なんやかんや言って幸せな人生を送った武将

1人間七七四年2011/12/22(木) 02:32:03.30ID:+Y85F6Jx
人間にとって何が本当に幸せの要素か?
難しい議題だが、時は戦国。
当時の武将の人生観、現代の人間の人生観
あらゆるものを相対評価して結局、一番誰が幸せな人生を送ったのか決めるスレです。

2人間七七四年2011/12/22(木) 02:37:47.78ID:g5soymlP
織田信雄

3人間七七四年2011/12/22(木) 02:48:35.16ID:vTSd3caq
子孫繁栄
満願成就

4人間七七四年2011/12/22(木) 02:50:01.76ID:+Y85F6Jx
暫定ランク

1位・前田利家
2位・伊達政宗
3位・黒田如水
4位・北条氏康
5位・池田輝政
6位・徳川家康
7位・上杉謙信
8位・島津義弘
9位・豊臣秀吉
10位・藤堂高虎

5人間七七四年2011/12/22(木) 03:21:08.36ID:v0i82vYG
美人でしっかりものの嫁さんと添い遂げ、天下人からも良い扱いを受けた今川氏親が最強

6人間七七四年2011/12/22(木) 03:21:35.39ID:v0i82vYG
氏親じゃねえ、氏真だ。頭寝てるな。

7人間七七四年2011/12/22(木) 04:56:13.42ID:1zYS1ZXN
なかなかに世をも人をも恨むまじ 時にあはぬを身の科にして

今川氏真

8人間七七四年2011/12/22(木) 11:18:27.55ID:sQrYYzsz
武田信虎

9人間七七四年2011/12/22(木) 11:46:29.35ID:4gHPO4PG
仙石秀久

10人間七七四年2011/12/22(木) 12:06:47.63ID:3XBJDeJN
織田有楽

11人間七七四年2011/12/22(木) 12:41:08.61ID:GTZGcult
松永久秀

12人間七七四年2011/12/22(木) 12:55:26.03ID:qERwZgX5
伊達政宗の前人生、滅茶苦茶じゃん。

13人間七七四年2011/12/22(木) 14:01:30.46ID:dNOrAKa8
直系跡取りができていれば宗茂さんだけどなあ

14人間七七四年2011/12/22(木) 14:11:47.02ID:4gHPO4PG
山内一豊

15人間七七四年2011/12/22(木) 21:37:17.05ID:JqJhwoD4
宇喜多秀家

16人間七七四年2011/12/22(木) 21:58:57.69ID:sQrYYzsz
小田氏治

17人間七七四年2011/12/22(木) 22:12:41.88ID:tfOCzpSa
島津にボコられて日向から叩き出されたりしながらなんとか復帰して近世大名の仲間入りできた伊東祐兵

18人間七七四年2011/12/23(金) 00:56:35.47ID:6OXyFAzQ
松永久秀
やりたい放題やって満足したと思う

19人間七七四年2011/12/23(金) 02:46:53.27ID:txeMT2Bl
蒲生氏郷

早死と子孫の断絶は悔やまれるが、彼一代の活躍は素晴らしい。
日野でも松阪でも会津若松でも、行く先々で城下町をこさえた。

20人間七七四年2011/12/23(金) 08:42:15.17ID:R+WOOBRe
松永久秀は満足して死んでいったと思う。
それとは逆の人生、真田 信之。
親兄弟や息子達との肉親の縁は薄かったけど、まぁ満足して死んでいったと思う。

21人間七七四年2011/12/23(金) 14:11:06.60ID:00Ml9YMl
金森ながちか

22人間七七四年2011/12/23(金) 16:22:33.27ID:INgzJTsj
>>19

氏郷以降の蒲生家当主の早死率は異常。
戦死ではなくて病死で次々に亡くなるなんて。

23人間七七四年2011/12/23(金) 16:36:34.57ID:4iKk8bBw
>>22
近江宇多源氏の祟りじゃね?
現実問題、蒲生は裏切ってなけりゃ滅ぼされるしかない立場。
主家を見捨てた呪いが随分遅れて表れたのかも

24人間七七四年2011/12/23(金) 21:27:15.67ID:0AILt7LF
酒井忠次

25人間七七四年2011/12/23(金) 22:12:59.59ID:PySpoVqb
真田信之

DQNな父と弟とそれによって苦渋を嘗めさせられた将軍秀忠に苦しめられるも
嫁と叔父を初め優秀な部下と徳川方の武将のみなさんに支えられ
後半には信濃の獅子として尊敬の的となり
きっちりと真田を守り抜いた

26人間七七四年2011/12/25(日) 16:21:46.46ID:sj43FVPW
内ケ島氏理
絶頂期に死ねたのは幸せ

27人間七七四年2011/12/25(日) 17:43:43.88ID:tEG+2e6D
生き埋めってもの凄く苦しいんだぞ

28人間七七四年2011/12/25(日) 22:03:20.44ID:smFjbMGr
>内ケ島氏理

マニアックな武将だな

29人間七七四年2011/12/26(月) 12:19:59.90ID:3xXwJLNS
>>23
近江宇多源氏は、見捨てられても仕方ない自業自得の様な気も。

30人間七七四年2011/12/27(火) 00:27:17.53ID:4vhfB+0+
長尾為景
やりたい放題で楽しかったと思う

31人間七七四年2011/12/27(火) 16:43:10.10ID:iBZHApi8
関ヶ原で裏切った三人組

脇坂→普通に裏切った事を評価され幕末まで大名として存続。

赤座→裏切ったが評価されず改易。
その後、前田家に再就職し幕末まで有力家臣として存続。

小川→裏切ったが評価されず改易。
その後、商人に転職し大成功を収める。

小早川に比べると凄い勝ち組なような気がする…

32人間七七四年2011/12/28(水) 00:29:35.27ID:XWwhccC5
なんだ。。。関ヶ原の裏切り衆は
なんやかんや言って、そんな幸せな後世を向かえてんのか?

