薩長が隠蔽してきた明治維新の真相がひどすぎる [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/09(土) 07:26:59.29ID:WDS2JEfh
*1. 吉田松陰は松下村塾でテロリストを養成して、近隣諸国への侵略主義を唱えていた。
*2. 高杉晋作は放火犯で、テロの実行を煽(あお)っていた。
*3. 木戸孝允は、御所の襲撃と天皇の拉致計画を立てていた。
*4. 初代内閣総理大臣の伊藤博文は殺人者で、放火犯であった。
*5. 西郷隆盛は僧侶を殺めた殺人者で、武装テロ集団を指揮していた。
*6. 西郷隆盛は平和的な政権移譲を否定して、武力討幕の謀略を実行した。
*7. 三条実美(さねとみ)は天皇の勅許を偽造して、攘夷と討幕運動を煽っていた。
*8. 薩摩と長州は何食わぬ顔で攘夷を放棄して、代わりに尊皇主義を旗印とした。
*9. 岩倉具視は女官を使って孝明天皇に砒素(ひそ)を飲ませて毒殺させたとうわさされていた。
10. 大政奉還でなされた「慶応維新」は評価すべきものだったが、薩長による武力討幕の前に粉砕された。
11. 「討幕の密勅」といわれる天皇の宣旨(せんじ)は完全に偽造されたものである。
12. 坂本龍馬の暗殺は、薩摩の大久保利通らが指令を出していた可能性がある。
13. 西郷隆盛は「薩摩御用盗(ごようとう)」を指揮して江戸市中を騒擾させ、軍用金を強奪させた。
14. 鳥羽・伏見の戦いで掲げられた「錦の御旗」は偽造されたものであった。
15. 戊辰戦争は薩長によって強引に引き起こされたものであった。
16. 大村益次郎は上野にいた彰義隊を不意に砲撃し、「官軍」は戦死者の肉を食ったとうわさされた。
17. 「官軍」は国際法を無視して捕虜や負傷者を惨殺した。
18. 「官軍」は会津などで強奪と強姦の限りを繰り返していた。
19. 帝国陸軍に君臨した山県有朋は、越後長岡戦争では裸同然で敗走していた。
20. 明治維新がなければ日本は外国の植民地になっていたというのは完全なうそである。

190既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 19:36:30.37ID:DcWkg8Bc
>>189
そうか、お前は自国の売国奴が外国の支援受けて内戦起こして傀儡政権作って
自国民を搾取することを肯定するんだな、良く分かった
日本赤軍支援者乙

191既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 19:40:14.61ID:bKR996Cq
で?お前なにが言いたいの?
反政府闘争する時に外国から武器を買うのは国際法違反です。
こう言うこと?

192既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 20:02:48.79ID:DcWkg8Bc
>>191
今なお同じ手口で世界で侵略が行われているのに、なんでお前は歴史から学ぶということをしないの?
これを知っておけば、世界中で戦争の茶番に協力することがどんだけアホなことなのか理解できるよ
そしてこんなアホなことのために自分の命を張るなんてこともやらないで済む

詐欺の手口を知れといってるだけだよ

193既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 20:05:04.44ID:Ai4pXZ4u
>>179
なら侵略者側の武器買っても問題ないよな
理解したか?

194既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 20:14:47.46ID:U2Jh9RA2
そもそも時の権力を倒すことが悪なのか、詐欺なのか

195既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:06:23.86ID:yrbstPK3
>>192
>サラトガの戦いで大陸軍が勝利したことを知ったフランスは1778年2月6日にアメリカ合衆国と同盟条約を結んだ。
1779年6月には、ブルボン家盟約を更新し、スペインがフランスの同盟国として参戦した。
オランダも1780年に参戦した。
3国共にイギリスの力を削ぐことを期待して戦争の初めからアメリカを密かに財政的に援助していた。


アメリカ国民も売国奴だよねwwww

196既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:18:50.93ID:DcWkg8Bc
>>195
どのぐらい独立派がいたのか知らないけど、外人に独立を炊きつけられて
戦争させられた馬鹿だよ
フランスもスペインも国益とか言いながら金貸しが儲けてただけ
イギリスの中央銀行の通貨発行権をオランダ人が持っていたっての知ってる?
既に国際金融資本が存在してたんだよ
馬鹿が戦争で殺し合いをさせられてるんだよ、大昔から

死の商人がもうけ優先しただけさね

198既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:22:24.34ID:DcWkg8Bc
ああ、ちなみに日本の薩長に売りつけられた武器は
このアメリカ独立戦争であまった在庫品だ

199既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:25:54.81ID:yrbstPK3
>>198
きみはあほなのかwww

200既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:27:00.04ID:yrbstPK3
だめだこいつw
アメリカは建国100年ちょいかwww

201既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:30:06.36ID:yrbstPK3
>>196
知識も浅い上に中身まるで無し。
戊辰戦争がアメリカ独立戦争でもういいわ

202既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:31:59.73ID:DcWkg8Bc
>>199
あ、失礼、アメリカ南北戦争の在庫品に訂正

