【忍耐】徳川家康の生涯【竹千代】 [転載禁止]©2ch.net

1人間七七四年2015/07/16(木) 02:20:30.79ID:9vSametY
徳川家康の生涯はおもしろい。
だから徳川家康の生涯について改めて語りましょう。

遺訓:人生は重き荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。

2人間七七四年2015/07/16(木) 02:25:02.90ID:9vSametY
徳川家康公遺訓全文

人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし、心に望み起らば困窮したるときを思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え、勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば、害その身に至る。
己を責めて人を責めるな、及ばざるは過ぎたるより勝れり。

3人間七七四年2015/07/17(金) 07:27:10.31ID:HyyYa1eM
俺が一番好きな言葉は「忍耐」です!

4人間七七四年2015/07/18(土) 05:05:13.85ID:qx9L4oTw
団塊の世代に一番人気のある戦国武将は徳川家康

5人間七七四年2015/07/18(土) 05:06:17.54ID:qx9L4oTw
団塊の世代に一番人気のある戦国武将は徳川家康

6人間七七四年2015/07/19(日) 01:22:11.67ID:xhqJNh/V
徳川家康は、人気の点では、織田信長・豊臣秀吉の二人に負けています。
地味だし、豊臣家を滅亡に追いこんでいった強引なやり方をみて、「好きになれない」と思われているようです。
しかし、その家康が、信長・秀吉のあとを受けついで、長く続いた戦国の乱世を終わらせたことは事実です。

7人間七七四年2015/07/20(月) 23:42:21.98ID:03Ar53Nq
家康といえば、狸親爺、したたかな謀略家というイメージが強いのですが、それだけでは語りきることのできない存在です。
じつは、何ごとにも勤勉であり、組織力にすぐれた日本人のありかたを方向づけたのは、ほかならぬ家康だったのです。
過酷な戦国乱世を生き抜いて天下人となり、幕藩体制という地方分権を確立、平和外交を推し進めた家康は、きわめて開明的な政治家だったのではないでしょうか。

8人間七七四年2015/07/21(火) 07:47:34.66ID:+PPDOJjT
家康は信玄・信長・秀吉の長所を謙虚に学び、仏法の精神を特に戦いの中に取り入れて、民衆および武士たちの絶対多数の支持を得て天下人となった。
家康の遺訓を現代に活かすとすれば、仏心と誠を基に政治を行うことであろう。

9人間七七四年2015/07/21(火) 11:59:49.71ID:fg3ksXSE
厭離穢土 欣求浄土

10人間七七四年2015/07/21(火) 16:03:43.53ID:GjhdLYm+
とりあえず一次史料の根拠だせよアンチ豊臣政権のキチガイ在日織田くんよ。

11人間七七四年2015/07/21(火) 22:48:41.77ID:9M5/iX6F
長男の信康事件は半分は家康の責任
それと豊臣家を滅ぼしたのも あまりよろしくない
何とかして豊臣家を存続させるべきだった…

12人間七七四年2015/07/22(水) 03:44:46.69ID:vBjnI7Q/
まあ天下を取ろうとすると義を重んじてばっかじゃダメだもんな
それにしても悪どいが

13人間七七四年2015/07/22(水) 04:35:07.41ID:zUFrugqr
戦後、徳川幕府の長期政権が、経営上すぐれた典型の一つと評価されたことがあった。
それは譜代の家臣団が幕府にとって不可欠の存在であると感じ、外様大名に対するとき、自発的に協力大勢がとれているということだった。
しかしながら家康が彼らに与えた禄高は、けっして外様大名にくらべて多くはなかった。
ただ家康は禄高を世襲とし、譜代大名にのみ政治の権力を与えた。
こうしてみると、家康の政権は、さながら日本国中が敵であるという仮定(徳富猪一郎の言葉)のもとに作られたように思える。
まず征夷大将軍が世襲であることを認めさせ、江戸城の防備体制を整え、「士農工商」の身分制度や大名の改易(所領没収)で強権を発動した。
これをなしえたのは、家康の強大な軍事力と経済力とがあるためだった。

14人間七七四年2015/07/22(水) 18:10:47.56ID:BWET5xdy
幕府体制を整備したのは家康じゃなくて秀忠だぞ。

15人間七七四年2015/07/23(木) 18:42:08.98ID:Q6Ui1IZ6
秀頼親子も早くに大坂城を退去していれば
あんな悲惨な最期ではなかった
世間知らずな秀頼親子
天下人の晩年に跡継ぎを産んだ悲劇

秀吉の縁戚の小出氏が幕末までに
3万石の大名として存続した

16人間七七四年2015/07/23(木) 23:52:04.42ID:7APh/DzK

17人間七七四年2015/07/24(金) 11:02:09.44ID:w0QeKmcv
大坂退去しても結局殺されていただろね。
なんせ秀頼の嫡男すら殺す根切りした家康だからね。

18人間七七四年2015/07/24(金) 14:12:49.67ID:sYrEiWct
家康は実は信長より短気だったって言われてるからな

19人間七七四年2015/07/24(金) 16:27:51.17ID:KIbKD+1k
石合戦の見物で「人数が少ない方が勝つ」という「予言」が的中した時には
鳥肌たったわ。
それ以外にも、人質時代隣の孕石が家康公の家柄の良さを妬み
数々の嫌がらせをしてきたがじっと耐え、
後の戦で戦うことになった時、見事に孕石を捕えて死罪を賜い
積年の恨みを晴らしたときにはスッとした。

20人間七七四年2015/07/24(金) 20:55:57.09ID:VsrhwUPu
信長=朝青竜、家康=白鵬に思えてならない。

21人間七七四年2015/07/24(金) 22:39:27.15ID:ggbeo7jg
>>19
その場に居た家臣の書き込みかな?