ちょっとムカつくな

33人間七七四年2011/12/28(水) 00:31:59.19ID:6QD/96Fc
徳川家康か豊臣秀吉だと思う、この二人最終的に個人の目的果たしているし

34人間七七四年2011/12/28(水) 00:34:33.56ID:5jxEWvsw
秀吉の目的はインドまでの征服だぞ、マジで。

35人間七七四年2011/12/28(水) 00:53:56.29ID:XWwhccC5
てか秀吉の場合
その目的に至るまでの過程が並大抵じゃなかっと思うぞ。。。

決して講談や史料には載っていないような
ユダヤの大富豪並みの負の遺産、悪行続きだったような気がする。。。

だって乞食が天下人にまでなるんだぞ?
どんだけ影で悪事を働いて、善良な人を裏切らなきゃならないんだよ?

すんげー、チョン以下の糞悪事を働いていたと思うぞ

36人間七七四年2011/12/28(水) 08:07:28.50ID:LpbpfxVC
まあ、一言で言ってしまえば、その話はスレ違い。

37人間七七四年2011/12/28(水) 08:15:04.93ID:VHv3ahgs
…これは、話題戻すか。
1位,織田信雄
2位,山内一豊
3位,徳川秀忠

38人間七七四年2011/12/28(水) 12:17:54.50ID:VQ0CuNtE
三好義興は?皆からちやほやされている内にポックリ。

39人間七七四年2011/12/28(水) 12:38:23.76ID:dvdtkZFp
菅谷範政
散々苦労はしたけど最後は報われた
父上は気の毒だったが 

40人間七七四年2011/12/29(木) 03:11:59.37ID:ohfcijNm
山ノ内一豊は確かに本人にすれば幸せな人生だったろーな

ただ、周囲の評価は糞以下だけど。。。

41人間七七四年2011/12/29(木) 08:36:17.52ID:nEyG0HFj
松永久秀
エロの求道者でもあり、現役。好きな茶器と爆死本望だろうなぁ

42人間七七四年2011/12/29(木) 12:56:44.92ID:RuPGeGRw
>>35貧乏乞食が天下人になるにはある程度の悪行は仕方がないと思う、それでも天下人になった秀吉は凄いし運が良いわけで
貧乏乞食で悪行三昧でも同じ状況になる人間の方が少ない、個人的には講談のようで在ってほしいと思うけどね

話を戻すと徳川家康だと思う

43人間七七四年2011/12/29(木) 13:47:36.25ID:80mv4a1t
なんやかんやで幸せな人生、ということなら今川氏真を思い浮かべる
おしどり夫婦のイメージが大きい
大きな成功を収めた武将ではないけど本人は幸せを感じてたのではないか、と

44人間七七四年2011/12/30(金) 19:13:25.13ID:ke+CWghb
赤松則繁
将軍の主催する宴に参加し、
朝鮮で重要人物扱いされ、
最後はお寺で大往生。
楽しかったろうなー

45人間七七四年2011/12/30(金) 20:50:09.34ID:PcC8Ihex
信長
道三
久秀
直家

梟雄たちは幸せだったのだろうか?

46人間七七四年2011/12/30(金) 22:54:47.73ID:EPX5XThX
藤堂高虎かな

47人間七七四年2011/12/31(土) 00:12:08.14ID:NxsGzP1F
家康
一豊
高虎は鉄板だな

>>25 真田家を維持して一応加増されてるしな
11位ぐらいにはエントリーしてもいいと思う

48人間七七四年2011/12/31(土) 00:45:12.01ID:8qefQwNQ
じゃ、暫定ランクとして

1位 前田利家
2位 徳川家康
3位 黒田如水
4位 北条氏康
5位 山ノ内一豊
6位 藤堂高虎
7位 池田輝政
8位 豊臣秀吉
9位 伊達政宗
10位 松永久秀
11位 真田信之

こんな感じ?

49人間七七四年2011/12/31(土) 01:56:44.31ID:1xer/rkT
今川氏真、織田信雄、山名豊国も

50人間七七四年2011/12/31(土) 03:01:41.05ID:ZLFEnAdZ
基本的に戦場に立つ回数が多かった武将は幸せとは言えないんじゃないか?
多くの敵味方が死んでいく様を間近で体験するなんて人生の中で一度ありゃ十分だ。

51人間七七四年2011/12/31(土) 09:10:41.67ID:htw8rCqJ
氏真や信雄みたいなのが幸せなのだろう

52人間七七四年2011/12/31(土) 16:06:24.46ID:P1NtxFJq
織田源五を褒めるスレはここですか?

