小野不由美&十ニ国記 其の209 [無断転載禁止]©2ch.net [無断転載禁止]©2ch.net

「十二国記」など小野不由美作品について、熱くマターリと語りましょう。
新潮社より「魔性の子」の新装版及び、新作書下ろし長編を含む、
「十二国記」シリーズ全作品を新潮文庫から順次刊行中。
詳細と予定は新潮社公式サイト参照。
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/

次スレは>>980がスレ立て宣言をした後で立てて下さい。

【前スレ】
小野不由美&十二国記 其の208©2ch.net
https://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1491071546/

お父さんの書き付けが残っててそれで勉強したってあったし
知っててもおかしくない
てか楽俊塙王の孫でもおかしくないよな

イヤだからさ偽王は妹?でその名字を知るには父がいないとダメじゃない
予王の名を父が書き置きしたとしてもさ

>>443
慶で立った偽王が本当に予王の妹であるというなら
姓がなんであれ二人の姓は一緒ってわかるじゃん…
予王の姓が何なのかを知る必要なんてないよ

話がおかしくなってないか
楽俊は舒栄の姓名から「偽王だろう」と判断した訳ではないんじゃないか
そんなシーンあったか?

偽王は我は予王の妹である!と下々まで触れて
即位したんだっけ?

夫婦別姓だし、子供は両親のどっちの姓を名乗ってもよいんじゃないかな
姉妹だって姓が違う可能性もあるよ

中国に倣うなら妻は結婚しても姓はそのままだけど子どもは父親の姓になるよ

そもそも同じ性だと王になれないって言ってたの遠甫じゃなかったっけ
月影の時点で延王が偽王としか思えないって話をしたけど
その時は景王践祚の報が入ったけど様々な祥瑞がない上に
妖魔がうろつく等で判断してて同性だから妹が王はあり得ないなんて話は出てないし後付けでしょ
楽俊が言ったのならアニメでその設定を入れたとかでごっちゃになってるんじゃない?

>>448
中国で言えば、そこらへんは緩いよ、結構どっちでもいいってことになってる

アニメオリジナル場面だが、延主従は、予王の妹であると知っただけで偽王だと断定している。このことから、姉妹は必ず同姓であることが分かる。
アニメオリジナルではあるが、脚本家は設定に関しては徹底的なまでに原作者に伺いを立てているので、原作も同じ設定と考えてよいだろう。

何回言ってもアニメ厨はここでアニメの話題をぶっこんでくるよなぁ…
で、アニメの話題を入れるなって言われると
決まって「でもアニメ制作サイドは原作者にお伺い立ててるし!だったら公式だし!」と言い訳する

>>452
姉妹の姓を論じる過程でアニメ版にも触れただけだ。何の問題も無い。

「アニメ」という文字列に脊髄反射しているだけの低脳はこれだから。

いまの才王って前の才王の父親の妹だっけ
でも、そうだとすると同じ姓になるような…

結婚して姓が変わる=兄妹でも同じ姓にならないのだろうか
それとも父親の妹というのが記憶違いで、本当は母親の妹?

性は一生変わらないよ
婚姻して変わるのは戸籍で父親か母親どちらかで統合される
統合された戸籍の性を子供が名乗る

だから続けて王になれたなら黄姑と砥尚の性は確実に違うし
血縁じゃない方の戸籍に統合したんだろ

再婚したときの連れ子は?

うーん、性転換する話は十二国記じゃ読んだ記憶が無いな。
姓が変わるかどうかは知らんけど。

>>456
だから性は一生変わらない

そらそうよ

昔のパンダの赤ちゃんのように
麒だと思っていたら麟でした!
というのはありそう

蝕とかで女怪が居なかったら有るかもね

無能のことか?

陽子「無能はさすがに気の毒だ。字を変えてやろう。 極短小 にする」

溜息(りゅうそく)でいいじゃないですか
訳分からん世界に無理矢理つれてこられた人が、ようやく王になる決心がついて必死で頑張ってる横で溜め息とか
「貴様本当に仁の生き物か」と小一時間ry

>>464
わかるわー

王の仕事どころか世間一般の常識さえも分からなくて戸惑ってる主に対して
自分の思い通りに動かないからってこれ見よがしにため息つくなんて
血も涙もない生き物だなと思った

民に対して仁の生き物であって王に対してではないからな

自仁の生き物とかw

コンビ組むなら廉麟とか宗麟とかがいいなあ
麒はアクが強いの多いよね
景麒は宰輔歴短いからあんな言葉が足らない感じなんだろうか

他の麒麟が政治に関わってるの見たことないし
むしろ景麒は仕事しすぎてる方かと
宰輔と言ってもお飾りがあの世界の普通みたいだし

今年も年末の挨拶があるかどうかを予想する季節になりましたね

>>469
延麒とか元州の反乱が起きる前に、散々王に進言してるぞ
そもそも麒麟は実権はないが首都の州候と王の補佐が仕事なんだから、政治に無関係にいる事はできないはず