203既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:42:25.50ID:yrbstPK3
>>202
うん。もういいよ。
こんな知識レベルの奴とはじかんの無駄だし。
100年も間がある戦争を間違えないしふつーは

204既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/17(日) 21:45:36.24ID:DcWkg8Bc
>>203
そんな間違いしか必死で指摘できんなら別に君と議論する必要もないよ
俺は俺の言いたいことを言うだけだから
君がおかしなことを言えば違うというだけ、それが議論になっていて
君が拒否したいならここに書き込まなければ良いだけだ
戦争なんて大昔から金儲けをしたい奴が手を回しているだけ、それだけだよ
大した話でもないし、理解できない奴が馬鹿なだけだ

205既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/18(月) 09:25:25.04ID:tgey2e5A
違うって言うのは否定であって議論ではないよ
相手を否定し続ける事が議論になっていると思うのは良くないな

206既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/18(月) 18:57:06.34ID:eYNuEu9Q
イギリスに関しては薩英戦争がターニングだったと思う
思いのほか薩摩にやり込められた英国は日本を将来的な東アジアにおける
キーになる国と考えたと言う事だろうな
ただし長州主体の攘夷がそのまま成功するとは思えない
ある意味新撰組が池田屋でやってのけたことは意味があったのかもしれない
あれで日本が10年遅れたと言われてるがあの時点で冷や水を浴びせたおかげて
すべてはうまくいったのかもしれない

207既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/20(水) 03:23:59.57ID:jJRXVw98
薩英戦争は日本の歴史的には薩摩の完全敗北的な書かれ方をしてるけど
けっこう痛み分けみたいな感じだったらしいね
まああの時点では薩摩は日本の中で一番の強国だしな
長州はまだまだ単に刀振り回すだけの存在

208既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/20(水) 04:11:14.77ID:I0lB2hHZ
調子のって臼砲届く範囲まで行っちゃったからなw

209既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/20(水) 11:59:04.80ID:ZFRemhpz
薩摩隼人の開戦上等のテンションと賢さはやばいw

210既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/21(木) 05:07:09.71ID:RbUblEwc
近づかないと上陸占領とかできないからな
上陸しても無傷で薩摩を沈黙はさせられない
なんだかんだでまだまだこの時代は近接戦だと銃器の性能だけで決着にはならんしな
まあ・・・仮に勝ったとしても堺事件みたいな結末を見せつけられたら
英国兵の精神がもつかどうか・・・

211既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/21(木) 05:35:42.27ID:7elsJ2My
この手のスレで君とかも言って憧れの知的なキャラになりきる奴w

212既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/21(木) 13:41:08.00ID:5Jm0nOp5
イギリスは南の孤島の部族間争いから大陸まで全世界で介入やってんだしな。
アメリカは戦争ばっかりやってるとか言われるけど、イギリス軍の戦歴に比べたらw

213既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 06:05:41.49ID:5H7fF5cC
まあ日本は近代化されてなくても極東に派遣する戦力だけ制圧するにはちょっと手に余るんだよね
これは信長や秀吉の時代におけるスペイン・ポルトガルでもそうだけど

214既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 06:56:39.50ID:rIoOERRV
手に余るなら浸透作戦やるだけw
史実、そうなわけで

215既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 07:24:40.00ID:4CD4g/XG
明治までは外相爆殺とか首相暗殺とか日常茶飯事だったし
テロリストだったとしても顔がいいと全国のオバチャンから
ラブレターや助命嘆願書や爆裂弾が司法機関に殺到して大変だったらしい

216既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 08:31:26.85ID:5H7fF5cC
>>214
結局失敗したわけだけどナ
ある意味新撰組の池田屋はそれを潰したのかもしれない
それこそ戦国期もそうだったけど日本の政治構造・支配構造は複雑すぎた

217既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 08:41:28.40ID:HOtCS5/7
>>216
なんで?薩英戦争の後は関係を深めていくわけだし。
太平洋戦争後の日本とアメリカみたく。
薩英戦争はイギリスの威力偵察みたいなものだろw

218既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 09:12:37.24ID:5H7fF5cC
>>217
このスレ的には薩長は走狗と言う事になってる
まあ自分は賛同はしないけどね
でも新撰組があの時歴史に冷水をかけたことであの時の無謀な攘夷や討幕は無くなった
そしてその威力偵察に手を焼いた結果が薩英戦争
太平洋戦争もアメリカは短期で日本を沈黙させられると思ってた所
4年弱も太平洋上で大立ち回りさせられたからまあ同じなのかもしれない

219既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 19:21:49.02ID:oqfWDkWD
登場する組織が今と変わらないんだから、昔からヤラセ戦争をやっていた可能性について
考えないとだめだよ、今でもやってるでしょ
戦うのは末端の兵士、やらせているのは自分では戦争しない支配者

島津斉彬がどんな人物だったのか自分で調べてみなよ
彼がイギリスと戦争する意味なんて微塵も存在していない

220既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 19:37:23.26ID:HOtCS5/7
生麦事件でイギリスに圧力かけられたんだから理由はあるだろ