53人間七七四年2012/01/01(日) 23:26:28.81ID:IhA6SXeD
阿蘇惟豊は甲斐が難しい事を全部やってくれるから、楽チン人生だっただろう。

54人間七七四年2012/01/03(火) 00:31:05.61ID:nZfQVaxl
武将じゃないが本願寺やら堺衆は恵まれた人生だったのでは

55人間七七四年2012/01/03(火) 02:16:15.67ID:kJkItHaU
堺は大坂の陣の時に焼かれたでしょ

56人間七七四年2012/01/05(木) 19:38:49.51ID:LeVe4GAo
堺の自治衆は今の日本のように
周囲の勢力から常に金を毟り取られてたから
結構、過酷だったと思うぞ

それでも金持ってたんだからメチャクチャ儲けてたんだろーけど

57!sengoku2012/01/05(木) 21:27:39.30ID:A5aWvQ1+
>松永久秀

天守閣や茶道の先駆者にもかかわらず、後発の信長にパクられ、
「三悪事」にしても、信長の方がスケールの大きい「悪事」をしている。

その信長に再び助命を申し出られている。
完全に小物扱いされているわけで、かなり鬱屈した最後ではなかろうか?
幸せだったとは、言えないなあ。

58人間七七四年2012/01/05(木) 22:09:28.89ID:PKUk5dfZ
>>57
おまえこそもっと勉強しろ。

59人間七七四年2012/01/05(木) 22:16:53.17ID:KwsLyo3A
荒木村重。
道薫

昔を思い出しながら
しみじみ好きな茶を飲んだことだろう。

60人間七七四年2012/01/05(木) 23:07:30.42ID:9tS123N9
自演ばっかのスレですね。

61人間七七四年2012/01/06(金) 01:11:16.28ID:Mvh2Otpl
水野勝成

もうね、

622012/01/06(金) 02:13:18.89ID:+/k95//+
徳川秀忠

力量と幸せに送れた人生の釣り合いがとれてない

63人間七七四年2012/01/06(金) 06:26:46.70ID:bnjnsn7u
いがっぺよ〜

64人間七七四年2012/01/06(金) 10:38:30.65ID:s08D4DiI
>62
秀忠は戦の指揮官としては無能だけど政治家としては優秀だと思う
鎌倉以降の将軍ランキングを付けたら割と上位にくい込んでくるんじゃないか
武家としては清盛、義満に次ぐくらいのの最高の権勢を誇った人ではある

65人間七七四年2012/01/06(金) 22:04:48.77ID:VQ4Rt6Hs
よくゲーム脳に限って
秀忠は実は政治家としては優秀だったとかレスするの目にするけど
それってゲーム脳の間で流行ってんの?

66人間七七四年2012/01/06(金) 23:15:24.98ID:1LTGKXXd
江戸を発展させた
借金体質にしなかった
老臣の声を封じた
兄弟の声を封じた
外部勢力を押さえ込んだ

結果論で見ると優秀だな。

67人間七七四年2012/01/06(金) 23:18:23.21ID:Mvh2Otpl
おいおい、政治面は親父より優秀だぞ

信長秀吉家康以上の政治力だぞ

68人間七七四年2012/01/07(土) 00:51:21.91ID:OY6EvgJl
まあ大半は本多や土井の功績なんだがね。
そいつらを抜擢した眼力は凄いが。

69人間七七四年2012/01/07(土) 06:24:41.00ID:KkT78Psi
大久保忠俊とか。
本能寺の直前まで生きてたからなこの人。

70人間七七四年2012/01/07(土) 15:36:31.61ID:fmOBFGQ4
>>68
突然変異みたいな一人の天才に頼った集団より
それなりの秀才をまとめあげた集団のほうが長期体制を作るには向いてるもんな

71人間七七四年2012/01/07(土) 17:26:04.45ID:4XSAcLaC
戦乱の時代には天才が必要なんだけどね。
信長→秀吉→家康→秀忠って段々と天才から常識人へと移行していく

72人間七七四年2012/01/07(土) 19:06:00.55ID:KkT78Psi
>>64
秀忠は別に戦について無能ではないと思うぞ。
関ヶ原遅参は天候不順、
上田攻めはそもそも3日で小大名の山城を落とす方が無理って話。(鳥居元忠は伏見で西軍主力に半月粘ったぐらいだから。)
むしろ大坂の陣で大きな失態は犯していない。活躍の場がなかっただけ。

>>71
家光ェ・・

73人間七七四年2012/01/07(土) 19:44:05.43ID:ZN+zAou/
>72
天才から秀才へっていう体制固めが出来なかったというか
後続ほど過去の失敗に学んだろうな

74人間七七四年2012/01/07(土) 21:28:58.15ID:4XSAcLaC
て言うかまぁ此処までくれば将軍なんか生まれたばっかのガキでも勤まるレベル

75人間七七四年2012/01/07(土) 23:30:21.69ID:DCscmODW
>>70
その体制を築いたのが親の家康で
その家康に「こいつバカだけど、兄の秀康は有能だけど嫌いだから」という理由で選ばれたのが秀忠なのに
もしかして秀忠が独自で切り開いたとでも思ってたの?

>>72
家康も目付の康政も、秀忠じゃ1年経っても上田城は落とせないから
最初から関わるな!と再三言ったのを無視して攻撃して大敗したのが秀忠な

76人間七七四年2012/01/08(日) 00:00:26.92ID:HDBRNRVJ
織田信雄

日本史の目撃者としてこれ以上の位置はないだろう
天寿も全うしたし
それなりの栄華も経験した
後世の評判がよくないのだけが心残り

77人間七七四年2012/01/08(日) 02:04:18.70ID:UvQ6nc6r
>後世の評判がよくないのだけが心残り
当時から評判ボロクソですが。
親からも馬鹿扱いで旧敵対勢力へ厄介払いされ、秀吉時代は完全にピエロ、姪のコネで乞食生活

「最期だけは良かった」なら分かるけどな

78人間七七四年2012/01/08(日) 02:05:18.13ID:UvQ6nc6r
姪じゃなくて従姉妹か

79人間七七四年2012/01/08(日) 02:28:45.54ID:KajTg0Xb
どんな武将も民百姓と比べたら遥かに恵まれた人生だろうな。

80人間七七四年2012/01/08(日) 03:05:13.75ID:UvQ6nc6r
武将と民百姓を比べるスレではないからなぁ

81人間七七四年2012/01/08(日) 10:23:43.93ID:WIikLFKh
比較対照に民百姓を持ち出される武将って・・・

82人間七七四年2012/01/08(日) 10:39:26.67ID:tvgtQIaz
宇喜多秀家なんかは配流の身とは言えあったかい南の島で余生を過ごせて案外幸せそう
当時としては相当な長命だし家族で晴耕雨読の暮らしをして余暇には釣りとかで楽しむ現代人には結構うらやましい生活なんじゃないだろうか
大大名でたらふく飲んで食っての生活じゃ早死にしたろうな

83人間七七四年2012/01/17(火) 05:07:08.21ID:7nAU191v
確かに現代人の感覚から言うと羨ましい限りだ。

84人間七七四年2012/01/29(日) 06:36:16.24ID:cwfX4yKu
小堀遠州とかじゃないか

85人間七七四年2012/01/31(火) 00:30:39.08ID:0dCNrhUH
自らの境遇に納得していることが前提だが、早々にドロップアウトして余生を穏やかに送った人は幸せなんじゃないか?


武田信虎
 甲斐追放後、娘の嫁ぎ先に居座ったり、京都観光したり、海賊退治したり、高野山に詣でたり、娘の嫁ぎ先に居座ったりして過ごす
 余生33年。なにげに信玄より長く生きた
 最後まで甲斐に戻れなかった点が心残りか

今川氏真
 今川家滅亡後、北条に落ち延び、最終的に徳川に落ち着く
 家康から饗応を受けたり、京での歌会や蹴鞠に頻繁に参加しており、徳川での待遇は悪くはなかった模様
 掛川城開城からカウントして余生46年。子孫は高家として存続

宇喜多秀家
 関ヶ原の後、八丈島に配流。そこで50年の余生を過ごす
 宇喜多旧臣や加賀藩前田家からの仕送りもあり、そこまで困窮はしなかったのでは
 もちろん流刑地なので不自由も多かっただろうが…
 明治の時点で八丈島に彼の子孫が20家もあったそうな

86人間七七四年2012/01/31(火) 11:17:57.01ID:sSc296z0
上田宗箇
織田時代・・・バリバリ安全牌の丹羽さん家で活躍
豊臣時代・・・ラスボスの虐めによる丹羽家終了もものともせず文武に活躍
関ヶ原・・・西軍につくというミスチョイスで一万石ボッシュートだが蜂須賀さんがほっとかない
浅野時代・・・戦国最後の晴れ舞台でここぞとばかりに駄目押しの大活躍
その後幕府から誘われても「俺、もう栄達とかいいんで」と息子を押し付けて趣味に没頭

ハイレベルないくさ人でありつつ利休→織部の正統派ストロング茶人という価値
やめるときはやめる骨太の人生
勝ち組といえよう

87人間七七四年2012/01/31(火) 16:17:55.48ID:OZCEX+ow
松永弾正。
ほんと戦国時代をめちゃくちゃ楽しんでるよね。
常識や迷信、道徳なんかには一切囚われずに、やりたい放題の下克上。
文武両道の才能あふれる趣味人で、金儲けも巧かったし。
信長に対する反乱も、もしかしたら茶釜抱えて爆死ってアイデア思いついて、
これだ!って実行したんじゃないかと。

88人間七七四年2012/02/01(水) 15:10:56.90ID:aMi/1PRs
>>85
その人達は80前後まで生きてるなあ
壮年のうちにリタイアして戦で体を酷使したり
逆に大名暮らしで過剰に楽することもなかっただろうから
適度に体を使って粗食で済ます健康的な生活だったのだろう
人間ってこの時代でも大病とかせず
ちゃんとした生活なら80くらいまで生きる生き物なんだろうな
まあ、支援者がいなくなれば佐久間信盛みたいに悲壮感漂う末路になるだろうけど

89人間七七四年2012/02/01(水) 22:54:53.37ID:KG2OqTHX
氏真ちゃんが一番だよな。
家康ちゃんの所へ、気軽に遊びに行ける人なんて、そうそういませんよって。

90人間七七四年2012/02/02(木) 05:22:57.61ID:61Sj8mEb
なんとなく毛利元就 細川幽斎 細川忠興

91人間七七四年2012/02/02(木) 12:31:04.83ID:tDSRZ/n3
松永久秀が幸せな人生というなら、ある意味真逆な高橋紹運もかな
優秀な子供たちを残して信頼できる部下たちと武人として華々しく玉砕するっていうのも十分幸せだと思う

92人間七七四年2012/02/02(木) 16:06:35.88ID:uxvB+ptd
斎藤道三。

93人間七七四年2012/02/02(木) 21:57:33.95ID:jK/ksqSK
この時代の価値観ならとりあえず畳みの上で死ねれば幸せとは限らんよね
尼子勝久も傍から見ると平穏に暮らしてるのをただ担ぎ出されただけだが
法衣のままで一生を終えるはずの自分を尼子の大将にしてくれて感謝してるって言ってるし

94人間七七四年2012/02/02(木) 22:46:24.03ID:US9eltsZ
>>91
高橋紹運や真田の弟とかは、なんやかんや言わなくたって、
大満足で死んでいった正統派の幸せ人生でしょ。

95人間七七四年2012/02/05(日) 17:54:56.50ID:/MyCkyRT
今川氏真だな
殺し合いの世界から早々リタイアして優雅なニート生活
蹴鞠しながら食って寝て毎日遊んでても、家康から他家も羨む高家としての高待遇扱い

96人間七七四年2012/02/07(火) 12:36:49.58ID:v01JPR8f
父親殺した信長の前で蹴鞠披露とか普通なら憤死レベル

97人間七七四年2012/02/13(月) 23:00:22.35ID:7cJLt2LR
氏真さんと劉禅さんの人生ノーガード戦略は示唆に富む

98人間七七四年2012/02/19(日) 18:20:45.46ID:mNMOc53m
仙石秀久
あれだけ派手にやらかしたのにしぶとく復活
(同じように失敗して帰参を願い出た尾藤や神子田は処刑)
関ヶ原遅参をフォローしたことで秀忠の寵臣に
なんやかんやいって勝ち組な権兵衛

99人間七七四年2012/02/19(日) 22:03:23.52ID:XxX579qZ
>>97
劉禅と氏真の人生は羨ましい
>>98
嫌われ度もはんぱないけどねwww

家康が一番幸せなんじゃないかな
それなりに長生きもしてるし、天下も取ったしwww

100人間七七四年2012/02/19(日) 23:15:19.97ID:z+zow+FH
信虎かなあ
当主としての期間もそれなりにあり、その後追放されても後ろ盾もあり気楽な身分で食うに困らず。
しかも長生き。

101人間七七四年2012/02/20(月) 08:26:50.20ID:m27YMXJR
>>99
うらやましいかぁ?
陰口も聞こえて来たろうし、劉禅の逸話とかも聞くと、色々と処世術で苦労
しているみたいだし。
普通の人ならうつだろ。

102人間七七四年2012/02/20(月) 22:34:32.98ID:sjya6ftu
朝倉宗滴
馬鹿が家を潰すのを見ずに済んだ。

103人間七七四年2012/02/21(火) 00:33:13.03ID:gaTuiVKa
>>102と似た理由で北条幻庵

104人間七七四年2012/02/21(火) 11:19:39.92ID:x3eg2lqf
>>101
以前はそういう人生も羨ましい部類かなって思っていたけど
北朝鮮の正男さんみてるとそれなりに気苦労が多そうで大変だなって思うようになった

105人間七七四年2012/02/21(火) 13:04:33.90ID:kAXQs0rT
三河武士の価値観からすれば、鳥居元忠の生き様、死に様とかを理想としてそう。
個人的には細川幽斎とかうらやましい。

106人間七七四年2012/02/21(火) 13:30:14.91ID:0g2MJ6pw
家族絡みのことがなければ細川忠隆とかもね

107大友義統2012/02/22(水) 04:54:08.09ID:ZSC75imu
みんなうらやましいでござるなぁ〜

108人間七七四年2012/02/22(水) 22:13:07.07ID:qn5WUm5Q
自業自得の大自爆野郎はすっこんでな!

109人間七七四年2012/03/02(金) 01:53:00.39ID:5tXPOw4A
キリシタン大名って不幸な人生送った人多いよな?

110人間七七四年2012/03/04(日) 14:16:34.05ID:WUKusPF4
豊臣秀長は50そこそこで病死してしまったとはいえ幸せの絶頂で死んだといえるんじゃないだろうか
まだ豊臣家は綻び見せていなかったし、実子ではないとはいえ跡継ぎもいて家臣団も優秀だったし

111人間七七四年2012/03/04(日) 18:47:50.43ID:vUMiwvHe
随分マイナーな中世城郭(家臣の城)のジオラマだ。
沼地に突き出た台地の要害に築かれた土の城だ。
大きさも500o×330oで卓上サイズで手ごろな感じ。
博物館仕様で作らせただけあって見事なできばえだ。
http://saikatsutramway.sakura.ne.jp/saikatsu_tramway/furumaki.html

112人間七七四年2012/03/08(木) 20:23:37.78ID:gYPiSNtr
いつも思うんだが、三成は秀吉に仕え始めてから秀吉の晩年までは幸せだったんじゃないかね

・とんとん拍子に出世して、妹婿など一族も優遇される
・優秀な家来たちがついてきてくれる
・できた父親と兄が領地経営を手伝ってくれる
・子供がたくさんいたことから、夫婦仲も良かった?
・関ヶ原の後だが、子供たちが全員助命されている

なんだかこれだけ見れば、かなり幸せな人生だったように思う
関ヶ原の戦いを起こしたことも、本人は悔いてなかったろうしな。

113人間七七四年2012/03/11(日) 23:17:38.79ID:QzLIw0x8
殿堂入りだろうけどやっぱり前田利家だな
信長とヤンチャして充実の青春期
賢い嫁との間に子宝に恵まれつつ側室も幾人か
子孫繁栄で加賀百万石
友人と言われた天下人の秀吉と比べると、色々と考えさせられる

114人間七七四年2012/03/16(金) 23:54:33.82ID:VMQ4RdhT
今川氏真かね、やはり
大名としては滅んだけど今川を高家として残したし

115人間七七四年2012/03/28(水) 07:16:12.06ID:SfM6q1OF
利家は幸せとは思えんなあ
秀吉派の筆頭でありながら、家康の専横に屈しなければならなかったんだから
庶民派として脇坂安治をおしとくわ

116人間七七四年2012/07/16(月) 21:48:26.90ID:mKMOj7/T
蜂須賀家政
親父が古くからの秀吉の家臣で、政権が信長から秀吉に代わっても安泰。
親父が早く隠居してくれたことで、世代交代もスムーズ。
秀吉死んだあとはうまく家康について、東軍につき勝ち組。
領地も阿波一国。

117人間七七四年2012/09/29(土) 17:33:45.48ID:yC4rrx7+
伊達さんとこの輝宗さんとか、もし撃ち殺されなければこのスレで上位に居たかもね
自発的な若隠居だし、なんだかんだで伊達家自体も大きくなっていったし
と言っても、政宗の喧嘩上等外交に胃を痛めてたんかもしれんけど

118人間七七四年2013/05/29(水) 23:24:41.87ID:vnM++Imi
水野勝成
一般人なら最低5回以上は死んでるはずなのに
畳の上で死んでいるだけすごい

119人間七七四年2013/06/04(火) 09:35:57.11ID:etX+NNQL
死ぬ間際までヒイヒイ云って難儀したが勇者と讃えられた人と
長生き+安楽な自生をだったが後々までバカアホと罵られる人とどっとが幸せかね?

120人間七七四年2013/07/18(木) NY:AN:NY.ANID:1kSLeAOr
後者が幸せだと思うけど…

121人間七七四年2013/09/23(月) 19:03:55.79ID:ZPbQZbNe
>>119
山中幸盛がその問いに答えたい!!!

122人間七七四年2013/09/23(月) 23:47:52.37ID:eKykRegF
織田信雄

123人間七七四年2013/09/25(水) 09:51:22.45ID:W85zrVCN
古田織部

124人間七七四年2013/09/25(水) 21:14:56.39ID:+n/sS0gS
やっぱり今川氏真かな?家は潰してしまったけど北条に逃げたり
その後徳川に保護されたり…しかもこのとき北条出身の美人妻が弟たちに
逆らってでもついてきてくれたんだよね。子供も生まれたし生活に困らない
だけのお金もあったらしいし…ま、いい人生だったんじゃないかな?

125人間七七四年2013/09/29(日) 14:53:58.52ID:cVQr/oHH
戦国の出木杉くん細川藤孝
時勢を読んで上手く立ち回ったおかげで仕えた主家はどこも隆盛
持ち前の天才肌で剣術・弓術などの武芸や時の帝からも重宝されるほどの教養深さで
どこへ行っても超好待遇
息子も(性格以外は)優秀だし、晩年は悠々自適のリア充生活して過ごした

126人間七七四年2013/10/07(月) 05:34:47.47ID:BeSG0Z0r
丸目長恵

相良一族で、上泉信綱に師事。将軍足利義輝の御前で技を披露。
その後島津軍との戦いでの判断ミスで逼塞させられるが
剣術に専念。タイ捨流を興す。

その後逼塞を解かれている。
書や和歌等にも堪能だった。

大名の一門だけど京へ上洛して好きな剣術を剣聖に師事したり
逼塞させられてるけど、この人
「剣術三昧出来るぞ!ラッキー」
だったろうし、
晩年は立花宗茂とかにも剣術を指南したり書や和歌を楽しんだり幸せだったと思う。

127人間七七四年2013/10/14(月) 22:33:11.79ID:cTsIq0x0
佐竹義宣

128人間七七四年2013/10/15(火) 17:50:38.90ID:uDrUtusF
徳川を2度打ち負かし、その武名を世に轟かし、晩年は不本意だろうけど蟄居というのんびり暮らしの真田昌幸。

129人間七七四年2013/10/19(土) 00:49:56.26ID:7RPrNetw
戦国大名として、早くに隠居するのが幸せなのか
最後まで戦うのが幸せなのか
現代人には分からないですね

130人間七七四年2013/10/19(土) 21:28:44.48ID:F8BQ5hr3
好きで戦ってた戦国武将っていんの?