>>468
個人的には、女怪が気の利きすぎるタイプだったのではないかと勝手に想像している
女仙の顔ぶれは多少変わるにしても教育に関して極端に差は無いと思うので、孵化する前から側にいる女怪の影響が強いのではと

景麒の女怪は芥胡だったか、それが母親代わりで護衛も兼ねているだけでなく景麒の意向を察して動く超有能秘書タイプだったがために
「自分の考えを誤解無く できるだけ正確に伝えるには」といったような事を考える場面が無かった説を提唱

ある程度育っちゃえばそれが個性として女仙も接するだろうし、蓬山公に宰輔と王以外には膝を折らない生活
気難しい無口な麒麟扱いで周りが気を使っているから問題に気付かないまま
泰麒と接している内にようやく「表現が必要な場合もあるらしい」と考えるように
しかしやる気を出したタイミングが悪く舒覚で失敗、ふりだしに戻る

>>472
ああなんか納得行く説だ

女怪は乳母ではあるけど母親じゃないもんね
基本下僕だもんなあ
そういうときはこうしないとダメですよとか強くは言ってくれなさそう
麒麟が危険なことをしようとしたら止めるみたいだけど
麒麟がそれを強く拒絶するなら止められないみたいだし

王にばんばん進言して悪態までつく官吏もいるから
口うるさいオカンみたいな女怪もいるかもしれんけど
少なくとも芥瑚と景麒は口できちんと伝えることがあまり必要なかったっぽい感じよな

凄いなー
キャラデザ的にもあの翼女怪、有能そうだもんね
他に女怪出たのって延麒の女怪と汕子くらい?

汕子は母性丸出しだけど、きっと介湖は黙々と世話してたんだろうね

アニメだと巧麟が死ぬときに女怪も出て来なかったっけ

でも描写なかったなああんまり

http://12kingdoms.wikia.com/wiki/Nyokai
塙麟の女怪の尹灑と新しい巧の女怪も出てきてたね
新しい女怪は声が聴けなかったが
>>477
芥瑚は最初のほうだけでほとんど出番なかったなぁ

イサイは指先が肉球ぷにだから、間違いなく有能
有蹄は無能

これは間違いない

二足歩行で鳥の要素を持つ女怪率高いなあ
サンシは豹ボディの乳房で乳を与える予定だったわけだけど
他の女怪はそれが無いから人間の乳房からなんかね

象が混ざっていて脇の下に乳腺があるのもいるかもしれない
馬だと後ろ足の付け根か

塙麟と尹灑 セットで親子丼
なかなか魅力的だw

ところで主上のやる気スイッチはどこにあるの?
見つけたら北斗百烈拳でぶっ壊れるまで連打するんだが

ぶっ壊すなら殺る気オンに押し込んで永遠にそのまま動かない状態キープでお願いします

485イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止2017/09/17(日) 01:54:28.74ID:JdVLiuZ8
ふと、思ったんだが、、、、

俺が主上なら、読者が喜びそうな戴がハッピーになるような適当な物語書いて、とりまさっさと新刊出して大儲けすればいいところ、それを何年間もしないということは、本当に新作書いてると信じていいのかも!?………




なーーーんちゃって、、、、、、んねわけないか(´・ω・`)

 皆さんにうれしいお知らせです!
 1200枚ほど書いたところで記録媒体の不調から原稿紛失のトラブルに見舞われるも、再奮起して現在1500枚ほどまで進み、まだまだ筆が止まらぬ勢いです。
 年度内の脱稿を目指し鋭意執筆中ですので、どうか今しばらくお待ち下さい。

>>475
汕子の場合は己の存在理由である泰麒を一度目の前で失ってるせいで
母性丸出しが他の女怪より過剰になってる可能性もあるだろうな

通常の使令や王に対する官吏のように理由があって仕える事にしたわけではなく
生まれた事自体、死ぬ理由までただひたすら麒麟のためなんだから特異な存在
王の白雉もそうだけど、白雉には王を守る思考まではインプットされてないから
まだマシともいえるが…一声二声と脚のためだけってのも酷い扱いといえるか

488イラストに騙された名無しさん@無断転載は禁止2017/09/17(日) 11:25:56.54ID:CPPX6Axn
逆にそれ以外は餌食って好きにすごしてて言い分気楽かも試練
普通の鳥だったら過酷な生存競争に晒されるわけだし

意志が介在してたら
崩御したら自分も最期の一声で崩御道連れになるんだから
何としてでも治世を長引かせるかもしれんね

>>486
それを書くなら記憶媒体だろうに
記録媒体ならわざと破損させない限り、読めなくなるって事はないよ

それって書いてないし

ま、実際書いてないだろうな〜。
とうの昔に書く気がないのを見透かされてるのに未だに体裁取り繕おうとしているところが痛いわけで。
まあ物書きとしちゃ終わってるわな〜。

新着レスの表示
レスを投稿する