシロン鉄道=Ypsilon freight wayを名乗り、
ワークカーの側面に"Y"の字が描かれている。
以上の作品は1952年10月、交通博物館の"第6回鉄道模型展作品コンクール"なるイベントで、
B級(多分成人クラス)佳作となった。
角倉氏はB級11番目だから評価は高くはなかった。

TMS,No.68、1954年4月号、
"イプシロン鉄道の車両たち"(高級モデルノートに再録)
標軌をYpsilon Express Line、
狭軌をPine Cone Valleyと名付けた。
この記事(中尾筆)はゴチャついて何が何だか解らないくらいだが、
要するにO(32mm)とOn2.5feet.(16.5mm) らしい。

TMS,No.88、1955年11月号、
"Pine Cone Valley"の鉄道名でOn2-1/2規格で"Existence"号を発表。(変わった車両30題に再録)
この作品は1955年10月、名古屋模型鉄道クラブの"第2回鉄道模型"なるイベントで、
特選(最上位)となった。

11鈴木2019/06/21(金) 03:26:03.94ID:WpYdhbUR
角倉氏の功績は、
「ファンタジックだが、ゲテモノではない」というTMS好みの分野を確定した事と、
On2.5ft. への道の一つを切り開いた事だと思います。

12名無しさん@線路いっぱい2019/06/22(土) 19:36:12.64ID:26wBj0Bq
「ゲテモノ」、懐かしい言葉だ。
正統派モノは高嶺の花で、仕方なくゲテモノにいってるうちに、そのゲテモノにハマったりしてた時代があった。
今は正統派モノでも手が届くものがある時代のようだ。
昔から見れば良い時代なのかもしれない。

鉄模趣味の話だが、他の趣味にも当てはまったりしてw。

13名無しさん@線路いっぱい2019/06/23(日) 00:13:55.20ID:QvLMLohR
>>10
角倉彬夫氏の間違いでは?

14鈴木2019/06/23(日) 00:38:40.90ID:S8gCO0jO
>>13名無しさん@
TMS,No.53、1953年1月号、 では
  「角倉善夫」

TMS,No.68、1954年4月号、 では
  「角倉善夫」
その"高級モデルノート"再録版、 では、
  「角倉彬夫」

TMS,No.88、1955年11月号、 では
  「角倉彬夫」

となってます。「角倉彬夫」の方が知名度が高いから、
そう書いた方が良かったかも知れません。

15>>92019/06/23(日) 01:13:28.51ID:kO9LeQjS
とれいん誌No253号(1996年1月号)の記事「イプシロン鉄道への招待」では
「角倉彬夫氏」となっています。

16鈴木2019/06/23(日) 16:50:56.50ID:dYoBs2wP
>>15>>9
    ↑
TMS,No.53、1953年1月号、p26
"0番ワーク・カーとシングル・ドライバー" 神戸 角倉善夫27才 筆の記事参照。
【私の鉄道は、Ypsilon freight way と言いますがいづれ客車が出来れば
Ypsilon Express Line に昇格する予定です。
"イプシロン"急行、何だか聞いたような名だとお思いでしょう。
でも別に"シンプロン急行"をもじったわけではありません。
私の名前のイニシアルをとっただけです。】

つまり、「善夫」の頭文字「よ」=「Y」なんじゃないですか?
角倉模型になじみが無い人に説明すると、
氏の模型のほとんどの側面に、太った活字で「Y」とレッテルが貼ってあります。
そして、ラテン文字の「ワイ」はギリシア文字の「イプシロン」に相当します。

トレイン誌が、TMSに初回発表から43年もたってから、どういう意図で、
角倉氏を引っ張り出したのか? は解りません。

17名無しさん@線路いっぱい2019/06/23(日) 18:10:51.71ID:0YqY31wm
鈴木g3ウザい

18>>92019/06/23(日) 18:52:22.42ID:kO9LeQjS
トレイン誌のイプシロン鉄道の記事は、角倉氏の夫人と息子さんが
角倉彬夫氏が亡くなられて25年間大切に保存してこられた作品達を披露してくれることになり
その記事とともに、紙面にカラー写真でお披露目された、という趣旨の説明があります。

記事は、夫人、息子さんと、当時氏と親交のあったモデラー3氏の座談会形式となっています。
3氏とは、工シリーズの澤田氏、イースタンバレイ鉄道の田中氏、岸和田軽便鉄道の中村氏。
ちなみに座談会の司会は誌の松本氏。

なぜトレイン誌が引っ張り出したのかはマツケン氏にでも聞かないとわかりませんが。
TMSが無関心に放置していたからってのもあるかもしれませんね。

19鈴木2019/06/24(月) 07:13:20.30ID:ZE8BMs+n
「イプシロン鉄道」という、日本語としては馴染みの少ない名称だが、
ちょっとカッコいい名前であり、
その車体側面に大きく貼られた「Y」の字が
作者の名前「角倉善夫」という名前に因んだものだ、
という事を書いた方が
角倉氏の思いが十分に伝わるんじゃないかな。
遺族や老友がお持ちの想い出を書くのもいいが。

20名無しさん@線路いっぱい2019/06/24(月) 08:17:22.58ID:5dWRu51M
>>12
ガーネットやアメジスト、トパーズ、ヒスイみたいな「国産宝石探し」とかなw

21名無しさん@線路いっぱい2019/06/24(月) 23:45:53.16ID:1zhZGMXy
>>20 >>12
正統派モノのあの人は高嶺の花で・・・・とか
そっちの趣味が実は「その他の趣味」かもね

22名無しさん@線路いっぱい2019/06/26(水) 22:23:52.16ID:XkjZ0/vH
「ゲテモノ」「自由型」「ムキ」、この種のものが好みだったが
今はほとんど死語かな。

23名無しさん@線路いっぱい2019/06/26(水) 22:32:54.96ID:Oldn+rkv
旧客のサッシが他と違う位でゲテモノ呼ばわり。真のゲテモノはなんかえぐいが味のある奴さ。

24鈴木2019/06/26(水) 23:05:49.00ID:LXnpJNHT
>>22
「ゲテモノ」
皆が実物に詳しくなったから、相当奇異な実物でも、
ゲテモノと見做さなくなったのではないでしょうか。
TMS特集シリーズ"ゲテモノクラブ"(TMSNo.18からの再録)に依れば、
シェイが挙げられてるが、現在シェイをゲテモノと見做す人はほとんど居ないでしょう。

「自由型」「ムキ」
山崎氏は、16番国鉄型は元々車体縮尺とゲージ縮尺が食い違ってるのだから、
あまり実物の細部にこだわるのは墓穴を掘る事になる、と知っていたんだと思います。
しかしながら、現実の16番は実物の細部にこだわる方に突き進んだから、
結果として「自由型」や「ムキ」は不人気になったのでしょう。
それと戦前は「自由型」はごく普通にあった。
車体側面に、カッコいい英語をデカデカと描く夢の電車みたいのが普通にあった。
戦後だが、中尾氏の16番秀作ハドソンも、除煙板に派手に「Queen of Queen」と白文字で大書してます。

25名無しさん@線路いっぱい2019/06/27(木) 23:12:05.57ID:HBE6Y/qn
国鉄民営化してからのJR車両に、模型の「自由型」は抜かれたかもしれずw。

26名無しさん@線路いっぱい2019/07/22(月) 14:09:04.60ID:Q85hyTMp
ムキ
どなたか解説よろしく

27名無しさん@線路いっぱい2019/07/25(木) 00:52:54.45ID:5H4FCAH0

28名無しさん@線路いっぱい2019/07/25(木) 01:41:11.53ID:5H4FCAH0
>>26
上記>>27出典(引用感謝)にあるように、「ミニカーブのクリアが容易」で「見た目のバランスの点でも有利」ということでしょうか。
下記のような発端です。参考にどうぞ。

『「ムキ」と言うのはトム、ワム、タム程度の2軸単車の下回りだけを
2軸ボギー化して、トキ、ワキ、タキ、のような雰囲気の車輛に改造
してしまおうと言う話です。その昔のTMS(鉄道模型趣味)誌に
「夢(ム)を気(キ)にする話」と言う記事があり、それが発端となります。』

上記の出典はこちら(引用感謝)
http://g-gauge.world.coocan.jp/BIGMODEL/BACHMANN-20.html

29鈴木2019/07/25(木) 18:01:24.62ID:iliwavD6
>>28名無しさん@
記事内容はご説明の通りです。
"夢を氣にする話"は、TMS,31号、1951年4月号p126、赤井哲朗筆。
その後、
TMS特集シリーズ、"作品20題"p21、1957年に再録。

"作品20題"には中尾豊氏のムキ貨車集の写真が載ってるが、
その連結器はベーカーに似てはいるが、少し小型。
自作ベーカー?
或いは砧型連結器?

30名無しさん@線路いっぱい2019/07/28(日) 07:50:59.68ID:38plRW98
26です。

「ムキ」の解説と参考文献のご紹介ありがとうございました。なるほど短い車体のボギー車輌は、たしかに独特なマンガチックな雰囲気がありますね。井笠の貨車とか「ムキ」の香りがします。
今後もよろしくです。

31鈴木2019/07/28(日) 10:21:32.40ID:PYD7Z+vs
TMSでも1950年代までは、自由形の模型発表がかなり多かったです。
これは戦前の流れを引き継いだものです。
1960年代になると、
実物の外形を観察して、キットにコチョコチョとディティールを付加する人が増え、
自由形も、ムキも、人気がなくなったんだと思います。

新着レスの表示
レスを投稿する