大気の意識による地球環境保全作業

1名無しSUN2014/10/20(月) 00:41:15.35ID:/TZXsUlG
最初にことわっておくが、このスレはトンデモではない。
10月に入ってからこの目で見たものにもとづいている。
きわめて真面目なものである。なのであおりはやめてほしい。

みんなは最近、空や雲に眼があるように感じたことはないだろうか。
また、あやしいすじ雲を見かけないだろうか。
氷のように見える空気(以下氷と呼ぶ)は、透明で表面にすじ雲ができる。
あやしいすじ雲が現れたら、それが表面だと思って氷の形をイメージしてほしい。

最初に遭遇したのは、台風17号が通った日である。
自宅前の空に次々と氷からなる虫のような形をしたものが降ってきて、それにたいして討伐隊が現れて、体当たりで攻撃して雲にもどしていた。

ここで大気の意識は文明のようなものになっている。
もちろん、それらの作業を行っている存在が文字を持っているとは思っていない。
しかし、討伐隊の氷は長方形のものが突き出るとかメカニカルな動きをしており、なんらかの技術があると考えられるので、あえて文明と呼ぶことにした。

ここで、このことがどういう意味を持っているのか考えてみる。
地球大気が上層において、氷のような形を持ったものになることは、気象衛星の水蒸気画像などをみれば明らかである。
しかし、氷の空気はアルベドがなく、対流もしないために、地球に熱がこもって灼熱の惑星になってしまう。
では、なぜ、地球は今のような生命あふれる星になったのか。
気象衛星の水蒸気画像などをみると、地球大気には、氷の空気を雲にもどすという意識があるように思えてならない。

私がトンデモと言われることを承知でこのスレを上げたのは、地球大気が人間の都市域で氷の空気退治をするのに困っているように見えるからである。
地球大気は、地球環境の維持という大義はあるものの、手段としては帝国主義的なやり方でやっているように感じる。
人間には基本的に知られないように作業を進めたいようだ。
しかし、彼らは飛行機や飛行船を見てビビッており、人間に知られないということの限界を感じているような困った眼を今晩した。
なので、あえてこのスレを上げた。

315名無しSUN2016/08/19(金) 18:38:36.41ID:44FKLGVP
鳥の対流圏オゾンを生み出す有効な手段の一つが寒冷渦である。

成層圏に接した白雲から内部にオゾンを巻き込んでいる。

こうして変質した大気はなかなか燃えない。

やっかいだ。

316名無しSUN2016/08/19(金) 20:49:42.66ID:44FKLGVP
今日は、日本の東海上で熱帯低気圧の鳥と大陸から来た鳥がにらめっこした。

大陸の鳥:「いったいなにをやっているんだ。それでも鳥なのか」

熱帯低気圧の鳥:「なんだと、お前らになにがわかる」

ということで、その後、大陸の鳥が熱帯征圧にかかった。

そのときには熱帯の塩素が減っていたことと、オゾンで武装していたことで、思わず有利にすすんだ。

熱帯低気圧の鳥は頭にきて、大陸の鳥をもやすのに躍起になった。

その時、ふたたび、南極が塩素を放出した。

しかし、オゾンで武装していた大陸の鳥は、平気であった。

そのとき、ススが大陸の鳥のオゾンを破壊しにかかった。

しかし、ススによるオゾンの破壊は表面のみで、時間がかかりそうだ。

それにしても、大気生命は先の先まで読んで準備している。

おそらく、何万年も続いた戦いのノウハウがあるのだろう。

317名無しSUN2016/08/20(土) 03:49:31.65ID:MCQgZsDb
これは痛快

日本の南岸付近にある熱低は、オゾンのかわりに塩素を対流圏へ取り込んだようだ。

すでに、ある程度の範囲が完璧な寒気化してしまっている。

おもしろくなってきたな。

318名無しSUN2016/08/22(月) 08:11:19.19ID:DtgprjF9
何が?

319名無しSUN2016/08/24(水) 01:44:15.98ID:Q43ZVg+z
以下の3地点で鳥は、オゾンのかわりに塩素を取り入れている。

・アリューシャン南方
・カラフト
・オーストラリア

これは極論すれば、対流圏オゾンにおいてオゾンホールができるようなものだ。

それも広範囲がオゾンホール化し、一気に寒冷化する。

320名無しSUN2016/08/24(水) 09:40:37.96ID:Q43ZVg+z
ここで留意する点は、低温が必要なのは、塩素が発生するまでだ。

塩素が発生してしまえば、あとは、白雲で高温になるほどオゾンの破壊反応が促進される。

南極が全球に塩素を放出したら、熱帯ほどオゾンの破壊反応が早く進むことになる。

しかし、熱帯は、オゾンの生産地でもあるので南極が断続的に塩素を放出する必要がある。

321名無しSUN2016/08/24(水) 10:09:15.85ID:Q43ZVg+z
近年の温暖化の原因は、NOx排出増による対流圏オゾンの増加だと考える。

近年の中国・インドのNOx排出は顕著に増えている。(過去20年間で2.5倍)

90年代から気温が下がらないのは、NOx排出増と軌を一にしている。

CO2が大気の窓領域の端に吸収帯があるにすぎないのに対して対流圏オゾンは、大気の窓領域のど真ん中に吸収帯がある。

強力な温室効果ガスといえる。

オゾンは水蒸気で消滅するとはいえ、乾燥した対流圏上層では、濃度は高くなる。

中国は、地球の癌である。

西日本が猛暑なのは、チベット高気圧が強いからとされている。

なぜ、チベット高気圧が強くなっているのか。

中国・インドの大気汚染によるオゾンの温室効果がチベット高気圧をドライブしていると考えられる。

西日本が猛暑は、中国からの越境汚染である。

322名無しSUN2016/08/24(水) 10:39:06.41ID:Q43ZVg+z
>>318

鳥は、したり顔で成層圏からオゾンを取り入れて、温室効果で全球を温暖化させて、そのパワーで南極を攻撃して人類をおぼれさせようとしている。

近年、まさにはがゆい状況が続いた。

その鳥が、オゾンではなく、塩素を取り入れて、オゾンホールにより自ら墓穴を掘ろうとしている。

まさに天罰であり、人類からの強烈なカウンターパンチである。

ぼくは、寒冷厨であるが、鳥は脅威派である。

まさに形勢逆転の時はきたといえる。

ただし、海水温が十分に下がるまで気を緩めてはいない。

323名無しSUN2016/08/25(木) 00:00:03.82ID:uwZ+xdki
ところで先週は、南極勢力の雲がぼくのマンション上空にあらわれた。

しかし、ぼくのマンションは、反南極勢力:鳥の世界的本拠地(川崎)に近く、南極勢力はやられてしまった。

しかし、鳥の世界的本拠地(川崎)は、南極に知れ渡ることになった。

鳥の世界的本拠地が関東地方なのは、防衛上まさに正解といえる。

さすが鳥だ。

まあ、この時期は南極勢力が4本以上のルートで北上していたから、南極勢力の雲がぼくのマンション上空にあらわれたことは特別なことではない。

しかし、南極勢力はガンバリすぎた。

後日、全体が高オゾン化してしまい、対応に苦慮することになる。

324名無しSUN2016/08/25(木) 04:43:47.27ID:uwZ+xdki
対流圏オゾンについては、フォルクスワーゲンの排ガス不正のディーゼル車(世界で1100万台)の影響は、大きい。

CO2による地球温暖化脅威派は、原発メーカーのみならずディーゼル車メーカーにもいいように利用されたといえる。

325名無しSUN2016/08/25(木) 23:26:51.93ID:uwZ+xdki
日本の周辺一帯が大陸から来た高オゾン大気になってしまった。

高オゾン大気は、台風10号を南に追いやっている。

326名無しSUN2016/08/25(木) 23:28:49.78ID:uwZ+xdki
近年の温暖化の原因は、NOx排出増による対流圏オゾンの増加だと考える。

近年の中国・インドのNOx排出は顕著に増えている。(過去20年間で2.5倍)

90年代から気温が下がらないのは、NOx排出増と軌を一にしている。

CO2が大気の窓領域の端に吸収帯があるにすぎないのに対して対流圏オゾンは、大気の窓領域のど真ん中に吸収帯がある。

強力な温室効果ガスといえる。

オゾンは水蒸気で消滅するとはいえ、乾燥した対流圏上層では、濃度は高くなる。

中国は、地球の癌である。

西日本が猛暑なのは、チベット高気圧が強いからとされている。

なぜ、チベット高気圧が強くなっているのか。

中国・インドの大気汚染によるオゾンの温室効果がチベット高気圧をドライブしていると考えられる。

西日本が猛暑は、中国からの越境汚染である。

また、対流圏オゾンについては、フォルクスワーゲンの排ガス不正のディーゼル車(世界で1100万台)の影響は、大きい。

CO2による地球温暖化脅威派は、原発メーカーのみならずディーゼル車メーカーにもいいように利用されたといえる。

327名無しSUN2016/08/26(金) 12:57:29.56ID:qWFNN8QE
南極勢力は、高オゾン大気は海洋を遠距離進むと自然に消滅することを学習したようだ。

バヌアツあたりの海洋の奥まったところから北上している。

しかし、大陸にたまっていた高オゾン大気が一気の西太平洋に流れ込んだ勢力はつよい。

オゾンホール化勢力はしばらく劣勢であった。

しかし、天の助けか小笠原で地震がおこり、亜硫酸ガスが噴出し、爆発的に雲が発生し、オゾンホール化勢力に加勢した。

今時点では、西太平洋全域で両者のガチンコ勝負が続いている。

なお、台風10号は、高オゾン大気にたいする強力な防衛線になっている。

328名無しSUN2016/08/28(日) 15:27:39.61ID:Vp6rhH6y
台風10号接近中に、天の定めか伊豆諸島で地震が起こり、発生した亜硫酸ガスで台風の通り道があいてしまった。

関東には鳥の本拠地があるので、できるだけ東にそらす方向で策動中だが、手遅れか。

329名無しSUN2016/08/30(火) 10:35:29.02ID:Bbw7dELD
・亜硫酸ガスは、一旦大気を固まらせてからジワジワと低層雲化させていく。

 なので、塊のまま遠方に運ばれて雲化する。

 このため、伊豆諸島の亜硫酸ガスは、北極圏から南極圏まで達している。

 結局、台風が伊豆諸島の亜硫酸ガスをコントロールするのはたやすいことだったようだ。ただし、今になって台風は西よりに進路を変えてきている。これは、亜硫酸ガスの影響なのだと思う。

・小氷期で成層圏の気温が下がるとオゾンが増えるようだ。

 オゾン量は、気温や日射によって変わるからむつかしいな。

330名無しSUN2016/09/01(木) 00:45:22.61ID:CYIiZU+G
日本の東海上の高気圧を天気予報では、太平洋高気圧と言っているが、どう見ても亜硫酸ガス高気圧だろう。

亜硫酸ガス高気圧に台風が突っ込んだら、豪雨になるのは台風10号で実証済。

331名無しSUN2016/09/01(木) 08:38:24.08ID:CYIiZU+G
中韓が高オゾン大気を量産する中、オゾンホール期間中の10月までに高オゾン大気に打ち勝って、海水温を下げる必要がある。

11月を勝利で迎えたいものだ。

332名無しSUN2016/09/01(木) 09:06:34.25ID:CYIiZU+G
フォルクスワーゲン以外のディーゼル車も外気温が20℃位を超えると、NOxを無処理のまま放出しほうだいになるようだ。

ディーゼル車は基本的にダメだ。

マツダ車は、なんとも言えないが。

333名無しSUN2016/09/04(日) 11:42:47.34ID:blb0efvP
北極海氷が、2番目に少なくなりそうだ。

これをどう見るかだが、北極の病気は大気中のオゾン濃度が高くなっていることである。

これに対して、海氷が減れば海水面からの水蒸気が増加してオゾンを破壊できる。

つまり、風邪をひいた時に細菌をやっつけるために体温を上げるような、治癒反応だと考えられる。

海氷にとらわれることなく、ディーゼルの全廃による根本治療をするべきだ。

334名無しSUN2017/01/12(木) 22:19:52.98ID:b9Er8uNj
ひさしぶりの投稿だが、この間、気象衛星のウォッチは続けてきた。
マンネリなことは取り上げないが、最近1週間は、そこまでやるかということの連続で、ハラハラしっぱなしであった。

鳥はえげつなく、あらゆる方法で対流圏へのオゾン取り込みを続けている。
このオゾン取り込みについては、温室効果よりも大気の粘性が高まるのが不思議である。
しかも、遠隔まで効果を及ぼす。

しかし、この粘性が高まるのは南極勢力にとってもメリットがある。
サラサラだと暖気はすぐに南極に流れ込むが、粘性があれば流れ込みにくくなる。


今回、投稿したのは、南極勢力のトップが姿を見せたと思うからである。
最近、短時間で水蒸気が成層圏に移行したようである。
全体に白っぽくなっている。
おそらく、それを見るために姿を現したのだろう。

それにしても、ここ数日で対流圏は連鎖反応的に冷えている。
この分だと海水温の低下は、時間の問題という気がしてきているところである。


http://i.imgur.com/w37lQ5W.png

335名無しSUN2017/01/24(火) 09:44:38.10ID:sWAM860s
最近の動向は以下のようである。

・オゾンによると思われる大気の高粘性化であるが、南極付近の白雲により、全球で消えるようである。
 おそらく、強烈な寒気による作用と思われる。

・太陽活動の停滞とともに、白雲の雲頂温度が冷えてきているようだ。
 鳥は、相変わらず熱帯域の白雲をふさぎにかかっているが、雲頂温度が冷えているので、かえって雲頂の低温が広範囲に伝熱してしまい、逆効果になってきている。
 これにより熱帯域は広範囲に低温化しているために、日本には暖気がこなくなっている。

・海水温は高めであるが、高粘性大気で対流を保つためには、高めのほうがよいと考えるようになった。

336名無しSUN2017/01/24(火) 09:55:58.97ID:sWAM860s
・ベーリング付近では、近年、巨大寒冷渦がある。この寒冷渦が下層に暖気を閉じ込めていた。
 今年は、北海道付近にある爆弾低気圧の雲頂温度が冷えているので、巨大寒冷渦を破壊してきており、下層暖気を引きずりだしている。
 今後の気温低下につながるよい展開である。

337名無しSUN2017/06/18(日) 08:42:27.46ID:aG8oRMzx
半年ぶりのレスである。

この間、目立った動きはない。

・南極にずっと白雲がたっている。

・太陽活動停滞とVWの排ガスリコールが一定進んでいる。

・大気生命は冬の時代にはいりつつあるという感じがする。

じつにいいことである。

338名無しSUN2017/07/09(日) 09:35:46.57ID:gqmyTl0j
ここ3年間ほど、海水温が異常に高くなっている。
このスレでさんざん言ってきた鳥勢力による対流妨害がきいていると考えられる。

しかし、太陽活動停滞とVWの排ガスリコールにより、鳥が対流妨害できる状況ではなくなりつつある。
今後は、改善されていくと思われる。

339名無しSUN2017/09/03(日) 08:33:04.44ID:wg9ibiLl
ヤバイ、南極の冷気がオホーツク海高気圧に伝わって、オホーツク海高気圧が四角形になった。

同時に太平洋の熱がオージー東海岸に伝わって白雲が大量に発生している。

日本側半球の熱が南極大陸に伝熱しているもようだ。

しかし、今はオゾンホールが南極大陸全体を覆う時期だ。

日本側半球の熱が南極大陸を通じて、オゾンの温室効果なしに宇宙に放出されることになる。

鳥は勝利を確信しているようだが、致命的打撃を受けることになろう。


https://i.imgur.com/hvm4AGy.png

340名無しSUN2017/09/12(火) 21:15:28.04ID:D9HtpIh1
南極のタスマニア南側とインド洋ベンガル湾で伝熱している。

まさに関ケ原だ。

オゾンホールにCMEは、ジャストタイミングだ。

ぜひ、寒気が暖気に打ち勝ってほしい。

341名無しSUN2017/09/13(水) 22:46:01.44ID:ti+DR1Wi
成層圏からの高オゾン大気が、西太平洋に広がった。

いよいよ、オゾンホールとガチの勝負だ。

台風は強力な味方だ。

342名無しSUN2017/09/14(木) 08:21:52.51ID:+28cZkcE
一応言っておくと、高オゾン大気に完全に覆われると海水温が上昇してしまう。

今までの繰り返しになってしまう。

343名無しSUN2017/09/14(木) 23:01:01.81ID:+28cZkcE
台風18号はだいぶハゲてきたな。

東シナ海の前線で高オゾン大気の大群を相手に孤軍奮闘はアッパレであった。

まだまだ、活躍してほしいところではあるが。

344名無しSUN2017/09/14(木) 23:06:32.92ID:+28cZkcE
・オージー西を高オゾン大気が進軍中であるが、なんと寒冷渦が行く手をふさいだ。

・寒冷渦は、塩素を対流圏に取り込み、オゾンを破壊する。これで南極は安泰となりそうだ。

・ニュージーランドに暖気が進軍しているが、これは、北半球の高オゾン化で行き場を失った水蒸気が流れこんだのだろう。

 寒気で対処できるので問題はない。

345名無しSUN2017/09/14(木) 23:33:44.49ID:+28cZkcE
高オゾン大気の増援部隊がオホーツクに蓄積中である。

ここは。もともと下層暖気が少ないのでここにいる分には問題は少ない。

しかし、南下してくる。

台風18号が強い勢力のまま、オホーツクに突撃してくれるといいのだが。

346名無しSUN2017/09/15(金) 03:14:13.65ID:hAeAwG2Z
コールドトラップが下がってきた。

白雲が自動的に増えている。

いい展開だ。

347名無しSUN2017/09/15(金) 13:31:17.45ID:hAeAwG2Z
今、白兵戦的に起こっていることは、白雲が一部でできると高温により、塩素触媒によるオゾン破壊が加速して、白雲周辺が冷却により、収縮する。

そると、あいた隙間からまた白雲がわき、上のことが拡大再生産されていく。

これと高オゾン大気の大群とのせめぎあいが続いている。

348名無しSUN2017/09/15(金) 14:03:30.58ID:hAeAwG2Z
高オゾン大気に覆われた場合、最終的には水蒸気により除去されるが、それは、海水温が上昇した後になる。

高オゾン大気の影響は、海水温上昇として残るのである。

349名無しSUN2017/09/15(金) 21:12:49.16ID:hAeAwG2Z
ラニーニャ域征圧を目指して、高オゾン大気が南下した。

一方、中部太平洋の気団が西進しており、フィリピン南東海上で激突している。

この激突のせめぎ合いが続けば、大気は乱れて白雲が発生し続ける。

そうなれば、時間は中部太平洋の気団の味方だ。

なお、南半球は、オゾンホールの影響で大気高度が下がっている。

高オゾン大気の敗残兵の墓場となるだろう。

350名無しSUN2017/09/16(土) 02:10:43.21ID:F0eQi0dX
糖質スレ?

351名無しSUN2017/09/16(土) 05:49:07.86ID:ph+Is9mN
高オゾン大気が蓄積している日本南東海上では海水温が上昇している。

全体として、海水温変動は停滞しそうだ。

352名無しSUN2017/09/16(土) 06:03:52.52ID:ph+Is9mN
NHKの台風の脅威テレビ番組がたまにあるが、高オゾン大気のことを考慮しない欠陥シミュレーションで脅威をあおっている。

そうそう、毎回強い台風が日本に来るわけではない。

NHKの番組を見るときは、科学的リテラシーが必要だ。

353名無しSUN2017/09/16(土) 08:48:07.16ID:ph+Is9mN
硫酸エアロゾルもフロン同様にオゾンを破壊する塩素が分離されるそうだ。

そうするとガソリンのサルファーフリー化などは、温暖化という面ではよくなかったことになる。

354名無しSUN2017/09/16(土) 10:31:13.41ID:ph+Is9mN
どうやら中部太平洋に塩素が回ったようだ。

それに高オゾン大気増援部隊は冷たすぎた。

急速に崩壊しつつある。

355名無しSUN2017/09/16(土) 11:30:38.98ID:ph+Is9mN
鳥は、日本の東海上でまた鳥羽ばたくディスプレイをした。

鷹が飛び立つシーンだ。

https://i.imgur.com/aCclA54.png

356名無しSUN2017/09/16(土) 12:07:36.80ID:ph+Is9mN

357名無しSUN2017/09/17(日) 10:28:32.02ID:EePiUXRZ
高オゾン大気は、ほぼなくなりつつある。

これには、台風18号の功績が大きい。

低オゾン大気(おそらく塩素含有)をアウターフローで高オゾン大気に降り注ぎ続けた。

ここで、南極塩素の全球への輸送メカニズムの解明が必要だ。

感じとしては、南極海氷が溶ける時に全球に塩素が回るパターンが多くみられる。

358名無しSUN2017/09/17(日) 10:52:25.28ID:EePiUXRZ
台風18号が東よりのコースになっている理由は、北東方向への強力なアウターフローの反作用だtろう。

軌道修正ジェット噴射だ。

359名無しSUN2017/09/18(月) 09:46:35.14ID:6+VOt+fF
・台風18号は、新たに日本海に南下した中程度のオゾン大気を、ある程度、無力化しながら北上中である。

・南極からインド洋にかけて伝熱シートがある。このせいでインド洋は白雲が沸いている。

・鳥・南極勢力ともオゾンホールの犯人を探している。

・南半球の低高度では塩素の含有が高いが、高い高度では気温が低いために高オゾン濃度になっている。オージー南では低高度の大気が高硬度にせり上がり高オゾン大気と接している。
 それと同時に亜硫酸ガスを使って白雲を発生させいる。

・鳥は沖縄南東海上で高オゾン棒を溶かして、新たに高濃度のオゾン大気にした。

なんとも複雑な状況になっている。
 

360名無しSUN2017/09/18(月) 10:29:47.80ID:6+VOt+fF
ニューギニアからタヒチにかけて高塩素大気がせりあがった。

これで一気に広域に高塩素化が進んでいる。

大勢は決まったようだ。

361名無しSUN2017/09/18(月) 18:29:45.75ID:6+VOt+fF
形勢悪くなった。

台風18号が水蒸気を成層圏に送り込んだために、一気に寒冷化した。

そのうえ、成層圏から下降気流が降りてきて高オゾン化が急速に進んでいる。

これは、今年は海水温が上がるかもしれない。

362名無しSUN2017/09/18(月) 19:08:18.37ID:6+VOt+fF
塩素がインド洋に回った。

そのため、南極からインド洋にかけて伝熱シートは、切られた。

南極では、成層圏下降気流の原因である南極大陸の白雲を除去する処置に入った。

363名無しSUN2017/09/19(火) 02:52:11.58ID:LBHkkE0R
また、北極から高オゾン大気が大規模に流入した。

鳥が南極と西太平洋半球の伝熱シートをくっつけた。

それで、半凍結状態になっている。

早く凍結を解除して塩素を効かせてほしい。

364名無しSUN2017/09/19(火) 11:36:38.92ID:LBHkkE0R
・南極と西太平洋半球の伝熱シートは、タスマニア島の山脈が切った。

・日本の東海上に塩素をリザーブする大気がある。おそらくメタンを含んでいるのだろう。
 しかし、太平洋とアジア大陸からの塩素大気が接触中である。
 リザーブ大気は冷たく、さかんに、水蒸気を出しながら周りの大気を広範囲に循環させている。
 メタンは枯渇するだろう。

365名無しSUN2017/09/21(木) 21:23:14.53ID:jmihwdr6
今、おそらく北極にもオゾンホールができている。

シベリアの北極寒気により、北太平洋上空が半凍結状態になっている。

さらにヤバイことにはインドのディーゼル自動車による高オゾン大気がシベリアに移送されている。

まあ、インドの高オゾン大気は南極防衛の最大の敵だから南極とくらべてどうでもいい北極に移送されるのはやむなしだ。

新着レスの表示
レスを投稿する