島津幕府創立の可能性を検証するスレ [無断転載禁止]©2ch.net

1人間七七四年2016/10/11(火) 01:16:00.53ID:V2tmxsG3
せめて後10年早くに九州を統一していれば…

2人間七七四年2016/10/11(火) 09:37:06.52ID:H165JHUa
無理

領主権すら確立できなかった上に、遠征能力が欠落した田舎大名が全国統治とかw

3人間七七四年2016/10/11(火) 16:11:58.61ID:pW43MkGa
まるで九州統一したことあるかのような言い草やな

4人間七七四年2016/10/11(火) 19:52:42.22ID:tL0yOtvC
九州で秀吉を殺せればあるいは。

5人間七七四年2016/10/11(火) 20:08:36.11ID:6QwdHj8o
二代将軍が悪久?日本が潰れるわw

6人間七七四年2016/10/11(火) 20:57:10.55ID:F41Gin0x
明治新政府は島津・毛利幕府ちゃうんか

7人間七七四年2016/10/12(水) 21:14:09.50ID:K7+BnL0D
明治政府は長州政府だよ
薩摩は下請け軍隊で、途中で切られた

8人間七七四年2016/10/12(水) 22:10:25.72ID:YJf1akDN
1、史実より10年早く九州統一を完成する

2、秀吉が攻めて最終的に屈服するにせよ、小牧長久手の家康のように、関門海峡
あたりで秀吉に強力ないダメージを与える。

3、戦後、九州全領国安堵で島津義久が豊臣五大老の一人になる

4、秀吉死後、関ヶ原の西軍総大将が島津義久、家康を倒しはれて天下人へ


簡単じゃないか。十分ありえたなうんうん

9人間七七四年2016/10/13(木) 00:59:37.93ID:K3hwkPvU
1600年の人口比
http://i.imgur.com/fiwHp0A.jpg
しまずンゴw

10人間七七四年2016/10/13(木) 02:08:12.19ID:9xi7/KZz
まず兄弟で歩調合わせてから物を言え

11人間七七四年2016/10/13(木) 11:20:19.22ID:whBRvlW4
義久と義弘で権力争いが起きそう

12人間七七四年2016/10/13(木) 12:05:39.28ID:yIG7Kk8G
>>8
>1、史実より10年早く九州統一を完成する⇐なんだこりゃw、では信長が本能寺回避して10年早く九州に押し寄せます

>2、秀吉が攻めて最終的に屈服するにせよ、小牧長久手の家康のように、関門海峡
 あたりで秀吉に強力ないダメージを与える。

 無理 島津は水軍は無いに等しい、これが朝鮮征伐時の大遅陣の原因の一つ
 四国を取ってる秀吉軍は日向や豊後にも上陸可能、博多に直接上陸もできる。
 兵員も船も多い豊臣軍は関門海峡で睨みあって島津主力を拘束している間に
 裏側に兵を上陸させることができる
 
 

13人間七七四年2016/10/13(木) 12:25:57.19ID:rAoZupBs
グイーシーマンヅ

14人間七七四年2016/10/13(木) 16:39:38.40ID:LR+iuRkj
会社でいえば同族経営の田舎企業でしょ
社員がどんなに頑張っても島津一族に搾取されるブラック同族企業
島津一族以外絶対出世できないような会社に誰が行くんだって話

15人間七七四年2016/10/13(木) 17:41:31.69ID:rAoZupBs
それは大変な誤解だ。島津家中では国人の力が強く、一族だけで財政や権限などの勝手な取り分を決めればたちまち島津家は瓦解する

16人間七七四年2016/10/13(木) 18:08:50.83ID:buT6rTuu
誤解と言ったら島津家の軍勢は取り立てて攻勢に強いわけではないし
蛮性は誇張されているし、一般的な中近世的軍隊の枠からは全然はみ出さない
攻勢が成功する時は大量の兵員を動員して、攻撃の回数を多く確保できる時間的物資的余裕がある場合

あと秀吉に為す術もなく負けたというのも誇張といえば誇張、当時の九州南部がそもそも大規模な軍事行動に耐えられるような土地ではないので
島津は遠征の半ばで既に押せば倒れるような限界状態を迎えていたし
逆に秀吉軍が九州南部へ兵を移動させたらそれだけで兵站の限界を迎えて最後の一押しが出来なくなった

17人間七七四年2016/10/13(木) 18:15:28.95ID:9xi7/KZz
とりあえず十年早く九州統一するとやらのために
十年早く三州統一することを考えてみようか

18人間七七四年2016/10/13(木) 22:41:02.03ID:y07wpsT6
10年早く鉄砲が伝われば状況は違っていた。そうなると西欧の情勢も重要だな…

19人間七七四年2016/10/14(金) 04:13:30.62ID:6HXahcfp
薩摩の主要な国人衆って、ようは島津の分家たちなんじゃないの?

20人間七七四年2016/10/14(金) 06:31:44.77ID:XHynOI3e
そういう訳の分かんないこと書いていても話にならないから

21人間七七四年2016/10/14(金) 08:08:24.42ID:HQZe6DhN
>>19
違う別れてから結構代替わりあり別物、特に大隅は島津と縁が薄い
島津氏自体薩州家と相州家で別れて争っていた
現在の島津氏は宗家筋の奥州家を薩州家が乗っ取った形になる

義久も養子に入ってから鹿児島を追い出されたりしている
こんな状態なのに10年早く統一とか無知の産物でしかないw

22人間七七四年2016/10/14(金) 18:57:37.09ID:GXwDktJF
こまけえ事はいいんだよ!(AA略)

とにかく島津が天下統一するIF小説書くんだ。絶対印税で食ってけるようになるぞ!

23人間七七四年2016/10/14(金) 22:29:08.06ID:HQZe6DhN
>>22
設定が甘いとフルボッコにされるが、それでいいならお好きにw

>絶対印税で食ってけるようになるぞ!
馬鹿の妄想殴り書きに金を払う奴がいるとでも?

24人間七七四年2016/10/14(金) 22:41:14.02ID:XHynOI3e
高輪下馬将軍島津重豪が事実上の幕府の執権、大老として外交問題に参与し、長崎貿易、琉球貿易を采配した為、

25人間七七四年2016/10/15(土) 09:35:49.78ID:8znWnIfp
関ヶ原で敗走するときにたまたまはずみで家康を討ち取ってしまい、そのことが評価され
名目上豊臣政権は存続させながら天下の政を任されるってことはありそうか。

26人間七七四年2016/10/15(土) 16:57:36.76ID:/G67bnRa
少しは外に出たらどうか

27人間七七四年2016/10/15(土) 17:00:27.19ID:Qc3oTDwu
わかるわかる

28人間七七四年2016/10/15(土) 21:28:15.61ID:p0HYfDQO
合戦だけなら三傑より上なんだがな

29人間七七四年2016/10/15(土) 22:49:54.79ID:CAW89Q5p
>>21
違うぞ。

本家(奥州家)

伊作家 →吹上

相州家→金峰

薩州家→出水

豊州家→日南飫肥

とあって、伊作家と相州家の当主島津忠良(日新斎)
の長男貴久が本家14代当主である島津勝久の
養子となり、本家15代当主となった。

よって、15代以降は伊作・相州両家が、それまでの
本家にとって代わった。

それが気に食わなかった薩州家の島津実久が、
元当主勝久をそそのかし、養子縁組の解消を
させようと、帖佐地頭島津昌久、加治木地頭
伊地知重定を取り込み挙兵、貴久は田布施(金峰)
に戻り、忠良と共にこれを鎮圧し、再度鹿児島に戻った。

16代当主義久が云々は、全くのデタラメですね。

30人間七七四年2016/10/17(月) 02:50:07.49ID:4cC+bWd5
>>29

あんたも間違えてる、義久は縁組終了後、一度御所に入ったが
養父と実久に御所を追い出されており、薩摩の国の守護職は島津実久が勤めていた
当然この期間の事については島津氏の記録から削除されいる

31人間七七四年2016/10/17(月) 03:53:36.46ID:tpnkHReM
>>30
時系列で行きますと、

大永6年(1526年)
伊作・相州家から本宗家勝久の元に島津貴久が養子入

大永7年(1527年)
島津実久(薩州家)が島津貴久を攻める。
貴久は田布施に戻り、勝久が再度守護に

天文4年(1534年)
島津勝久が川上昌久を切腹させ、激怒した
島津実久が勝久を急襲。島津勝久は帖佐へ逃亡。
実久が本家を乗っ取り、守護となる。

天文8年(1539年)8月市来鶴丸城の戦いで
島津実久は敗れ本拠地出水へと撤退。
島津貴久が守護になる。


島津義久は、天文2年(1533年)〜慶長16年(1611年)
であり、大永年間のゴタゴタ時には産まれておらず
当然、島津勝久や実久と養子縁組をした事実も
ありません。養子縁組をしたのは、
島津貴久(永正11年(1514年)〜元亀2年(1571年))
です。