131人間七七四年2013/10/20(日) 01:18:22.54ID:XVJDFFDc
足利義昭

戦国期でナンバーワンっていったら、俺様の他に誰がいるのよw
秀吉は所詮武家の棟梁ってことにはなれなかったし。
徳川が征夷大将軍になったところでさ、あいつって所詮インチキ源氏だろ。
その点俺って誰も否定できないだろwwwww

132義晴の落胤2013/10/20(日) 13:24:31.02ID:WsOIA8rW
>>131
うるせえ見捨てるぞ

133人間七七四年2013/10/23(水) 19:59:53.27ID:wg8D7r0a
現代は
「酒と女とギャンブル」のフレーズがあるけど、俺からみれば、酒と女が満たされている戦国武将は勝ち組。
窓際でも良いから女と酒があれば…理想だよね。

134人間七七四年2013/10/23(水) 21:44:24.99ID:kNd8nEM7
女に満たされているといえば秀吉か?
幼い寧々と結ばれ、老いてからは茶々までも
他に旧主信長の娘、友人利家の娘のほか
公家武家問わず高貴な姫様選り取りみどり

135人間七七四年2013/10/24(木) 03:15:05.50ID:XcEgPzrE
成実毛虫可愛い

136人間七七四年2013/10/26(土) 02:40:07.75ID:R2ehBYyw
>>133
当時、お相手は女でなければならないとも限らなかった様子
だとすると幸せの可能性は倍だな

137人間七七四年2014/10/04(土) 08:42:23.34ID:Xvj6w7GJ
織田信雄
なんだかんだで幕末まで大名

138人間七七四年2014/10/04(土) 21:26:49.80ID:1ynGV8gM
>>128
赦免されるならそれに越したことはなかっただろうけど、死後も息子の一人は準譜代扱いになる藩を守り、
もう一人は派手な死に花咲かせて真田の家名を伝説化させた。名も実も取ったから一族としては勝ち組だな。

同じ配流や蟄居でも、本多正純みたいに陽もまともに射さない建物への幽閉は悪夢。

139人間七七四年2014/10/09(木) 18:22:14.13ID:ZCCFIVH1
宇喜多秀家
内紛が多い家臣団の統制からも、軍役からも解放された生活を送った

140人間七七四年2015/07/19(日) 01:12:52.68ID:V3EXw3Mv
保全

141人間七七四年2016/03/24(木) 22:54:28.60ID:2e2KNWHR
>>139
天下分け目の戦いで有終の美を飾った後は早めにリタイアして
後は南の島でのんびりスローライフだしな
落差に戸惑いそうだが

142人間七七四年2016/04/30(土) 14:50:08.34ID:FRCL2E/t
富田長繁
抑圧される状況は拒み、不満なんぞは行動で打ち払う
思うがまま、やれることはやり尽して死んだのだろう

143人間七七四年2016/07/05(火) 18:53:51.27ID:Z5gJrwd7
池田4兄弟の真ん中二人、輝政と長吉

144人間七七四年2016/09/19(月) 22:28:45.92ID:Ddl1Gs5a
・ 批判せず聞いてくれる人
批判せずにあなたの話を聞き、共感してくれる人が必要だ。あなたの考えが
正しくても間違っていても関係がない。ただ、あなたの気持ちや考えが大切
だと言ってくれる人だ。

ただ、この友人のアドバイスしか受けない状況にはならないよう注意する必
要がある。そうなると、あなたは自分の考えには議論の余地がなく、道理の
通ったものだと思いこんでしまう可能性がある。

・残酷なほど正直な人
批判せずにただ聞いてくれる人の一方で、残酷なまでに正直な意見を述べて
くれる友人も不可欠だ。この人は、必ずしも友人ではなく、あなたの親でも
兄弟でも、あなたが信頼できる人なら誰でもいい。

例えば、あなたが修士号を持っている割には給料が安い仕事に就いていると
考え、それが不満だったとする。それに対してこの残酷な「友人」は、「あ
なたはまだ新入りで仕事について学ぶ段階にあり、会社に何の貢献もしてい
ない。なぜ昇給など要求できるのか?」と聞いてくるだろう。

・助言者(メンター)
メンターは、年上の人になる場合が多いだろう。だが、必ずしもそうである
必要はない。ただ、人生や仕事の世界について、あなたより詳しく知ってい
る人であればいい。

・指導者(コーチ)
コーチは、あなたに疑問を投げ掛ける人だ。友人には、そういう人はいない
場合が多いかもしれない。だが、友人や親類の中にこうした人がいてくれれ
ば、何か新しいことを始めようという気持ちを起こさせてくれるだろう。

あなた自身も、友人にとってのコーチになれる。誰かのコーチになるために
、何かの専門家である必要はない。ただ、注意深く相手の話を聞き、相手の
考えや気持ちについてより深く理解する方法を探してみるのだ。そうすれば
、相手が試してみようと思っていることについてのアドバイスをしてあげる
ことができるはずだ。

・仕事とは無関係の人
あなたの「顧問団」に必要なもう一つのタイプの人は、仕事と関係のない友
人だ、多くの人は職場や仕事関係の人たちと長い時間を一緒に過ごす。これ
はあまり良いことではない。少なくとも一人、一緒にいるときはゲームや別
の気分転換になることをして、仕事のことは一切話さずにいられる、仕事や
職探しのことを忘れていられる友人が必要だ。