22人間七七四年2015/07/25(土) 01:04:11.71ID:qzZThTVp
家康が人質の頃松平家臣岡崎衆は「忍従」の塊だった

23人間七七四年2015/07/26(日) 16:45:22.80ID:py8fHtSo
秀頼が公家になっていたら
悲劇はおきなかったかな…

24人間七七四年2015/07/26(日) 22:36:36.86ID:/d8NQ6GS
脱糞ニキ

25人間七七四年2015/07/31(金) 03:16:56.46ID:o1iDcWHv
お前ら>>9読めるか?

26人間七七四年2015/08/08(土) 23:19:42.21ID:4eeOEDiN
「おんりえどごんぐじょうど」でええのん?

27人間七七四年2015/09/08(火) 18:07:51.16ID:pMbZLnXA
徳川家康が我慢に我慢を重ねた人生だったことは偉いよ。
人生我慢比べだからな。

28人間七七四年2015/09/11(金) 07:26:21.36ID:iWVhiqB9
家康は忍耐も我慢もしてないだろ。
武田を裏切って北条と秘密同盟をやった挙句に
謙信と同盟する時に武田と織田の仲を絶対に壊してやる
とか書状に書いたりと悪辣な手練手管の謀略家だし。

29人間七七四年2015/09/11(金) 15:50:48.50ID:D1c0OHWC
家康公遺訓は徳川宗家の当主が完全捏造って断言してるぞ

30人間七七四年2015/09/24(木) 00:15:27.65ID:4ES353xx
脱糞だ!

31人間七七四年2016/01/17(日) 05:36:11.61ID:hBKliQKa
ナイフ様

32人間七七四年2016/09/26(月) 11:32:02.32ID:MBYrhov2
家康は忍耐の人だけど、成功したのは運が良かったというのも否めない

33人間七七四年2016/09/26(月) 15:27:01.36ID:uvFq2nKn
肛門の忍耐力ゼロ

34人間七七四年2016/09/26(月) 15:38:34.93ID:Z8pfqrvI
>>6
戦国乱世は豊臣秀吉の時代に終わってるわけだが

35人間七七四年2016/09/26(月) 20:27:30.34ID:k5RGJtq+
マイト レーヤが公に現れるにつれてUFOが、とてつもない数で姿を表すでしょう。

矢追純一

「宇宙人側からの申し入れは、
核の利用と戦争をやめ宇宙人の存在を公表しなさい。
ロシアという大国の首相がね、2回も言ってるんだからね。」

竹下雅敏

「どうも日本人のレベルの低さというのは、
ドイツはUFOテクノロジーを完成させていたのに、
日本は戦艦大和で喜んでいたという感じなのです。」


抑制のない成長に基づく現在の経済の終焉を見るでしょう。

日本国民はどう対処すればいいのか。新しい政権は民意を反映し、適切な食糧、
住宅の供給、健康管理、教育が最も重要な責任となるでしょう。そして最後に防衛です。
国民の意志を裏切ることは、極端な場合、自殺や殺人にまでつながります。
民衆の指導者は職業的政治家ではない人々から見つかるのです。


世界平和の脅威は、イスラエル、イラン、アメリカです。

イスラエルの役割は跪いて、パレスチナに許しを請うことです。
アメリカによる他国の虐待に反対の声を上げなければなりません。
彼らは今世紀(21世紀)をこの帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。
しかし、そうはならないでしょう。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動(1種類の政治形態が世界中を支配する)
をコントロールするのは、マイト レーヤの任務です。

36人間七七四年2016/09/27(火) 07:53:53.10ID:M55BPCzH
日本は重き荷を負うて坂道を転がり落ちるがごとし。

37人間七七四年2016/09/28(水) 14:42:44.27ID:3Wm0LNOC
>>12
そもそも義なんて持ち出す必要はないよな
それでおちぶれてる上杉なぞ愚の骨頂

38人間七七四年2016/09/28(水) 19:28:35.17ID:KZF94oaz
>>19
ララアはかしこいな

39人間七七四年2016/10/06(木) 14:50:58.24ID:+GyB63uf
>>34
秀吉は乱世を終わらせるどころか、
外国を巻き込んで拡大した

40人間七七四年2016/11/08(火) 00:24:59.32ID:PUVNLMCl
>>23
無理。娘婿の池田輝政が徹底的に秀頼を憎んでいたから、いずれ巻き込まれる。

最も、池田輝政と縁組したこと自体、家康の策略だけどね。
池田輝政は豊臣秀次のナンバーツーで、秀次が除かれれば確実に消される。
そんな相手と縁組して、助命嘆願して残すことで、豊臣家の大きな不安定要因を
わざと作った。

41人間七七四年2016/12/09(金) 16:24:51.37ID:UPqm4FK4
>>40
娘婿の助命嘆願は、普通するだろう(秀忠はしなかったが)。

42人間七七四年2016/12/18(日) 15:55:51.17ID:J12yeTUG
俺は徳川家康は嫌いだが徳川家康の生涯には興味ある

43人間七七四年2016/12/18(日) 18:30:54.66ID:pOzYr/P9
この人長生きするために食事にも気を使ってたよね
あの当時で73歳まで生きるなんて

44人間七七四年2016/12/18(日) 20:16:28.53ID:umLaV4si
真田伸之は93まで生きたぞ

45人間七七四年2017/02/10(金) 11:55:11.52ID:6iEddWT+
>>40
池田家と徳川家の縁組は秀吉の策なのだが

長久手の戦いで池田家先代が徳川軍に討ち取られた件を和解させようと
図ったんじゃねーのかな、と考えている

46人間七七四年2017/03/04(土) 16:21:17.53ID:bmEf283Z
>>45
だとしたら、秀吉の判断力は著しく落ちていたことになる。

秀次を除く気があったなら論外としか言いようがないし、その時点でなくても
秀頼の邪魔になる秀次を除く際、この縁談が大きな障害になることは即座に
判断できなければならない。

47人間七七四年2017/03/19(日) 15:47:29.61ID:equzw89W
何でもかんでも家康の策略があったという前提で
おかしな解釈をするから、誤謬を指摘されたんだろ

家康から見れば、娘の嫁ぎ先であった北条氏直が病死して寡婦となってしまった
まだ若い娘の再婚先として、盟友だった織田信長が格別に引き立てていた池田恒興の息子を紹介された
別に断る理由が無いだけのことで、家康自身の策略も陰謀もあるわけがない

池田家との縁組が家康の策略、というのが間違いだったと認めてもらえばいいだけで、
秀吉の判断力の低下とかなんとか、話を逸らす必要はない

48人間七七四年2017/03/22(水) 14:12:02.03ID:8NMRd2C3
『謎解き!江戸のススメ』という番組の「徳川の姫たち」の回では、
督姫について「北条が滅亡するやいなや、督姫を北条氏直と離縁させ、
池田輝政に嫁がせた」とする、情けない間違いをやらかしたほど

・督姫は初めに北条氏直に嫁入りした
・その後、池田輝政との再婚があった
・間に、北条家滅亡があった
番組制作者はこれらの情報断片だけを把握して、
勝手に物語を創り上げてしまったのだろう
・北条氏直は北条家滅亡から間もなく病死した
という重大な情報を知らずに書き上げたとしか思えない
でなければ、家康が離縁させたなんて捏造になるわけがない

49人間七七四年2017/03/25(土) 00:29:45.12ID:2dynht3i
基本的に、督姫は氏直が死んでからの再婚だというのは、結構常識だと
思ったのだが・・・・。

この縁組はかなり数奇だった。この縁組がなければ、池田輝政の一族は
秀次事件で族滅していただろう。族滅寸前の池田輝政を救ったのは家康だから。

逆に、秀吉側から見れば、秀次の忠臣でナンバーツーで、秀頼の邪魔になる
池田輝政にわざわざ後ろ盾を作るという愚を犯した、決してやってはならない
縁組だった。

50人間七七四年2017/03/25(土) 18:04:44.42ID:DdEx2jQF
極悪外道秀吉に何もかも都合よく流れないよう、
天の配剤が働きかけた

51人間七七四年2017/06/20(火) 12:28:03.47ID:TGON3JPS
桶狭間の戦いから大坂の陣まで徳川家康の生涯を追っていけば戦国時代の歴史がほぼ全部わかる

52人間七七四年2017/08/15(火) 22:29:08.17ID:/3iYifzB
NHK教育を見て53366倍賢く桶狭間の戦い(c)2ch.net
http://nhk2.2ch.net/test/read.cgi/liveetv/1502797690/

53人間七七四年2017/08/16(水) 10:48:27.98ID:xaUvblw/
>>43
三成の息子の重家とか103歳だぞ
あの時代に

54人間七七四年2017/08/17(木) 15:42:23.29ID:OoFCiqRe
>>11
義元が築山殿(鶴姫)じやなく田鶴の方(亀姫)をちゃんと斡旋してやってたらあんな騒動にはなって無かったんだろうな
そもそも元信(後の家康)は亀姫が好きだったと言われてるし

55人間七七四年2018/08/18(土) 19:05:15.50ID:mJjQK4kg
秀康、忠吉、信吉、市場姫など、わが子に次々先立たれている。天下人になっても、人の親の悲しみはなんら変わらない。

新着レスの表示
レスを投稿する