悪しからず。

32人間七七四年2016/10/23(日) 14:51:48.73ID:u521Rk/f
大坂の陣は最大のチャンスだったのにな。
もし豊臣方に参加すれば唯一の現役大大名として一目置かれるし
10万余の軍勢の指揮権を託され、島津氏の手腕からしたら徳川を打ち破る可能性は十分にあった。
まあ島津は敢えてリスクは取らずに徳川の庇護の下で70万石の大名として
生きる堅実な道を選んだってこった。

33人間七七四年2016/10/23(日) 16:37:30.53ID:+ANzHRrn
薩摩の最大の強みって、誰も攻めに行かない辺境に位置してることであって、
そんなのが中央に出て行っても、強みが消えて、間違って田舎から出てきちゃった集団でしかない

明治維新で一時中央に出張って来たが、結局用済みみたいな感じで鹿児島に追い返されちゃったし
鹿児島に戻ってからはまた強みを発揮して西南戦争起こしたり

34人間七七四年2016/10/24(月) 12:08:14.76ID:y9jjQA+m
たやすいことだな。島津が軍勢連れて船で都に行き、御所を取り囲み天皇を拉致して
薩摩に連れ帰り、薩摩を新たな都にして征夷大将軍に帝から任命されれば島津幕府が
成立する。まあ実際幕末の長州って似たようなことしようとして、新撰組に阻止され
たんだよな…薩摩より長州のほうが狂ってるな

35人間七七四年2016/10/24(月) 18:33:47.99ID:rdvqEB4e
戦国期の島津は畿内にまともな兵数を送り込む事すら出来たことが無い(関ケ原、大坂の陣)
これで天下をどうしようというのかw

有馬の援軍さえ結構バラバラに到着している
意外かもしれんが島津は水軍が無いと言ってよいレベル
恐らく日本最南端であるがゆえに瀬戸内のように水軍が発展しなかった
漁をするなら錦江湾内だけで事足りるしな

36人間七七四年2016/10/24(月) 19:38:59.07ID:uG9DYo+F
家臣「殿、島津が大阪城に入城したよしにござりまする。」
家康「な、なにぃっ! 島津ぢゃと!? して、兄か、弟か?」
家臣「弟のほうにござりまする。」
家康「な、なんてことぢゃ(( ;゚Д゚))ブルブル」
 
家康「わ、わしは腹を切る!」
家臣「殿、落ち着いて下され!」
家康「ええい止めるな、あやつが大坂方についた以上我々には勝つ見込みなどのうなったわ。
   敵にワシの首を絶対に渡すでないぞ、よいな」
家臣「分かり申した。では私めが介錯をおつとめいたしまする。」

37人間七七四年2016/10/24(月) 19:52:22.14ID:C8qQaPHa
ツマンね

38人間七七四年2016/10/24(月) 22:13:51.51ID:gBFvb8og
鹿児島県人て島津や西郷どんを崇拝してるわりに正確な歴史知識が驚くほど無いよな

39人間七七四年2016/10/25(火) 07:32:34.91ID:ECsk3Lgf
戦国期の島津って兵は集まらないわ遅刻するわ中央勢力と交戦するとぼっこぼこにされるわでいいとこないよな

40人間七七四年2016/10/25(火) 08:19:03.98ID:lmweFJc/
合戦なら普通に三傑より強いから

41人間七七四年2016/10/25(火) 11:22:39.95ID:7LO8Bi7Q
その割には全く勝てんかったな

42人間七七四年2016/10/25(火) 12:12:04.20ID:IyaI8DEw
島津最強伝説のネタ元って全部後世の島津家が作った文書の中にしか出てこないんだよね
当時の記録や他家の記録には一切無いものばかりなんだよ

43人間七七四年2016/10/25(火) 12:16:18.51ID:lmweFJc/
無知乙

44人間七七四年2016/10/25(火) 12:27:18.61ID:lf4FhgFI
家康が会津若松へ向かった段階で、上方には雑説が乱れとんでおり、敵か味方かハッキリしない島津軍の入城を拒むのも当然である。
また、島津が戦意に乏しかったというのもハッキリした一次史料がなく、なにぶん1500の兵しかなかったから、前面には出さず、
宇喜多、小西らとの抗戦で東軍が疲弊したときに遊撃部隊として投入する見込みだったと考えるのが合理的である。
ただ、その前に小早川が動き出して計画はご破算になったが。
八十島某を馬上でモノをいうのは無礼だとかなんとか言って追い払ったエピソードも、一次史料にはないのである

45人間七七四年2016/10/25(火) 12:36:23.88ID:lmweFJc/
島津は寡兵で大軍を撃破しまくってるからね
家康も島津を恐れて減俸できなかったし

46人間七七四年2016/10/25(火) 12:38:55.26ID:W7i4Ir1W
家久個人の才覚なんじゃないの?
肥後では龍造寺政家さえ抜けないでしょ

47人間七七四年2016/10/25(火) 16:56:09.24ID:4iK4VWWJ
宮部とかにも撃退されているしな
しかも騙し討ちまでしたのに

48人間七七四年2016/10/25(火) 18:18:39.80ID:6i+zr9lD
騙し討ちとか妄想すんのやめなよ
見苦しい

49人間七七四年2016/10/25(火) 23:33:28.34ID:hBbVPPng
>>38
バカと貧乏人と物を言えない奴しかいないからね。
・4年性大学進学率→万年最下位で29%(全国平均67%)
・民間企業正社員平均年収→万年最下位で216.8万
(公務員を含めると、369.8万/年の21位)

※ 給与の割に物価は高いのに、古来からお上に
搾取し慣れていて文句も言わないバカども。

・家賃指数(公団住宅平米単価) 10位
・物価指数 16位
・ガソリン価格 3位
・インフラ指数(電気ガス水道) 8位
・冤罪逮捕率 1位

50人間七七四年2016/10/26(水) 09:45:20.05ID:tmDvsZJC
>>48
そういう逸話じゃん
講和の使者を送って和睦の話を持ち掛けて油断させておいて、その夜に夜襲をしかけたら宮部に見抜かれ撃退されたという

51人間七七四年2016/10/29(土) 17:41:12.06ID:YusD9ODe
宮部の株が上がるいい話じゃん
良く見抜けたな

52人間七七四年2016/10/29(土) 19:16:51.74ID:H6i2hsf/
宮部って宮部継潤のこと?

53人間七七四年2016/10/29(土) 20:01:03.98ID:XlvwcIh2
宮部を過大評価しすぎ
城に籠ってたただけだし野戦だったら普通に島津の圧勝だよ

54人間七七四年2016/10/30(日) 05:21:38.89ID:VFmKEO4L
久光「で、俺はいつ征夷大将軍になれるのだ?」

55人間七七四年2016/10/30(日) 07:06:00.27ID:ZQjB8B+M
それは西郷一派の作り話だよ

56人間七七四年2016/10/30(日) 07:08:34.17ID:aVTPNWAz
宮部が居たのは城やないで
野営をしていたけど島津の襲撃を警戒して急きょ野戦陣地を構築した
島津はそこに夜襲を仕掛けて来たから劣勢の宮部らを破る事が出来なかった
この敗北により島津は降伏を決意したのだから、この戦いの意義は大きい

57人間七七四年2016/10/30(日) 07:37:22.51ID:VLf9RW/Z
攻め手に不利な野戦陣への攻撃だから島津側が苦戦するのは仕方がない
藤堂の抜け駆けがなければ宮部は敗北していたよ

58人間七七四年2016/10/30(日) 07:57:32.41ID:gdLEn+EF
不利な戦いに持ち込まれている時点で既に宮部に負けていると言っていい
しかも宮部の部隊は前衛の混成部隊でしかなく、後方には5倍近くはいるだろうと思われる本隊がいる
大きな損害を出しながら無理押しして仮に抜けたとしても、その後は一体どうするつもりだったのか謎
島津はヤケクソで攻め掛かっていたとしか思えない

59人間七七四年2016/10/30(日) 08:17:07.88ID:JyCACkwk
攻め手の島津は不利だったが後詰めがなければ宮部は死んでた
兵数が同等なら島津の勝ちだよ

60人間七七四年2016/10/30(日) 19:01:30.57ID:aGGc0MGP
帳簿つけられる人間いないし
兵糧の管理すらザルで予算管理なにそれ?
さすが日本陸軍の祖だ

どうやって幕府運営するの?

61人間七七四年2016/11/01(火) 09:39:45.42ID:ohC+u2L4
>>59
宮部の2〜3倍いても攻めきれず敗走したのに同じだったら勝ちとか意味不明です

62人間七七四年2016/11/03(木) 18:14:38.67ID:2i7jmZ3h
本物の敵中突破ってのは伊勢長島の一向宗が織田に対してやったみたいなことを言うんだよ

63人間七七四年2016/11/04(金) 08:39:14.39ID:GEuTaagx
ほんと「敵中突破」という言葉を使った奴は天才だよな
戦わずして逃げた、ただの逃散行為を武勇伝にしちゃったんだから

64sage2016/11/23(水) 16:49:44.53ID:OmHil7N5
方言がきつすぎて通訳が必要な幕府だな。

65人間七七四年2016/11/23(水) 19:54:05.49ID:dnRue8om
>>42
でも二男の鬼島津こと義弘は凄かったろ?
関ヶ原での島津退き口も鳥居が味方につこうとした島津を返り討ちにした経緯があって四方八方囲まれた島津隊は
中央突破で逃げるしかなかったが捨て奸って作戦で甥と叔父を盾に逃げきってる。
まあ義弘に死んだときに殉死を禁じていたがそれでも後を追って13人も殉死したくらい家臣から慕われていた。
朝鮮の役でも武功は数知れず

66人間七七四年2016/11/24(木) 03:00:24.64ID:Bnyogksx
凄いちゃ凄いけど・・
配下をよく統制していたようだし
しかし義弘の場合、顕彰みたいな持ち上げられ方をされている武将であり、
朝鮮式に嘘も100回言えば真実になる式に
創られた人物像という気もしないではない

67人間七七四年2016/11/24(木) 19:09:05.43ID:2Iawx4Bo
徳川の本陣に突っ込んで家康を討ち取ったなら凄いけど、単に逃げただけじゃん
普通は逃げた事など自慢にならない

68人間七七四年2016/11/25(金) 14:36:47.86ID:cfnv6dPM
どこかで見たんだけれど島津は中央突破ではなくて横進退却、もしくは前進退却なんだとさ
敵の真後ろまでいけば敵中突破だが横に逃げる形だったので突破とは言えないらしい
むしろ捨て奸が上手く機能し、無事に追っ手から逃げ延びたことの方が凄いんだとさ

69人間七七四年2016/11/25(金) 21:18:17.50ID:8aKlsu9n
結局、生き延びて家を守り子孫を残した武将は後世子孫や地元の人間に顕彰されカリスマ化される
逆に家を潰し子孫も残せなかった者は顕彰してくれる人間がいないので忘れ去られるか汚名を着せられスケープゴートにされる
小早川秀秋のように・・
小早川が子孫を残し、その家が幕末まで続き維新で功績でもあらば家祖の秀秋も島津義弘なみに顕彰され
関ヶ原での寝返り行動も「敵中反旗」などと呼ばれ伝説化していたかもしれない

70人間七七四年2016/11/26(土) 07:11:52.43ID:r2gLMXl5
>>68
石田も宇喜多もみんな逃げてるじゃん
他の地域を攻めていた大名らも普通に離脱してるし
ただ、領国が近かったから攻め込まれて生き残れなかっただけで

71人間七七四年2016/11/26(土) 07:27:28.04ID:pwkeziAm
>>70
戦って逃げたのとの、戦かわずして逃げたのとの違いって分からんか?

72人間七七四年2016/11/26(土) 09:54:26.85ID:jtyTbPOg
>>71
戦わず逃げた奴なんていないだろ

73人間七七四年2016/11/26(土) 12:11:29.50ID:lksZORcs
>>70
オレがいいたいのは敵中突破はしてないので死線突破とか何か別の言葉に変えた方がより正確らしいということです。
逃げることは別に何の問題もないと思いますよ。

74人間七七四年2016/11/26(土) 14:23:06.90ID:gmi8OIR2
いや普通に潰走でいいと思うけど

75人間七七四年2016/11/26(土) 15:08:31.57ID:QHvS9e8C
>>72
いるじゃん
逃げるときにしか戦わなかったのがw

76人間七七四年2016/11/28(月) 11:07:40.11ID:ls5NfClV
>>75
なるほど
島津は駄目だという意味だったのか

77人間七七四年2016/12/27(火) 23:06:17.13ID:fh3pqHP8
テレビで大河の話題になったら馬鹿ッターでニワカが騒いでトレンド入りとか

78人間七七四年2017/04/24(月) 17:00:46.24ID:JFgUJJTw
島津幕府はないけど、タイミング的にあと2-3年速ければ、1582-1584くらいまでの期間ならゴタゴタあったから九州に勢力向けれなかった

島津の吸収統一は1586年だがあれもう1-2年速ければ秀吉は兵力送れないし、中国、四国あたりまで兵力送って、東の秀吉と勢力わけて東西幕府に持ち込めた

島津はそれくらい力があった
けど龍造寺撃破があきらかに時系列的に秀吉の西進の前のタイミングを狙って、九州平定する
あるいは島津の北進のまえに四国制圧するみたいなしわくがあってゲームが進んでるからな

あれは政治空白をついた駆け引きで、もっと早くことを勧めてれば、信長に懲罰される
そして農業経済都合で四国、中国どちらか抑えないと経済が機能しないから、そこまでは制圧する必要がある

79人間七七四年2017/05/14(日) 15:31:58.41ID:NHFqo21O
そもそも天下統一とか中央まで狙ってたのか?
九州統一だけで満足してそうなんだが

80人間七七四年2017/05/23(火) 18:51:18.29ID:W4ff8fFO
明治維新じゃあかんのか

81人間七七四年2017/05/25(木) 00:53:22.81ID:uuYu9FkL
最低でも五大老にならなきゃね

82人間七七四年2017/05/26(金) 22:35:01.25ID:7zhT7Wap
伊達幕府の方が可能性は高そう

83人間七七四年2017/05/27(土) 02:53:21.40ID:8XIOT+/7
その場合、やはり鹿児島で幕府開くつもりなのか?
もうちょっと中央よりに出てくるのか?

84人間七七四年2017/05/27(土) 10:53:50.99ID:soyQcjgj
琉球、台湾まで領土を広げれば
薩摩が中央

85人間七七四年2017/06/09(金) 22:03:55.13ID:KKD0JmrP
東北とか九州の大名とか、そもそも天下統一という発想があったのかと。
東北の伊達政宗や九州の黒田如水は例外かもしれんが、あれも本心で天下
狙ってたかは疑問。
コイツらならやりかねんと周囲は思ったかもしれんし、それに合わせて
本人らも振りをしてだけかも。

86人間七七四年2017/06/13(火) 13:17:32.23ID:i5VAkqJh
現に室町幕府があって大名の子供となれば当然歴史も学んでいるんだから
発想すらないなんてことはありえんよ

87人間七七四年2017/06/13(火) 21:09:17.60ID:Hy3h2ij+
北畠顕家は根拠地の奥州からはるばる京に攻め上がり、足利尊氏を追い出した。
尊氏もはるか九州まで落ち延びたのち、そこで力を蓄え京を奪還した。
その故事を知っていれば奥州だから、九州だから天下と無縁とは思わんだろう。
無論、現実的な距離の壁は大きいのは否定しないが。

88人間七七四年2017/09/06(水) 18:53:55.61ID:A0GbCF56
☆ 日本の核武装は早急に必須です。総務省の、『憲法改正国民投票法』、
でググってみてください。現在、衆参の両議員のそれぞれで、改憲議員が
3分の2を超えています。私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。
憲法改正国民投票法、でググってみてください。お願い致します。☆☆

89人間七七四年2018/02/26(月) 20:40:02.76ID:r/uswSEe
島津は重豪が全然持ち上げられないことが問題だ

吉宗と並ぶ近代改革のふそだし、吉宗もあわせて、倫理や大衆共和的、人権的な製作はそういうニュアンスで近代的と評価できた


そして島津幕府は、わいなら
〜if世界の1790年の南海震災は超ハイパー震災となり徳川氏継承者が相次いで総没、結果島津重合を頂点とした島津院生が開始される。徳川継承者は幼年だったから
しかしついぞ御三家を除外すれば継承者がいなくなったがため、島津の孫が将軍に就任し、島津が補佐職となる

そして史実より早くかつ異なる近代化+体制ほうかん+朝廷+幕府州の連邦国家体制を1815年に突如実現
併せシーボルトはお雇い外国人要職に抜擢され、オランダ崩壊をうけて強制帰化される鬼畜の所業で迎え撃つ

そして英清戦争を関節支援して、清を挫く、そして史実より早く北上する
結果日本は蘭、露と秘密同盟を締結する

こういうイメージな

90人間七七四年2018/10/05(金) 19:59:28.20ID:yy1RopkM
島津幕府って明治島津政府のことだろ
ありえなくもない。可能性として限定、段階的開国を薩摩ー長崎ー横浜からってシナリオはあるえるよ

新着レスの表示
レスを投稿する