自分の両親がそれぞれ「別な」人間と結婚していれば違った人生を・・・って話やん?
阿呆すぎやんか

222既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 20:05:40.63ID:oqfWDkWD
その生麦事件からヤラセの可能性があるんだよ
薩英戦争後、薩摩は生麦事件の犯人が逃亡したっていう理由でイギリスに渡してない
武士が逃げたって言ってんだよ、まあ逃がした訳だが

事件の経緯を良く調べてみると生麦事件から薩摩側の犠牲者はほとんど出ていない
イギリス側はたくさん死んでる
結果として賠償金名目で薩摩は幕府から6万両を借りて踏み倒し
その金でイギリスから武器を調達してる

その武器でクーデター起こしてんだから、こんな馬鹿な話を
真面目に聞くほうが間違ってる

223既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 20:34:31.11ID:WK4taXyI
そうなんだ。フリーメイソンって怖いね

224既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 20:52:03.96ID:rIoOERRV
ヤラセww
(知らなかっただけ)

225既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 21:03:38.07ID:rIoOERRV
>島津斉彬がどんな人物だったのか自分で調べてみなよ
彼がイギリスと戦争する意味なんて微塵も存在していない

島津 斉彬(しまづ なりあきら)
薩摩藩の第11代藩主。
死没 1858年8月24日

薩英戦争 1863年8月15日–17日



確かに【微塵も存在していない】ねwww

226既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 21:03:54.98ID:oqfWDkWD
>>224
島津斉彬は外国かぶれで親から散財するのではないかと危ぶまれて
家督相続を拒否された人物だ、お家騒動が起きてる
それでも家督を相続した斉彬は、その瞬間に領地に外国式の工場群を建ててる
生粋の西洋信者だ

なんでこいつがイギリスと戦争して攘夷とか言うの?

227既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 21:08:16.89ID:rIoOERRV
>>226
イミフ

228既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 21:15:02.49ID:oqfWDkWD
>>225
島津斉彬は突然死んだから毒殺と言われている
当時挙兵準備しようとしてたから、準備不足なのに勝手に先走ったからかもしれない
詳細は闇の中だが、結果として分家から次の領主つれてきて
実験は大久保と西郷が握ることになる
同じ穴の狢の連中だよ

229既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 21:20:25.75ID:WK4taXyI
そうだねイルミナティは恐ろしいね

230既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 21:28:06.05ID:rIoOERRV
>>228
プリ吉さん、さすがに死んでるのにイギリスと戦争はできないのよw

勉強して出直しておいでな

231既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/22(金) 21:33:16.64ID:798uPnGy
>>1
己の無知を隠すために被害者ぶるのやめろよな

232既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 06:32:02.21ID:g9VRhLIt
>イギリス極東艦隊司令官ホープは海上封鎖を行っても賠償に応じない場合を想定して
陸軍と協議して京都・大坂・江戸を占領する計画をも検討していたが、
仮に占領可能であったとしても天皇や将軍が山岳部に逃げ込んでゲリラ戦に持ち込まれた場合は
不利であると結論しており、事実上断念している。
また、当時の英国に十分な数の陸兵を日本に派遣する余裕はなかった。
実際、駐日英国公使代理ニールは横浜防衛のために2000人の陸兵派遣要請をしたが、それすらも拒否されている。

233既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 08:41:25.01ID:T1vObh9y
x 余裕がなかった
o 日本猿ごとき派遣など要らん

234既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 09:23:50.73ID:QJ6LRkta
日本人って自分の国を自虐する人が多いよね
特にお年寄りに多いがアメリカの占領政策でそう教育されて育ったから仕方ないのかも知れないが
でもネットが普及して色々自分で情報を調べられrっようになった今の若者でも自虐する人は居る

235既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 09:28:24.67ID:j+FFfqYG
外人と外人に内通している売国奴に日本人がやられた「被虐」なのに
それを言うと何故か「自虐」史観といわれる不思議

236既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 09:50:34.19ID:bp23cQkL
>>235
被害者面も自虐も一緒だろ、間抜け

237既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 09:55:49.02ID:j+FFfqYG
>>236
えっと、日本語大丈夫?
日本が積極的に海外を侵略したというのが「自虐史観」と言う風に一般的に言うものだと思っていたんだけど
世界の植民地主義に対抗するために仕方の無い戦争だったって言い訳をして
「自虐史観」をやめましょうって言うのが最近出てきた流れだよね

被害者面をして「自虐史観」をやめましょうって言ってる人がいるということは
それ逆の概念だよね?日本語不自由?

238既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 12:15:01.70ID:bp23cQkL
>>237
お前の頭が大丈夫?

239既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 12:23:06.79ID:dKcrCmxv
まあ、夜郎自大史観の罹患者は放置しておいても3年から5年で目が覚めて自分の黒歴史に苦しむことになるから、
何十年経っても治らない自虐史観病患者よりはマシかも

240既にその名前は使われています@無断転載は禁止2017/09/23(土) 13:33:12.44ID:g9VRhLIt
>被害者面をして「自虐史観」をやめましょうって言ってる人がいるということは
それ逆の概念だよね?


丸出しのプリキュアキチガイ語だな

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています