【脅迫・荒らし・ステマ】電撃文庫総合306 【角川AMW】 [無断転載禁止]©2ch.net

1イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 ©2ch.net (アークセー Sx87-OIWc)2017/01/19(木) 13:42:59.11ID:/N3uZxPrx
電撃文庫や電撃文庫MAGAZINEについての総合的な話題、専用スレッドのない新人作家さんの話題、マイナー作家さんの作品についての話題を扱うのですが、
【KADOKAWAアスキー・メディアワークスがライトノベル板を荒らしているのが発覚】したので、新刊の話題は関連スレにある『電撃文庫・電撃文庫の作品を語るスレ避難所(シベリア超速報)』にてするのをオススメします
・公式発売日の23時59分59秒を過ぎてからのネタバレ。新刊の内容に触れない感想も公式発売日を過ぎるまでは原則禁止
・荒らし行為についてAMWから何らかの公式見解が発表されるまで、本スレでの作品の宣伝やランキング貼り等のステマと見なされるあらゆる行為は一切禁止します
・関係者(社員)と思しき人間によるテンプレ改ざんが発覚しています。次スレは>>900前後で必ず「宣言」して立てて下さい。「宣言」なしのスレ立て及びテンプレ改ざんが判明したスレは無効です。
コピペ連投等荒らしの埋め立てで1000より前にスレが落ちそうな場合は次スレと次々スレを同時に立ててください
関連>>2-30あたり

■前スレ
【脅迫・荒らし・ステマ】電撃文庫総合305 【角川AMW】
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1464037911/ VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

公式サイト眺めてたけどつまんなさげな新作タイトルばっかやな
リア充とかもうほとんど死語だろう…編集の感覚が理解できんわ
つーか売れもしないラブコメ量産はいい加減やめてくれ

>>429
なんかあったの?

ラノベ作家、ラブライブのスキャンダルネタを書くも角川に出版差し止めを食らう [無断転載禁止]©2ch.net [455425894]
ってスレが嫌儲に立ってる

見てきたけど皆呆れてて炎上すらしてないな…
過激な言動で目立とうとするラノベ作家結構いるけど寒いだけだからやめるべき
しかしTシャツ作成の件といい、作家自らこんな拙い宣伝?に走るってのは電撃の広報活動に対する不満があるんじゃないのか

ラノベ事件簿に新たな歴史がまた一ページ。

ゴミレーベルにはゴミ作家しかいない

というか作家逃げまくってるし

未だに電撃で書いてる奴は再利用すら不可能な本物のゴミってことだな

問題作品個別スレの書き込み
<何故か荒らされている先発の本スレ>

電撃文庫の塔京ソウルウィザーズについて語っていきたいと思います
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1361431084/
1 :イラストに騙された名無しさん:2013/02/21(木) 16:18:04.23 ID:rENXTdjF
電撃文庫の塔京ソウルウィザーズについて語っていきたいと思います
2 :イラストに騙された名無しさん:2013/02/21(木) 16:53:08.64 ID:Fct7Wbcp
死ね、早漏

<何故か荒らされていない後発の重複スレ>
【塔京ソウルウィザーズ】愛染猫太郎
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1364910174/
1 :イラストに騙された名無しさん:2013/04/02(火) 22:42:54.10 ID:DX+OdDcW
電撃小説大賞銀賞の愛染猫太郎が原作、小幡怜央が絵師を担当する「塔京ソウルウィザーズ」を語るスレです。
●略称
まだ決まってないと思いますね
自分は「塔京」と呼んでます
●既刊情報
塔京ソウルウィザーズ1(2013/2/9発売)
ケモナーに目覚めちゃうかも

2 :イラストに騙された名無しさん:2013/04/02(火) 23:07:12.83 ID:q+SDXOmy
こっちのスレはどうするの?
愛染猫太郎 塔京ソウルウィザーズ
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1361431084/

3 :イラストに騙された名無しさん:2013/04/02(火) 23:11:33.51 ID:DX+OdDcW
2
あっちは荒らしスレなんで

猫太郎は今どうしているのか

439イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ f31c-T4Va)2017/09/11(月) 18:53:03.30ID:agdzFKql0
5つ星のうち5.0ポスト「げんしけん」の物語。オタクの集団がオタクの居場所でなくなった時代における「息苦しさ」を切り取った傑作青春グラフィティ。
Customer Review
https://www.amazon.co.jp/review/R30U3QX559TP68/

440イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ 3a21-PI8K)2017/09/11(月) 18:54:48.47ID:H+g2Y3cE0
たしか13年ほど前だったと記憶しているがコンプエース誌で連載していたエッセイ漫画「進め(以下略)で
作者の平野耕太氏が「なんで俺たちには『げんしけん』なかったんだ?」と
「オタク」という言葉自体が無かったが故に世間を気にせず我が道を進めた世代と
屈託もなくお天道様の下をオタク趣味をさらけ出して歩ける世代の狭間に生まれ、
Mの事件の直後に日陰者であるオタクとしての青春時代を過ごさねばならなかった自分の境遇を嘆いていたが、
それぐらいオタクが堂々と何気兼ねなく過ごせる「居場所」がある、というのは大きな事だったのである。

久しぶりに電撃文庫で作品を発表した弘前龍の新作はそんな「げんしけん」の時代すらもが過去になった
2010年代=ポスト「げんしけん」の時代を生きるオタクの在り様を切り抜いた様ななかなかに苦み走った作品だった。

441イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ 6a38-5DhC)2017/09/11(月) 18:55:22.97ID:AZT25EqA0
主人公の荒川亮太はアニメ砂漠の静岡出身。
20世紀末の子供向けアニメ「コロッケ大百科」の再放送が最終回を迎えると、再び「コロッケ大百科」が第一話から
再々放送を始めるというアニメオタクからすれば地獄の様な環境を嫌って高校進学を機に東京に出てきた少年である。

物語はそんなアニメオタクの理想郷として出てきた東京での二年目を孤独の中で迎える場面から始まる。
亮太が通う九十九学園の名物集団、十年ほど前に流行ったアニメに影響された女子生徒が
「大いに秋葉原を盛り上げる」と称して始めた「OTA団」というアニメを中心としたオタク文化を愛好する謎部活。
ゲーム原作の覇権アニメ「反こね」のコスに身を包んだコスプレイヤーのオタヒメさん以外は女装レイヤーという構成で
ダンスを踊るパフォーマンスを見せるOTA団が勧誘活動に勤しむ他の部活の中でも注目を浴びるのを
横目に見ながら通り過ぎようとした亮太はOTA団の勧誘ビラを死んだ目をして配る一人の女子生徒と鉢合わせになる。

442イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ 6ae7-JmK8)2017/09/11(月) 18:56:00.40ID:0onFn9MZ0
死んだ目をしてビラ配りをしていた女子生徒・一奈々子を亮太は心中で「イナゴさん」という蔑称で呼んでいた。
コスプレ姿の「踊ってみた」動画で5万回の再生を誇るオタヒメさん同様、
イラスト投稿サイトで一位を何度も取る才能を持つが三ヶ月ごとに「嫁」が変わるタイプの絵師で ある奈々子と
OTA団の一員として過ごした一年前の4月から6月を苦々しい思いで脳裏に蘇らせた亮太に追い打ちをかける様に
奈々子はOTA団に戻ってこないか と勧誘するが、「俺はリア充になる」という想いを秘めた亮太は素気無く誘いを袖にする事に。

二年への進級に伴うクラス替えの初日にリア充集団からカラオケに誘われたのを好機とばかりに二つ返事で
承諾した亮太だったが、案の定カラオケボックスではリア充集団特有の「ウェーイ」なノリに付いていけないまま
ひたすら居心地の悪さを味わう羽目になってしまう。

443イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (HK 0H52-/j+v)2017/09/11(月) 18:57:14.42ID:e5GkCuJOH
誰も亮太に気を配ってくれないそんな空間で唯一人亮太とハイタッチをしてくれた名前も知らないまま
心中で「ウェーイさん」と呼ぶことにした女子生徒が帰りが東西線という事で共に帰路に就く事に。
上井恵久と親切にも名前を教えてくれたその女子生徒が歩きスマホの状態で街を行くのを「危ないよ」と
注意した亮太に恵久は「それならウチが危ない目に遭ったらアラカワが守ってくれる?」とからかわれてしまう。

勘違いするまいと挙動不審に陥った姿を恵久にケラケラと笑われた亮太だったが、ふと何かが燃える臭いを嗅ぎ付ける。
地元の田舎で嗅ぎなれたプラスチックを火にくべた時そっくりの臭いに火事の危険を感じ取った亮太は恵久と
火元と思われる公園に立ち入るが、そこにいたのは九十九学園の制服を着た一人の女子生徒、奈々子だった。
奈々子が火にくべているのが全て「反こね」のグッズだと知った亮太は2期が始まったばかりのこの時期に
何でグッズを燃やすのかが理解できないまま奈々子に声を掛けるが奈々子は変な言い訳を重ねた挙句遁走。

444イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ID 0H4b-5HLm)2017/09/11(月) 18:57:50.66ID:iaZdAkRVH
火の始末ぐらいはしてやろうか と思った亮太だったが、火力で弾けたプラスチック製品が焚火の中から飛び出し
恵久に向かった事で亮太はとっさに恵久に覆いかぶさって守る形に。
髪に火がついてしまった亮太は池に飛び込んで消火するが、ずぶ濡れのまま帰る訳にもいかず、恵久の家に向かうが…

脱オタを図ったオタクが憧れのリア充集団に加わろうとした挙句、居心地の悪さ=居場所の無さを味わう姿を
描いた作品はそう珍しくない。
しかしオタクが平野耕太の世代に「なんで俺たちには…」と悔しがらせたオタクが集うオタク趣味の部活の中にさえ
自分の居場所を見つけられない姿をここまで赤裸々に描いた作品、というのは寡聞にして見た事が無かった。
オタクの集団がオタクにとっての居場所でなくなってしまった時代、まさに憧れの「げんしけん」空間が
過去のモノとなってしまったポスト「げんしけん」の時代の作品であり、エポックメーキングな作品で ある。

445イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ cb8d-4rSC)2017/09/11(月) 18:58:17.23ID:SWEJ4rV40
物語はオタクの理想郷を目指して東京に出てきたけど、オタクの集団の中に自分の居場所を見つけられなかった亮太、
そんな亮太から三ヶ月ごとに「嫁」を変える愛情の無い絵師と蔑視されながらOTA団に所属し続ける奈々子、
亮太が目指しながらやはり居場所を見つけられなかったリア充集団の住人・恵久の三人を中心に描かれる。

本作の面白い点はリア充とオタクという一見すると対照的に思える集団に「大した違いは無い」と言い切った点にある。
リア充集団、スクールカーストを題材とした作品では主人公と対立する集団の様に描かれる教室の中心を占めるグループ、
クラスの王様・女王様の顔色を伺いながら少しでもその傍に寄ろうと微妙なパワーバランスに配慮し
空気を読む事を強いられ続ける人間の集団、そんな感じで描かれる事が多い事は多少ライトノベルを読み耽っている方なら先刻ご承知か と。

446イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ID 0H7b-KKh/)2017/09/11(月) 18:58:49.42ID:SE6amT+1H
既存のライトノベルであればこれと対置されるオタクの集団は気楽に過ごせる懐の広さを持った集団として描かれる事が多いが、
本作においてはオタクの集団が「覇権」という商業主義的な言葉によって三ヶ月=アニメのワンクールごとに推す作品を変え、
好きな作品よりも売れている作品に価値を見出し、オタクにとってスキャンダラスと思われる騒動が起きた作品は
それこそ親の仇の様に叩きまくり、それに同調しない人間には排他的な圧力を掛けてくる偏狭さに満ちた存在として描かれている。

主人公の亮太が本作でオタクの集団として描かれるOTA団を辞めた理由もまさにそこにあり、
一年前に覇権アニメと目されながらヒロインを演じた声優に彼氏がいたという報道で炎上した作品「アイドルファイブ」が
炎上したネットのノリに釣られる様に「乗るしかない、このビッグウェーブに」と円盤を燃やせ、作品は徹底的に叩けと
それまで楽しく鑑賞してきた筈の作品に対して掌を返す様に「ノリで」バッシングを食らわせる…
そんなオタクのノリについていけなくなった事が明かされる。

447イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (KR 0H0b-seBA)2017/09/11(月) 18:59:14.78ID:5tZbc5wCH
迫害される存在としてオタク趣味を楽しまざるを得なかった世代としては現実に、特にネット上で見聞きする近年の風潮、
例えば消費者に過ぎない筈のオタクがやたらと作品の売行きを気にする様になった事や、
特定の作品が売れている状況を自分の手柄の様に誇り、売れ行きが今一つの作品を「爆死」と蔑視する事に
ひどく違和感を感じていたのだが、それがいよいよ拗れてオタクの集団に属するためには売れている作品を
「好きでもないのに消費し、推さなければならない」という事態を産むに至った事で
「好きな作品を気兼ねなく好きだと言いたくてオタクの集団に属しているのに本末転倒なのでは?」と思っていただけに
この亮太の当惑する姿に「こういう状況を本末転倒に感じるのは自分だけでは無かったのだ」と些かホッとした。

空気を読み、空気に逆らわないという同調圧力に支配されているという点においてリア充もオタクも何も違わない、
そんな「自分が好きな物を好きと言えない」息苦しさに満ちてリア充を目指そうがオタクに加わろうが
居場所なんかどこにも見付からないという砂を噛むような生き方を強いられている元オタク、それが主人公の亮太で ある。
亮太にとってどこにも居場所が見付からない状況は作中でも「ビジュアルは最高だが操作性がクソな3Dゲーム」と表現され
亮太自身が思う様に動いてくれないアバターを操作している様な生き方しかできない状況に苛立ちを募らせている事がよく伝わってくる。

448イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ 53e1-DWxE)2017/09/11(月) 19:00:12.36ID:P4nCH2Ss0
物語はそんな亮太が再会した奈々子とリア充集団の中で関わる事になった恵久という二人の少女が、共に息苦しさ、
生き辛さを抱えている事を亮太が知る形で進行する。
大好きだった「アイドルファイブ」を好きと言えなくなった、叩かねばならなくなったOTA団でイラストの才能を
とある秘密を守る条件と引き換えに売る形に縛られ続ける奈々子。
中学時代に空気を読み違えた事でクラスの女王の怒りを買い、クラスの女子全員を敵に回して地獄のような苛めの日々を
過ごさざるを得なかった苦い過去を持ち、誰も敵に回さない立ち回りを自らに強いている恵久。

二人のタイプの違う少女の抱えた状況がリア充・オタクという二つの集団の間に大した違いが存在せず、
「空気」とう名の同調圧力に支配された集団と化している点で共通している事を見事に表している。
そして物語もその厄介極まる「空気」の問題を軸に展開される。

449イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (NL 0He6-MiaO)2017/09/11(月) 19:01:11.78ID:7PESXkPzH
亮太が恵久と関わった事で事で生じた嫉妬深いクラスの女王様が想いを寄せる男子生徒に言い寄られた恵久の
「偽彼」を演じる事を引き受けた亮太が、恵久を中学時代の悪夢の再来から守る事に成功する一方で、
その動きが亮太と恵久という「リア充様」に関わった奈々子を危機に追い込む事に。

「三ヶ月に一回『嫁』を変える必要なんてない」と投げかけた言葉が拗れて亮太と奈々子の関係は一度は危機に陥るものの、
自意識と承認欲求を自分の投稿した動画の再生回数と、「オタサーの姫」として持て囃すOTA団の男子部員の賞賛で
異常に肥大させ、現実とオタク的概念の区別が曖昧な炎上しやすい「空気」による支配を振りかざすオタヒメに追い込まれ、
一度は縁を切ろうとした奈々子が亮太になりふり構わず助けを求めてきてからの展開が本作のクライマックスなのだが、
この奈々子や亮太が愛してきた作品を炎上させた「オタクのノリ」をSNSで自意識を肥大させた「オタサーの姫」が
武器として操る状況などはある意味牧歌的なオタクの世界を描いていた「げんしけん」が過去のものになった
2010年代のオタクを如実に描いているのではないだろうか?

450イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ID 0H43-rZP9)2017/09/11(月) 19:01:43.14ID:lnVtDq8bH
話自体が動くのは若干遅いが、これ自体は本作においては問題にならない。
なぜなら本作で本当に描かれるべきはポストげんしけんの時代における「オタクの集団がオタクの居場所でなくなった時代」に
リア充であれオタクであれ「個人」として生きる場所を奪われた少年少女の息苦しさだからで ある。
これに関しては本当に、言い方を変えれば露悪趣味的なまでに描き出すことに成功していた。
しかし、隙あらばいつでも炎上騒動の尻馬に乗り、商業主義の虜になって「三ヶ月ごとに全てを過去にする」という
現在のオタクの在り方に眉をひそめておられる方には「よくぞ、この状況を描き出してくれた」と頷ける内容となっている。

デビュー作でその才能に注目させられたものの、二作目・三作目と新作を発表するたびに質がガタ落ちし、
一度は見限りかけた弘前龍だったが、まさかこうやって完全復活を遂げるとは思いもよらなかった。
「俺のかーちゃんが17歳になった」ではシングルマザーの問題や避けられない老いといった現代的なテーマを
ライトノベルに落とし込む事に成功していた作者が「居場所がどこにも見つからない」同調圧力に支配された
生き辛さに支配された現代の風潮を再びライトノベルに落とし込むことに見事に成功した作品。
復活を遂げた弘前龍とこの恐るべき作品を世に送り出した電撃文庫編集部に大いに賞賛を贈りたい。

451イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (HK 0H52-GffF)2017/09/11(月) 19:02:26.90ID:ewMlqvwcH
5つ星のうち5.0ポスト「げんしけん」の物語。オタクの集団がオタクの居場所でなくなった時代における「息苦しさ」を切り取った傑作青春グラフィティ。
Cu stomer Review 
https://www.amazon.co.jp/review/R30U3QX559TP68/

尼で読んで貰えないからってここまで書き込むのをやめて欲しい

電撃はまだヤボ夫に尼工作暴露されたこと根に持ってんのか

454@無断転載は禁止2017/09/12(火) 01:21:40.01
>>452
ちゃうちゃう
アマでも読んでもらってるけど、それをさらに広げたいねん

いつもの見ないで下まで下げる作業

456@無断転載は禁止2017/09/12(火) 18:38:07.38
暗部を暴いた功労者やぞ

レス番飛んでると思ったら、またヤボ夫レビューのやつが来てたのか

三木並の自己顕示欲と承認欲求だな

きもっ

自分が恥部なのに気づかないよなコイツ

ほとんどのラノベに語るべき深みなどないし
ヤボ夫とかいう人は薄っぺらいものを読んでるだけで、はたから見れば時間を無駄にしてる変人なのは言わないであげてください

面白いラノベを読みましょうね皆さん

462@無断転載は禁止2017/09/14(木) 23:09:56.62
>>461
さすがドブ底の住人は頭がおかしい

鼻糞が喋ったぞ

464イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ 936a-QgG+)2017/09/16(土) 09:36:05.00ID:ttmoW3oz0
5つ星のうち2.0敗北を一人で背負いこんだ元エースと奇妙な新人マネージャーの出会いから始まる物語。主題がバラけ過ぎている上に背景の説明が圧倒的に足りない
Customer Review
https://www.amazon.co.jp/review/R1RAP5VYYKW1DJ/

465イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ d33e-3Y4g)2017/09/16(土) 09:36:40.47ID:OQMW6x7K0
作者は電撃文庫の新人賞からの拾い上げ作家さんらしい。
あらすじを拝見するとラノベでは「ロボットもの」と並んで鬼門とされる「スポーツもの」という題材を
新人作家がどう料理したのか興味を引かれて拝 読。

物語は主人公で北条館高校の野球部のマネージャーであ る押井数奇が新年度と共に野球部のグラウンドへ押しかけてきた
50人ものマネージャー志望者に応対している場面から始まる。

466イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (DE 0H6d-SCsw)2017/09/16(土) 09:37:00.52ID:795MITWkH
昨年の夏に県大会決勝まで勝ち進んだことでマネージャー志望者が増える事は予想していた数奇だったが、
野球部の部員と同じ数のマネージャー志望者が押しかけてくる事は予想外で、どうするかは任せるという
主将の藤先輩の一任もありきっぱりと「女子マネとかいらないんで、帰ってくれる?」と彼女たちを拒絶する事に。

数奇の素っ気ない態度にマネージャー志望者の中でもひと際目立つ長い黒髪が特徴的なお嬢様っぽい女子が
「理由を説明しなさいよ」と数奇に食って掛かるが、「この件は俺に一任されているんで」と突っぱねる数奇。
そこへ数奇と同級生でショートのレギュラーを任されている晴臣が通りがかった事で
マネージャー志望者の中からは「昨年あんたが怪我を隠して、晴臣くんにマウンドを譲らなかったから負けたんでしょ」という
非難の声が上がり、更には「『嫌われエース』と呼ばれているくせに」と数奇の立場をあげつらう声まで上がり始める。

467イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ a9e7-kbTF)2017/09/16(土) 09:37:20.00ID:q6G8PvVk0
結局、主将の藤先輩が姿を現し、やんわりとマネージャーを求めていない事を伝えた事で一年生の志望者たちは
グラウンドを立ち去るが、それでも十人ほどの志望者が残る事になり、その中には件のお嬢様っぽい女子も残っていた。
その女子生徒、野球部に元からいた女子マネージャーの楠と同じクラスの蓮尾凛は体験入部を許可されると
新一年生の中学でのポジションや体力測定の結果を寄越せと妙に野球に詳しい所を見せてくる。

マネージャーの仕事を見せると言う事で一年生の練習のサポートに凛を含めた志望者を交えて練習が開始される。
練習後マネージャーの仕事の多さに疲れ果てた志願者に「見て分かる通り、仕事を教える余裕も無い」という数奇の言葉に
志願者たちが立ち去る中、残った凛は「必要があれば一年生に雑用をやってもらえば良いから」と不用意に口にした数奇に
それでは選手が育たないと反論「替えの選手がいなかったから、去年は数奇が一人で投げる事になったんでしょ」と
失敗に学ぶことを求めてくるが…

468イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ d1ee-2bSm)2017/09/16(土) 09:37:43.70ID:wGgI4jsh0
うーん…結局、この作品は何を読者に見せたかったんだろうか?
野球部内で多くの部員に嫌われ浮いた存在となっている「元エース」と野球部の関係の変化を追った姿を見せたかったのか?
主人公が小学校時代に「大車輪」と呼ばれていた事も含めて妙に数奇の事情に詳しい女子生徒との恋愛劇を見せたかったのか?
主題の部分が思いっきりバラけているので読み終わって「結局、自分は何を中心に据えた物語を読んだんだっけ?」という
釈然としない気分だけが残った。

物語 の方は一年前に県大会の決勝まで残り、あと一歩の所で甲子園を逃した野球部を一人で投げ抜きながら
決勝の舞台でそれまで誤魔化し続けてきた負傷が悪化し、降板。その結果チームの足を引っ張ったと批判を集める事になり
「嫌われエース」と呼ばれながらもマネージャーを務めている数奇が、同じマネージャーを志望して野球部に入ってきた
女子生徒・凛の奇妙な振る舞いに振り回されながらも一年生や控え選手を半ば挑発するような形で鍛え、
自分が成し遂げられなかった甲子園という夢を達成しようとしている姿を描いている。

469イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ b9d7-K6Dg)2017/09/16(土) 09:38:22.16ID:pK9ZiFKB0
上で書いた事の繰り返しになってしまうの だけど、読み終わっても「ストーリーの『軸』は何だったのか?」という疑問が
さっぱり解消されない消化不良感ばかりが残ってしまう。
「部内で嫌われながらも自分が果たせなかった夢を過去とは違う形で達成しようとする主人公の物語」とも見えるし、
「一人で敗戦の原因を背負いこみ嫌われ役となった主人公がヒロインに救われる物語」とも読める。
でもどっちが「軸」であ るかは最後の最後まで分からないまま終わってしまった。
こういうのを何と表現するか といえば「虻蜂取らず」以外に例えようがない。

序盤の展開で「あー、主人公が嫌われながらも控えの選手を鍛え上げようとしているのか」と思わされたら、
何故か話は急に新マネージャーとして入部した凛が「七眼姫」と呼ばれ、生徒会と揉めている姿が描かれ、
「おや、主人公自身もこっそり投球練習して現場に復帰する事を狙っているのか」と新しい展開に期待してたら
何故か話の中に「主人公は小学校の頃『大車輪』と呼ばれ、それを何故か凛は知っていた」という全く別の要素が放り込まれてくる。
読者は迷走するストーリーに右へ左へと振り回されて「結局、今何がストーリー上で語られ、問題になってるんだっけ?」と
軸の無い筋書きに集中できないままページをひたすら捲り続ける羽目となる…言っておくが、これは非常に辛い。

470イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ d1ab-9jAA)2017/09/16(土) 09:39:36.61ID:N1ZHWj1P0
もう一つ問題なのは背景の説明不足であ る。
序盤の方で主人公の数奇が部内で嫌われ、浮いている事は示されるのだけれども、
「なぜ主人公は敗戦の理由を一人で背負いこもうと思ったのか?」
「進学校と言う事で恵まれない環境の中頑張ってきた三年生の夢を台無しにしたから、というが
その三年生への極端な想い入れは何が理由となっているのか」
という数奇が「嫌われエース」と呼ばれる現状を抱えるに至った理由が読んでいて全然見えてこないのであ る。
なので数奇が何を目指し、何を動機として動いているのかが理解し辛い。

こんな迷走した状態で終盤近くになって数奇が凛に惹かれている自分に気が付いたり、
凛が「昔から好きだった」という告白めいた行動に出ても唐突な展開が重なっているという印象を受けるばかりで
読者の混乱を重ねるばかりにしかなっていない点も頂けない。
主人公が憎まれ役となってでも野球部に尽くす部分と、数奇に昔から想いを寄せていた凛の行動がまるっきり噛み合っていないのであ る。
こうも話の軸がブレブレでストーリーに取り留めが無い作品というのもちょっと珍しい。

471イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (ワッチョイ 53d5-rUWk)2017/09/16(土) 09:39:59.62ID:kLkF9YK70
文章自体は下手では無いの だけど、ストーリーが主題が定まっていない事から迷走しっぱなしで、
読者に「今、誰が何をしようとしているのか?」「主人公やヒロインが何を動機とし、何を目的として動いているのか」が
さっぱり伝わらないまま作者が「あっちも書きたい」「これも書きたい」と行先が決まらないままフラフラと
思い付いた要素を書き連ねているだけ、という印象しか受けない作品であった。
作者が「読者にこれを見せたい」という焦点を絞り切れていないとこうも読後感がボンヤリとしたものになる、という見本。
正直、あまりお勧めしない。

472イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止 (US 0H85-mO5C)2017/09/16(土) 09:40:22.99ID:Ow5PCyjcH
5つ星のうち2.0敗北を一人で背負いこんだ元エースと奇妙な新人マネージャーの出会いから始まる物語。主題がバラけ過ぎている上に背景の説明が圧倒的に足りない 
Customer Review
https://www.amazon.co.jp/review/R1RAP5VYYKW1DJ/

電撃のツイアカ全体的に内容が気持ち悪すぎるわ
穿天のセフィロト・シティの専用アカでも誤爆のふりしてヒロインの胸の拡大画像をアップしたものの
ほとんどRTすらされず作品も大爆死だったわけだけどここは編集部にガイジでも飼ってんの?

このスレのテンプレ見りゃキチガイ編集部だってアホでもわかる

475@無断転載は禁止2017/09/17(日) 13:18:56.61
お前らも対して変わらんで〜

何かやらかしても責任取りたくない
他人からどう思われてるか客観的に見れない
自分がチヤホヤされる事しか興味がない
悪い意味でガキのままの連中が電撃編集

劣等生の登場人物そのままだな

> 何かやらかしても責任取りたくない
> 他人からどう思われてるか客観的に見れない
> 自分がチヤホヤされる事しか興味がない
> 悪い意味でガキのままの連中が電撃編集

ラノベの登場人物にするなら無能な上司(上官)ポジションにぴったりだなw

479@無断転載は禁止2017/09/17(日) 19:17:01.97
おまえらのことやん

なんでや!

新着レスの表示
レスを投稿する