145人間七七四年2016/10/20(木) 22:46:10.94ID:iJ7ujc2b
可児才蔵
生粋のバトルジャンキー

146人間七七四年2016/11/10(木) 07:18:12.44ID:kLVy99qq
織田信雄

勝手に戦争して大敗し信長にブチ切れられるw
立候補したにも関わらず信長の後継者会議に名前すら出ないw
同じく後継者になれなかった優秀な弟信孝をなぜか逆恨みして自殺に追い込むw
家康に協力してもらっといて勝手に和睦w
なぜかいきなり秀吉に反抗して領地全部没収w
秀吉が天下人になったらノコノコ出てきて秀吉のお話相手とかいう仕事に就職w
周りがみんな死んでいくなか家光の頃まで長生きするww

よく生きてこれたなwww
有楽とは違う方向で世渡りの才能があるんじゃないか

147人間七七四年2016/11/12(土) 01:45:43.46ID:3pXfU/yN
信長も悪くない最期だったんじゃない?
領内の治安悪くてどうにもならない状態だったっていうし
死んだ時期は最高だったかもしれない。

148人間七七四年2016/11/25(金) 22:18:58.92ID:5+r8N6e0
やっぱり水野勝成さんだろ
あれだけ無茶苦茶やって88歳まで生きて畳の上で死ねたから
あれほど幸せな生き方は無いわ

149人間七七四年2016/11/26(土) 02:48:15.08ID:Wd5pUhFi
武田信虎

150人間七七四年2018/01/10(水) 07:39:24.91ID:ryWmeYQH
【自らを泉南最強の輩(笑)と名乗る元暴走族でハルシオン中毒で身の程知らずの
真性DQNの自己満足オナニード低悩デブ野郎(笑)
その人相はもはや麻原彰晃そのもの!!www広岡雅史(自称ゴンさん(笑))そのクソみてーな半生】

1983年 中学入学するも生意気だったので不良同級生に〆られる。以降3年間おとなしく過ごす
     中学一年の時に2日間だけパンチパーマをかけたのが唯一の自慢
1986年 私立高校に入学するが、親分だった仲間が中退。自分も同級生からイジメに遭い中退、定時制高校に入りなおす
      アイドルに憧れて劇団東俳に入れてもらうが芽がでない。ジャニーズの研修生になるも、2日で追い出される
1987年 同年代が丸くなり引退を考える17歳のとき、休眠暴走族のメンバーを名乗り活動をはじめる
1988年 18歳にて休眠暴走族の2代目総長を名乗り、年下に混じって30歳まで参加する
1989年 先輩に誘われ右翼活動を始めるも、1年経たずに逃げ出す
1990年 20歳で定時制高校の番長を気取り、更生してまじめに勉強したい生徒からひんしゅくを買う
     地元暴力団に見習いで入るが、親と警察に泣きついてすぐに逃げ出す
1991年 21歳にしてヤンキー中学生が読むような雑誌に投稿。借りものの特攻服を着て現役暴走族を気取る
      それ以降もメディアに出たくて仕方なく、昼の生放送番組の奇人変人コーナーに出演したりする
1992年 22歳にして6年かけて通った定時制高校を卒業
1993年 親に「もう23歳なんだから更生しろ」と怒られ横浜東口ポルタ宝石店「チャーミー田中」に就職。すぐにクビ
      ホストクラブ「ナイトヨコハマ」入店。しかし1年もたない
      女性二人と遊びに来ていた男に因縁をつけ監禁、脅迫で逮捕。雇われ店長をやっていたホストクラブも閉鎖
1994年 地元の有名先輩に頼み込んで、暴走族ビデオ「暴走列島94」に照明係として出演させてもらう
1995年 愚連隊会長を名乗るが1年もたない。その後も関西系暴力団の見習いになるが、親と警察に泣きつきまた逃げ出す
1996年 遂に才能がないのに気づき、芸能人になる夢をあきらめる
1997年 落ちこぼれを集めて政治結社(暴力団の下部組織)を結成。ヤクザを名乗り女性三人を監禁、強姦して逮捕
1999年 30歳にして暴走族の相談役を自称。タチワルを気取って地元の少年たちにちょっかいをかけるが返り討ちにあう
2002年 インターネット掲示板に目を付け、自作自演の売名活動を始めるが、誰にも興味をもたれず相手にされない
2004年 34歳のときに脅迫で新潟刑務所に入所する。「イビキがうるさい」と同居の受刑者にイジメられ独居房入り
2014年 44歳になっても未成年に手を出し淫行で逮捕される。罰金が払えず、身の回りの物を売りに出す

151人間七七四年2019/01/27(日) 06:02:54.66ID:Tvl78lHr
良スレ

152人間七七四年2019/04/27(土) 09:21:08.59ID:NUY0me7S
宇喜田秀家もそうかも。オヤジは相当腹黒い男だったみたいだけど、
どういうわけか、この人は優しい顔立ちだった。まあ、母親似だったのだろう。

153人間七七四年2019/04/28(日) 11:54:25.85ID:WbLEbg8f
京極高次はこのスレ的にかなりの上位に入るのでは

154人間七七四年2019/04/30(火) 14:01:17.58ID:gR2Px7tt
荒木村重 一族は悲惨だったが

155人間七七四年2019/06/19(水) 17:34:31.54ID:MKvkS746
どう考えても俺ら

156人間七七四年2019/06/22(土) 20:22:21.22ID:fBIqgdnP
本多忠勝
この人なんか自由過ぎる

157人間七七四年2019/07/19(金) 16:05:49.64ID:qxBFLmXx
今川氏真・加藤忠広・松平忠輝

新着レスの表示
レスを投稿する