桑原水菜総合スレッド 41 [無断転載禁止]©2ch.net

*****/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        | 皆さん、発言はsageでお願いしますよ。 .|
       / _________________/
  .∧∧ //      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\
  (*゚ー゚∧∧ 。o○(  新刊ネタバレ解禁は        |
  ./  つ  ,,)    .\   正規発売日の翌日だぞ。   |
〜(___ノ(___)〜     \____________/

例:正規発売日5月3日→解禁5月4日の午前0時

※表紙、副題、それらの感想もネタバレにふくまれます。
※但し、公式(出版社や作者)のツイッターやブログで情報解禁があったことに関してはこの限りではありません。
※キャラ叩き・殺伐系トークはNG。またーり語りましょう。

※次スレは>>980が立ててください。

※前スレ
桑原水菜総合スレッド 40
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1489622757/

書きそうも無いかな
そういえば、先日八王子城へ取材に行ったみたいだが完結記念の何かだろうか?

>>u5u6VurGさん
とりあえずひと通り読んだら?未読の質問ばかりじゃなくね
それが一番の近道だと思うわ

>>120
完結企画は、炎の蜃気楼シリーズを振り返る総集編みたいなので思い出の地とか巡ってんのかも
何にしても楽しみだね

>>112
地元で造ってるお酒だ
謙信が青年期「長尾景虎」を名乗ってる時に、この土地で過ごしていたから「謙信」ではなく「景虎」にしたんだよ

当時この酒造会社も、ミラとコラボしてくれれば良いのにと思ってたわ

今でこそアニメや漫画とコラボって珍しくもないけど当時だとあまりなかったからな
ミラもどっかのお酒の会社とコラボしてたけど中の人がファンだったんだっけ

>>123
小島洋酒店ね
ワインを主軸に、ウイスキーやビールも展開
ゼリーやケーキも作ってたな
今はもう販売してないけどね

ワイ苗字が長尾
婆ちゃんが上杉謙信と繋がってると言ってたけどきっとボケていたんだろう

長尾といっても分家がたくさんあるからねー

長尾家も家督争いしていたよね

直江も長尾一族の出だよ
そこから直江家に婿に入った

質問者じゃないけど原作読めとばっさり切り捨てるのはどうなのかなと……
手軽に読める長さじゃないし
ヒントを与えるくらい悪いことじゃないでしょ

>>118-119
邂逅の修験者達が即身仏を目指すくだりはどこにも出てきてないよ
その見逃した短編は赤い鯨と室戸のこうもりだね。
ブギウギ小冊子にも入ってなかったし雑誌でしかまだお披露目されてないけど昭和編完結後になんらかの形で収録されたらいいね。
その時は浜田さんが描いた月までの距離短編漫画と抱き合わせでくるんじゃないかな。
願望込みだけど

>>129
ほんとにありがとう!
即身仏のくだり無くて残念
赤い鯨は文庫化を楽しみに待ちます
ほんとにありがとう!

>>129

未読での質問が何度か続けば読めば解ると言いたくなる気持ちもわかるよ
個人としてヒントあげるのはいい事と思うけど最初の文面は言わなくてもいいことじゃないかなとは感じたよ

ミラージュ終わったら、桑原氏はコバルトで少女小説の新作を書くんだろうか
集英社が離さなかったら別だが、本人は違うレーベルで新しい分野にも挑戦したいんじゃないかと思う
活字離れしてる時代だしミラージュほど売れる新作を書けるかは難しいところだが

このスレにも粘着さんいるねえ
すぐに反論+文章に特徴あるからすぐ分かる

ミラ以外の作品もいろいろ書いてるじゃん

桑原さんの他の作品を読んだけど自分にはどうも合わなかった
縛魔伝は森野みたいな女の子のはしゃぎ方が痛々しくて無理だった
少女小説なんてあんなもんかもしれんが
舞台ものは話が途中からブレブレだったので完成度低いと思う
ミラには夢中になったし今でも好きだが作家信者じゃないんだな私は

ミラージュの後にシュバルツを読み始めたけれど、シュバルツのキャラがミラージュのキャラとカブって読めてきちゃったから、数冊読んで挫折したよ
桑原さんのはミラージュ以外読まないかも

神紋もミラとかぶるとこあるしね。

別タイトルもあらかた読んだ。
意図的にミラを連想させる表現を他作品で出してらっしゃるからそれ目当て。
神王の禁域に出てくるレリーフの描写やら、明らかに意識してると思ってるけど誰かと話し合った訳でもないから自分だけかも

カサンドラは、ミラ昭和編と被りそうで全く被ってなかったね

序章で出てきたハ〇チンの男にはドキッとしたけど
ラストもミラを思い起こさせると言われてたけどそうは思わなかった

>>132
少女小説、はもう卒業してもいい頃合いかと。
炎ミラからは脱して新しい境地で今までにない作風に仕上げて貰いたいね

ジャンルはずっと少女小説だろうし、作風もガラっと変えられないでしょう
遺跡発掘シリーズは他の作品よりソフトだと思うけど

出来る・出来ないはともかく奮起する作家魂を見てみたい、やって欲しい
これだけ他の作品も「ミラージュと似てる」って言われちゃ作家としても残念だろうし
桑原さんなら中堅あたりか、まだギリギリ変えられる可能性はあるし、桑原さんやるじゃんってとこ見せてくれ!

Amazonで関連商品に遺跡発掘師の「まだれいな」とかいう本が表示されたのを見て
表紙の黒服の男を「直江?」と思ってしまった

カサンドラってこのスレでも評判良いの?
アマゾンじゃ褒められてるけど
このスレ住人からしたらいつもの桑原節だったりする?

