【年収650万】ひよこ鑑定士の魅力

1名無し検定1級さん2018/12/30(日) 22:04:20.25ID:NgduRTNE
世界を舞台に意外なアイデアで儲ける日本人を紹介する『ワールド経済バラエティ あの人なんで儲かってるの?』(フジテレビ系)が29日放送。

番組ではフランスで優雅な生活をする「ヒヨコ鑑別師」に密着、その実態に驚きの声があがっている。

■2,300平米の豪邸
大学卒業後、25歳で単身フランスに亘ったヒヨコ鑑別師歴30年のベテラン・松下さんに番組は取材。

自宅はジャグジー付きの豪華な4LDK。総敷地面積はテニスコート9面分の約2,300平米で敷地内にはバスケのハーフコートや温水プールを設置、仕事終わりにリラックスした時間を満喫しているという。

仕事は「クライアントの依頼」待ちのため、勤務するのは平均週3日。1日の勤務時間は長くても7時間、短い日は4時間で仕事が終わると明かされた。


■日本人鑑別師が人気の理由
ヒヨコは雄雌で育て方が異なりエサも違うため、性別の鑑別が重要だ。

雄雌を選定するヒヨコ鑑別師、正式名称・初生ひな鑑別師は日本人では東フランスに松下さんひとり。そ

のため、フランス各地から松下さんには仕事の依頼が舞い込む。

日本人ヒヨコ鑑別師が人気なのは、日本独自の雌雄鑑別法にある。

海外のヒヨコ鑑別師は毛並みで選定するのだが、それでは種類が限られてしまう。それに対し、日本では肛門の奥にある生殖器を直接見て確認する「肛門判別法」を採用し種類に関係なく選定できるため、日本人ヒヨコ鑑別師は引く手あまただと明かされた。


■週3日で平均年収の1.5倍
「肛門判別法」は大正時代に日本人が開発した独自技術で、養成所で5ヶ月間の講習と実習を積めば民間資格を取得できる。松下さんも資格取得後、フランスに渡った。

フランスの平均年収は450万円だが、松下さんは週3日勤務で平均の1.5倍にあたる約650万円の年収を得ている。

現在、ヨーロッパを中心に世界各地で60人の日本人ヒヨコ鑑別師が活躍中だが、慢性的に人手不足なため「海外で暮らすならヒヨコ鑑別師はおススメ」と松下さんは笑った。

■資格取得の壁

欧州で「日本人ヒヨコ鑑別師」が超人気 週3日で年収650万円と知り希望者殺到も…
https://sirabee.com/2018/12/30/20161945331/

2名無し検定1級さん2019/02/26(火) 22:20:16.10ID:jwqBCX/9
('仄')パイパイ

3名無し検定1級さん2019/05/24(金) 05:35:15.96ID:uYIyQmz9
年齢制限ある理由が分からない

4名無し検定1級さん2019/08/29(木) 00:04:12.87ID:HcXZmZ3q
>>3
視力反射神経に影響が出てくるから、若くないと身につかない
25歳からはじめてなれなかった時悲惨な事になるから
とにかく若い人のほうがリスクがない、そういう人を育てたいんだろう

後、2016年くらいからドイツで卵の状態で雌雄がわかる技術が進んできて
今まさにって感じだから、数年・・遅くとも10年後にはなくなってる職業かもしれんな
それと外国暮らしが好きで外国語の習得も苦じゃない奴しか続かない可能性高い
その国の言葉が出来ないと私生活むっちゃ苦労する、泣きたくなる

新着レスの表示
レスを投稿する