正直な個人の感想だとストーリー展開の全てがありきたりのもの過ぎて特別胸を打つものはなかった。
最後に桜の木が唐突に出てきた時はああただの雰囲気小説なんだと思った。
よく言えば万人向け。際どい表現の桑原節に慣れた身には物足りなかった。

カサンドラは「読書メーター」ってサイトでも読者の感想は面白かったって意見が多いからそれなりに受け入れられているんでしょうね
脱ミラするならハードカバー路線かしら?

桑原さんの場合、応援したい気持ちが強いというか身贔屓的・宣伝的にミラ以外の作品もネットで褒めておこうみたいなファンがけっこうな数いそうな気がして
ネット上の感想がそのままには受けとれない部分があるんだよな・・・
それは他作家でもある現象だろうし本以外でも音楽関係とか多い気がするけどさ

>>143といいこの粘着が例のミザリー?

自称、粘着ハンター(>>133>>149)が一番粘着してるというオチに本人はいつ気づくのか、と見えるけど
ミザリーはエロ話好き、BL好き、既婚者勝ち組説で未婚者を馬鹿にするのが大好きな人間を指すんだよ
過去スレ見ればよくわかること

無量をユーチューバー発掘師にするくらいのぶっとび感が欲しい

どの業界も関係者のサクラとか潜んでる場合もあるだろうし
どれが本心から言ってる言葉かも分からないから結局自分自身の勘を信じるか
実際に読む聞く使うしか真実は出ないだろうなぁ〜と思ったり思わなかったり
他人の感性をアテにするより自分の答えがその人の真実でしかないってことか

いわゆる上手い作家とは違うよね
ミラ本編は何か凄く大きなノリの波がある作品で、そのノリに呑み込まれるようにして読む作品というか
文章はリズム感があってスルスル読める読みやすい文体だから、そこまでのノリは無くても昭和編とか神紋は読んだけど
ノリと読みやすい文章とで読ませる作家だと思うからノリの波が弱いもしくはノリが合わない作品だと自分は読むのしんどい
上手く説明出来ないから気にさわる人いたらごめん

いわゆる文章がうまい作家ではないけど読みやすさは賞賛すべきだと思う
誰とは言わんがコバルトの作家でパズルかってぐらい読めない作家もいて愕然としたもの
個人的にはミラと針金の翼の中のやつだけが心に刺さった作品だがはまったときの爆発力はすごいなって思うし
作家として強みだと思う

何より、シリーズをきちんと完結してくれるのはありがたいと思うよ

完結それだ
ミラの終盤の大変そうなときでもダラダラ発売延期せずコンスタントに出してくれたのはありがたい
今まで何人の漫画家小説家が数年に1冊ペースに落ちたことかって考えるとなかなかできることじゃないし常にファンに対して誠実な作家だなと思う

>>154
私は真◯樹がすごく読みにくかったんだけど
でもデビュー作は感動した
当時の作家だと今野さんとか須賀さんとかがストーリーの作り方とかが上手い作家だなーと思った
ミラは夢中にはなるけどそういう上手さとは違ってるし、いわゆる感動とも違っててノリとでもいうか
マ◯タマは完結せずに色々書き散らすのが芸風ということで・・・

>>157
まあよその作家引き合いに出すのはやめようよ
ここはコバルト作家雑談スレじゃないので

>>158
当時、文庫の巻末や折り込みチラシや栞やらミラ目当てでたまに買ってた本誌やらで他作家作品を知り、なんとなく読んでみたりとかそういうこと含めて熱気あるミラ体験だったわけ
懐かしいな〜

ミラ本編レベルのおもしろさを期待して他作品も読んでみたけど全部だめだった
男にばかり夢理想を詰め込みすぎておたく臭さが激臭だし

人魚島が一番読むのキツかった。
受けに相当するキャラがビッチなのも原因で。

ミラージュのキャラは一から創作したものじゃなく、既に人物像が出来上がってる歴史上の戦国武将の
土台があったからね

桑原先生のBLは駄目だ、全然萌えないんだ。
ミラージュはあんなに萌えるのに。何故なんだろう。

私は赤の神紋が非常に読みにくくてお手上げだった。
舞台が元々好きじゃないからってのもある。
イルゲネスとか縛魔伝とかは読みやすかった。
誰か 弥次喜多化かし道中 って読んでない?
ここでは全くネタにされないマイナー作品だけど。

>>164
私は針金の翼や邂逅編が読みづらかったんだけどイルゲネスと縛魔伝が読みやすかったという人にとって邂逅編はどうだったか知りたいので教えてくれないかな
だからどうだというわけじゃなくて単なる興味なんだけど
人魚島は読んでみようかなと思った

他の方々も
良かったやつとあんまりと思ったやつとそれぞれ教えてくれたらありがたい
そういう好みの問題の話がなので

すまん
×話がなので
◯話が好きなので

>>164
化かし道中読んだよ
人にも擬態できる狸と狐の話。
簡単に説明するなら本物の人間になるため伊勢を目指す二匹の、ほのぼの相棒道中記コメディ。
因みにBL要素はゼロ。
邂逅を思い出すような独特の言い回しは健在。
とにかく二匹が可愛くて、最後まで楽しく萌えながら読めたから自分的にはお勧め。
電子書籍にもなってる

桑原水菜はBLじゃない方が面白いね
弥次喜多化かし道中、まだ読んでないけど、知人で読んだ人がいて面白かったと言ってた
いつか読むつもりで積み本中〜 ※順番待ち状態
コメディは珍しいよね、ラブ無しコメディとかもっと書けばいいのに

自分も桑原さんのBL苦手
最後まで読めたことない
なんとなくだけど、本人が萌えてなくて仕事の為に書いてるという感じする
また近々出るみたいだけど

新着レスの表示
レスを投稿する